NightWalker さん プロフィール

  •  
NightWalkerさん: NightWalker's Investment Blog
ハンドル名NightWalker さん
ブログタイトルNightWalker's Investment Blog
ブログURLhttp://nightwalker.cocolog-nifty.com/money/
サイト紹介文長期投資の旅は長い。お話していないと退屈です。私の話を聞いてやってください。
自由文2015年。ご時世の波に揺られてセミリタイヤしちゃいましたが、その前はごく普通のサラリーマンでした。
ローコスト、ドルコストこそが庶民の投資の王道!
ブログ10年を迎え、庶民のための投資環境のますますの改善を日々願ってブログを書き続けています。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供368回 / 365日(平均7.1回/週) - 参加 2016/01/20 13:08

NightWalker さんのブログ記事

  • 人生100年時代を迎えることができる人はどのくらいか?
  • メディアや金融商品の売り文句で、最近、よく聞く言葉の一つが、人生100年時代。ところで、統計上、人間って、どの程度の確率で生き延びることができるんでしょうか?ひさびさにグラフを描いてみました。今40歳の人が、100歳まで生きる確率元ネタは、厚生労働省のサイトにあった、おなじみの平成28年簡易生命表。この中の死亡率を使って、ためしに40歳の方の生存率を計算しました。参照データ:平成28年簡易生命表の概況切れ目の [続きを読む]
  • 全世界株式インデックス・ファンド
  • 相互リンク先のkenzさんです。ステートストリートさんが、9月8日から運用開始している、一本で全世界に投資できるインデックスファンド(信託報酬:0.48%)が、SBI証券とマネックス証券で販売開始です。全世界株式インデックス・ファンドがSBI証券とマネックス証券で購入可能に!(インデックス投資日記@川崎さん)SBI証券とマネックス証券で販売開始ステート・ストリートさんのサイトの情報↓全世界株式インデックス・ファンド各 [続きを読む]
  • 我が家のリバランス事情の整理 2017
  • 日経平均 +389.88円 2万円台回復の本日でした。大相場が来るのかっ!・・・ではなくて、そんなときこそ、たまには基本的なことを思い出してみようと言うことで、リバランスのお話しです。リバランスとは?価格変動のある資産を運用しているわけですから、運用資産に占めるリスク資産の比率というのは、当然、変動していきます。リバランスとは、定期的にリスク資産の比率を調整して、リスクを一定に保つことです。資産の状態を見 [続きを読む]
  • 毎日つみたてをムスコのつみたてNISAで使うか?
  • 楽天証券さんです。つみたてNISAの申込みが始まります!2018年以降のNISA口座お手続きについて毎日つみたて?楽天証券さんのニュースサイトには、最初に要約があります。いいですね、これ。9月24日より、2018年NISA口座とつみたてNISA口座の申込みを開始!楽天証券のつみたてNISAの3つの魅力、キーワードは「毎日つみたて」「ポイントでつみたて」「まとめてつみたて」2018年のNISA口座開設者の方に抽選で1,500名に1,000円プレゼ [続きを読む]
  • アーリーリタイアと普通じゃないところ
  • アーリーリタイアというのは、普通の選択ではありません。では、どんなところが普通じゃないのでしょうか。本エントリーでは、金銭面に焦点を絞って考えてみます。はじめにアーリーリタイアするには、普通より早い時点で、一生分の収入を稼ぎきった、あるいは、一生分の収入を見通せるような原資を手に入れた、という状況が必要です。その手段は、おそらく、普通ではない部分が多少なりともあるはずです。以下、いくつか「普通では [続きを読む]
  • ムスコのiDeCoとNISAを考える
  • 最近、ちょっと検討中のことがあります。それは、ムスコくんのiDeCoとNISA。どっちを優先すべきか?です。一般論としては一般論としては、iDeCo(DC) が優先です。所得税の税額控除は大きいからです。ムスコの場合は?ただ、ムスコの場合、収入がたくさんあるわけではありません。掛け金のインパクトは大きい。しかも、iDeCoの場合、60歳まで塩漬けの資金です。若いうちは、リスクテイクが可能、なんて言われていますが、生活防衛 [続きを読む]
  • マネックス証券さんでも、iDeCoが始まります。
  • マネックス証券さんでも、iDeCoが始まります。【iDeCo】運営管理手数料を完全無料に/商品を決定概要周回遅れでの登場ですが、であるがゆえに、サービス内容は、業界動向をきっちり忖度した内容です。(証券会社分の)運営管理手数料 無料超ローコスト・インデックスファンドのラインナップという現時点での基本ラインは、しっかり押さえています。特徴は、運用商品の中に、eMAXIS slimシリーズがあること。eMAXIS slimシリーズが [続きを読む]
  • SBI証券さんでも、毎日投信が始まります。
  • 毎日かあさんは、終わりましたが、SBI証券さんでは、毎日投信が始まります。ついに毎日積立が実現!SBI証券の投信積立サービスが機能大幅拡充! SBI証券さんで、できるようになる積立パターン毎日つみたて(毎営業日に積立)毎週つみたて(毎週 月〜金 好きな曜日で積立)毎月つみたて(これは、もともとできた)隔月つみたて(隔月で積立もできる)複数日つみたて(好きな日を複数選択して積立)もはや、なんでもあり状態。100 [続きを読む]
  • つみたて投資の金額を決める方法をちょっと考えてみる
  • 本来、さくっと始められるはずの投資信託による積立投資ですが、なかなか始められない人も多いと思います。最大の要因のひとつが、やたら、小難しい言葉が飛び交うこと。リスク許容度ってなんなのよ?その言葉の代表例のひとつが、私もやたらと使う「リスク許容度」。リスク許容度って言うのは、自分がどの程度の損失に耐えられるか?ということなんですけど、私自身、「過去の経験と今後の生涯支出との見合いでこのくらいなら大丈 [続きを読む]
  • つみたてNISAフェス2017 に行ってきました! #つみたてNISA
  • つみたてNISAフェス 2017 に行ってきました。なんとNHKで放送があった模様です。来年1月開始 「積立NISA」の説明会さて、さっそく、お話へ。今回は私としては長めの渾身のエントリーです。<9/14 追記>金融庁のつみたてNISAサイトに、つみフェス2017 の資料がアップされました↓合わせてご参照ください。つみたてNISA関係最初に感想です。  あー、ものすごーく、おもしろかったー!それでは、アジェンダです。アジェンダ [続きを読む]
  • ブログ開設12年のごあいさつ
  • 本日でブログ開設12年。干支が一周しました。13年目に突入です。お読みいただいてるみなさまに感謝することしきりです。当ブログの歴史バンドの歴史みたいですが、当ブログは、大きく、2期に分かれます。 第1期:資産形成時代 2005年9月〜  第2期:アーリーリタイア時代 2015年10月〜無事生き延びて、続けることができると、まだ、ずっと先ですが、 第3期:年金受給時代となります。当ブログの主張当ブログの主張は [続きを読む]
  • アーリーリタイアと老後の生活費に関する感覚
  • よくあるのが、老後にお金が不足する、だから投資が必要だ。という論理です。良くある論理(1)老後の生活費は、余裕を見て月30万は欲しい。(2)年金の見込額は、月15万円だ。毎月15万円足りない。(3)100歳まで生きるとしたら、月15万円×35年×12ヶ月=6,300万円必要だ。(4)とても、蓄財しきれない。投資しよう。私が金融機関で投資商品を売る側だったら、思わず、使ってしまうかもしれない論理です。この論理の危険なと [続きを読む]
  • つみたてNISAで商品を選ぶときのポイント
  • 期待の「つみたてNISA」。狙いが「投資未経験者の導入」にあるため、新しい利用者は、どんな商品を選んだら良いか、わからないかもしれません。少々勇み足ではありますが、私なりの考えるポイントを短く整理してみます。ポイント1 20年後の運用を想像できるか?これが最も大切です。NISAは、ファンドの買い換え=終了です。インデックスファンドは、永久に運用方針が変わりません。アクティブファンドは、20年後、30年後、その [続きを読む]
  • 庶民も株式投資をするのが普通の時代
  • 東証マネ部さんの記事に、「有価証券への投資は資産形成のために必要ないと思う理由」が書いてありました。出所は、金融庁 平成27年度金融レポート。投機と投資の違いは? 長期投資に欠かせない運用コストを意識しよう(東証マネ部さん)最大の問題は「そもそも興味がない」ことこれによりますと、「有価証券への投資は資産形成のために必要ないと思う理由」は、1位(60%) そもそも興味がない2位(34%) 損をするリスクがあ [続きを読む]
  • タクティカル・アセットアロケーション
  • リレー投資と並んで(ご参考エントリー)、最近、とんと聞かなくなった言葉に、タクティカル・アセットアロケーション(戦術的資産配分)というのがあります。タクティカル・アセットアロケーションとはタクティカル・アセットアロケーションとは、今、相場が安すぎると思ったら、リスク資産の比率を増やし、相場が高すぎると思ったら、リスク資産の比率を減らす。というように、ある程度ダイナミックに資産配分を変更することで、 [続きを読む]
  • つみたてNISA効果で?インデックスファンドが続々値下げ
  • 厳しすぎると言われた、つみたてNISAの絞り込みですが、なんだか、対象ファンドが増えそうな勢いです。当初、50本と言われた対象投信が、120本になりそうという報道です。「つみたてNISA」18年始動、対象投信120本に(日経新聞さん)と、思ったら、各社さんから続々、発表です。iFreeシリーズ 信託報酬(税抜)引き下げ運用管理費用(信託報酬率)の引き下げについて(大和投資信託)ファンド名変更前変更後iFree 日経225 [続きを読む]
  • アーリーリタイアするって、「もったいない」の?
  • アーリーリタイアしたという話で出て来るひと言の一つが、「えー、もったいない」です。なんで、もったいないのか?というと、「ステータスを失う」、「その後の収入を失う」、この2つの観点からです。もったいない、その1 ステータスを失うサラリーマン=定期収入がある人は、社会的な信用を得やすいです。ましてや、肩書きがある人だったりすると、「なんで、肩書きを捨てるの?」となるわけです。象徴的なのがカードの審査。 [続きを読む]
  • インデックス投資 オススメのポイント
  • 投資未経験の方にインデックス投資をオススメしているポイントは、紆余曲折を経て、最近は、3つのポイントを話しているような気がします。 ポイント1 簡単に及第点の投資ができるインデックス投資の最大の魅力は、プロも納得の世界分散投資が、シロートでも簡単かつローコストにできることプロフェッショナルである世界中の多くの年金運用も採用している理論的な裏付けのある、いわば及第点の投資が、超簡単に実現できちゃうん [続きを読む]
  • ロボアド草創期の実力は?
  • マネー研究所さん、ロボアドの比較記事です。わかりやすいですね。ベールを脱いだ「ロボアド」 草創期の実力を探るなんとリスクリターン比較があるこの記事には、なんと「各社ロボアドのリスクとリターン」という表が付いています。ロボアド各社の開示情報、あるいはそれを基としてQUICK資産運用研究所さんが計算。リスク水準を5段階で評価参考にポートスター=一般売りもしているeMAXIS最適化バランスファンドも比較対象。QUICK [続きを読む]
  • 2017/8末のポートフォリオ
  • 2017/8末のポートフォリオです。2017/8末のポートフォリオ世の中は、相変わらず危機感に満ち溢れていますが、ポートフォリオは、先月と変わらずです。悠久の河の流れのごとく変わりません。ポートフォリオの変化を継続的に眺めていると、相場の変動、つまりリスクは、小刻みに変化が訪れるが、たいてい大勢には影響がない。でも、たまには、大きいのが来る。長期的な要因は、短期的要因に勝る。そして、これらは、後になってからじ [続きを読む]
  • インフレ耐性のある資産作り
  • 前々回のエントリーで、「ぬるすぎて風邪をひく状態」という表現を使いましたが、無リスク資産だけで風邪をひくというのは、言いすぎじゃないの?、と思われた方もいらっしゃったかもしれません。ぬるすぎて風邪をひく状態って?それは、「インフレ」という風邪。私は、庶民にとってのインフレって、実は、2つあるんじゃないかと感じています。値上がりするインフレ値上がりしてないけど、実質インフレ値上がりしてないけど、実質 [続きを読む]
  • アーリーリタイアとお金の使い方
  • 良くある質問に、「アーリーリタイアしてから、お金の使い方は変わりましたか?」というのがあります。この質問には、大きく二つの意味が含まれます。Q1.支出は減ったか?キャッシュフローは、大幅に改善しました。住宅ローン(セミリタイアと同時に完済)仕事をしていると出ていきがちなお金が激減保険、通信費などの固定費保険は、掛け捨て、会社の格安団体生命保険に入ってたのですが、退職と同時に自動終了。別途やってた終 [続きを読む]
  • 今、みなさんの資産は、適温ですか?
  • 最近、ゴルディロックス相場なる言葉を良く聞きます。適温相場のことだそうです。適温相場ってどのくらい?今は、適温相場なんだそうですが、何度もだまされてきましたからねー。適温だと思ってたら、実は、徐々に温度が上がっていた、という「ゆでがえる」状態。適温だと思っていたら、実は、まだ、企業の業績は拡大するポテンシャルが残っていた。「もうはまだなり、まだはもうなり。」「相場は悲観の中に生まれ、懐疑の中で育ち [続きを読む]