NightWalker さん プロフィール

  •  
NightWalkerさん: NightWalker's Investment Blog
ハンドル名NightWalker さん
ブログタイトルNightWalker's Investment Blog
ブログURLhttp://nightwalker.cocolog-nifty.com/money/
サイト紹介文長期投資の旅は長い。お話していないと退屈です。私の話を聞いてやってください。
自由文2015年。ご時世の波に揺られてセミリタイヤしちゃいましたが、その前はごく普通のサラリーマンでした。
ローコスト、ドルコストこそが庶民の投資の王道!
ブログ10年を迎え、庶民のための投資環境のますますの改善を日々願ってブログを書き続けています。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供368回 / 365日(平均7.1回/週) - 参加 2016/01/20 13:08

NightWalker さんのブログ記事

  • 100円投信の使い方を考えてみる
  • 楽天証券さんとSBI証券さんで投信が100円から買えるようになったと言うことで、話題になってますね。業界最低水準!投資信託の買付が100円から可能になります!(楽天証券さん)投資信託が100円から購入できるようになりました!(5/25(木)発注分より)(SBI証券さん)100円投信ってどう使う?100円投信。たしかに、面白いサービスですが、はてさて、どうやって使うと面白いでしょうか?以下,ほとんど、ネタですが考えてみました [続きを読む]
  • SBI証券が女性向けiDeCo専用サイト「iDeCo online」を開設
  • SBI証券さんからです。女性向けのiDeCoサイトがオープンしました。SBI証券、資産形成を考える女性向けに個人型確定拠出年金(iDeCo)専用サイト「iDeCo online」を開設サイトはこちらiDeCo Onlineまだ、サイトがオープンしたばかりで、記事は、多くはありません。5/24現在 5記事です。いまのところ、特に女性向けという感じもしません。iDeCo onlineでは、iDeCo の基礎知識などの一般的なコンテンツはもちろんのこと、今般の加入 [続きを読む]
  • アーリーリタイアに向いた季節
  • ちょっと、暑い日も続きましたが、今は、ホントに気持ちの良い季節ですね。5月は気持ちがいい気持ちのいい中、歩いてて、ふと思ったことがあります。私は、10月、12月と、これから冬になっていくころに、リタイアの道を選んだのですが(参考エントリ:リタイアその1、リタイアその2)、今、辞めていたら、さぞかし、気持ちが良かったのかもしれないな、ということ。そういえば、第1回セミリタイヤ後、一度、働いちゃったので(参 [続きを読む]
  • 積立投資を始めたとたんに暴落してしまったら?
  • これから、積立投資を始めようかなと思い立った方の永遠の心配ごと。その一つが、株価が堅調な今、投資を始めるべきなのか?です。長期投資に出遅れなしいつ投資を始めるべきか?これに対する私の答えは、「長期投資に出遅れなし」。ご参考エントリー今から投資を始める人へ続・今から投資を始める人へ小さな先例妻がセゾン投信の積立を始めてから、かれこれ10年経ちました。積立を始めたのは、2007年の夏頃ですから、積立はじめて [続きを読む]
  • 先進国株と日本株の比較 2017/5
  • 久しぶりに、先進国株式と日本株の比較をしてみます。比較対象SMT グローバル株式インデックスSMT TOPIXインデックス・オープンSMT日経225インデックス・オープンなんで、SMTかというと、比較的古くからデータのある手頃なファンドだったからです。5年先進国株と日本株は、ほぼ同じような動き日経平均の方が若干パフォーマンスが良く、先進国株と同等リーマンショック2008年9月〜こちらは、2008年9月にSMT日経225がなかったので、先 [続きを読む]
  • SBI証券と楽天証券 iDeCoの運営管理手数料が無条件で無料に!
  • iDeCoの手数料2強時代。ということで,ダブルでお得な?うれしいニュース!SBI証券はiDeCoの手数料がみんな0円に!【5/19(金)から】(SBI証券)iDeCo運営管理手数料改定!条件なしで誰でも0円に!(楽天証券)Sponsored LinkSBI証券も楽天証券も、iDeCoの証券会社分の手数料が無条件で無料!これまで、SBI証券と楽天証券 両社ともに、キャンペーンとしての扱いだったのが、無条件で無料になります。楽天証券さんが、5/18から、 [続きを読む]
  • アーリーリタイアを相談されたら?
  • アーリーリタイアを相談されることが、ごくまれにですが、あります。やっぱり、そういう世代なのか、時代なのか。Sponsored Linkアーリーリタイア(セミリタイア)は自分で決めるこのとき、私は、自分がアーリーリタイアしているのを差しおいて、こう答えます。 「働いた方が良いと思うよ」一般論として、そうである、ということもありますが、そもそも、アーリーリタイア(セミリタイア)とは、一般的な人生の解ではありません。そ [続きを読む]
  • 人生100年時代を生き延びる
  • 不安症候群における、人気キーワードに「人生100年」があります。ちょっと前になりますが、小泉進次郎さんのサイトからのメッセージです。人生100年時代の社会保障へSponsored Link本来、「人生100年」って、喜ばしいことなんですが、なぜか不安のキーワードです。理由は、ずばり、年金制度。最近、こんな本を読んでみたのですが(なかなかの良書です)、問題はあまりに難しく、私が、国家の制度がどうあるべきかを考えるの [続きを読む]
  • 定年時に貯金がゼロでも大丈夫だけど・・・
  • 定年時に、「将来は不安だ、○○○○万円は必要」とか「いやいや、貯金がなくても大丈夫」という議論があります。Sponsored Link定年時の貯金はゼロ円でも大丈夫。ただし・・・定年時の貯金がゼロ円でも、退職金が残るか?(良く聞くのが、退職金で住宅ローンの残債処理してなくなっちゃうパターン)夫婦合わせた年金はいくらか?何歳からもらえるか?退職後、働くか?借金はないか?支出は質素か?などなどの複合条件がうまいこと [続きを読む]
  • アーリーリタイアを決断したときのことを2年ぶりに思い出す
  • アーリーリタイアを決断したのが、そういえば、2年前のGW明けごろだったなあ、と思い出してのエントリーです。Sponsored Linkアーリーリタイアの算段決断時には、いちおう、もろもろ算段はしました。なにしろ、私の場合、早期退職制度の話があったことがきっかけで、それまで、アーリーリタイアの、「ア」の字も、「リ」の字も考えてはいなかったのです。(ブログのネタでは多少考えたりもしましたが)それで、どうしようかと、 [続きを読む]
  • それでもインフレに備えた節約を考える
  • 異次元金融緩和の後も、インフレになるはずが、ちっともなりません。Sponsored Link私のインフレに対するアバウトなイメージ今後、高齢化日本は、労働参加率の向上で10年くらいは持つかもしれないが、いずれ、私のように働かない人が増える。働かない人間には、実はデフレは望ましい。何しろ、現金の実質価値が上がっていくのだから。しかし、そんな、うまい話が30年は続いても、40年、50年続くだろうか?続くはずが無い。という理 [続きを読む]
  • 金融教育は誰がするべきか?
  • よく、日本人には、米国並みの金融教育が必要だと言われます。Sponsored Link金融教育の5W1H金融教育の5W1Hをちょっと考えてみたいと思います。いつ(When)、どこで(Where)、誰が(Who)、なぜ(Why)、何を(What) どのように(How)。このうち、本エントリーで考えてみたいのは、誰が(Who)。これが決まると、いつ(When)、どこで(Where)は、半ば自動的に決まるような気もします。とはいえ、なぜ(Why) くらいは、前提条件として、 [続きを読む]
  • 5月23日 JPX日経中小型株指数のETFも増えます
  • 5月23日、前エントリーで取り上げた1494 に加えて、もう一本、新しいETFが投入されます。1493:One ETF JPX日経中小型(東証マネ部さん)Sponsored Linkすでに、下記のエントリーでも紹介した、MAXIS JPX 日経中小型株指数上場投信(1492)に続いて、JPX日経中小型株指数に連動するファンドが、登場します。最近、気に入っているETFの話JPX日経中小型株指数とはJPX 日経中小型株指数のデータは、日経プロフィルさ [続きを読む]
  • 2017年5月23日 配当貴族指数連動のETFが登場
  • ここ、10年、20年で様変わりしたなあと思うのが、日本株の配当です。そんな中、新たな高配当系のETF が、5月23日に登場します。1494:One ETF 高配当日本株(東証マネ部さん)Sponsored Link配当貴族指数に連動する初の東証ETF高配当かつ増配という特徴をもつ「S&P/JPX 配当貴族指数」に連動したETFは、現在設定されていません。当ETFを提供することにより投資家の皆さまの選択肢を増やすことができると考えております。 [続きを読む]
  • 4資産か8資産か、と聞かれたら?
  • 5月9日、eMaxis Slim バランス(8資産均等型)が、運用開始されました。信託報酬、税抜0.22%、という、今の時代にかなった注目の超ローコストファンド。iFree 8資産バランスファンド(信託報酬 税抜0.23%)のライバル登場です。Sponsored Link均等配分型バランスファンドインデックスファンドを組み合わせたファンドは、色々ありますが、潔い選択肢として、均等配分型のバランスファンドというのがあります。4資産だったら、国 [続きを読む]
  • お金をかけないリタイア生活の健康管理を考える
  • 日本株急上昇!いよいよ、米国株最強!の時代から日本株大逆襲の時代へスイッチか〜!?・・・・ということより、大切なのが、私の場合、仙人生活。Sponsored Link実は知らない近所のことリタイアした人の典型的行動としてよく例に出されるのが、世界一周旅行、、、とまでは行かなくても、世界のいろいろな国々に、いやいや、そこまで行かなくても、世界遺産も増えつつある日本の各地に旅行、というパターンです。ディスカバー・ワ [続きを読む]
  • ファンドの本数が少なくなれば、たぶん、みんながハッピー
  • 日経さんです。投信不信 迷うマネー 金融庁批判で「毎月分配」自粛Sponsored Link日経さんの記事のタイトルを見ると、金融庁批判があり、毎月分配の自粛ムードが漂い、そのせいで、昨年の投信の販売が不調であったかのような印象も受けますが、記事を読むと、そういうわけではないような? 私が思うに、去年、資金流出があったのは、株価の調整に伴う資金調整ではないでしょうか・・・・あっ、こちらは、シロート投資家の印象で [続きを読む]
  • JREITを考えてみる 2017
  • 最近、軟調感もあるREITですが、たまには、書いてみます。Sponsored Link現物の不動産投資をするくらいだったらREITの方が良くない?とよく言われます。私もそう思います。庶民なんです。持ち家もしちゃってるんで不動産クラスはそれだけでおなかいっぱいだし。そんな私のREITに対する取り組みポイントは次の二つですその1 そんなに比率を増やさないJREIT時価総額 11.8兆円(2017/5/2付け)東証一部時価総額 582.7兆円(2017/5/2 [続きを読む]
  • 毎月分配型投信を考えてみる 2017
  • 金融庁殿もお怒りの「毎月分配型投信」。ひさびさに書いてみます。Sponsored Link毎月分配型は売れている?投信資料館さんの、国内最大ファンド・ランキング(2017年2月)によりますと・・・ 順位ファンド名1フィデリティ・USリート・ファンドB(ヘッジ無)2新光 US−REITオープン《ゼウス》3ラサール・グローバルREITファンド(毎月)4フィデリティ・USハイ・イールド・ファンド5ダイワ・US-REIT・オープン(毎月)B(ヘッジ無)6ダイ [続きを読む]
  • 余裕資金を考えるのが実は一番難しい
  • 「資産運用は、余裕資金で行え」が、基本ルール。長期投資をする上では、「余裕資金」をどう考えるかが大切です。Sponsored Linkまずは余裕資金の把握が大切資産配分は、次のようなプロセスで考えようというのが私の考えです。 Step1 運用資金=余裕資金の金額を割り出す。 Step2 高リスク資産(株式など)と低リスク資産(債券など)の比率を決める。  Step3 リスク資産の中身を考えるStep1とStep2が、重要です。ここが、全体 [続きを読む]
  • 「ムサコ会」@渋谷に行くの巻
  • ちょっと、エントリーが遅くなりましたが、相互リンク先のおぱるさんが主催の「ムサコ会」に行ってきました。インデックス投資オフ会 第25回「ムサコ会」@渋谷(インデックス投資女子Around40さん)Sponsored Link参加メンバーは以下のみなさんおぱるさん(インデックス投資女子Around40さん)kenzさん(インデックス投資日記@川崎)ゆうきさん(ホンネの資産運用セミナーさん)masamiさん(ほんのひとさじ 日々の雑記さん)「ムサ [続きを読む]
  • ロボアドバイザーを考えてみる 2017
  • 昨年あたりから、業界が、流行させようとしている感もあるロボ・アドバイザー。Sponsored Link最初に私としての結論は、 使わないです。理由1 高い有償のロボ・アドバイザーの手数料は、現在のところ、預かり資産の0.5%〜1.0%の投資一任報酬を支払うという、機械仕掛けのラップ口座とでもいうべき、新しいのに懐かしい、そんな料金体系が多いようです。もちろん、無償の口座もあり、こちらは、検討の価値があります。理由2 使 [続きを読む]