幸せに輝け さん プロフィール

  •  
幸せに輝けさん: 幸せに輝け
ハンドル名幸せに輝け さん
ブログタイトル幸せに輝け
ブログURLhttp://chirugagotoshi0118.muragon.com/
サイト紹介文平成28年1月14日、息子を自死で亡くしたばかりです。息子は、私の意向だから…と遺して旅立ちました。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供193回 / 365日(平均3.7回/週) - 参加 2016/01/20 15:32

幸せに輝け さんのブログ記事

  • 割り切れる日は。
  • 今日は娘の学校説明会に参加し、今は中学の部活送別会に参加してます。 少しずつ、少しずつだけど春に近づき、新しい年度がどうなるか見え始めた。 バスケ部の部長と久しぶりに話した。 部長の長女は知的障害のある20歳。 就労B型に行きながら頑張っている。 障害のある子と、ない子。 うちの息子は障害では無かったけど、ある意味障害だったんだろうか? 『引きこもりは、ある意味、障害になるかな。でも本人は気付いて [続きを読む]
  • そっと呟きながら
  • 一服の清涼剤君が頑張って掃除してるのを見て、泣きそうな気持ちを抑えながら仕事に励んでます。 毎日、明るく振舞いながらも、 「本当の自分って?」なんて問いながら、時計を見つめる毎日。 「1秒1秒、にいちゃんに近づいてるんだ。」 そんな風にも思いながら。 青い空を見ても、木々の緑色を見ても、桜の蕾を見ても、「幸輝…」と呟きながら毎日生きるのが自死遺族の宿命なんだろうか。 そんな気持ちの中で一服の清涼剤 [続きを読む]
  • 一服の清涼剤
  • 以前仕事中に見つけた息子そっくりの清掃職員。遠目でしか見たことなかった彼を正面から見る機会に遭遇。 息が止まりそうだった。あまりにも似すぎて。 抱きしめたくなった。犯罪だが(笑) 『この世に自分に似た人は3人いる。』 よく耳にするが、本当だ。 あまりにも似ている。 毎日、仕事にうなされている。 世の中、昨日まで三連休だったが私には三連休は無かったから、なぁんも変わらない。 そう腐った考えを吹き飛ば [続きを読む]
  • 好かれてるね、にいちゃん。
  • 学校説明会でもらった書類。 私立は金、金、金だ。 しかし、娘が選んだ学校。 今更、「家計が赤字なんで、無理。」なんて言えない。 まだもらってない今年のボーナスを担保にして、父から借金。 働く理由がまた1つ出来た(笑) だが、元旦那が娘に言う。 「だから、私立は嫌いなんよ。こんな修学旅行の積立なんか要らんやろ。半額で十分行けるやろ。電子辞書?そんなん要らんやろ。施設設備費?なんやそれ。」 ブツブツし [続きを読む]
  • たくましくなれ。
  • 今日は娘の学校説明会。 子供だけなんで、娘だけが行った。 同じ中学から何人も行く。 その中に、県立を落ちて説明会に参加した子がいる。 「もし落ちたら、一緒に登下校しよう。」 そう言った子がいたらしい。 「おはよう」 声を掛けようとしたら、無視したとか。 娘からしたら、16日の卒業式まで一緒に行こうと言ってたとか。 『一緒に登下校するって話はどうする?』 「ごめん、◯ちゃんと行ってもいい?」 そうラ [続きを読む]
  • 働くしかないんやけど
  • 朝が来た。 昨日の素晴らしい卒業式の余韻は、仕事に追われる夢で立ち消えた。 毎日、毎日、また仕事に追われる夢を見始めた。 仕事が合わないのではない。 同僚と合わないのではない。 自分のやり方が悪いから、追い込まれているんだと思う。 誰かの責任にしたら、きっと楽だ。 会社の、同僚のやり方にイラついてるのは確かだが、そればかりではないはずだ。 1日休んだら、何だか会社が嫌になる。 不登校ならぬ、不通勤 [続きを読む]
  • 卒業式
  • 今日、無事に卒業式が終わりました。 娘の名前が呼ばれ、校長からしっかり卒業証書を受け取る娘に、感極まりました。 みんなと笑顔で写真を撮る娘。 泣き顔も素敵に見えました。 にいちゃん、あなたも見えましたか? 妹が晴れやかに卒業証書を受け取る姿を。 妹がみんなと歌う、ゆずの『友 旅立ちの時』を聴いてあげたかな? にいちゃんを思いながら頑張ってるよ。 やるなぁ、君の妹は。 今日は夢の中で褒めてやってな。 [続きを読む]
  • 何だか虚しい。
  • 残業40時間命令はなんだろか? こなせだしたら60時間の残業って何? 昨日の上司の耳打ちが頭から離れない。 昨日見たテレビで、家の煙突から煙がない絵を描いたら、それは仕事は単なる金のもと、稼ぐ為に働いているのみと言っていた。 確かに今の私には、やりがいなんて言葉はない。ケアマネがやりたくて資格を取ったが、現在はケアマネ業務はしていない。 金のため、息子への悲しみを少しでも仕事で紛らわしているだけ。 [続きを読む]
  • ラスト登校
  • 「あと4日や」 娘がラスト登校、卒業式までをカウントダウン。2度と通らない通学路を自転車踏んで通う。 「気をつけてな。」 「大丈夫よ。」 大丈夫かぁ。 大丈夫だよね。 でもさぁ、何があるか分からんで。 あっ、それは自分にも言えるが…。 今週も息子の分まで生きよう。 [続きを読む]
  • 自分で取り除くしかないが。
  • 去年、私は息子の卒業式を当たり前に迎えらると思っていた。 息子がバイトで良いから始めてくれると思っていた。 当たり前のように。人生最大の悲しみが来るとは、1ミリも思わずに。 しかし、それは幻であって当たり前に来るものは何もないことを知った。 今週の木曜日は娘の卒業式だ。 当たり前にくるかと心配している私がいる。 入学準備の書類を娘と書きながら、本当に当たり前にくるかと不安でならない。 おかしいよ。 [続きを読む]
  • 息子かもと…
  • なんてこった。 死んだはずの息子が働いている。 そう錯覚してしまうくらい、そっくりな清掃員を会社で見つけてしまった。 多分、最近入ったんだろう。 マスクしているから、外したら似てないだろう。 しかし、母親の私が疑うほどの激似。 室内からの隠し撮りは如何なものかと思いながら、でも撮りたい衝動を抑えられずシャッターを切った。 我ながら大胆な行動をしたもんだ。 でも、それくらい我を失うくらい失くしたもの [続きを読む]
  • 前を意識してみようかな。
  • 朝から救急車が走り回っている。 今朝は2時に目が覚め、救急車のサイレンがやまない。 4時に何とか眠り、また6時に目が覚めて見れば救急車のサイレン。 夢で追突事故を起こした私。 前が見えず、過去(後ろ)ばかり見てるからか? 救急車のサイレンばかりが耳に響くのは、体調が良くないのかなぁ。 前を見るように、今日は意識しよう。 [続きを読む]
  • 静かにして下さい。
  • 「Aさんのお母さんは可愛いよね。」 「あんなお母さんなら、世話しても可愛いよね。」 認知症の母親の世話をしながら働く、独身の58歳の同僚への言葉。 「Bさんはどっち似?」 『母親かなぁ』 「じゃあ、お母さんは美人やったんやね。Bさんは美人だから。お母さんってどんな人?うちなんかさぁ〜」 両親健在で両親に甘えて暮らしているのに、その両親に対しての愚痴を両親を亡くしている53歳の独身の同僚へ長々と話し [続きを読む]
  • 母の13回忌
  • 母が亡くなって丸12年 干支がひとまわりした。 小さかった娘に甥っ子。みんな大きくなった。 大人たちは、みんな年を取った。 いるはずの息子が居ないのが残念な13回忌。 にいちゃん。 覚えてますか? ばぁちゃんの葬儀に、白い鳩を飛ばすための紐を引っ張って『さようなら』と、ばぁちゃんに声をかけて空を見上げたことを。 にいちゃん。 覚えてますか? あなたは一歳半検診で、保健師の指すものを言えず言語障害扱 [続きを読む]
  • 偽善者パラダイス
  • みんな、突然偽善者になった。 私をダシにして偽善者になった。 テレテレッテレ〜?? みんなのレベルが上がった。 みんなは喜んだ。 櫻雅のレベルは下がった。 HPが0に近い。瀕死(笑) 頼むから、自分たちの物差し??で測り、勝手に話を膨らまし、当人そっちのけで騒ぐな?? 私はそっとマクスをして無言化する。 机の下で拳を握りながら。 [続きを読む]
  • あかんなぁ、愚痴ってたら。
  • 体調の悪い同僚が、一段と悪いと騒ぐ。 頭がぐるぐる回る、朝が1番辛い。 今の時間が動きやすいと。 今の時間って、20時45分。 21時には会社を出なくてはならない規則なのに、何を言ってる。 「大丈夫ですか?布団で寝てますか?」 『そんな問題じゃない』 いやいや、あんたが今年に入って1回しか布団で寝てない、身体がしんどいって騒いでたから心配したんやんかぁ?? 『あぁ、薬が効かない。メニエル病ではなく [続きを読む]
  • 3月始動
  • 今日は高校の卒業式。 16日は中学、23日は小学校。 大学、専門学校などの次々卒業式がある。 別れの式典、頑張りましたねの式典。 3月が始動する。3月は次へのステップとなる月だ。 うちも16日に娘が卒業式を迎える。 高校の学用品準備もいるので、何だか忙しい。 時は動いてる。 少しずつ、娘が息子の歳に近づいている。 嬉しいような寂しいような複雑さだ。 でも時は無情に過ぎる。 にいちゃんも、そちらで進 [続きを読む]
  • 2月の終わりに
  • まだまだ働く自分に、ご褒美が欲しい。 頑張る自分に、やるね??って褒めてもらいたい。 2月終了日に、何だか分からないが無性に褒めてもらいたくなった。 明日からは、みんなが新生活に向けて、ウキウキワクワクドキドキ??する3月。 それが無性に寂しさを倍にする。 [続きを読む]
  • 温かい街の灯りに
  • 昨日、用事で県外に行きました。 帰り道、高速から見える街の灯りが綺麗でした。 暗闇に灯る灯りは、よく例えられる『ダイアモンドを散りばめた』感じ。 「わぁ、綺麗。素敵やね。」 「ほんと、綺麗やね。」 今までなら素直に感じたでしょう。 みんなが、あの灯りの下で団欒を紡いで、幸せを紡いでいるだろうと信じてました。 でも、それは自分が幸せだと思っていたから感じただけ。 今は、あの灯りの下で泣いてる人、苦し [続きを読む]
  • 職場のひとコマ
  • あぁぁぁ、うざい。 うざすぎる、鬱陶しい。 みんながみんな、悩みなく生きてるんじゃない。 顔は笑っていても、心は土砂降りのやまない雨ばかりなんだ。 だけど だけど踏ん張るんだ。 なのに 自分だけが幸せじゃない。 自分だけが辛い。 自分だけが働いてる。 やかましいわ、全く。毎日、毎日、誰かの私生活を聞き、誰かの笑顔をみては、「いいねぇ〜、私は…」って、身体が痒い、身体がだるい、この栄養ドリンクじゃ治 [続きを読む]
  • 生きてる風ってやつね
  • 昨日、無事に検査入院から父を連れ帰り、伸びきった髪を切りに行った。 久しぶりに短くしてみた。 娘にソックリ過ぎて笑いそうになった。 帰り間際に美容師に「お兄ちゃんは、いくつになりました?」って聞かれて、咄嗟に年齢が分からなくなった。 「19?20?いや、19歳だった。」 『へぇ、もうそんな歳なんだ。どうしてる?』 「都会に行った。友達を頼って。」 『寂しいね。なかなか会えないから。』 「そうでもな [続きを読む]
  • あぁ、大変だばさ。
  • 昨日、もう少しで『幸せ教祖様』を本気でどつきそうになりましたが、書類の山のおかげで手がパソコンから離れませんでした?? 本日、まだまだ生きたい父親の肺生検のため、病院に来てます。 うちの会社、有休は急な時しか取らしてくれないという、悪しき慣習にて25日の代休???? 今、家族用にマスクが渡されました。 はめてみたが、まぁまぁ苦しい。 にいちゃん。 あなたの好きなじい様が検査です。 気が小さいから、 [続きを読む]
  • 根拠を示せ
  • 『私はね、嫌なこともたくさんあったけど、今が幸せやけんねぇ』 そうですか?? 『みんな、私みたいに幸せになれるけんね。』 そうですか?? てか、何を根拠に『みんな幸せになれるけんね』と宣言する?? お前は宗教団体の教祖様か? お前に何が分かる?? そう思いながら、パソコンを操作する私。 次、あまりにも根拠なく自分の価値観で『幸せになれるけんね。』などと言ったら、頭どついたる?? [続きを読む]
  • 13回目の月誕生日??
  • にいちゃん。 月誕生日や?? 1歳と1ヶ月やで。 だいぶ慣れたか? 楽しく過ごしよるか? 今からご飯作るからな。 待っていてな。 この世の時は、1歳と1ヶ月やと歩いてたよ。 そちらでも、自分の足で歩いているかい? 母さん、まだ行けないようやけんなぁ。 頑張って歩いてよ?? 母さんは、生きる意味を見つめながら考えながら、今からご飯作るからな?? [続きを読む]
  • 生きてる意味って
  • さっきまで高齢者宅を訪問。 1つは施設。 施設にて、30年間精神病院に入院していた男性に会いました。 発語なし 自力動作なし 名前を呼べば、目は私の方を見る。 指が拘縮してないか触ると眉をひそめる。 生きているのは分かるが、皮膚の色は蝋人形のよう。 無表情。無反応。 辛すぎたら、私もこの男性のようになれるのかな? そう思いながら見つめてしまった。 なんだか自分が卑しい人に思えました。 午前中に4人 [続きを読む]