幸せに輝け さん プロフィール

  •  
幸せに輝けさん: 幸せに輝け
ハンドル名幸せに輝け さん
ブログタイトル幸せに輝け
ブログURLhttp://chirugagotoshi0118.muragon.com/
サイト紹介文平成28年1月14日、息子を自死で亡くしたばかりです。息子は、私の意向だから…と遺して旅立ちました。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供188回 / 365日(平均3.6回/週) - 参加 2016/01/20 15:32

幸せに輝け さんのブログ記事

  • 気配のみは寂しい
  • この前息子の夢を見た。 小学生の3年生くらいかなぁ。 下校してる息子に「はよ、帰り」って言ったら「嫌や」って言った。 目覚めて娘に話したら、「私のは買い物の夢に、にいちゃんが出るよ。」と言った。 今朝は、元旦那と息子の進学のことを話している夢だった。 「あいつは、部屋に引きこもってばかりや。」 「そんなこと言わず考えてやらんと」 そんな会話をしていた。 息子の姿はなかったが、気配は感じた。 姿が見 [続きを読む]
  • にいちゃんを探す
  • 本日、ノー残業デー。 素晴らしい水曜ですが、実は嫌い。 何故なら…。 帰宅途中に大学生や新社会人をたくさんみるから。 朝の通勤は高校生が圧倒的に多いので、「あんな感じで普通の高校生だったら…」って思うだけ。 だけど帰りは違う。 息子に似た感じの男の子がワンサカいる。 探しても見つからない、絶対に見つからない宝物を私は探してしまう。 夕陽がまた、似た感じの男の子に眩さのカーテンを掛けて余計に似てるよ [続きを読む]
  • 分かりますか?にいちゃん
  • 99歳、男性。 死にたいと言って首にベルトを巻いて施設内を歩き回る。 80歳、女性。 あっちこっち身体が痛いし、1人娘は障害児を抱えて大変だから私の面倒は見れないし甘えられないので死にたい。 56歳、女性。 父親が脳梗塞を患ってから認知症が進行した。同居はするが毎日デイサービスを利用して昼間は私の時間が欲しい。 『国が面倒見なくちゃね。みんな、大変なんだから』 『あんたらの書き方1つよ。頼むよ。』 [続きを読む]
  • 食べたいもん、いいや
  • 「母さん。最近にいちゃんが好きだったもんが私も好きになった。」 一緒に買い物していて、いきなり話し出す娘。 確かに、あなたはイクラを嫌がった。 なのに、突然食べたいと言い出した。 「多分、にいちゃんが食べたいもんを私が食べることで満たしてるんかもよ。」 はいはい。そうですか。 ならば母さんの財布が寂しくなりつつありますが、母さんは買いますよ(笑) しかし、本当に最近の娘ちゃんの好物が変わりつつある [続きを読む]
  • 合宿
  • 今日から学習合宿に入る娘ちゃん。 一泊二日の合宿だが、初めての合宿にて不安だらけ。 昨夜は、21時の仕事帰りに寄って愚痴を聞いた。 泣く娘を何とか慰めたが、後ろ髪引かれる思いだ。 にいちゃんがいたら、きっと愚痴を吐いてたと思うよ。 居ないから仕方なく母さんに吐いたはずだ。 もしかしたら、にいちゃんの位牌に向いて吐いたかな? にいちゃん。 なんか愚痴を吐いてたら、夢でなんか言ってやってな。 [続きを読む]
  • やはり違うわな
  • 息子に似た清掃員くんがマスクを外していたので、思わず顔をマジマジと眺めたよ。 遠目では似てたが、間近はやはり違うわな。 顎のラインが違うと、こうも違うとは…。 君に会いたい。 君だから会いたいんだな。 [続きを読む]
  • お弁当作り
  • 今日から3年間、娘ちゃんの弁当作りが始まった。 昨日娘ちゃんが、「3年間よろしくお願いします。」っていわれて、母さん頑張りますって返したが…。 さっき弁当作ってて、にいちゃんには火曜と日曜しか必要なかったよなぁ〜って思い出したよ。 通信教育だったから、スクーリングの時、しかも午後まであったら要るだけだったもんね。 あぁ〜、もっとにいちゃんにも弁当食べさせたかったなぁ。 にいちゃんの好きな小さな一口 [続きを読む]
  • 雨の入学式
  • 今日は娘ちゃんの入学式。 春の長雨にて今日も雨。 桜も雨に濡れて、散りゆく。 その中で、これからを夢見て入学する子供達。 みんな、後ろ姿が凛としている。 にいちゃん、見える? どの後ろ姿が、あなたの大好きな妹か。 ここで、この学校で頑張るらしいよ。 今から勉強に不安いっぱいみたいだよ。 にいちゃんに見せたかったらしいよ、制服姿。 心配せんでも、見てるよなぁ。 可愛いやろ、にいちゃんの妹。 [続きを読む]
  • お願いごと
  • お釈迦様の誕生日の今日。 願うは息子に合わせて欲しい。 今の時代では叶わないけど、いつかそちらに行った時は必ずや会わせて欲しい。 日頃、お釈迦様に何かを願いはしないが、この4月8日には何故かお願いしてしまう。 今年も願ってやまない。 [続きを読む]
  • 吹っ切れるかな。
  • 桜が蕾から暖かさの息吹を受けて、木々の上で花びらを咲かそうと両手を広げるように広がり始めた昨日。 今日から天気が雨模様になるとか。 雨かぁ?? にいちゃんとの雨の思い出は… 傘潰し。 友達と広げた傘を振り回して壊し、直ぐに買いに行って翌日使わせたらまた壊し…。 「自分のお小遣いで買いなさい??」と、怒鳴り散らして買わせた黄色の傘。あれは小学低学年やったかいなぁ、にいちゃん。 近頃、傘を振り回してる [続きを読む]
  • エイプリルフール
  • 今日はエイプリルフール みんなが楽しい『嘘』をついてるよ。 母さんも言おうかなぁ。 『にいちゃんは生きてる』 『死んだのは嘘で、もうすぐ帰ってくる』 『にいちゃんの好きなハンバーグを作って待っておこう』なぁんてな。 しかし、今朝、友人からのLineで現実に引き戻された。 「お返しが届きました。元旦那さんに気を遣わせました。ありがとうございますって伝えて」 はぁ?何のお返し? エイプリルフールの嘘に [続きを読む]
  • 何も変わらん
  • あと今日を入れて2日で28年度が終了。 本日、移動発表予定。 年度が変わっても、班が変わっても、特に何が変わるわけでもないのが私の仕事。 まだまだ、今の職場では新人。 だから特に何も思わない。 年度が変わって自分が真っさらになる訳でも無いし。 ただ。 周りの騒がしさが尋常じゃない。 チーム編成で仕事がし難くなる方もいるようだ。 さぁて、私は黙って机の整理をしよう。 にいちゃん、娘ちゃんの写真と共に [続きを読む]
  • 亡き者は無き者
  • 赤文字の件ですが。。 息子の死を伝えたら、「記入しなくてよい」と言われました。 亡き者は無き者。 はなから存在なしみたい。 辛いなぁ、にいちゃん。 あんた、あんなに元気に生きてたんやけどな。 赤文字より、マシなんかなぁ? いや、違うよな。 娘に話したら、「ふぅ〜ん」のみ。 そんな反応しか出来んわな。 まぁ、私らは忘れてないから気にしないでおくかのぅ。こんなんで挫けてたらキリないでな。 でも、たまら [続きを読む]
  • 赤文字
  • 娘の入学準備をしながら書類に目を通すと、家庭報告に「両親のどちらかが亡くなっている場合は、赤文字で記載し、誕生日は亡くなった日を記入」と書いてある。 国の就学金制度の書類。 両親の課税証明がいるからだ。 世帯収入をきちんと把握し、国からの税金での補助だからなのか…。 赤文字 「両親ってあるが、兄弟も赤文字で書くの?」 娘の素朴な疑問。 確かに…。 赤文字で息子の名前を書くのか? 「学校に問い合わす [続きを読む]
  • 割り切れる日は。
  • 今日は娘の学校説明会に参加し、今は中学の部活送別会に参加してます。 少しずつ、少しずつだけど春に近づき、新しい年度がどうなるか見え始めた。 バスケ部の部長と久しぶりに話した。 部長の長女は知的障害のある20歳。 就労B型に行きながら頑張っている。 障害のある子と、ない子。 うちの息子は障害では無かったけど、ある意味障害だったんだろうか? 『引きこもりは、ある意味、障害になるかな。でも本人は気付いて [続きを読む]
  • そっと呟きながら
  • 一服の清涼剤君が頑張って掃除してるのを見て、泣きそうな気持ちを抑えながら仕事に励んでます。 毎日、明るく振舞いながらも、 「本当の自分って?」なんて問いながら、時計を見つめる毎日。 「1秒1秒、にいちゃんに近づいてるんだ。」 そんな風にも思いながら。 青い空を見ても、木々の緑色を見ても、桜の蕾を見ても、「幸輝…」と呟きながら毎日生きるのが自死遺族の宿命なんだろうか。 そんな気持ちの中で一服の清涼剤 [続きを読む]
  • 一服の清涼剤
  • 以前仕事中に見つけた息子そっくりの清掃職員。遠目でしか見たことなかった彼を正面から見る機会に遭遇。 息が止まりそうだった。あまりにも似すぎて。 抱きしめたくなった。犯罪だが(笑) 『この世に自分に似た人は3人いる。』 よく耳にするが、本当だ。 あまりにも似ている。 毎日、仕事にうなされている。 世の中、昨日まで三連休だったが私には三連休は無かったから、なぁんも変わらない。 そう腐った考えを吹き飛ば [続きを読む]
  • 好かれてるね、にいちゃん。
  • 学校説明会でもらった書類。 私立は金、金、金だ。 しかし、娘が選んだ学校。 今更、「家計が赤字なんで、無理。」なんて言えない。 まだもらってない今年のボーナスを担保にして、父から借金。 働く理由がまた1つ出来た(笑) だが、元旦那が娘に言う。 「だから、私立は嫌いなんよ。こんな修学旅行の積立なんか要らんやろ。半額で十分行けるやろ。電子辞書?そんなん要らんやろ。施設設備費?なんやそれ。」 ブツブツし [続きを読む]
  • たくましくなれ。
  • 今日は娘の学校説明会。 子供だけなんで、娘だけが行った。 同じ中学から何人も行く。 その中に、県立を落ちて説明会に参加した子がいる。 「もし落ちたら、一緒に登下校しよう。」 そう言った子がいたらしい。 「おはよう」 声を掛けようとしたら、無視したとか。 娘からしたら、16日の卒業式まで一緒に行こうと言ってたとか。 『一緒に登下校するって話はどうする?』 「ごめん、◯ちゃんと行ってもいい?」 そうラ [続きを読む]
  • 働くしかないんやけど
  • 朝が来た。 昨日の素晴らしい卒業式の余韻は、仕事に追われる夢で立ち消えた。 毎日、毎日、また仕事に追われる夢を見始めた。 仕事が合わないのではない。 同僚と合わないのではない。 自分のやり方が悪いから、追い込まれているんだと思う。 誰かの責任にしたら、きっと楽だ。 会社の、同僚のやり方にイラついてるのは確かだが、そればかりではないはずだ。 1日休んだら、何だか会社が嫌になる。 不登校ならぬ、不通勤 [続きを読む]
  • 卒業式
  • 今日、無事に卒業式が終わりました。 娘の名前が呼ばれ、校長からしっかり卒業証書を受け取る娘に、感極まりました。 みんなと笑顔で写真を撮る娘。 泣き顔も素敵に見えました。 にいちゃん、あなたも見えましたか? 妹が晴れやかに卒業証書を受け取る姿を。 妹がみんなと歌う、ゆずの『友 旅立ちの時』を聴いてあげたかな? にいちゃんを思いながら頑張ってるよ。 やるなぁ、君の妹は。 今日は夢の中で褒めてやってな。 [続きを読む]
  • 何だか虚しい。
  • 残業40時間命令はなんだろか? こなせだしたら60時間の残業って何? 昨日の上司の耳打ちが頭から離れない。 昨日見たテレビで、家の煙突から煙がない絵を描いたら、それは仕事は単なる金のもと、稼ぐ為に働いているのみと言っていた。 確かに今の私には、やりがいなんて言葉はない。ケアマネがやりたくて資格を取ったが、現在はケアマネ業務はしていない。 金のため、息子への悲しみを少しでも仕事で紛らわしているだけ。 [続きを読む]
  • ラスト登校
  • 「あと4日や」 娘がラスト登校、卒業式までをカウントダウン。2度と通らない通学路を自転車踏んで通う。 「気をつけてな。」 「大丈夫よ。」 大丈夫かぁ。 大丈夫だよね。 でもさぁ、何があるか分からんで。 あっ、それは自分にも言えるが…。 今週も息子の分まで生きよう。 [続きを読む]
  • 自分で取り除くしかないが。
  • 去年、私は息子の卒業式を当たり前に迎えらると思っていた。 息子がバイトで良いから始めてくれると思っていた。 当たり前のように。人生最大の悲しみが来るとは、1ミリも思わずに。 しかし、それは幻であって当たり前に来るものは何もないことを知った。 今週の木曜日は娘の卒業式だ。 当たり前にくるかと心配している私がいる。 入学準備の書類を娘と書きながら、本当に当たり前にくるかと不安でならない。 おかしいよ。 [続きを読む]
  • 息子かもと…
  • なんてこった。 死んだはずの息子が働いている。 そう錯覚してしまうくらい、そっくりな清掃員を会社で見つけてしまった。 多分、最近入ったんだろう。 マスクしているから、外したら似てないだろう。 しかし、母親の私が疑うほどの激似。 室内からの隠し撮りは如何なものかと思いながら、でも撮りたい衝動を抑えられずシャッターを切った。 我ながら大胆な行動をしたもんだ。 でも、それくらい我を失うくらい失くしたもの [続きを読む]