うつ、対人恐怖の中を生き抜くおっさんのブログ さん プロフィール

  •  
うつ、対人恐怖の中を生き抜くおっさんのブログさん: うつ、対人恐怖の中を生き抜くおっさんのブログ
ハンドル名うつ、対人恐怖の中を生き抜くおっさんのブログ さん
ブログタイトルうつ、対人恐怖の中を生き抜くおっさんのブログ
ブログURLhttps://ututotukiau.muragon.com/
サイト紹介文ututotukiauさんのブログ
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供0回 / 365日(平均0.0回/週) - 参加 2016/01/22 09:37

うつ、対人恐怖の中を生き抜くおっさんのブログ さんのブログ記事

  • 過去の記事 …
  • 薬って怖いね
  • 4年前だろうか…うつが悪化して、主治医先生が電気ショック療法を試してみようということになって、中核病院に紹介入院となった。 紹介先の担当医はT先生。電気ショック療法を受けるほどうつが悪化しているわけではないということだった。それから、双極性障害と診断された。 それまでの主治医先生の処方を見直し、リーマスとセロクエルが処方された。双極性障害のうつ状態には原則、抗うつ薬は使ってはいけないらしい。これが [続きを読む]
  • みんな生きるのに必死
  • 今日は仕事でたまたま運送会社のおじさんと立ち話をすることがあった。 その人は僕が何故隔日出勤なのか?休みの日はどこかで働いているのか?など聞いてきた。 僕は隠しても仕方が無いのでありのままを話した。そうしたら、その運送会社のおじさんも脳梗塞を患いながら仕事をしているとのことだった。 僕は脳梗塞を患ってよく運送会社の仕事を続けることができましたねとビックリしながら聞いた。運転をはじめ、様々な障害に阻 [続きを読む]
  • 手の震えが気になるというお話
  • 僕が医療関係の仕事に携わっているころ、服用している抗うつ剤の副作用からくる手の震えがすごく気になったことがある。 主治医先生に話すと、アーテンやらパーキネスとか震え止めの薬を出してくれたけど、一向に効かない。 緊張する(手が注目される)場面に遭遇すると、手の震えが酷くなる。 具体的に僕の場合はお酒の席でお酌やらご返杯やらでよく指摘されて恥ずかしい思いをした。お酒がこぼれるくらいガタガタと震え出す。 [続きを読む]
  • 修羅場
  • 今日は修羅場だった。 商品の店別の仕分け作業でNさんの手伝いをしろということだった。 今日初めてやる作業であった。 Nさんは相変わらず、1人で仕事を進めてしまう。Nさんが、僕などに指示を出すことは無理なことなのだ。以前、上司だってそう言っていたじゃないか。 なので、僕はNさんに聞きながら手伝いをしていたのだが、全体を俯瞰してどういう風に作業をするかとか、作業を行なう上でこのようにやるのが効率がいい [続きを読む]
  • コントミン12.5
  • ジプレキササディス2.5の代替薬。コントミン12.5。こんな古い薬が今現在も、投与されているって、精神科だけじゃないか? これで、対人恐怖感、緊張感が緩和されればと思い、服用して3日目。飲み心地、少しソワソワ感があるものの、他に何も変化が無い。少しはまったりしただろうか。かといって、ベンゾジアピン系の比では無い。 まだ、服用して日が浅いが、効果的な薬かどうか判断がつかない。 統合失調症に適応がある [続きを読む]
  • 働きながら障害年金を受給するという選択肢が無くなる!?
  • 僕は、障害基礎年金2級を受給している。家族の加算もついて月に8万ほど。最近、障害年金の認定の地域格差が問題となって、認定基準が厳しくなってゆくとか。 障害年金を受給出来ることで、ある程度、無理せずに仕事を選ぶことができる。決して、障害年金の上であぐらをかいているわけではない。っていうか、こんな額じゃあぐらかけないよ。 むしろ、無理すること無く仕事をすることで、調子を崩すことが少なくなると思う。 そ [続きを読む]
  • 今就いている仕事のこと
  • 僕がうつ病を発症したのは18のとき。それから、主治医先生のすすめで医療系の資格を取って病院に就職した。若いころは仕事が面白くてバリバリ仕事をした。 なんか年を重ねるごとに人と関わるのがいやになってきているというか苦手になっている気がする。 うつ病は悪化と回復を繰り返して続いてきた。治ることはない、それは主治医先生からも言われている。そういう意味では躁うつ病といったほうがいいのかもしれない。リーマス [続きを読む]
  • ジプレキサが怖くて飲めない
  • 僕は訳あって、2ヵ所精神科にかかっている。 以前にも書いたが、このところ、うつの波は安定している。 うつの波が安定していると、やっぱり、対人緊張が強いことを精神医療で何とかしたいという思いが強くなってくる。うつで具合が悪いとそれどころではない。 1ヶ所目の精神科医はいわばメインでもう主治医先生とは20年以上の付き合い。 2ヵ所目はセカンドオピニオン的に処方内容や薬についての疑問など聞いたりして利用 [続きを読む]
  • 手術後初出勤
  •  手術後初の仕事の日。  傷が痛みはしないか?体力的にもつだろうか?  なにより、会う人会う人に「ご迷惑をおかけしました」と言い続けなければいけないのが憂鬱と言うか緊張して出来るだろうか?そんな不安を抱えながら出社した。  対人緊張が強く、コミュニケーションが苦手で、無口な自分。その中でも、僕は自分から話しかけることをとても苦手にしている。話しかけてくれて何か話す分にはそんなに苦痛は感じない。自分 [続きを読む]
  • 自己肯定感に乏しい私
  •  最近、というか、2015年6月から抑うつ気分の方は無く、気分の変動も無く安定している。リチウムを400mg→200mgまで減らしてから安定している。なんでだろう?分からない。  気分の方は悪くないのだが、夜寝るときとか、ふと1人でいる時に自分を痛めつけることが多い。自己評価の低さが目につく。ダメだなあといって自分を痛めつけるのである。  特に、非正規で最低賃金で働いている現状や手術時のせん妄体験 [続きを読む]
  • 手術後せん妄・・・
  •  12月23日から24日にかけて、クリスマスイブをまたいで開腹手術が行われたわけであるが、その後12月28日まで記憶が無い。12月28日の朝、妻が自分の名前を呼んでいることに気づいて我に返った。「良かった・・・元に戻った!」と妻が言った。  28日までの間に、どうやらもう1回お腹を開けたみたい。手術後に出血があったらしく、輸血まで行われて止血術が行われたという。  うちの母が「うぇ〜。他人の血が入 [続きを読む]
  • クリスマスイブに手術なんて・・・
  •  昨年、お盆の時期に宿泊先のホテルで、夜中に急にみぞおちと背中が痛くなりだした。フロントで市販の鎮痛薬をもらって飲むも、一向に痛みが治まらず、朝になるとやっとその痛みは消失した。  心配になって近所の医者にかかると、超音波検査で「小さな胆石がいっぱいあるね。あんまり痛むようだったら手術した方がいいよ」と。その後、今日に至るまで、油物を食べた夜中は胆石の発作が必発した。  その度に救急救命センターに [続きを読む]
  • 過去の記事 …