接客マナー講師 古岡めぐみ さん プロフィール

  •  
接客マナー講師 古岡めぐみさん: 人気ホテルの接客術とプロフェッショナル人材育成
ハンドル名接客マナー講師 古岡めぐみ さん
ブログタイトル人気ホテルの接客術とプロフェッショナル人材育成
ブログURLhttp://ameblo.jp/megu2ka/
サイト紹介文富山の現役ホテルマンの接客マナー講師。今すぐ実践できる「感動の接客術」、「接客マナー向上」など。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供178回 / 365日(平均3.4回/週) - 参加 2016/01/23 00:29

接客マナー講師 古岡めぐみ さんのブログ記事

  • リピートしたくなる応対術
  • こんにちは。富山のフロント接客トレーナー、古岡めぐみです。前日、石川県白山市での予約電話応対セミナー「ドリームナイトin我楽」さんで感じたことや1月に金沢のゆるゆる昼活さんで主宰してくださったときのこと私のセミナー内容(ノウハウやテクニック)ではなく!コツや気づきをかいてくださいました。こんな風に感じてくださりとても嬉しいです。私が伝えたいこと(想い)をそのまんま感じとってくださってます。私のセミナーに [続きを読む]
  • ”年下男性をゲット!【5つの必須条件】とは!?”
  • 映画は字幕派。富山のフロント接客トレーナー、古岡めぐみです。 5月に一緒にお仕事をさせていただく婚活コンサルタントの澤口珠子さん。 年下男性をゲットするための5つの必須条件を書かれています。 面白いので是非読んでみてください^^ で、2つ目の条件を引用させてもらうと 女性としてはもちろん、人としても尊敬できること と書かれています。 これ [続きを読む]
  • リピートされる講師になるために取り組んでいること
  • デコピンよりしっぺ派。富山のフロント接客トレーナー、古岡めぐみです。リピートされる講師ってどんな講師でしょうか?私は今、ありがたいことにセミナー講師としてリピートしていただいたりセミナー講師がキッカケで新しい仕事の紹介をしていただいたり講話の依頼が立て続けにあったり4月から新しい仕事のチャンスをいただいたりと最近、ビックリするほどそんな現象が続いています。 私が講師業を始めて一番最初に受けたセ [続きを読む]
  • 新人さんに電話応対をしてもらうタイミング
  • 刺身はわさびたっぷり派。富山のフロント接客トレーナー、古岡めぐみです。先日、とある会社に電話したところ研修生が電話を出ました。あまりにもたどたどしい電話応対で色々心配になってしまいました。これから新入社員を迎えるとかアルバイトが入れ替わるという会社は是非知っておいて欲しいのですが練習させずに電話を取れというのはやめておいた方がいいです。お客様を練習台にするなという事です。厳しいかもしれませんが会 [続きを読む]
  • 予約電話応対セミナーで得られる事、失う事
  • マスクは白色派。富山のフロント接客トレーナー、古岡めぐみです。予約電話応対セミナーでは得られるものと失うものがあります。セミナー受講するのに何か失うなんてありえる?って思いました?それがですね、ありえーる!!!なんですよ。失うと同時に得られるもの。何かと言うと恥を失い自信を得ることができます。電話応対は1対1。話の内容は当人同士しか分かりません。相手がどう感じているかも顔が見えないので分かりません [続きを読む]
  • 握手会=10秒の公演!ファン作りの天才に学ぶフロント接客
  • 行列の出来る店は待てる派。富山のフロント接客トレーナー、古岡めぐみです。Yahoo!ニュースで面白い記事を見つけました。「握手会=総合芸術」、元NMB48みるきーに学ぶ対人スキルこの文中で「握手会≡10秒の公演」というフレーズがあります。握手をする会ではなく10秒の公演だというのです。この捉え方、素晴らしいー!!!と思いました。10秒で心を掴むためにあなただったらどうしますか?私はAKBの握手会は行ったことがありませ [続きを読む]
  • 注意することに躊躇っていませんか?
  • ジェットコースターよりお化け屋敷派。富山のフロント接客トレーナー、古岡めぐみです。相手を変えることは出来ない。変わるのは自分。という言葉をそのまま捉えて注意することに躊躇してしまう自分がいることに気付きました。私は接客トレーナーだけでなく現役ホテルマンという一面もあります。私が接客する姿や取り組み姿勢を見てどんどん接客を向上させていくスタッフがいる一方でなかなか変わらないスタッフに悩んでいました [続きを読む]
  • 倫理経営講演会の運営に携わって学んだこと
  • 眠気覚ましはコーヒーよりリアルゴールド派。富山のフロント接客トレーナー、古岡めぐみです。 今日は倫理経営講演会に参加しました。 「大転換の時代〜"新"に挑む〜」というテーマのもと 集客から当日の運営まで裏方として携わったことで講演会の内容が深く身に染みました。 苦しいときこそ自分の事に囚われやすい苦しいときこそ人の役に立つ 講演会でものすごくグサッ [続きを読む]
  • お客様の好みを把握していますか?
  • 焼肉は焼いてもらう派。富山のフロント接客トレーナー、古岡めぐみです。今朝、これをいただきました^^(写真のセンスなくてすみません)大塚屋さんの三角どら焼きがモーレツに食べたいと、以前一緒に話したこともブログで書いたことも覚えていてくれたみたいです^^お店にどらやきを買いに行ったとき、ふと私のことを思い出してもらえるだけでも十分嬉しいのですが「古岡さんに食べてもらいたくて」とニコニコの笑顔付きでプレ [続きを読む]
  • 企業人としての電話応対は出来ていますか?
  • パクチー賛成派。富山のフロント接客トレーナー、古岡めぐみです。ホテルフロントには個人だけでなく企業からも予約や問い合わせ電話があります。電話の掛け方だけでも企業の在り方が分かるといったらちょっと失礼かもしれませんがあながち間違ってはいないと思います。というのは企業の名前を通して予約や問い合わせをしている以上、自分だけが知りたいことであってもそれは個人の電話ではなく企業人としての電話と認識されるか [続きを読む]
  • 管理職になりたくないという若手社員が増える理由とは?
  • 居酒屋スピードメニューはスライストマト派。富山のフロント接客トレーナー、古岡めぐみです。 あなたの部下は管理職になりたいという願望は高いと思いますか? 特に若い世代では管理職になりたくないという人も増えているそうです。 責任を負いたくない自分ができるか不安面倒な仕事多そう大変そう残業多いってか、メリットなくない? ・・・って感じで、私もそう思ってました。&nb [続きを読む]
  • 与える人、与えられる人。接客向上に必要なのはどっち?
  • 桜餅は葉っぱも食べる派。富山のフロント接客トレーナー、古岡めぐみです。与える人、与えられる人。接客向上に必要なのはどちらでしょうか?ホスピタリティは奉仕と親切で見返りを求めてる行うものではありません。報酬は後からついてくるという考えです。ですので、一見与える人の方が接客向上に必要な感じがしますよね。でも実際のところ、与えることも与えられることもどちらも必要で大切なのはバランスです^^与えられる喜 [続きを読む]
  • ホスピタリティが足りずに満足に至らなかった事例
  • タラレバよりニラレバ派。富山のフロント接客トレーナー、古岡めぐみです。ホテル接客で喜ばれたホスピタリティ事例は色々あるのですが逆にホスピタリティが足りずにお客様に満足いただけなかった事例も色々あります。クレームではありませんが次からはこうすればお客様に喜んでもらえそうというのが学べるので経験は糧になっています^^では早速。先日の大学受験での宿泊の時のこと。夜の21:30頃だったかと思います。電話で到着 [続きを読む]