管理人 さん プロフィール

  •  
管理人さん: 学校用務員になりたい人が読むブログ
ハンドル名管理人 さん
ブログタイトル学校用務員になりたい人が読むブログ
ブログURLhttp://youmuin2.blogspot.jp/
サイト紹介文転勤・パワハラ・残業なし。意識低い系に捧げるマッタリ生活への道
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供106回 / 365日(平均2.0回/週) - 参加 2016/01/23 09:10

管理人 さんのブログ記事

  • 用務員は転職準備がしやすい職場である
  • このページの要点用務員の仕事は浅く広く用務員の仕事だけでは専門性は得られない様々な仕事に触れる中で自分自身の適性と適職が見えてくる用務員以外の道を目指す場合、用務員と言う職場は最高の場所となる学校に勤務する用務員になると、その後の生き方の方向性が大きく変わることがあります。その理由の一つとして、用務員と言う仕事では仕事内容が広範囲に及び、様々な業務を日々体験するからです。そのような体験や経験によっ [続きを読む]
  • 「用務員がかわいそう?」と言う連中ほど差別意識が高いワケとは?
  • 用務員のイメージは、一般的な社会の中では底辺労働者と思われており、そのことについては、私自身の経験から間違いないと断言できる話です。そのことについて、ここで何かを言うつもりはありません。しかし、世の中はプラスの面があれば必ずマイナスの面があるように、その逆もあるものです。そこで今回は用務員のプラス面について焦点を当て、どのようにすれば用務員の立場を上手く使えるのかにについて説明したいと思います。行 [続きを読む]
  • やたら細かい募集要項には要注意!すでに合格者が決まってる?
  • 用務員への募集に限らず、役所関係の募集の中には、とても細かい募集要項で求人募集されることがあります。そのような場合、すでに合格者、または合格させたい者が存在する場合があるのです。近年、そのようなコネ採用は減っているものの、稀にそのような募集があります。では、なぜそのような求人が出るのか?その点について解説していきます。役所の実情は人材難先行き不透明な時代のため、公務員人気は相変わらず高いものがあり [続きを読む]
  • ゆるい仕事の最高峰に用務員はある
  • ゆるい仕事を探す人は多い。しかし、どんな仕事がゆるいのか?それは、その仕事に就かないとわからないものです。では、用務員とはとんな仕事か?それを簡単に示してみます。人間関係が少ない用務員の仕事では人間関係は多くなく、一人黙々とする作業が多く、むしろ人と話さない時間の方が多い位だったりします。用務員の主な仕事は校舎の内外の清掃や設備管理のため、校長などの上司がいるものの、殆ど野放し状態です。もちろん、 [続きを読む]
  • 用務員への転職、その注意点とは?
  • 連休の終盤からアクセス数が上がるのが、このブログの特徴です。特にゴールデンウィークの終盤には通常の2倍以上のアクセス数になったりします。逆に連休初日など閑散としているのて、ブログのメンテナンスは連休初日にしています。ただ、そのような傾向になるのも、やはり現状の仕事への不満から、用務員への転職を考える人が多い裏返しとも言え、必ずしも良い話でないかもしれません。そこで、今回は用務員への転職を考えるなら [続きを読む]
  • 北朝鮮問題で用務員存続の危機?用務員廃止の日は近いのか?
  • 公立学校の用務員は、正規、非正規とも、税金により人件費は支出されています。近年は労働人口の減少や社会保証費の増加で、徐々に非正規化されてたものの、ここにきて更に防衛費の増加の可能性が一段と高くなりつつあります。そうなった場合、真っ先に削減されるのは、すでに削減対象である用務員です。もはや、何を言っても変わらな運命ですが、今後の流れを直視するかしないかで、運命は別れることになります。では、本題にはい [続きを読む]
  • 用務員に必要なメンタルコントロール
  • 採用直後にはすぐにわからない用務員の仕事内容と立場。しかし、時が経つにつれ、その立場が微妙な存在であることがわかります。実は採用直後、本来は用務員の仕事でないことを、年度始めのどさくさに命じられたるすることがあります。では、なぜそのような事が起こるのか?また、その対応はどうするべきか?今回はこの二点を中心に話を始めます。多忙な時期こそ自己管理が必要代替採用でなければ、用務員に採用され初出勤をするの [続きを読む]
  • 用務員の仕事と外注の話
  • 用務員が出来ない仕事通常、教室などの修繕は用務員の仕事のとして担当する事は多い。だが、教室の小修繕などについては、本来は担任が維持管理するものなのだ。しかし、必ずしも担任が全て管理できるとは限らないので、校長や教頭の指示により、用務員が代わりに行うえるならアシスト的に行うことはある。教員によっては全て自分で教室の維持管理をすることもあり、用務員のサポートなしの場合もあれば、全く出来ない教員について [続きを読む]
  • 用務員の仕事の全体像
  • 用務員の仕事は、幅広い。今回は、その仕事を簡略的にまとめて記す。では、本題に入ろう。用務員の仕事(概要)用務員の仕事内容は説明しにくい事は先に書いたが、一応ここでは簡潔的に出来る範囲で、簡単に説明したい。まずは基本的な話だが、学校の運営の基本方針は国(本社)で作らる。次にその後、各教育委員会(支店)に伝達され、学校(営業所)に伝達される。この辺は企業の組織運営の流れと変わらない。言わば、学校は地方 [続きを読む]
  • 自治体によって違う、用務員の仕事内容を知る方法
  • 用務員の仕事の違いを知る方法用務員の仕事は自治体、つまり地域により異なる。なぜなら、北海道の用務員と沖縄の用務員では地域差があるからだ。なので、「用務員の仕事」を日本語で調べるには、あまりにも大きすぎるキーワードだ。例えば、寒冷地では凍結防止処理や除雪作業なども用務員の仕事になるが、沖縄で凍結防止処理どころか除雪作業もなにもないのと同じである。よく、ヤフー知恵袋などの質問にあるような、「臨時で用務 [続きを読む]
  • 用務員の存在意義、現状と今後を予測する。
  • 用務員不要論は今も昔もある。しかし、本当に不要か必要か言うならば、まずは最低限の学校現場の現状を知る必要はあるだろう。その上で、必要性を考えることが、正常な判断の仕方とも言える。そこで今回は、客観的な視点として、用務員と学校の仕事の関係について記す。では、本題に入ろう。学校に用務員が存在する必要はあるのか?実は学校に、必ず用務員を配置する義務は法律上ない。法律上あるのは、『用務員を配置できる』つま [続きを読む]
  • 用務員に存在意義はあるのか?
  • 用務員不要論は今も昔もある。しかし、本当に不要か必要か言うならば、まずは最低限の学校現場の現状を知る必要はあるだろう。その上で、必要性を考えることが、正常な判断の仕方とも言える。そこで今回は、客観的な視点として、用務員と学校の仕事の関係について記す。では、本題に入ろう。学校に用務員が存在する必要はあるのか?実は学校に、必ず用務員を配置する義務は法律上ない。法律上あるのは、『用務員を配置できる』つま [続きを読む]
  • 募集要項には注意が必要。用務員になって後悔しないための基礎知識
  • 今回は嘱託等の採用時におけるトラブルに多い事例についての話となる。採用はされたものの、いざ赴任すると、採用時に言われていた仕事と違う事例も多々ある。ブラック企業のような話だが、昨今の公立学校での現実の話だ。では、なぜそのような事が起こるのか?今回はその点を解説する。募集要項に対する注意点学校用務員の仕事とは、簡単に言えば校内の運営のサポートをする仕事である。よって、同じ自治体の中にある学校同士でさ [続きを読む]
  • 嘱託用務員の募集要項に対する注意点
  • 今回は嘱託等の採用時におけるトラブルに多い事例についての話となる。採用はされたものの、いざ赴任すると、採用時に言われていた仕事と違う事例も多々ある。ブラック企業のような話だが、昨今の公立学校での現実の話だ。では、なぜそのような事が起こるのか?今回はその点を解説する。募集要項に対する注意点学校用務員の仕事とは、簡単に言えば校内の運営のサポートをする仕事である。よって、同じ自治体の中にある学校同士でさ [続きを読む]
  • 勝手に仕事を作ってはいけない理由
  • 学校用務員の世界にも、徐々に派遣の波が近づいている。しかし、働くものとして考えた場合、それが悪いとも良いとも言えない部分もある。そこで今回は、直接雇用にしても、派遣だとしても、学校における職場での注意点について記す。では、本題に入ろう。仕事の基本は言われたことだけ行うこと最初から賛否が分かれることではあるが、仕事については管理職から言われたことだけ行うべきである。特に学校と言う特殊な職場環境の場合 [続きを読む]
  • 試験当日でも大丈夫?用務員の採用面接の準備とは?
  • 用務員の受験対策は調べるにしても情報が少ない。その上、自治体による個別採用のため、全国一律的な傾向も不明である。それ以前に、地方により用務員の仕事に違いがあるためだ。では、そのような前提である用務員の面接試験に傾向はあるのか?答えは「ある」と言える。では、面接にどのような傾向があるのか?今回はそれについて話す。では、本題に入ろう。事前準備で合否は決まっている当たり前過ぎる話ではあるが、何事も準備が [続きを読む]
  • 意識高いだけでは空回りする理由とは?
  • 意識が高いのは悪い事ではない。だが、力の入れ場所によっては単なる徒労に終わる。同じ労力でも、効率が悪ければ結果に効果に差が出るのは言うまでもない。最小の努力で最良の結果を目指す、それには段取りが必要である。では、「その段取りをどうすればよいのか?」今回はその段取力について話したい。では、本題に入ろう。仕事には二つの種類が存在する仕事には大きく分けて二つのの出来栄えの世界がある。一つは極め的完成系。 [続きを読む]
  • 底辺である立場を逆手にとる?
  • 用務員になろうと思ったら、少なくとも公立学校の用務員になる場合、面接を受けることになる。面接を受けるとなると次なる疑問として、「そもそも用務員とはどんな仕事をしているのか?」という物が出るはずだ。学校の仕事場は誰でも簡単に出入りできるものでない。表面上はわかるとしても、一般的には実際の内面を知る機会は実は殆どない。そこで今回は、そもそも論にはなるが、用務員と言う仕事を選ぶべきか否かについて話したい [続きを読む]
  • 底辺である立場を逆手にとる?
  • 用務員になろうと思ったら、少なくとも公立学校の用務員になる場合、面接を受けることになる。面接を受けるとなると次なる疑問として、「そもそも用務員とはどんな仕事をしているのか?」という物が出るはずだ。学校の仕事場は誰でも簡単に出入りできるものでない。表面上はわかるとしても、一般的には実際の内面を知る機会は実は殆どない。そこで今回は、そもそも論にはなるが、用務員と言う仕事を選ぶべきか否かについて話したい [続きを読む]
  • パソコンは必要な道具なのか?
  • スマホが普及したことで、逆にスマホが無いと不便なことも増えてきた。だが、スマホだけがあれば全て足りるのかと言えばそれは違う。スマホとパソコンには決定的な機能に差があるためだ。例えば、このブログについては記事はスマホでも書けるが、ブログそのものはパソコンでなければ作ることはできない。俗に言う無料ブログならスマホでも作れるのも事実だ。しかし、収益が可能なものを作るには、今も多くの場合、パソコンが必要な [続きを読む]
  • パソコンは必要な道具なのか?
  • スマホが普及したことで、逆にスマホが無いと不便なことも増えてきた。だが、スマホだけがあれば全て足りるのかと言えばそれは違う。スマホとパソコンには決定的な機能に差があるためだ。例えば、このブログについては記事はスマホでも書けるが、ブログそのものはパソコンでなければ作ることはできない。俗に言う無料ブログならスマホでも作れるのも事実だ。しかし、収益が可能なものを作るには、今も多くの場合、パソコンが必要な [続きを読む]
  • 老後の不安を解消する方法はあるのか?
  • このブログの読者は、これから用務員になろうとする方も多いが、現役の用務員の方も多い。そこで今回は、用務員になった後、特に正規職員になった後のキャリアステップについて語る。キャリアステップと言っても、いい年した公務員上がりが資格を取った程度では何の役にも立たないことは周知の通りだ。実際、食えない弁護士がいるのを見れば一目瞭然である。そうではなく、一個人として自分自信が自立が出来るための下準備について [続きを読む]
  • 老後の不安を解消する方法はあるのか?
  • このブログの読者は、これから用務員になろうとする方も多いが、現役の用務員の方も多い。そこで今回は、用務員になった後、特に正規職員になった後のキャリアステップについて語る。キャリアステップと言っても、いい年した公務員上がりが資格を取った程度では何の役にも立たないことは周知の通りだ。実際、食えない弁護士がいるのを見れば一目瞭然である。そうではなく、まずは一個人として自分自身の自立が先である。よって今回 [続きを読む]
  • 失業しないための方法
  • このブログでも度々話題にするが、IT化によって公務員という職種の多くは、いずれ様々な面で縮小、淘汰される仕事が大量に出てくる。その渦中にある現職の公務員は、今後は大きな荒波に揉まれる、または、すでに揉まれている。そんな中、どのような準備をすればよいのかが、今回のテーマとしたい。キーワードはIT化の世界である。では、本題に入ろう。IT化の本質とは?IT社会と言われて久しい。しかし、一般的にITと言っても、パソ [続きを読む]