ひろのぷぅ さん プロフィール

  •  
ひろのぷぅさん: 52歳で禁酒、54歳で禁煙に成功
ハンドル名ひろのぷぅ さん
ブログタイトル52歳で禁酒、54歳で禁煙に成功
ブログURLhttp://kinshu-kinen.com/
サイト紹介文30数年続けた飲酒と喫煙。50歳過ぎてはじめた禁酒と禁煙。成功体験をみなさんに伝えたい。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供24回 / 365日(平均0.5回/週) - 参加 2016/01/26 21:23

ひろのぷぅ さんのブログ記事

  • 肝臓と禁酒〜沈黙の臓器に感謝を。そして誓う禁酒継続
  • 私の現役飲兵衛のころは肝臓の数値と言えばその名称はGOT,GPTそしてγ-GTPと言っていました。詳しいことは覚えてませんが、それぞれ100前後だったりγ-GTPにいたっては400から500程度のもので良くはありません、というかひどいものでした。ただ、γ-GTPについては 「酒さえやめたら下がるんや。心配ない」 と飲兵衛らしい「屁理屈」で自らを慰めていたものです。 そして今、禁酒をし、思い返せば肝臓は本当に「すぐ」に回復してく [続きを読む]
  • 飲酒の気持ち、禁酒の気持ち〜ゆれる心模様を短文で
  • 私の少年の頃から、酒をおぼえたあの頃。30年以上の酔っ払いの時期を経て「これではいかん」と禁酒をしだした頃、そして今。いったい、どのような気持ちでいたのか。その時々の心のゆれ具合を短文で記してみました。 これから禁酒をしようかとお考えの方のご参考になればうれしく思います。 飲酒の気持ち・小学生の頃、自分みたいな酔っ払いのオッサンだけにはなりたくなかった。 ・私の父は飲まない。母も飲まない。その分、私が [続きを読む]
  • 禁酒じゃなくて「節酒」がしたい方へのアドバイス
  • 日頃の飲酒量の多さはわかっているけど、禁酒って言われるとどうも・・・。まぁ少し控えめにして、節酒ということでいいんやないかなぁ?とお考えの方々も多くいらっしゃるでしょう。 禁酒はハードルが高すぎて、とても出来そうにないけれど節酒ならそんなに辛抱しなくても簡単にできそうな感じがする、と。はい。お気持ちはよ〜くわかります。では、私の「節酒体験」及び僭越ながら「アドバイス」を記しておきます。(こんな書き [続きを読む]
  • 今日があなたの「禁煙記念日」〜ブラボー禁煙!
  • いきなりですが今日から禁煙されてはいかがですか?今日をあなたの「禁煙記念日」にされることをご提案します。 なぜ今日なのか?理由は特にありません。しいて言えば、明日より今日の方があなたにとって一日分禁煙メリットが多いから。これまでも散々迷われてきたんだろうと思います。ならば、「とにかく、始める」ことが重要です。 禁煙する理由なんて、おそらく重々ご承知のことでしょう。不安で仕方のない禁断症状も始めないこ [続きを読む]
  • 禁酒禁煙実行のための「たとえ話」〜雲の上の小旅行
  • 禁酒禁煙するってことは、フライトにたとえられるのかもしれません。 離陸時や乱気流の中でのスリル感は、いわば禁断症状。それを乗り越えたあとには、なんとも言えない満点の青空。雲海を見下ろす気分は、禁酒禁煙後の爽快感そのものです。実行への決断を迷われているあなたへ。その一歩を踏み出されるためのささやかな、たとえ話です。 禁酒禁煙の小旅行あなたが小旅行を企画したとします。そして今、とある空港にてフライト待 [続きを読む]
  • 妻の難病・好酸球性血管炎④〜長期化するも悲観なし
  • 妻(51)の病気・好酸球性多発血管炎性肉芽種症の資料によると治療により、約90%は6ヶ月以内に回復残りの約10%は、完全に回復せず、長期的な治療が必要になることがあるとあります。妻は後者に入ってしまいました。 足の痛みはそう簡単に引いてくるわけもなく鎮痛剤(リリカ、トラムセット)等の薬も手放すことはできません。また、外出するにも、装具なしでは歩けないという状況はまだまだ続きそうです でも、悲観などはしていま [続きを読む]
  • 歯周病ブログ②〜歯科医院の機具・手袋使い回し記事で困惑
  • 私は不勉強な歯周病というものに少しでも理解を深めるべく本を読み始めました。 ところが急に飛び込んできた歯科医院での削る医療機器、手袋の使い回しが問題とする記事。お口の健康維持の根幹となる部分だけに大変困惑しています。 歯周病の勉強、二冊の本まず一冊目。「日本人はこうして歯を失っていく」(日本歯周病学会、日本臨床歯周病学会) これは「歯の教科書」みたいな一般的っぽい本。歯周病の怖さ、その治療法そして日 [続きを読む]
  • 歯周病ブログ①〜「おいしいもの おいしく食べたい いつまでも」
  • 「歯」についてはこれまでホンマに無頓着な私でした。歯周病と虫歯の違いは知っていても、説明するとなれば何かあいまいで・・・。もし歯に異常があれば歯医者さんに行けばなんとかなる、程度の感覚。「それでええやん」で50数年過ごしてきました。が、ここにきて「やや」、いや「けっこう」考えが変わってきたのです。知れば知るほどに恐ろしい歯周病。ぼちぼちではありますが、学んでいこうと思います。 妻の「歯周病ブログ」の [続きを読む]
  • 禁酒禁煙〜「名言」でもう一度チャレンジしてみよう!
  • 今回はあえて禁酒禁煙の方法やそのメリットについては申し上げません。趣旨はただひとつ。 あなたのヤル気です! このブログに立ち寄られたあなたは、禁酒禁煙の良さはよくご存知のはず。禁酒もしくは禁煙のどちらかは、もうすでにされているかもしれません。それとも元から酒かタバコはされていないのかも。いずれにせよ、やめた方が自分にはプラスであるにもかかわらずやめられずに今日まで来てしまった・・・という状況なのでし [続きを読む]
  • 禁酒禁煙が止まらない!〜ええこと尽くめの禁酒禁煙
  • 私は好きで飲酒・喫煙をされている人に何も申し上げることはありません。自由ですから。ただ、あなたが「やめれるものなら・・・」と思われているのであれば、一言だけ。それは 禁酒・禁煙をして、決して後悔することはありません。健康面だけでなく、あなたの良心そのものが開放されます。 禁酒禁煙によって「何がどのように良くなるのか」をすべて挙げていくのは個人差もあって難しいのですが私の場合をひとつひとつ取り上げてい [続きを読む]
  • 禁酒生活5年超えの秘訣。惜しみなく公開します〜禁酒継続方法
  • どうすれば禁酒は継続できるのか?1日、2日はなんとかなっても半年、一年となると始める前からゾッとする、と思われているかもしれません。私も実は、禁酒実行時はめっちゃ不安でした。それがなんと先月、開始記念日の5月21日を何も考えずにスルーして丸5年が経過してしまったのであります。どうすれば、それを忘れてしまうほどの禁酒をし続けられるのか? 結論から言いますと、それは「辛抱しない禁酒であること」に尽きます。 楽 [続きを読む]
  • 禁酒なんてできっこないって方、必読! 「そうだったのか〜禁酒編」
  • どうしてあなたは 「禁酒なんて無理に決まってる」 って思っているのでしょうか。それは、あなたが取り付かれているからです。酒に・・・。 酒に取り付かれていた人生あなたは、心の中で「楽しさというものは、まず一杯飲まないと始まらない」って、それとも「楽しくなりそうだから一杯飲まないと・・・」って常日頃から思っていませんか? いずれにせよ 人生を楽しむには、酒はなくてはならないもの という思いに支配されているこ [続きを読む]
  • 禁煙成功のため〜禁断症状という曲者(くせもの)をやり過ごす
  • お昼の休憩時間によく見かける喫煙者たちのおしゃべり風景。ふと喫煙当時、映画を十分楽しめなかった自分を思い出しました。終了まで辛抱できなくてそわそわしていました。 今、禁煙されようとされているあなたへ。ニコチン中毒の連鎖を断ち切るのは大変だと思われていませんか。禁煙成功された方々がもし周囲におられれば、その人たちも大変だったのでしょうか。もちろん人それぞれでしょうが、何か「コツ」がありそうです。禁断 [続きを読む]
  • 禁煙の決断に迷うあなたへ〜非喫煙者が「絶対に口にしない本音」
  • 「言いたいことイイ」の私「お前、そんな言いにくいことをよう平気で言えるなぁ」私は幼年のころから、思いついた事を(いい事悪いこと関係なく)つい口に出してしまうタイプなんです。よく面倒を見てもらった叔父に「感心する、というよりあきれるわ」とよく言われました。所謂、関西弁でいうところの「言いたいことイイ」。言いたい放題な奴、ってことですね。 そんな私が、まさに今「禁煙しようかどうか迷ってる」というあなた [続きを読む]
  • 妻の難病・好酸球性血管炎③〜ステロイドとグロブリン療法
  • 一ヶ月で歩けなくなる?「人の足」10月23日(日)昨夜も妻は激痛を逃れる自殺を考えたらしい。リストカット、首吊り・・・。足の痛みでできるはずもないのだけれど・・・。 妻は我が家から実家に移ることになった。困っている母親に何をどうすればいいのか分からず戸惑う娘たちより実父母のほうが本人も安心であろうから。左足の麻痺はくるぶしから上へ広がり、ももあたりまで来ていました。右足のほうがましだとは言えど、足先か [続きを読む]
  • 妻の難病・好酸球性血管炎②〜しびれから麻痺、神経内科へ
  • 麻痺、しびれよりも「痛み」S整形外科で処方されたのは「リリカ75mg」。朝夕、食後、一日2回の服用。効果を感じたのは2,3日程度でした。しびれの箇所も膝下から上下し、左足のもも外側であったりまた、しびれが「麻痺」に変わってきたのもこのころからです。麻痺ですから、感覚がなく、自分の意思ではまったく動かせません。足先からかかとにかけて、左右非対称に各部位にそれらは起こり、また強弱をもって、繰り返し痛みまでもが [続きを読む]
  • 禁酒の離脱症状の克服〜成功するための考え方
  • 「禁酒しないともうマズイ」と思われているのではないですか?そして禁酒後には必ず離脱症状が待っている。不安で押しつぶされそうな気分。私もそうでした。「お先真っ暗って感じ」 でも想像してみてください。その離脱症状さえ乗り越えればこれまであなたの全く知らなかった世界が広がっているんです。負けて元々。怯えていては前には進みません。逆に、「離脱症状を楽しむ」気概で立ち向かいましょう。 離脱症状に対する前向きな [続きを読む]
  • ニキビ退治④〜ニキビ&酒さ治療には、漢方&ロージークリームか!
  • 長年の飲酒・喫煙によるニキビ?私はここ数年、顔の吹き出のもに悩まされてきました。鼻と口の周りに幾つもできて、多少の痛み、かゆみがありニキビ跡みたいに残ったり、また醜いほどに赤く腫れ上がることもありました。個人の皮膚科では治療は難しいように思い総合病院にも行きました。5年前(禁酒前)のことです。そこで言われたのが「(大人)ニキビです。漢方薬で治しましょう」でした。ニキビ退治①〜白湯(さゆ)に挑戦! ( [続きを読む]
  • 禁酒で「二度目の人生」がやって来る!
  • 禁酒することで訪れる「二度目の人生」。ホンマかいな(?)って思われるでしょうけど、ホンマなんです。それはこれまでのあなたの弱みを一変させてくれます。飲酒するために言い訳ばかりしていたとすれば、当然のことながらそんな必要はなくなり、ストレスフリーで快適な新しいあなたの人生がスタートするんです。禁酒メリットを思う存分味わってください。失敗は禁酒へ導くための下準備あなたがもしも、私と同じように30年程度飲 [続きを読む]
  • 禁酒禁煙はこの考え方を基本とすべき〜本気でやめたいあなたへ!
  • 相手は強敵か!?禁酒なり禁煙なり、ご決断されるということはそれなりの大きなきっかけがあったのでしょう。「いや〜今回は、何度目の決断だったかなあ」な〜んて思われてる方もいらっしゃるかも。でも、そんなもんですよ。けっして悲観なさらずに!それはそれだけ相手(アルコールやニコチン)が、強敵だ、ということ。 しかし、いくら相手が強敵だとはいえ“試合”をして勝ったの負けたのというわけではありません。スポーツ [続きを読む]