玄徳 さん プロフィール

  •  
玄徳さん: 雪だるまつくろう〜〜米国債&米国株で配当再投資
ハンドル名玄徳 さん
ブログタイトル雪だるまつくろう〜〜米国債&米国株で配当再投資
ブログURLhttp://alsosprachzeitgeist.blog.fc2.com/
サイト紹介文真に有用な長期投資法を追い求めるブログです。連続増配米国株&債券のインカムゲイン投資です。
自由文2012年より投資を開始。様々な投資対象を経験しつつ、2014年より、米国株 (連続増配株 or wide moat株) 中心の投資スタイルを実践しています!
定期チェックしていただけると幸いです。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供232回 / 365日(平均4.4回/週) - 参加 2016/01/23 20:32

玄徳 さんのブログ記事

  • 祝!20,000ヒット突破!
  • 本日2017年6月13日、念願の20,000ヒットを記録いたしました!!今年1月の10,000ヒットより、ほぼ半年での達成です。これも皆様のご支援あっての賜物です。このブログは、誰でもできる投資、というものを突き詰める投資ブログです。そのためのツールとして、米国株をまず挙げています。リスクリターン比を考えに入れてリスクを極力抑えたい人には、米国債をミックス、あるいは米国債オンリーをお勧めしています。米国債ついては、私 [続きを読む]
  • 低PER株への投資では来期予想PERに注目しよう
  • 久しぶりの記事投稿にて失礼します。PER (株価収益率) は、「株価÷1株あたり純利益」で計算されます。この値が低い方が魅力的で割安とされます。日本では、PERが12倍程度以下だと割安と判断されることが多いようです。米国では、過去の平均はPER 15倍程度でしょうか。会社四季報を見てみますと、各株式の今期予想PER、来期予想PER、実績PERとして高値平均と安値平均が書いてあります。これだけあると、どれを使って考えたら良いか [続きを読む]
  • 【新規買い】General Electricsを買いました
  • 4月は、買い増しができずにいました。今回、思い切って、資本財セクターの株式として、General Electrics(GE)を買いました!私としては、遂に、という感覚です。今四半期の資金の一部として、溜まった配当金約0.5雪玉と、新規資金約0.5雪玉を足して、1雪玉分の買い付けを行いました。私は、買い付けのベースとして、実績としては毎回2雪玉程度を買い付けてきました。ですが、資本財セクターは重点的に投資するセクターとは思って [続きを読む]
  • 18,000ヒット!早くも不動産整理第3弾が決定!!
  • 本日2017年5月2日、18,000ヒットを達成しました!ブログもしばらくお休みしておりご迷惑をおかけしました(笑)この間、変わった事といえば、不動産整理第2弾がまだ未完の最中、早くも次の整理が決まった事です。次も売却する価格と売却先が決まったのです。いや〜早いよね。1年前の今頃は、まだ、売るべきか、売らずに継続するべきかまだまだ悩んでいる最中でしたから。いや〜〜。私が行なっている米国株投資の単位とは全然違う規 [続きを読む]
  • 不動産整理第2弾が進行中です
  • 私は、不動産整理をすすめながら、並行して証券投資を行っています。もう行ってしまっている不動産投資をどのようにして、再投資や出口戦略をどうしようかと2年間ほど悩みに悩んだ結果、「売れる時に売ろう」という結論に至りました。そして、今、2戸目を売ろうとしています。売買契約の手続きは済み、決済日を待っているところです。不動産を買った時よりも、手続きが非常に煩雑で、面倒臭いです。実印を含め、何十回かハンコをつ [続きを読む]
  • 17,000ヒット達成しました?(*´?`*)?
  • 本日、2017年4月11日、17,000ヒットを達成しました!記事を書く気力が湧き上がったり、萎(しぼ)んだりしながら、お蔭様でここまでやってこれました。正直、もっと集客?したいならば、他にもやりようが色々あるのかもしれませんが、スマホで文字を打つという作業以外は、日常時間をとりにくいですし、アフィリエイトもよくわかりません(一銭も儲かっていません)し、別にこのブログがものすっっっっごく!有名になってほしい! [続きを読む]
  • 損切りしないといけないような銘柄は、買うな。
  • [380]損切りしないといけないような銘柄は、買うな。去年、このような記事を書きました:[133]損切りはしないといけないのか?今でも、まったく思いは変わっていません。含み益の銘柄も含み損の銘柄もどちらも保有を続けています。たまたま、今はトータルではプラスとなっていますけれども、私の投資の目指すところ、目標はまだまだ遠く数十年先ですので、現在のプラス率はあまり気にしていません。買った後に上がろうが下がろうが [続きを読む]
  • 【パソコン】Excel技「Ctrl + 1」を知っていますか?
  • 前回、「Ctrl」+「Z」「Ctrl」+「X」「Ctrl」+「C」「Ctrl」+「V」これら4つの話題を扱いました。右手でのマウス操作でコピー&ペーストするよりも、これらを利用することで、非常に早く作業ができるのです。そして、まさに今日なのですが、今まで知らなかった技を知りました。「Ctrl」+「1」 書式の設定です。右の数字専用キーではダメで、「Q」キーの上にある「1」を押さなければなりません。これは盲点でした。片手で「コントロ [続きを読む]
  • 【パソコン】コピー技「Ctrl + C」を知っていますか?
  • 私は、デスクワークがメインの仕事をしています。仕事中は、屋外に出ることは滅多にありません。基本的にパソコンの前に座って仕事をしていることが多く、Windowsで、専用のシステムの他、エクセル、パワーポイント Power Point、ワード Word、その他を日常的に使って仕事をしています。日常的にパソコンを駆使しているとしても、知らない技がかなりあったりします。投資についても、エクセルで集計しています。パソコン、特にワー [続きを読む]
  • タンス預金を
  • タンス預金で投資をしましょう。もともと、「箪笥預金」とは、江戸時代あたりに、おかみさんが売上の一部をわざと抜き取って箪笥に隠していた、いわゆるヘソクリのことを言っていたようです。このタンス預金ないしヘソクリを貯めるのも良いことなのでしょうが、どうせなら、これを投資に回しましょう。完全に使わないタンス預金ならば、一部は、ゴールドに換えるのも一興かもしれません。箪笥に現金をしまいこんでいると、いつの間 [続きを読む]
  • 私の現在の投資内容で、30年後の老後にインカムがいくらになるか?
  • もし、年率7%で運用できたとしたら、複利の力により、10年間で資金を倍にできます。配当株投資でこれが達成できれば、配当の額も、同じように10年間で倍になることが期待できます。私はまだ30代半ばですので、老後まではあと約30年はあります。30年なら、倍の倍の倍ということで、8倍になることが期待できます!また、20代の若者なら、40年の運用が行え、16倍にできるかもしれません。10年前に投資を始めていればよかったなあと思 [続きを読む]
  • 雪だるま兄ファンドに積み立てました
  • 私は、通常の雪だるまファンド(弟ファンド)は基本的に株式で運用していますが、兄ファンドも運用しています。兄ファンドは、不動産決済用のファンドで取り崩していく運命にあり、いつかは解散して弟ファンドに吸収されます。債券あるいは現金の積み立てを行います。兄ファンドには、資金が約80雪玉ほどあったのですが、2月の不動産決済により半分程度の取り崩しが発生しました。それにより、80雪玉が約45雪玉に減りました。これ [続きを読む]
  • 16,000ヒット!
  • 本日2017年3月26日、16,000ヒット達成しました!私の投資は、富士山に例えると、まだまだ始まったばかりで、麓の方です。しかし、もう、登り方は決めています。普通の登山と違って、投資は、最初の方が大変です。5合目くらいを過ぎると、あとはほぼ自動的に増えていきますから、最初の方は地道に種をどんどん蒔きつづけて行こうと思います!Let's build a mountain of Snowball! (山のような雪だるまつくろう!) [続きを読む]
  • ゼネラルミルズ(GIS)を買いました
  • 昨夜の2017年3月23日、今月分の買い付けとして、ゼネラルミルズ General Mills(GIS)を買いました。約2雪玉分を買い付けしました。ハーゲンダッツ等を扱う、食品系会社です。25年以上連続増配ではないためDividend Aristocrats (配当貴族) ではありませんが、「減配せずに」配当を長年出し続けている企業です。バリュエーションはともあれ、その企業が生活必需品系であることと、安定性、継続性を買いました。昨日の終値は59.37 U [続きを読む]
  • 「REITよりも個別不動産」だって?シャラップ!!
  • 私が、(株)日本◯スリードという会社に唆されて、マンションを購入してしまったのはなんとも苦々しい経験となりました。あともっと買わされつづけていたら、もう、完全に再起不能になっていたかもしれません。それでも、かなりのダメージを負っています。ここの販売方法はかくも恐ろしいものです。ほとんどの営業マンは、不動産投資のド素人です。知識がカスみたいに少ない。不動産投資戦略を知らない。知識が少ないだけならまだ [続きを読む]