KOG さん プロフィール

  •  
KOGさん: 健康サプリどうでしょう情報局 BY KOG
ハンドル名KOG さん
ブログタイトル健康サプリどうでしょう情報局 BY KOG
ブログURLhttp://kenkosapuriment.blog.jp/
サイト紹介文<健康食品情報局>ヘルケア企業の研究開発職薬剤師による健康食品サプリ情報。
自由文健康食品、サプリ、健康法、健康的かも料理まで、つぶやきます。情報がまとまってきたら調べたことも書かせていただきます。よろしくお願い致します。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供225回 / 365日(平均4.3回/週) - 参加 2016/02/02 21:31

KOG さんのブログ記事

  • <年をとると脳はどう変わる5>
  • <年をとると脳はどう変わる5>加齢に伴う大脳皮質の神経科学的な変化としては、コリンアセチルトランスフェラーゼ、セロトニ ン受容体、GABAなども減少すると言われております。また老化におけるフルーラジカル説は有名で、加齢に伴いフリーラジカルを介した酸化(アミノ酸残基の酸化など)により生成した酸化蛋白の蓄積の増加、DNAに対する酸化的損傷も加 齢とともに増加することが知られている。また糖とタンパク質が非酵素的に [続きを読む]
  • <年をとると脳はどう変わる4>
  • <年をとると脳はどう変わる4>脳血管の変化。加齢に伴い、脳内皮質の血管の膜にベータア ミロイド蛋白が沈着していくという報告があります。進行すると血管壁が脆弱化して脳出血を起こしやすくなると言われております。また高齢者の場合は、一般的に加齢にともない動脈硬化がみられることは多 い。高血圧、糖尿病、あるいは脂質代謝異常など様々な要因はありますが、やはり加齢に伴い動脈も劣化していくことになります。また正常 [続きを読む]
  • <年をとると脳はどう変わる3>
  • <年をとると脳はどう変わる3>老人斑という言葉を聞いたことがあると思います。老人斑はニューロピルにみられる直径50〜200μmの嗜銀性構造物。実際には80歳以上の健常高齢者のほとんど全 てにおいて観察されてしまうという。アルツハイマーの方の脳内にも老人斑は見られるようですが、多数の変性神経突起を有する老人斑(neuritic plaquesと呼ばれる)が多いのですが、発病していない高齢者では神経突起の変性は少ないというこ [続きを読む]
  • 年をとると脳はどう変わる2
  • <年をとると脳はどう変わる2>加齢に伴って脳内の神経細胞が消失していったり、その神経原線維も変化することが報告されてます。大脳皮質や海馬では70歳以上の高齢者では 年に約1%の神経細胞が減少していく。また神経細胞自体の形状も、高齢者では変化している(神経細胞の樹状突起が変化)といわれており、量と質もが変化していくようです。そして老人斑という直径50〜200μmの構造物は80歳以上の健常高齢者のほとんど全 てに [続きを読む]
  • <年をとると脳はどう変わる1>
  • <年をとると脳はどう変わる1>一般的には加齢により種々の臓器は萎縮を示すと言われている。ところが実は脳の萎縮の程度は最も軽度らしいのです。個人差があるものの脳重量は20歳代がピーク 、50歳代にある編曲点があり(急に最近おかしくなったんだというのはこの時点ということか)、その後徐々に 減少していく。しかしこの萎縮といっても加齢によるものは1年間に0.2%とという極わずかなレベル。つまりたいして小さくなっ [続きを読む]
  • <物忘れの原因>
  • まずは脳の老化があるのでは。脳の細胞は年齢を重ねるごとに減少していき、活動能力が低下してしまう。この脳の老化は既に20代から始まり、個人差はあるけど高齢期になるとさらに進んでいく。日常の出来事や新しい情報の記憶には、脳の中心にある海馬(かいば)と呼ばれる器官が重要な役割をする。海馬は脳の中にある、記憶を司る器官であり、さまざまな情報を収集し、それを統合したり取捨選択する記憶のコントロールタワーとし [続きを読む]
  • <すぐに言葉が出てこない これは物忘れのはじまり>
  • <すぐに言葉が出てこない これは物忘れのはじまり>50才を過ぎてくると、会話をしていて、あの人、誰だっけ、直ぐに名前が出てこない。あれ、あそこ とかが増えてきて、いかにも怪しい会話となってくる。あの芸能人の名前が浮かんでこない。昔の旅行先がすぐに出てこない。なにしろ思い出すのに時間がかかるのである。特に記憶力が私は良いとか思っていた人の場合、状況は最悪です。老いた、能力が落ちた、などと悲観してしまう [続きを読む]
  • 【顔マッサージ用美容機器】
  • 【顔マッサージ用美容機器】最近よく目にする顔マッサージ用美容機器。サンスマイル社製では美容機器「ベルシーダ エステティックフィンガー」。電流を流して筋肉を刺激するEMSと振動機能を搭載。顔や体の曲線に合う形状で様々な部位にフィット。エステシャンのフィンガーで顔や体を引き締める感を。という感じのようです。パナソニックも同類のを販売していましたが、値段設定と商品イメージのバランスがキーになっていると思 [続きを読む]
  • 【ひげ茶】
  • 【ひげ茶】トウモロコシのお茶の親戚という感じ。髭の部分に本体というか身の部分を加えるらしい。とうもろこしのひげ部分をそのまま茹でて飲むと結構きついお味のようです。とうもろこしのひげには、薬効効果が高く漢方の生薬としても用いられているとのことです。とうもろこしのひげ茶 8g×20袋【楽天24】【あす楽対応】[山本漢方製薬 コーン茶(とうもろこし茶) お茶]髭が生えてくるお茶ではないので御安心。 [続きを読む]
  • 天羽の梅
  • 焼酎の赤ワイン割。その名は「赤」。ポリフェノールを少し加えることができるというが、赤ワインをあまりにも加える量が少ない場合、ほとんど単なる色付けではと思っている。鼠、梅割り。梅エキス添加のほうがやっぱり美味しい。やはり天羽の梅ですね。。飲みすぎには御注意。天羽の梅 Aハイボール赤ラベル (焼酎用) 1800mlこれで1000円以下、一升のお値段ですので、安いですね。。 [続きを読む]
  • ヘイ!ヘイ!ホエイ!
  • 新商品「ヘイ!ヘイ!ホエイ!」。成田ゆめ牧場から。生乳からチーズを作る過程で生じる液体「ホエイ」を使った炭酸飲料。生乳のうちチーズになるのは全体の約1割。残る9割は製造過程で生じるホエイとして、栄養が含まれているにもかかわらず廃棄されているという。どんなドリンクなのか商品名からほぼイメージできないのは面白い。へいへいほーのパクリなのだろうか。ちなみにホエイは健康ドリンクでもあり、サプリとかも販売さ [続きを読む]
  • カップヌードル ぶっこみ飯
  • 主力の即席麺「カップヌードル」のスープをベースとした「カップヌードル ぶっこみ飯」と、即席麺「チキンラーメン」風味の「チキンラーメン ぶっこみ飯」の2種類を発売。スープにご飯のほか、肉や野菜の具材が入る。お湯を容器に入れて5分待ち、かき混ぜながら食べる。面白い。売れたら他もマネしていくのでしょう。気になるのは塩分の取りすぎです。控えめにしてくれないと高血圧予防にはなりませんね。飲んだら〆ラーから〆飯 [続きを読む]
  • 濃厚あらごしトマト
  • カゴメのトマト缶詰「濃厚あらごしトマト」。厳選した南欧産トマト使用。従来品に比べ約2倍の糖度。リコピンはどうだろう。そのまま食べることもできるそうです。パスタや煮込みなどのトマト料理への利用を想定。トマト缶詰っておつまみになるのか?今度試してみよう。??最安値! [続きを読む]
  • ジューシィクレンズ クレイウォッシュ
  • ウテナの洗顔料「ジューシィクレンズ クレイウォッシュ」。天然ミネラルクレイとカナダで採取した「氷河海泥」。泥の吸着効果で毛穴汚れや古い角質を落とし、しっとりした肌に。保湿成分カカオやグレープフルーツエキスやアルガンオイルを配合。泥がミソですね。各国のを探してこれからシリーズ化するのかもしれませんね。??ジューシークレイズとしてアサイーとかで販売してますね。 [続きを読む]
  • カナダドライ ジンジャーエール プラス
  • 「カナダドライ ジンジャーエール プラス」「カナダドライ」ブランド初の機能性表示食品。食物繊維「難消化性デキストリン」を配合。消化管で油を界面活性作用で取り除く作戦ですね。ショウガの爽やかな香りと甘さを抑えた強炭酸のすっきりとした後味という。カナダハイの登場で、飲んだ時にはおつまみは高カロリーになってしまうので健康アルコールドリンクとしても行けるんじゃないでしょうか。基本的にカナダドライ好きですので [続きを読む]
  • 毛細血管の長さを薬局で手軽に測定
  • ヘルスケアベンチャーの あっと(大阪市)。指先の毛細血管の長さを薬局で手軽に測定できるサービス開始。顕微鏡のような小型装置に指先を置くと、3秒で血管を画像で観察。糖尿病や運動習慣で毛細血管の長さや形が変わる点に着目したそうです。サービスを導入する薬局は月額利用料1万円。小型装置の代金など初期費用は100万円以下。まあ手軽に開始できるのがメリットか。血管状態を知ることで体調はわかるような気がします。 [続きを読む]
  • チョコレートは健康食品か?
  • チョコレートは健康食品か?ポリフェノールが豊富というのは有名です。イソフラボンやスチルベンは心血管疾患発症リスク軽減、フラバノールは認知症のリスク軽減とかよく言われます。これらの成分がチョコレートやココアの主原料となるカカオ豆に豊富に含まれている。ゆえに健康食品という意見も嘘ではなさそう。カカオ豆の学名であるテオブロマ・カカオ(Theobroma cacao)は、ギリシャ語の「テオ(神)」+「ブロマ(食べ物)」 [続きを読む]
  • ロッテ カップアイス「爽」
  • ロッテ。カップアイス「爽」にオリーブオイルをかけると、味わいが濃厚に「ちょっとぜいたくなデザート」とのこと。今度やってみよう。びっくりもんは「ビールフロート」。ビールにアイス。合うんでしょうか。がりがり君ソーダ味のサワーは飲んだことがありますが。を載せるなど、大人の購入を促すレシピの提案を進めていく。今度家でもやってみます。??業務用でトライ。 [続きを読む]
  • 365日しちゃってみ
  • 江崎グリコ。「アイスの実」を様々な食材と組み合わせて食べるレシピを紹介。365日しちゃって実!キャリーさん出てますね。メロン味のアイスは生ハムとで生ハムメロン。驚きはブドウ味のアイスには日本酒をとか。ミカン味にはなんだろう。アイスデザートの充実化!??これだ! [続きを読む]
  • Sof’(ソフ)
  • 赤城乳業さんからカップ入りのソフトクリーム「Sof’(ソフ)」が発売される。なんでもカルビーさんのポテトチップスにディップのように付ける食べ方の提案をするらしいです。甘じょっぱさを売りにどこまでいけるのだろうか。ソフはバニラとチョコレートの2種類。がりがり君の弟分をすでに考えているのかも・・。??今はまだこんな感じのチョコミントだけど、逆襲がはじまりそうです。 [続きを読む]