manchin-papa さん プロフィール

  •  
manchin-papaさん: 灘中学受験格闘記
ハンドル名manchin-papa さん
ブログタイトル灘中学受験格闘記
ブログURLhttp://ameblo.jp/s10687/
サイト紹介文2018年に浜学園から灘中学合格を目指す親子のブログです。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供99回 / 242日(平均2.9回/週) - 参加 2016/01/24 15:12

manchin-papa さんのブログ記事

  • 第92回 「比」と「相似」は楽しい
  • 新5年になって初めて覚えた「比」と「相似」。長男は、面白いようです。なぜ長男「解けなかった問題が、簡単に解けるようになったから・・・」なるほどこんな感じで勉強が面白いと思ってくれたら、嬉しいですね。 [続きを読む]
  • 第91回 あいさつは身を助ける(2)
  • 『第52回 あいさつは身を助ける』この回は、浜学園に通っている子ども達と保護者のスタッフに対する無愛想ぶりを嘆いた投稿をしました。最近、西宮8号館に行って感じることなのですが・・・、スタッフの皆さんのあいさつが素晴らしい私「スタッフの皆さんが、塾生を子どもではなく、一人の人間として扱っている証拠だね。」長男「分かってる。」私「すべての人間関係は、相手に敬意を表することから始まる。」長男「だから、分か [続きを読む]
  • 第88回 春休み中の取り組み
  • 春休み中は3分の一を浜学園の復習に、3分の一を苦手の克服に、3分の一を初見の難問に取り組みました。難問への挑戦は、少しばかり自信を失ってしまったようですが・・・だれることなく、よくがんばったと思います。明日は、公開学力テストです。成果が出ることを期待しています [続きを読む]
  • 第87回 手抜き答案
  • 真っ白でキレイな問題用紙。。。そして、なぐり書きの答案用紙。。。集中したり、考えたりした跡がうかがえませんでした。案の定、結果は散々。。。「できることをやらないなら、やめろ」言い過ぎたかな。。。 [続きを読む]
  • 第83回 浜学園の飛び級ってどう?(おまけ)
  • 飛び級とは、「早期に才能を開花させることを目的に、通常より早く高度な専門知識を学習させる仕組み」でした。スポーツの世界ですと、高梨沙羅選手が有名です。ジャンプ競技のようにアウトプットを計りやすい場合は、飛び級と才能の関係を検証しやすいですね。科学や実務の世界は、どうでしょうか。15〜6歳で大学に入学し、20歳前後で博士号を取ったとしても・・・才能を開花させるための特別な場(チャンス)が与えられるとは思 [続きを読む]
  • 第82回 浜学園の飛び級ってどう?(まとめ)
  • 長男「パパ、どうだった?」私「もっと大人になれって言ってたよ。」長男「やっぱり」なんだ、自覚しているじゃないか長男と話し合った結果、飛び級を選択しないことに決めました。そのときの「年長のときに小1コースに入ればよかったのにね。」の言葉が印象に残っています。飛び級を選択するなら、低学年のうちに検討すべきでしょうね。分かったことをまとめます。1.飛び級の効果は高いが、極限的。2.効果が得られる3つの必 [続きを読む]
  • 第81回 浜学園の飛び級ってどう?(10)
  • 「今のまま続ければよいのです。」先生の言葉に安堵を覚えた私でした。そして、ありがたいことを忠告してくださいました「飛び級の塾生は、manchin君に比べ、経験が多いので実戦に慣れています。 そして、彼らは公式や戦略を心得ています。 公式や戦略を知らないmanchin君は、彼らに比べて苦戦する局面が増えるでしょう。」その通りです。それゆえに、前もって苦戦した方がよいと思ったので、飛び級を検討したのでしたから「し [続きを読む]
  • 第80回 浜学園の飛び級ってどう?(9)
  • 飛び級は「諸刃の剣」であること。そして、メリットとディメリットが出やすい親子像をイメージできるようになりました。長男は天才じゃないし、ゆっくりやるかなそう思っていると・・・「manchin君は、飛び級のメリットを享受できる稀な塾生です。 立派な夢をもっていて、しっかりと道筋も語れる。 成績はもちろんのこと、ひらめきも素晴らしいし、それに憎たらしいほど余裕がある。」「憎たらしいほど」は余計。。。それでは、 [続きを読む]
  • 第79回 浜学園の飛び級ってどう?(8)
  • 先生が教えてくれた飛び級のメリットを享受する塾生の必要三条件です。・ 飛び級の本質を理解していること・ 細部まで具体化された夢を語れること・ 成績が超優秀なこと「浜学園のカリキュラムは、学年を増すごとに量・質ともに厳しくなっていきます。 つまり、塾生は、どんどん余裕がなくなっていく訳です。 それにもかかわらず“今、余裕があるから先取りしようか”という安易な考えが多いように思います。」私も同じ穴のムジ [続きを読む]
  • 第78回 浜学園の飛び級ってどう?(7)
  • 灘中の合格者と彼ら以外の違いとは?それは、自らの夢をディテールまで具体的に語れるか否かである・・・。大切だが、忘れがちなことを改めて指摘いただきました先生は大きな溜息をつくと、一気に語り始めました。「飛び級を希望される親御さんは、必ず“うちの子には強い目標達成意欲がある”とおっしゃいます。 ところが、客観性に欠けるケースがほとんどです。 なぜなら、比較対照がある訳でありませんから。」何とも厳しい [続きを読む]
  • 第77回 浜学園の飛び級ってどう?(6)
  • 飛び級のメリットを享受できる塾生は「ごく稀」ということでした。そして、彼らの共通点は、成績が超優秀であることと、・ 天文学者になって宇宙の真理を探索する・ 医師になって生命を救う・ 弁護士になって困っている人々を助けるなどという崇高な夢と強い決意を持っているとのことでした。しかし、灘中に合格するという強い意志があれば、飛び級のメリットが享受できるのではないか「そもそも、灘中に合格するような塾生たちは [続きを読む]
  • 第76回 浜学園の飛び級ってどう?(5)
  • 飛び級のメリットは「保護者の安心感」だと断言した先生。それでは塾生にメリットはないのか?「そもそも、飛び級のメリットとは、現在より高度な専門知識を早くから学べることです。 その結果、早い時期に能力を開花することが期待できます。 たとえば、天才と称される研究者は、20歳台で大きな業績を残しています。」確かにその通りアインシュタインやニュートンは25歳で画期的な業績を発表し、世界を驚かせました。先生の語 [続きを読む]
  • 第75回 浜学園の飛び級ってどう?(4)
  • 私「あの、浜学園の飛び級とは、何ですか?」先生「manchin君に飛び級は必要ありません。」質問に対して正面から回答していただいていないのですが、最も知りたい結論でした。しかも、意外な結論・・・。私「そもそも、飛び級とは何なのかが分からなくて・・・」先生「飛び級したい学年の入塾テストを受け、一定の成績を収めると入塾できる制度です。」なるほど、実に当たり前そんな当たり前のことを知らなかったなんて。。。私「 [続きを読む]
  • 第74回 浜学園の飛び級ってどう?(3)
  • 早速、算数の担当講師を訪ねました。ネットで調べても「よ〜わからん」だったからです。私「長男がお世話になっております。」先生「成績を見る限りまったく問題ないです。私からは何も言うことはありません。」いきなり結論。先制攻撃を受けました。私「ありがとうございます。長男も塾が楽しいと申しております。」先生「敢えて申し上げれば、もう少し大人になっていただけると・・・。」私「お騒がせし申し訳ありません」やっ [続きを読む]
  • 第73回 浜学園の飛び級ってどう?(2)
  • ほかの親御さんから初めて「飛び級」の存在を知った私は、無知な自分を恥じました。私「飛び級って知ってる?」長男「○○君、○○君、○○君、それと○○君が飛び級だよ。(成績表でよく見る名前ばかり)」長男ははまキッズから小3最レに突入したのですが、すでに飛び級の情報を仕入れていました。と言うより、塾生の世界では当たり前のことのようでした。親としては情報を与えなければならないのに、何とも恥ずかしい私「飛び [続きを読む]