4io☆ さん プロフィール

  •  
4io☆さん: Delusion love story
ハンドル名4io☆ さん
ブログタイトルDelusion love story
ブログURLhttp://4ioftloveisland.blog.fc2.com/
サイト紹介文FTISLAND と CNBLUEをモデルにしたBoys Love です
自由文素人妄想人のPrimadonnaのです。
大好きな5人が Parallel World で起きているかもしれない恋模様を妄想しています。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供49回 / 365日(平均0.9回/週) - 参加 2016/01/24 23:57

4io☆ さんのブログ記事

  • so today epi7
  • 玄関のドアを閉めてもたれかかって息を吐き出した「なんなんだよ・・・」ジョンフニヒョンの手伝いをしていただけだったのになんでメダカとホンギヒョンのKISSなんてみるこ [続きを読む]
  • so today epi6
  • 少し息を吸い込んで俺とヒョンを隔てているドアをノックした小さな音に反応がない「ヒョン?ヨンファヒョン?」声をかけてみても反応がないので今まで何度もしてきているよ [続きを読む]
  • so today epi5
  • 「ジョンフン、出かけてくる」ミナリに作業を頼んでいたのに使えない奴にした本人はこの場から立ち去るというミナリを部屋に戻したくてもこういう時のフォローは俺は苦手で [続きを読む]
  • so today epi4
  • 「お前ってば単純だな」ホンギヒョン達の部屋ソファーに座る俺の膝の上に当然のように寝転がってiいるホンギヒョン「単純って?」聞き返した俺に「バカってことだよ」顔に [続きを読む]
  • so today epi3
  • 「今度はお前かよ!!!」ミナリが言った『お休み』の言葉に無視したままの俺代わりに『お休み』と声をかけてドアの向こうに消えたミナリを確認した途端ソファーでTVを見ていた俺の前に仁王立ちして冷たくはつきりとした怒りのこもった声をぶつけてきたジェジヒョン俺は何も言わないまま膝を抱えて見つめるだけだった「ミナリに仲直りするように言ったのに、今度はお前が無視して!!」深い深いため息をつくジェジヒョン「仕事に私 [続きを読む]
  • so today epi3
  • 「今度はお前かよ!!!」ミナリが言った『お休み』の言葉に無視したままの俺代わりに『お休み』と声をかけてドアの向こうに消えたミナリを確認した途端ソファーでTVを見て [続きを読む]
  • so today epi2
  • 『ミナリは自分勝手だよな』投げつけられた言葉メダカの怒った声当然だなって思うから何も言えない自分の気持ちが『特別』なことに気付かせてくれたのはホンギヒョンだったスンヒョナが加入して本格的に活動を開始する頃だった通りすがりに悪戯してホンギヒョンに笑いかけたスンヒョナそれを見ていた俺にホンギヒョンは言った『ミナリの嫉妬の顔初めて見た』『好き』の感情よりも先に知った『嫉妬』の感情それから今までスンヒョナ [続きを読む]
  • so today epi2
  • 『ミナリは自分勝手だよな』 投げつけられた言葉 メダカの怒った声 当然だなって思うから 何も言えない 自分の気持ちが 『特別』なことに 気付かせてくれたのは ホンギ [続きを読む]
  • so today epi1
  • 扉が開いた感覚がして 目が覚めていく 元々ミナリのせいで 眠りが浅かったから そんな小さな感覚にも 気付けたんだと思う ミナリが部屋に入ってきた 電気もつけずに 暗い [続きを読む]
  • so today epi1
  • 扉が開いた感覚がして目が覚めていく元々ミナリのせいで眠りが浅かったからそんな小さな感覚にも気付けたんだと思うミナリが部屋に入ってきた電気もつけずに暗いまま俺のベッドに近づいてきたそしてベッドサイドに座った「ミナリどした?」言葉と同時にミナリのほうに身体をむけた「・・・・起こした?」ミナリの声に驚きが混じった「ん。。。。。。。。」「起こそうかどうしよかなって思ってた」「・・・・・・なんで?」暗い中話 [続きを読む]
  • so today 〜prologue〜
  • ドアを開けても予想通り人の気配がない 電気もつけずにそのまま進む扉を開けてベッドに服のまま倒れこむスプリングが音を立てて受け止めてくれた目を開けたまま頭を空っぽにしていくと蘇ってきた感覚唇に指先がいかないように両腿の間に隠す呼吸をしているだけなのに身体の中に入り込んだ薫りに細胞全てが訴えてきた温もりが欲しいと身体も心も [続きを読む]
  • I want  epilogue
  • 壁に押し付けられるなんて過去にあったっけ?ヨンファヒョンの行動に払いのけようとすれば払えるほどの力だったけど驚いてそんなこと思いもしなかった「どうせガキだよ」ヨンファヒョンの声が静かに響く静かな声に怒りと痛みが滲んでいる「ミニョク・・・お前は大人で出来の良い人間だもんな」吐き捨てられた言葉ヒョンは俺を見ない「悪いのは全部、俺だよでも 俺は ガキだからお前みたくそんな風にいられない」視線を外したまま [続きを読む]
  • I want  epi14
  • 『ミナリが振られた時は俺が傍にいてあげるからな』スンが俺に笑いかける目の前にいる俺何か言おうとして俺は止めようとした『それは無理』やめておけやめておけよ!!!『だって俺の好きなのスンヒョナだから』スンが強張ったから「嘘って直ぐにいえよ!!!」叫んで目が覚めた目から知らない間に零れていた涙何度も同じ夢を見たそして何度も俺は自分を止められなかった零れた涙を拭う静まりかえった室内床の冷たさに震えを覚えて [続きを読む]
  • I want  epi13
  • 「いつの間に!!」ブースに戻ってみたらミナリもミニョクも消えていて「あっちもいないよ」ホンギヒョンのブースを覗いたジョンシンが答えたあったはずのアルコールも消えていて僕達が戻った途端スタッフがすぐにオーダーを取りに来たついでに聞けば4人で店を既に出ていた「御一人、担がれていました」笑いながら言われてすかさずジョンシンが「ミナリが潰れたんだ」アルコールがなくなってるのも頷けた「迷惑かけませんでした? [続きを読む]
  • I want  epi12
  • 「スンヒョン、いつまで待たせんだよすぐ下に来い!!」小さな機械の向こうからパワフルボイスで怒スの聞いた声がして一瞬で目が覚めた「す、すぐ行きます」怒ったホンギヒョンは怖い慌てて部屋を出てエレベータで下に降りるベッドの上でいつの間にか眠ってたらしい開いたのと同時にエントランスに俺を睨むホンギヒョンの姿そして「こいつ運べよ」スヤスヤと眠るミナリでも頬に・・・・涙の痕?「ここまで運ぶので俺、もう疲れた」 [続きを読む]
  • I want  epi11
  • タクシーの中窓の外を見ていてもつまらなくて目を閉じて寄りかかっていたそのまま眠っていたのかもしれない車の止まった感覚に目を開けてみたら「?」宿舎に帰るはずがホテルの玄関に横づけされた驚いている俺を無視してヨンファヒョンがお金を払って「降りろ」言われるままに俺は降りるここって・・・・立ち止まっていた俺を置き去りにしてズンズンと中へ歩くヨンファヒョン慌てて後ろをついていく「待ってろ」待ってろって・・・ [続きを読む]
  • I want  epi10
  • 「落ちるからミナリKISSやめて」なんでこんなことに?フロアに出たジョンシンとジェジンを目で追いながらミナリと話をしていたミナリのドラム俺のドラムスタイルが違うし契約しているメーカーも違うし色々とお互いのドラムのこと話しは途切れることなかったなかなかこうしてミナリとゆっくり話せる時間もないし二人きりだと他に気を使うこともなくて正直楽だったそれはミナリも同じらしくて以前から俺には弟のように懐いてくれ [続きを読む]
  • I want  epi9
  • 視界が凄い勢いで動いた背中に感じた柔らかいものそれがソファーに置かれたクッションだと気付いたと同時に誰かにホンギから引き離されたんだとわかって慌ててホンギを見た誰かがホンギを押し倒してホンギの上で・・・・・泣きじゃくってる?「ホンギ?」「あぁ。ヨンファごめん平気か?」「うん」俺の声に泣き声が一層大きくなった「ヒョン、ヒョン、ダメだよメダカが悲しむよーーーー」「ミナリ?」「そう」ホンギが答えた「こん [続きを読む]
  • I want  epi8
  • 「よっ」ホンギがお店のスタッフとアルコールと同時に現れたそして隣に座って俺の顔を覗き込んできた「聞いてやるよ」俺のグラスに自分のグラスをぶつけたそれを合図に俺は話し始めたなりふり構わず一気に「・・・・・どしたらいい?」下を向いて静かに聞いていてくれてると思ったらぶーーーっと噴きだして笑いだして俺の背中をバンバン叩いた「やるねぇヨンファ」「・・・・やるねぇじゃねーよ」「で。どっちのほうがいい?」ニヤ [続きを読む]
  • I want  epi7
  • 「ジェジ?あれ・・・・・?入ってきたのヒョン?」ジョンシンの声に指さしたほうを見たジョンシンに飲みに誘われて遊びに来たクラブ帰りたくないというミナリとヨンファヒョンもヒョニヒョンも今夜は予定があって一人になるからとジョンシンに連行されてきたミニョクと4人で遊んでいた薄暗い店内はまだイベントが始まっていないのかそこそこにぎわっているだけでVIPにいる俺達は適度落ち着いた騒がしさで目立つこともなく居心 [続きを読む]
  • I want  epi6
  • 「つっかれたーーーーーー」俺はベッドの上に倒れこんだただ練習していただけそこまでハードな練習じゃなかったのに凄い疲れた原因はミナリずっと無視されていたずっと目で追っていたのに俺のやり方が悪いのかと思ってホンギヒョンを目で追ったらウザいって言われるぐらいだったし気付かないんじゃなくて完全に無視そこまで怒ること?確かにあの日イライラしてたよ?ホンギヒョンとヨンファヒョンのことででもさ・・・・だからって [続きを読む]
  • I want  epi5
  • 「ヨンファヒョン社長の話なんだった?」ジョンシンの言葉に俺はすぐに言葉が出てこなかった呼ばれた社長室「最近、恋愛とかしてるのか?してるならちゃんと報告しろメンバーも同じだちゃんと管理しろよ」命令口調きっとジョンフンにも同じこと言ったんだろうけど命令口調じゃなかったはずまぁ俺達だから命令口調なのも仕方ないけれど今の俺には一番触れてほしくない内容だったそれをまた自分の口からジョンシンに言うのはなんか気 [続きを読む]
  • I want  epi4
  • 「ホンギヒョン、これ、、、食べる?」ジェジヒョンが口に何かを入れながらモグモグ言わせて入ってきたその表情にはさっきまでの俺への怒りは消えていたスンヒョンにKISSをした後自分の部屋に引きこもった翌日も会話をしない俺達に何も言わなかったこんなのよくあることだからジェジヒョンに同じ部屋にしてってリクエストしたのはスンヒョンが俺が怒っていることを完全に無視したからだ一日中スンヒョンの視線はホンギヒョンを [続きを読む]
  • I want  epi3
  • 練習中呼び出された社長室用件はもちろん俺達の行動チェック多分どっかからホンギが別れたっていうのが耳に入ったんだろうそれとなく俺達の恋愛状態を聞かれた自分の事務所の2枚看板同士が恋愛してるなんて思っていもなかっただろうけどまぁ・・・・俺とホンギがヤッてたりスンとホンギがヤッたりも全く知らないだろうし本当のことは全然知らないんだ一緒にいる俺達がどんな関係なのかをLIVEの夜ホンギと同室だと思ったのになぜか [続きを読む]