ジモネタ さん プロフィール

  •  
ジモネタさん: 能美市のよもやま話
ハンドル名ジモネタ さん
ブログタイトル能美市のよもやま話
ブログURLhttps://blogs.yahoo.co.jp/kenymmt1103
サイト紹介文おもに石川県能美市内の情報を紹介したいと思っています。
自由文散歩や外出するときはいつも一眼カメラとコンデジ持って出かけます。眼に入った情景や施設、動植物など思いがけない出会いがあるものです。それを撮影して記録アルバム造りを楽しんでいます。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供21回 / 365日(平均0.4回/週) - 参加 2016/01/25 07:32

ジモネタ さんのブログ記事

  • 福島町の「一本松きらく園」
  • 現在、平成30年3月の開通を目指して北陸自動車道・能美根上スマートインターチェンジが工事中ですが、ここに通じる福島町の根上国道沿いでは3年前から花壇造りをしています。ここはかっては火葬場の松林でしたが、とうとう一本だけになってしまい、祖先を偲ぶ町のシンボルとして保存する気運の高まりと同時に、町民花壇「一本松きらく園」造りが始まりました。少しずつですが、奇麗に咲いた花に通る人の眼を奪っています。 [続きを読む]
  • 荒屋古墳のササユリと植物
  • ササユリのピークが過ぎていましたが可愛い数輪がまだ見られました。同時に約20?程度のイチャクソウも咲いていて、とてもラッキーでした。ササユリ                ツルアリドウシ               イチャクソウ [続きを読む]
  • 下ノ江町の広告塔「旬です!ねがり」
  • 県道小松美川金沢線路沿い(通称:加賀産業海浜道路)を下ノ江町を通ると、左側に「旬です!ねあがり」という大きなコンクリート製の塔が見えてきます。これは昭和33年(1958年)に完成した、旧根上町南部地区(下ノ江町、高坂町地区)の簡易水道用の塔です。平成17年2月1日に町村合併したのち、記念塔として残され、今もなお下ノ江町の自慢の広告塔として通る人の眼を惹いています。 [続きを読む]
  • 下ノ江町の広告塔「旬です!ねがり」
  • 県道小松美川金沢線路沿い(通称:小松美川金沢線)を下ノ江町を通ると、左側に「旬です!ねあがり」という大きなコンクリート製の塔が見えてきます。これは昭和33年(1958年)に完成した、旧根上町南部地区(下ノ江町、高坂町地区)の簡易水道用の塔です。平成17年2月1日に町村合併したのち、記念塔として残され、今もなお下ノ江町の自慢の広告塔として通る人の眼を惹いています。 [続きを読む]
  • 下ノ江町の広告塔「旬です!ねがり」
  • 県道小松美川金沢線路沿い(通称:加賀産業海浜道路)を下ノ江町を通ると、左側に「旬です!ねあがり」という大きなコンクリート製の塔が見えてきます。これは昭和33年(1958年)に完成した、旧根上町南部地区(下ノ江町、高坂町地区)の簡易水道用の塔です。平成17年2月1日に町村合併したのち、記念塔として残され、今もなお下ノ江町の自慢の広告塔として通る人の眼を惹いています。 [続きを読む]
  • 能美根上スマートICへの道〜根上国道
  • 吉原釜屋町地内で現在、北陸自動車道・能美根上スマートインターチェンジが平成30年3月の開通を目指して工事中ですが、ここに通じる根上国道沿いにはこれまであった吉原釜屋町の共同墓地の所以を記した碑と、かっては福島町の火葬場であった場所には祖先を敬う地蔵堂が建立されている。そして今、インターチェンジ開通によって、交通動脈の重要道として能美市はもとより地域の発展に期待されています。 [続きを読む]
  • 浜開発町の水辺公園
  • 浜開発町にある水辺公園は宮竹用水下郷用水からの流れを取り入れています。地元有志によって自然を重視した整備がなされ、水は絶えることはありません。その用水には小魚が見られ、それを捕らえようとするカワセミも見ることもあり、散歩のスポットとして親しまれています。ドジョウフナメダカニッポンバラタナゴ [続きを読む]
  • 浜開発町の水辺公園
  • 浜開発町にある水辺公園は宮竹用水下郷用水からの流れを取り入れています。地元有志によって自然を重視した整備がなされ、水は絶えることはありません。その用水には小魚が見られ、それを捕らえようとするカワセミも見ることもあり、散歩のスポットとして親しまれています。ドジョウフナメダカニッポンバラタナゴ [続きを読む]
  • 宮竹町のビオトープ
  • 宮竹町にビオトープがあることを知って行ってきました。在所の山手の静かなところにイノシシ避けの金網で囲まれていましたが、入り口の錠を開けて入りました。水のせせらぎの音にコウホネ、メダカがすいすい泳いで久しぶりの自然を感じることができました。 [続きを読む]
  • 宮竹町のビオトープ
  • 宮竹町にビオトープがあることを知って行ってきました。在所の山手の静かなところにイノシシ避けの金網で囲まれていましたが、入り口の錠を開けて入りました。水のせせらぎの音にコウホネ、メダカがすいすい泳いで久しぶりの自然を感じることができました。 [続きを読む]