テッキー さん プロフィール

  •  
テッキーさん: 続テッキーの山歩き
ハンドル名テッキー さん
ブログタイトル続テッキーの山歩き
ブログURLhttp://tekky2.blog.fc2.com/
サイト紹介文名古屋からの日帰り山歩き 『テッキーの山歩き』の続編です
自由文山生まれ山育ち。
都会に嫁いだものの、週末には野山を歩いています。野山に行けないときはネコの額の草取りや土をいじって遊んだり、高いところにも上っています。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供104回 / 365日(平均2.0回/週) - 参加 2016/01/25 16:12

テッキー さんのブログ記事

  • 蓮の花も美しく
  • 夏本番。お山のシーズンなのに、、、色々あったりなかったりで、、、ぜーんぜんお山に行けません。ショボン、、、。気が付けばもう週末ではありませんか。花の命は短くて。夏山に咲く可憐なお花にはもちろん会いたいのだけど、巷に咲くいつものお花も変わらず美しく咲いていました。ひょうたんのトンネルを抜けたら、そこは蓮が咲く池であった。蓮の花って、不思議な構造に見えます。漏斗の先にある黄色い丸がめしべで、周りを取り [続きを読む]
  • ひょうたんトンネル見ごろ 〜農業センター〜
  • いよいよ梅雨明け間近。こちらも出来上がった頃かしら。農業センターの夏の風物詩『ひょうたんトンネル』。牧場横に『かぼちゃトンネル』、ジェラード売り場傍の『ひょうたんトンネル』どちらも涼し気なトンネルが出来上がっていました。カボチャトンネルバターナッツ誰かの鼻にも見える。ねばりがあって美味しいとのことですが、食べたことありません。ベレーボベレー帽みたいなカボチャ。あ!UFO!そうめん南瓜(カボチャ)内側 [続きを読む]
  • カヌー競技を観戦 in三好池
  • おともだちの愛息子くんがカヌー競技の国体東海ブロック予選に出場するとのことで、猛暑となった日曜日、三好池に応援に行きました。カヌー競技を見るのは初めてなので、少しだけ予習を。カヌー競技はオリンピック種目のひとつで、カヌーは日本では馴染みが薄いけど、北アメリカやカリブ海周辺のなどでは狩猟や移動に使われていた歴史ある舟です。今回の大会はカヌースプリント。静水面で1人乗りから4人乗りまでの艇にのり、一定の [続きを読む]
  • ふるさとにカエル、アマガエル、ツチガエル
  • アマちゃん!見〜つけた!紫陽花の葉と同じ色に化けて、手足の先を隠して、ばれていないと思っているのね。可愛い姿です。目の横にある茶色いところは鼓膜です。アマちゃんの鳴き声は、お馴染みの「じぇじぇじぇ!」ではなく、少し高めの声で「クワッ、クワッ、クワッ、、、、」。アマガエルは「雨蛙」と書くように、雨が降る前の微妙な気圧の低下や湿度を敏感に感じて鳴くのだそうです。鳴くときはのどの下を風船みたいに膨らませ [続きを読む]
  • 挽きたて珈琲と『七里の渡し』
  • 今日は七夕。織姫さまは、朝から着付けなどの身支度に追われて忙しくされていたことと思います。彦星さまは、飼育している和牛を年に一度の夕食にされるのでしょうか、、、不安定な空模様に、天の川が氾濫しませんように。九州北部の豪雨災害に心痛みます。七夕とともに今日は二十四節気の一つの、小暑(しょうしょ)。夏至の15日後で、この日から暑中に入り盛夏期の暑さを迎えます。今日も暑いのなんのって。少し涼しい日もあった [続きを読む]
  • 七里の渡し 〜『ブラタモリ』名古屋熱田を辿って〜
  • この夏一番の暑さとなった日曜日、早朝から洗濯したシーツやなどの大量の洗濯物は半日で乾き、お昼過ぎに暑い名古屋の街中を歩きました。先月放送のNHK番組『ブラタモリ』で、名古屋城から南端の七里の渡しまでは細長い台地になっていて、その地形を生かして家康公が名古屋を作ったとのことでした。七里の渡しには行ったことがないので、熱田神宮から七里の渡しまでタモリさんの歩いた道筋を辿りました。熱田神宮熱田大神(天照大 [続きを読む]
  • 形原温泉『あじさいの里』  〜まだ間に合う!あじさい祭り〜
  • いよいよ梅雨らしい天気になりました。どんよりして、カラダはダルおも〜〜〜な気分ですが、紫陽花は色濃く生き生きとしてうれしそうです。一週間前の日曜日、東海一と言われる愛知県蒲郡市(がまごおり)形原温泉の「あじさい祭り」を見てきました。あじさい寺の本光寺に行ったあとです。本光寺から形原温泉に向かったのは午前10時頃ですが、あじさいの里に向かう県道322号は大渋滞でした。6月18日 形原温泉 あじさいの里おまつ [続きを読む]
  • あじさい寺 〜瑞雲山本光寺〜
  • 少し前の話になってしまいましたが、19日の中日新聞に形原温泉(蒲郡市)の紫陽花の写真が載っていました。その前日の日曜日、わたしも蒲郡に紫陽花を見に行っていました。形原温泉あじさい祭りの近くに、別名あじさい寺の『本光寺』があります。『瑞雲山 本光寺』(ずいうんざんほんこうじ)は、曹洞宗の寺院で御本尊は釈迦如来像。脇士の地蔵菩薩像と千手観音像は運慶作と言われます(実際の作者は不明・・・)。1523年、深溝松 [続きを読む]
  • 大龍山雲興寺  〜盗難除けのお寺〜
  • 猿投山登山で駐車場をお借りした瀬戸の『雲興寺』は本尊は釈迦牟尼仏 、曹洞宗の寺院で盗難除けの御利益があります。織田信長公の庇護を受け、本堂には秀吉公や家康公の御位牌もお祀りしてあります。盗難除けの御利益って初めて聞きました。山門から本堂までの参道には青々としたもみじがトンネルのようになって、静かで凛とした空気を感じました。山に登る前にお参りしておこっと。盗難除性空山神山門      本堂お寺の本堂 [続きを読む]
  • 猿投山でカモシカに出会った
  • ジガバチソウを見つけた日、カモシカにも出会いました。登山道にスーっと立って、目が合いました。猿投山に熊はいないそうですが、私はいつも熊鈴をチリンチリン盛大に鳴らして歩いています。この時も鳴っていたのですが、臆病なはずのカモシカも熊鈴の音なんてへっちゃらなのですね。(やはり熊にも効果はないですよねぇ・・・)そして登山道でばったり出会っても怖がることもなく、そのままのそのそ歩いて茂みに入って行きました [続きを読む]
  • 猿投山の花  〜超小さな蘭、ジガバチソウを探して〜
  • 6月15日、猿投山の雲興寺ルート(瀬戸側)で出会ったお花です。ヒメフウロ ?ユキノシタトラノオ咲き始めササユリササユリササユリタツナミソウ野イチゴコアジサイツルアリドオシ(蔓蟻通し)お初です。内面に白毛が生えています。ちっちゃいお花です。ツルアリドオシ。少しピンクがかった花もあります。ショウジョウバカマの種ツクバネまだ若い。秋になると本物のツクバネみたいになります。あ!あんなところに見〜つけた!ギン [続きを読む]
  •  雲興寺から登る猿投山 【瀬戸市側】
  • 木曜日。急にお休みになったので、遅めのスタートで猿投山に登ることにしました。猿投神社のある豊田市側から登ることが多いのですが、久しぶりに瀬戸の雲興寺から登りました。瀬戸側の登山道ではササユリも見られます。豊田側では見られないお花にも出会えるかも。2017年6月15日(木曜日) 晴れ自宅から瀬戸までは1時間かかりませんが、朝は混んでいたので雲興寺に到着したのは10時前でした。雲興寺の駐車場に車を停めて、静かな [続きを読む]
  • 茶屋ヶ坂公園の紫陽花 〜名古屋のあじさいスポット〜
  • 茶屋ヶ坂公園は名古屋市千種区の長閑な住宅地にあり、名古屋市内とは思えない規模で紫陽花が咲いています。散策できる広さは鶴舞公園より少し小さめな感じですが、歩道橋を挟んで野球グラウンドがあり、kidsが遊ぶ遊具や広場、林の中の散策路もあり住宅地の憩いの場のようでした。公園に駐車場はなく市街地なので駐車スペースもありませんが、近くに30分100円のコインパーキングがあります。地下鉄なら『茶屋ヶ坂』から徒歩5分程度 [続きを読む]
  • 寧比曽岳③  伊勢神湿原と伊勢神宮遙拝所
  • 晴天に恵まれ遥か彼方の山々が遠望できると、見晴らしの良い寧比曽岳頂上はとても居心地が良く長居しました。来た道で下山しますが、途中で木立の間に見えた木道がある湿原に寄り、朝は車道を歩いてきたところは登山道を通ります。寧比曽岳頂上→太多賀峠登山口→伊勢神裏谷ルート→伊勢神峠登山口→駐車場①伊勢神裏谷ルート②寧比曽岳頂上11:40 下山開始12:21 太多賀峠登山口12:43 伊勢神湿原伊勢神湿原大多賀峠と伊勢神峠 [続きを読む]
  • 寧比曽岳山頂の眺望
  • 伊勢神峠からゆっくり登り約2時間で、寧比曽岳頂上に到着しました。木々に囲まれた登山道から見晴らしの良い頂上付近に出るとすぐ、「ここ、すごくいい景色ですよ〜!」とトレランの方に声を掛けていただきました。その場所に立つと、雲の少ない青空の中に南アルプスが遠望できました。太多賀峠からの登山道は全く眺望がなく樹木が茂る中をもくもくと登っての登頂なので、開けた山頂の風景を目の前に知らないひと同士みんなで共感 [続きを読む]
  • 寧比曽岳(ねびそだけ) 〜伊勢神裏谷ルート〜
  • 寧比曽岳(ねびそだけ)は、愛知県豊田市の北東部に位置し標高1121m。三河高原の最高峰で、山頂は東海自然歩道が分岐しています。山頂は展望が良く、白山や南アルプスなどの山々が遠望できます。昨年は段戸湖から登りましたが生憎のガスで眺望はさっぱりだったので、梅雨入り前の貴重な晴天だった日曜日に出かけました。少ない休日に体力を温存すべく、最短距離の太多賀峠からのルートも頭を横切りましたが、歩き足らず不完全燃焼 [続きを読む]
  • 王子バラ園  〜薔薇のアーチ〜
  • 王子バラ園(おうじばらえん)は、王子製紙(ネピアでお馴染み)春日井工場の敷地内に作られたバラ園で、無料で一般開放されています。愛知県春日井市王子町1  王子製紙春日井工場社宅内。王子町なんて素敵な地名ですね。1995年、バラ好きな工場長が「地域の人たちや社員の一服の清涼剤に」と社宅跡地に20株5種類のバラを植えたのが始まりで、現在は約4900?に、220種1900本以上が植えられています。行くのが少し遅かったので、 [続きを読む]
  • 霊仙山に咲く、ヤマシャクヤク
  • 霊仙山の中腹には、石灰岩地質を好む山芍薬(ヤマシャクヤク)が咲くので、この季節はヤマシャクヤク目当てで登られる方も多いようです。5月14日 霊仙山の中腹に咲く、山芍薬。朝露に濡れるヤマシャクヤク何かとても大切なものを、やさしく包んでいるみたい・・・蕾。愛しい姿でキュンキュンです。まーるい!ぼんぼりみたいで可愛いな。ふっくらと可愛いくて、純粋無垢な雰囲気がします。「立てば芍薬、坐れば牡丹、歩く姿は百合 [続きを読む]
  • 霊仙山② 広大な原野  〜カレンフェルトとドリーネ〜
  • 2017年5月14日 霊仙山(りょうせんざん)榑ヶ畑(くれがはた)コース の続きです。霊仙山(りょうせんざん)七合目 お猿岩から山頂までは広大なカルスト地形が見渡せます。山頂までは、八合目お池、九合目飯塚山を経由するルートがありますが、ドリーネが多く見られる谷側を通り山頂を目指しました。ドリーネとは、石灰岩地域に存在する すり鉢状の溶食凹地です。9:26 七合目お猿岩から眺める、飯塚山方面谷の道ドリーネに水 [続きを読む]
  • 雨上がりの霊仙山 〜榑ヶ畑コース〜
  • 霊仙山(りょうぜんざん)は、滋賀県の犬上郡多賀町と米原市にまたがる鈴鹿山脈の最北に位置し、標高1094 m。山体は石灰岩からなり、なだらかな山の上部にはカレンフェルトやドリーネなどのカルスト地形が見られ、花の百名山に指定されています。ただ、ヤマビルが多いことでも有名なので、初夏から晩秋まではヤマビル対策が必要です。登山コースはいくつか整備されていますが、アクセスが良く最短距離で醒ヶ井養鱒場の林道先に登山 [続きを読む]
  • 『美女と野獣』ベルの黄色いドレス
  • エマ・ワトソン主演映画『美女と野獣』の衣装が、ジェイアール名古屋タカシマヤに展示してありました。エマ・ワトソンが実際に着たという(?)黄色いドレスと、野獣の豪華な衣装。ちなみに、野獣さんのボディは「クマ」、足と尾は「オオカミ」、たてがみは「ライオン」。鼻とアゴは「水牛」、眉は「ゴリラ」、牙は「イノシシ」そんな彼は、猫背。                  ベルのドレス。ウエストがかなり絞られていま [続きを読む]
  • 江南 藤まつり  〜曼荼羅寺公園〜
  • 桜の季節から藤の花。名古屋からは、江南市の曼荼羅寺(まんだらじ)公園と津島市の天王川公園が藤の名所として知られますが、個人的には曼荼羅寺公園の藤だなの雰囲気が好きです。三連休の中日、江南市の曼荼羅寺公園の藤を見に行きました。2017年5月4日 木曜日 みどりの日江南 藤まつり曼荼羅寺の隣の公園には、広い藤棚があります。早咲きから遅咲きの藤の中にも紫、紅、白と様々な色や、優雅な花房、短く可憐な房、豪華な八 [続きを読む]
  • 青い鳥  オオルリ
  • 故郷の家の台所でお茶を飲んでいたら、窓の向うに青い鳥を見つけました。桑の小枝に止まっています。オオルリは恋の季節のようで、近くには雌のオオルリも来ていました。雄に比べて雌のオオルリは地味です。野生動物のあるあるですね。青く輝かしい姿と、自慢の歌声を披露していました。イカしてるだろ〜、僕のハニーはどこだい?!ミツバツツジとオオルリ。なかなかのイケメンくんです!!右を向いても、左を向いても男前。「しあ [続きを読む]
  • 新緑の納古山
  • 昭和の日、岐阜県七宗町の納古山(のこやま)に登りました。帰省のついでに、朝自宅を早く出れたら寄って行こうというくらいの、気まぐれ山登りです。2017年4月29日 (土曜日) 昭和の日 晴れ時々曇り 大気は不安定小さめのリュックにペットボトル2本。いつかのカロリーメイトや期限切れ間近のスポーツ羊羹。ちゃっと登って、チャット降りて、3時間かからないはず。週末は土曜日もほぼ仕事になって、なかなか山登りも帰省もで [続きを読む]