テッキー さん プロフィール

  •  
テッキーさん: 続テッキーの山歩き
ハンドル名テッキー さん
ブログタイトル続テッキーの山歩き
ブログURLhttp://tekky2.blog.fc2.com/
サイト紹介文名古屋からの日帰り山歩き 『テッキーの山歩き』の続編です
自由文山生まれ山育ち。
都会に嫁いだものの、週末には野山を歩いています。野山に行けないときはネコの額の草取りや土をいじって遊んだり、高いところにも上っています。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供104回 / 365日(平均2.0回/週) - 参加 2016/01/25 16:12

テッキー さんのブログ記事

  • 霊仙山に咲く、ヤマシャクヤク
  • 霊仙山の中腹には、石灰岩地質を好む山芍薬(ヤマシャクヤク)が咲くので、この季節はヤマシャクヤク目当てで登られる方も多いようです。5月14日 霊仙山の中腹に咲く、山芍薬。朝露に濡れるヤマシャクヤク何かとても大切なものを、やさしく包んでいるみたい・・・蕾。愛しい姿でキュンキュンです。まーるい!ぼんぼりみたいで可愛いな。ふっくらと可愛いくて、純粋無垢な雰囲気がします。「立てば芍薬、坐れば牡丹、歩く姿は百合 [続きを読む]
  • 霊仙山② 広大な原野  〜カレンフェルトとドリーネ〜
  • 2017年5月14日 霊仙山(りょうせんざん)榑ヶ畑(くれがはた)コース の続きです。霊仙山(りょうせんざん)七合目 お猿岩から山頂までは広大なカルスト地形が見渡せます。山頂までは、八合目お池、九合目飯塚山を経由するルートがありますが、ドリーネが多く見られる谷側を通り山頂を目指しました。ドリーネとは、石灰岩地域に存在する すり鉢状の溶食凹地です。9:26 七合目お猿岩から眺める、飯塚山方面谷の道ドリーネに水 [続きを読む]
  • 雨上がりの霊仙山 〜榑ヶ畑コース〜
  • 霊仙山(りょうぜんざん)は、滋賀県の犬上郡多賀町と米原市にまたがる鈴鹿山脈の最北に位置し、標高1094 m。山体は石灰岩からなり、なだらかな山の上部にはカレンフェルトやドリーネなどのカルスト地形が見られ、花の百名山に指定されています。ただ、ヤマビルが多いことでも有名なので、初夏から晩秋まではヤマビル対策が必要です。登山コースはいくつか整備されていますが、アクセスが良く最短距離で醒ヶ井養鱒場の林道先に登山 [続きを読む]
  • 『美女と野獣』ベルの黄色いドレス
  • エマ・ワトソン主演映画『美女と野獣』の衣装が、ジェイアール名古屋タカシマヤに展示してありました。エマ・ワトソンが実際に着たという(?)黄色いドレスと、野獣の豪華な衣装。ちなみに、野獣さんのボディは「クマ」、足と尾は「オオカミ」、たてがみは「ライオン」。鼻とアゴは「水牛」、眉は「ゴリラ」、牙は「イノシシ」そんな彼は、猫背。                  ベルのドレス。ウエストがかなり絞られていま [続きを読む]
  • 江南 藤まつり  〜曼荼羅寺公園〜
  • 桜の季節から藤の花。名古屋からは、江南市の曼荼羅寺(まんだらじ)公園と津島市の天王川公園が藤の名所として知られますが、個人的には曼荼羅寺公園の藤だなの雰囲気が好きです。三連休の中日、江南市の曼荼羅寺公園の藤を見に行きました。2017年5月4日 木曜日 みどりの日江南 藤まつり曼荼羅寺の隣の公園には、広い藤棚があります。早咲きから遅咲きの藤の中にも紫、紅、白と様々な色や、優雅な花房、短く可憐な房、豪華な八 [続きを読む]
  • 青い鳥  オオルリ
  • 故郷の家の台所でお茶を飲んでいたら、窓の向うに青い鳥を見つけました。桑の小枝に止まっています。オオルリは恋の季節のようで、近くには雌のオオルリも来ていました。雄に比べて雌のオオルリは地味です。野生動物のあるあるですね。青く輝かしい姿と、自慢の歌声を披露していました。イカしてるだろ〜、僕のハニーはどこだい?!ミツバツツジとオオルリ。なかなかのイケメンくんです!!右を向いても、左を向いても男前。「しあ [続きを読む]
  • 新緑の納古山
  • 昭和の日、岐阜県七宗町の納古山(のこやま)に登りました。帰省のついでに、朝自宅を早く出れたら寄って行こうというくらいの、気まぐれ山登りです。2017年4月29日 (土曜日) 昭和の日 晴れ時々曇り 大気は不安定小さめのリュックにペットボトル2本。いつかのカロリーメイトや期限切れ間近のスポーツ羊羹。ちゃっと登って、チャット降りて、3時間かからないはず。週末は土曜日もほぼ仕事になって、なかなか山登りも帰省もで [続きを読む]
  • 新緑に囲まれたカフェ 『森の響(もりのおと)』
  • 緑が美しい季節になりました。街に居ながら、木々の息吹が感じられるカフェが日進市米野木にあります。自家焙煎珈琲のお店 『森の響』『森の響』と書いて「もりのおと」と読みます。自家焙煎珈琲 お店で生のコーヒー豆を焙煎して淹れてくれるカフェ。焙煎(ばいせん)は、乾煎り(からいり)のことで、豆の煎り加減で、酸味や苦みの調節ができます。門は茅葺き屋根です。こんな構えは、見ただけでわくわくします。道祖神もいいで [続きを読む]
  • アシナガバチが巣を、、、 畑の草取り
  • 今日は、二十四節気の『穀雨』4月20日ごろから立夏の前日までの期間で、春の季節の最後にあたり、穀物の種や苗を潤す雨が必要な時期となります。先日は例年より早い夏日が観測されて、この先どうなることやら、、、と思いましたが今朝は少しひんやりとしました。明日は雨が降るそうなので、植物たちは勢いを増してきそうです。この雨、庭木やお花たちは喜びそうですが、招かざる草たちも万歳三唱してみるみる畑を占領してしまうの [続きを読む]
  • 黄色いさくら、鬱金(ウコン) 〜大高緑地公園〜
  • ソメイヨシノはすっかり散り果て、先日の春の嵐で家のシダレザクラも落花が盛んで、樹の下に桜色のゴザを敷いたようになりました。そして、これらの桜が終わる頃、鬱金(ウコン)桜が見ごろを迎えます。鬱金(ウコン)は、数百品種あるサクラのうちで唯一、黄色の花を咲かせるサクラです。ウコンと、緑色のさくら御衣黄(ギョイコウ)が咲く、近場の大高緑地公園に行きました。昨年リサーチしたので、大高緑地公園には1本だけある [続きを読む]
  • 花桔梗の『あんトースト最中』
  • 土曜の午後、家でお花見があり 「奥様にどうぞ」といただきました。 菓匠 花桔梗 『あんトースト最中』(もなか)名古屋は、江戸時代から茶の湯文化が庶民にも浸透していたと言われます。当時の抹茶とお菓子での一服を、現代に発展させたのが名古屋喫茶の歴史なのだとか。そんな文化的背景のある名古屋喫茶メニューの定番「小倉トースト」を、和菓子にしちゃった『あんトースト最中』は、焼きたての厚切りトーストに小倉あんを [続きを読む]
  • 勅使池 〜さくら咲くウォーキングコース〜
  • 朝刊に載っている『桜だより』では、「散り始め」の文字が多くなりました。今日は気温が上がり、風もあったので各地で桜吹雪でしたね。小学校に咲く桜の下では、風が吹くたびにキャーキャー歓声が上がったことでしょう。可愛いですね!みどりが丘公園の隣にある勅使池のウォーキングコースは、この季節は桜の下を通る感覚です。名古屋周辺ではソメイヨシノは満開が過ぎ、すでに散り始めていますが、勅使池ではまだ開花前の種類の桜 [続きを読む]
  • シダレザクラまつり 〜東谷山フルーツパーク〜
  • 今日は少し肌寒く感じる一日でした。今夜から降る雨で、満開を迎えたさくらは散り始めてしまいますね。4月9日 日曜日  雨のち晴れ桜が見ごろの日曜日。前日から降り続いていた雨はお昼過ぎには止んで、雲の間から青空が覗きました。さくら、サクラ、少しの時間しかありませんでしたが桜を見に東谷山フルーツパークに出かけました。東谷山フルーツパークは、名古屋市守山区にある多目的農業公園で、市内最高峰東谷山(198m)の [続きを読む]
  • 山崎川のさくら 〜満開間近〜
  • 昨年と比べると、今年は少しづつお花のカレンダーが遅めですね。東海圏の桜の名所と言われる山崎川の染井吉野は、満開間近でした。日曜は雨が降るそうなので、お昼休みに山崎川の桜並木を歩いてきました。花の季節は忙しいです。2017年4月5日 水曜日 大安山崎川は、平和公園の猫ケ洞池から南西に流下して、名古屋港に注ぎます。その間の石川橋から新瑞橋までの両岸約2.8kmに、ソメイヨシノがおよそ600本植えられています。瑞穂運 [続きを読む]
  • 鳩吹山のカタクリ群生地 2017年 
  • 昨日は、名古屋、岐阜では20℃を越えて本格的な春の陽気でした。3月30日昼下がり、鳩吹山のカタクリ群生地は薄い紅紫色に染まり、カタクリはほぼ満開に咲いていました。カタクリは、ユリ科の花で早春に葉の間から10 cm程の花茎を伸ばし、先端に一つ下向きに咲かせます。美しい紅紫色の6弁花は、咲くとシクラメンのようにくるりんと反り返ります。か〜わいいよねぇ。一面に咲くカタクリに優しい光が当たり、とても綺麗でした。30日 [続きを読む]
  • 浜石岳② 〜霞んでいても、富士山〜
  • 富士山の眺めが最高と言われる浜石岳(707m)に、薩捶(さつた)峠から約3時間かかり登頂しました。朝の薩捶峠からは、霞んで薄っすら、ほとんど見えないくらいの富士山でしたが、浜石岳頂上からは朝よりは輪郭がわかる程度に見えました。3月19日 11時06分 浜石岳頂上霞か雲か ほのぼのと野山をそめるその花さかり桜よさくら 春の花(小学唱歌集 「霞か雲か」 ドイツ民謡  作詞 加部巌夫)思わず口ずさんでしまうほど。桜は [続きを読む]
  • 浜石岳 〜富士山が展望できる山〜
  • 浜石岳(はまいしだけ)は、静岡市清水区北東部に位置する標高707 mの山で富士山の南南西約32 kmです。山頂部に円礫(えんれき)【川原の玉石のような丸い石(浜石)】があるのが山名の由来です。山頂は『360度の大パノラマで雄大な富士の眺めはまさに東海随一。遥か遠くにはアルプスの山々、眼前には青々とした駿河湾、伊豆半島や三保半島が一望できる。』 お天気が良かった3月19日、久しぶりの山歩きは富士山を眺める山です。う [続きを読む]
  • 白華山 慈雲寺(はっかさん じうんじ)
  • 昨日、東京では桜の開花宣言がありました。一歩一歩春本番に近づいて行きますね。慈雲寺(じうんじ)は臨済宗妙心寺派、ご本尊は千手千眼観音。知多四国八十八ヵ所巡礼 第七十二番のお寺で、江戸時代の尾張名所図絵にも紹介されている名刹です。知多岡田の古い街並みを歩き、『太郎坊』の交差点に出ると『慈雲寺』があります。このお寺がある知多岡田は、江戸時代から昭和にかけて知多木綿の産地として栄え、郵便局や土蔵など当時 [続きを読む]
  • あんずの花
  • 春分の日。太陽が黄経0度の春分点を通過する日で、真東から昇り、真西に沈み、昼夜の時間がほぼ等しい日です。ぽかぽか暖かい休日、お布団を干すにはちょうど良いけど、花粉症大臣の様子からまだしばらくは見送った方が良さそうです。ブルーベリーを植えた畑では、杏子(あんず)の花が咲いています。四方八方よそ様のお宅に囲まれた場所なので杏子も受難の年がありましたが、数少なくなった枝に可愛いお花が咲きました。あんずは [続きを読む]
  • 京都御苑の梅園
  • 3月3日に用事で京都に出掛け、地下鉄出口すぐの京都御所に寄りました。京都御所は春と秋の決められた日のみの一般公開(特別公開)と、事前の予約が必要な一般公開のみでしたが、HPで確認したら昨年の7月26日から、申込手続不要の通年公開と宮内庁から発表されてました。中に入れたらいいなぁ、、、と少し期待しました。訪れてみると、入口や手続きがわからなくて御所の周りをうろうろしている観光客が何人かいていて、私もその一 [続きを読む]
  • 岡田の古い町並み 〜知多木綿で栄えた町〜
  • 三月になり、いよいよ春めいてきました。今日は二十四節気の『啓蟄』。土の中で冬ごもりしていた虫たちが這い出てくる日です。1週間ほど前、取り込んだ洗濯物に付いてきたのか、ウスバカゲロウが家の中をゆらゆら飛んでいました。そして天井にとまり三日間ほどじっとしていましたが、いつの間にか姿は消えていました。岡田は江戸時代から昭和30年代まで、知多木綿の産地として栄えた町です。佐布里池(そうりいけ)梅まつり会場の [続きを読む]