ハリー さん プロフィール

  •  
ハリーさん: KyotoToday
ハンドル名ハリー さん
ブログタイトルKyotoToday
ブログURLhttp://kyototoday.hatenadiary.jp/
サイト紹介文写真と動画で京都のいろいろをご紹介。世界と都市と比較しながら街のインターフェイスを追求。少々辛口。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供21回 / 365日(平均0.4回/週) - 参加 2016/01/25 23:48

ハリー さんのブログ記事

  • 【神社仏閣】紫陽花の三室戸寺(宇治市)
  • 6月といえば、紫陽花ということで、紫陽花で有名な三室戸寺です。紫陽花が本当に見事です。なんと10,000株を数えるそうです。ちなみにツツジは約20,000株(見頃は5月)だそうです。いわゆる、「西国三十三所」の第十番目「明星山」であります。 あと「ハス酒を楽しむ会」というのが7月に行われており、季語のごとく、京都新聞に掲載されていたりします。駅からはちょっと歩きます。地図はこちら。ウェブサイトもあります [続きを読む]
  • 【グルメ】Kozmoz New York Coffee-Fushimi
  • 伏見区にある、完全アメリカンスタイルのハンバーガー屋さんのKozmoz New York Coffee-Fushimiに行ってみました。完全、というのはお店をやっているのが(多分)アメリカの方、というだけではなく、ハンバーガーそのものも、ものすごく「アメリカン」な感じのお店です。私自身はニューヨークには行ったことはまだありませんけれど(アメリカそのものには何度も行ったことがあります。そういえば東海岸には行ったことがありませんね [続きを読む]
  • 【京都の駅】京阪・墨染駅
  • 特に鉄道好きというわけではありませんが(というか全く興味がない)、むしろ駅は好きな方です。こちらは、京阪電鉄の墨染駅。夕刻の撮影でしたので、少々暗い感じなのはご容赦ください。京都(出町柳)側の券売機です。「下町」というのとも、また違いますが、ここの通りは実は「京街道」、すなわち大阪と、はるか東のお江戸日本橋をつなぐ道でもあります。歩いて行く人は、今はあんまりいませんけれど。派手なところではあり [続きを読む]
  • 【史跡】大宅の一里塚跡
  • 京都に限りませんが、かつては日本中の主要幹線にあった一里塚は、ほとんどかつての威光を残しているところはありません。当然ですが、交通システムが徒歩であった時代とは全く違いますから、仕方ないとは言えますが、ちょっと寂しいとも言えます。さて、では京都市ではどれくらいこの一里塚が残っているかということですが、ある程度「史跡」として言えるような形で残っているところはほとんどなく、とりあえず、こちらの「大宅一 [続きを読む]
  • 【史跡】道標の行方
  • 京都には様々の道標があります。ちなみに一番古いのは、旧東海道・三条通りの白川橋の東側のたもとにあるものです(1678年のもの)。京都はさすがにそれなりに歴史がある町ですから、少し歩いただけでも様々な道標を見つけることができます。そしてこちらもその一つ。これは、「南 右 京大津みち」と書いてあるようです。別の角度から。こちらは「東 左り ふねのり場」と書いてあるようです。撮影場所は、伏見区の京街道沿いな [続きを読む]
  • 【神社】藤森神社
  • 藤森神社は、伏見区にあります。藤森神社菖蒲の節句発祥の神社としても有名で、かつ、勝運と馬の神様ということで、競馬関係者がお参りに来る、ということだそうです。上記のウェブサイトからはリンクが見つけられなかったのですが、Twitterもやっているそうです。twitter.comにほんブログ村 [続きを読む]
  • 葛飾北斎の「東海道五十三次」続報
  • 以前のエントリーで、こんな記事を書きました。kyototoday.hatenadiary.jpその後、さすがにこれはどうかと思った人が多いらしく、京都新聞などでもこの件に関連するニュースが流れてきました。「東海道五十三次は北斎作 京都市の観光案内が話題」(『京都新聞』2017年05月25日ウェブ版)この記事は、要するに上記の私のエントリーが指摘するように、「葛飾北斎が東海道五十三次の作品を作っていたなんておかしい」ということを記事 [続きを読む]
  • 京都一周トレイルF21-23
  • 行ったことありませんが、「京都一周トレイル」というのがあります。こっちが一応公式サイトのはずなのですが・・・ちとわかりにくい。kanko.city.kyoto.lg.jpこれ、ページの下の方に情報がありますので、ご注意。そもそも「京都一周トレイル」とは、というのを引用しますと;京都一周トレイルは,京都の東南,伏見桃山から,比叡山,大原,鞍馬を経て,高雄,嵐山,苔寺に至る全長約83.3キロのコースと,豊かな森林や清流,田園風 [続きを読む]
  • 【神社仏閣】大岩神社(京都市・伏見区)
  • 伏見区には、大岩神社というのがあります。ここ。周りには特に何もありません。同じ時間に撮影したものですが、光の感じで下のはだいぶ明るくなっています。こちらは鳥居。そういえば、中には入りませんでしたっけ。次には中にちゃんと入ってみたいと思います。こちらは、解説の駒札です。京都市が作ってますね。場所はこちら。この地図だけ見ると、なかなかどうして、山の中にありますね・・・にほんブログ村 [続きを読む]
  • 【神社仏閣】二十二社
  • 神社の格式を表すリストはいくつかありますが、11世紀くらいに選ばれたものに二十二社(にじゅうにしゃ)というのがあります。(こちらは八坂神社。季節はもちろん夏です。)元々は十六社だったようですが、これに徐々に改訂を重ねて、最終的に二十二社になったそうです。他にも神社の格式を表すもの(これを「社格」というようです)はいくつかありますが、これが一番わかりやすいので、とりあえずこれを紹介します。京都から近い [続きを読む]
  • 葛飾北斎の「東海道五十三次」?
  • 先日、京都市の立てた観光用の看板で、こんなものがありました。京都市の観光地には、(全てではありませんが)多くの場所で、京都市が設置した立て看板があります。写真のものは、山科駅の近くにある旧東海道(旧三条街道)を解説したものです。観光用ですので、ある程度コンパクトな説明になることは、まあ仕方ないといえましょう。それはいいのですが、ちょっと気になる記述がありました。葛飾北斎の「東海道五十三次」という記 [続きを読む]
  • 定食屋 soto
  • オーソドックスな定食屋さん、かと思いきや、モダンに進化したらこんな感じになるかな、というまとめ方でいいでしょうか。#japon #ディナー #京都 #교토 #Киото #Kioto #Kiotó #일본 #kyoto #japan #メシスタグラム #飯スタグラム #定食 #ここはおすすめ #followme #ifyouplease #soto #ミンチカツ #そんな気分の時もある #十六穀米地下にあるので最初ちょっと入りにくいですが、臆せず地下に入っていくと、お店があります [続きを読む]
  • 京都マラソン2017:市バス無料乗車券配布中
  • 京都市地下鉄に乗っていると、こんな広告を見つけました。これは「広告」と言っても、つり革の棒の部分に引っ掛けてあったもので、見てわかるように、取り外し可能、というよりも、持って帰ってもらうことを目的としているものです。そして、これは書いてある通り、「市バス無料乗車券」です。有効日は、2017年2月19日(日)のみ。この日は、京都マラソン2017があるので、(おそらく)その渋滞対策として、かつ、宣伝も兼ねての [続きを読む]
  • 餃子の王将:河原町三条店
  • 餃子の王将:河原町三条店です。営業時間。営業時間は、時々変わったりすることもあるので、要注意。全席禁煙なのは、大変嬉しい。東アジアで重要な英語・中国語・韓国語での表記があるというのがスタンダードですね。「ミルフィーユハムカツ」というのも、発想としてはすごいですねぇ・・---------------------------------------------------------餃子の王将:河原町三条店〒604-8005  京都市中京区恵比須町4 [続きを読む]
  • 秋の終わりの御所
  • 時間があれば、バスや地下鉄を使わずに、御所の中を通ることがよくあります。#kyoto #japan #京都 #御所 #imperialpalaceハイドパーク(ロンドン)やセントラルパーク(NYCと名古屋w)もいいですが、京都の御所も悪くありません。“スウィート・サマー・サン" ストーンズ・ライヴ・イン・ロンドン・ハイド・パーク 2013【DVD/日本語字幕付】出版社/メーカー: ワードレコーズ発売日: 2013/10/30メディア: DVDこの商品を含むブログを [続きを読む]
  • 【駅】地下鉄北山駅
  • 地下鉄北山駅の4番出口です。#japon #exit #kyoto #japan #kitayama #北山 #京都 #出口 #秋の午後 #天気が今ひとつなのが残念トリコガイド 京都 2016-2017[雑誌]出版社/メーカー: エイ出版社発売日: 2016/05/21メディア: Kindle版この商品を含むブログを見る [続きを読む]
  • 夕暮れの六地蔵
  • #japan #kyoto #evening #일본 #blue #thesununseemかすかに見えるのは、京阪の六地蔵駅です。ちなみに、「六地蔵」という駅は、JRと京都市地下鉄、そして京阪と三つあります。JRと地下鉄はある程度近い距離にありますが、直接はつながっていません。月もちょっとだけ見えますね。木枯し紋次郎(三)?六地蔵の影を斬る? (光文社文庫)作者: 笹沢左保出版社/メーカー: 光文社発売日: 1997/03/20メディア: Kindle版この商品を含 [続きを読む]
  • 京都で東南アジア系のレストランを巡ろうという話
  • 京都(市/府)と東南アジア諸国とは、特に密接な関係があるわけではないと思いますが、それでも幾つかの、個性的なレストランがあります。それを月一回くらいのペースであちらこちら回ってみようではないか、というのが趣旨です。とりあえず、第一回として、七条大橋西詰の「キンカーオ」(タイ・ラオス料理)に行ってきました。第二回、三回と続けてできたらいいかなぁと思っています。 [続きを読む]
  • 京都について本の読書会を京都で行うという話
  • なんだかんだ言って、たとえこういう本が新書大賞に選ばれても(というか、選ばれるがゆえに);京都ぎらい (朝日新書)作者: 井上章一出版社/メーカー: 朝日新聞出版発売日: 2015/09/11メディア: 新書この商品を含むブログ (21件) を見るみなさん「京都」が大好きなわけです。歴史系も、最近だと;京都の歴史を歩く (岩波新書)作者: 小林丈広,高木博志,三枝暁子出版社/メーカー: 岩波書店発売日: 2016/01/21メディア: 新書こ [続きを読む]
  • 語学はできるようになったけど・・・
  • ふと京都市営地下鉄の券売機を見ると、おお、さすが「世界一」(Travel and Leisure誌の評価)の、と言っていいのかもしれません、ようやく多言語対応できるようになりました。これで、東アジア観光に必要な日本語・英語・中国語・韓国語が出揃ったことになります。しかし、その裏側にはちょっとだけ残念な話も・・・見ての通り、2000円紙幣は使えないようです。私も、個人として2000円札を受け取ったのは、もう10年以上前。コ [続きを読む]
  • 春休みの大学
  • 先日、所用があって久しぶりに同志社大学の寒梅館に行ってきました。大学は、今は春休み。就職活動や日常的な勉強をしている学生がちらほらといましたが、全体的には静かなもので、これが1か月後には、若い学生で大賑わいになるのだとはとても思えないような雰囲気です。静かなキャンパス、またそれもよし。写真は、室町キャンパスにある寒梅館の中庭で撮影。にほんブログ村 [続きを読む]
  • 焼き鳥のお店
  • ごちゃごちゃしている電線はあまり好きではありませんが、街の風景として、そこはなとかくごちゃっとしている雰囲気は嫌いではありません。ここもそんな感じ。ちなみに結構夜中までやってるお店です。 [続きを読む]