misato さん プロフィール

  •  
misatoさん: ウコンサプリメントの選び方
ハンドル名misato さん
ブログタイトルウコンサプリメントの選び方
ブログURLhttp://dxxw2.xyz/
サイト紹介文ウコンサプリメントの選び方について、紹介しています。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供120回 / 365日(平均2.3回/週) - 参加 2016/01/27 13:52

misato さんのブログ記事

  • お酒を飲むと寒くなるのは危険 解決方法とは?
  • 一般的に、血行を促進して体を温めると言われているお酒。でも、逆に寒くなる人もいます。お酒が体を温めるというのは、ウソなのか?それとも、寒くなるのは体からの黄色信号なのか?実は、お酒を飲んで体が寒くなるのには、こんな危険が潜んでいるかもしれないのです。お酒は血行を良くして体を温める?お酒は百薬の長とも言われるのは誰もが知っているところ。だからといって、飲み過ぎたら体を壊す毒になることくらいわかります [続きを読む]
  • 質の良い睡眠がアルツハイマー型認知症を予防する
  • アルツハイマー型認知症で悩んでいる人は毎年、世界中で増加しています。しかし、これといった治療方法も特効薬も見つかっていないのが現状。これだけ医学が発達しても、解決できないことってあるんですよね。でも、現実に私達の目の前には、自分自身や身内に迫ってくるアルツハイマー型認知症という問題から目をそらすことはできないので、何か手を打ちたいところ。100%の解決にはつながらないけど、今日からできて、お金もか [続きを読む]
  • アルギニン 成長ホルモン分泌を促す
  • 「アルギニンを子供の成長のために補給したほうが良いと聞いたことがありますが、サプリメントを飲んだほうがいいのですか?」基本的には、毎日の食事がきちんと摂れているのであれば、アルギニンの欠乏は大きな問題とはなりません。成長ホルモンの分泌を促進するアルギニンですが、子供の体のなかでは、充分な量のアルギニンを作ることができません。それでも、肉類、魚類、米、野菜をしっかり食べる生活ができているのであれば、 [続きを読む]
  • お酒を飲んでも頭痛がおきないようにする方法
  • 適度な飲酒はストレス解消や疲労回復、食欲増進によいとされていますが、お酒を飲みすぎると二日酔いになり頭が痛くなる人は多いです。また、お酒に弱い人は、たくさん飲んでいないにもかかわらず、すぐに頭痛を起こす場合もあります。お酒は飲み方を少し気をつけるだけで頭痛を防ぐことができます。今回はお酒に弱い人でも頭痛になりにくいお酒の飲み方についてご紹介します。お酒を飲むと頭痛が起きる原因お酒を飲むと頭痛が起き [続きを読む]
  • お酒を飲んでも下痢にならない方法
  • お酒に弱い人は、お酒を少量でも飲むと顔が赤くなり、動悸が激しくなり、頭痛・吐き気を催したり、すぐに眠くなったりします。そして、特に辛いのが下痢です。楽しいはずの懇親会も、皆が談笑しているのを傍目に、お腹が何やら怪しい様子。ゴロゴロと鳴りはじめ、腹痛に襲われ、トイレに駆け込んでしまうことがあります。お酒を飲むと下痢が起きるのは、生まれ持っての体質であり、改善できないものなのでしょうか?お酒を飲むと下 [続きを読む]
  • お酒に弱い女性は老後に骨折しやすくなる
  • お酒に弱いと嫌なことばかりであることがまた一つ明らかになったようで、お酒に弱い管理人はちょっと憂鬱。でも、最近は生活習慣や、秘薬のおかげで少しずつ強くなってきているのでいいのですが。ということで、どんなことが明らかになったか?慶応大の研究チームがこんな発表をしていました。「お酒に弱い女性は年をとると骨が折れやすくなる」お酒に弱いと、飲み会で顔が真っ赤になって恥ずかしいわ、気分が悪くなるし、頭痛も起 [続きを読む]
  • α(アルファ)リポ酸は若返りのサプリメント?
  • αリポ酸はいわゆる若返りのサプリとしても注目されています。肥満解消として期待されている面もありますが、若干それは期待はずれに終わることが多いようです。しかし、抗酸化力の強いαリポ酸は、体を錆びつかせて、老化の原因になる活性酸素の働きを抑える働きがあることが確認されています。しかも、αリポ酸の抗酸化力は、ビタミンCやビタミンEよりも強いと言われています。シミやシワなど老化現象も活性酸素が原因となってい [続きを読む]
  • サプリメントを買う前の5つのチェックポイント!
  • 国の医療費増加の問題から、未病(病気になる前)対策の重要性が説かれています。そのときに注目されるのがサプリメント。しかし、サプリメント販売店も売らんがための悪質な商売をしていることがたまにあるわけです。消費者庁などが指導をしても、全ての業者やメーカーを律することはできません。有効な成分も多く、体によいサプリメントがある一方で、薬理作用のほとんどない成分や、効果があっても含有量が極端に少なく体に影響 [続きを読む]
  • 酵素ドリンクで二日酔いを改善しよう
  • 年末年始や誕生日や歓送迎会などなにかとイベントがある度に現れるのがお酒です。とくに気の合う仲間とのお酒はとても楽しく、会話も弾めば飲む量も必然的に増えていきます。そんな楽しいお酒のあとにやってくるのが二日酔いです。頭がガンガンしたり吐き気や嘔吐、だるさや胸焼けなど症状は人によって様々です。二日酔いになる原因としては、体内に取り込まれたアルコールがうまく分解されずそのまま残ったときに起こりやすくなり [続きを読む]
  • お酒を飲むとすぐ眠くなる人 | お酒による眠気を防ぐ方法
  • 楽しいはずの飲み会も、お酒に弱い人にとっては、苦痛でしかない場合も多いです。ちょっと飲んだだけなのに、すぐに眠気がやってきてしまう。頭がボーっとして、会話についていけなくなる。ウトウトして眠ってしまう。翌日、みんなが飲み会の話を楽しそうにしている。会話の内容といえば、昨日わたしが眠ってしまったあと、みんなは楽しく酔いはじめ、盛り上がりがピークを迎えていたそのときのこと。私には分からない・・・(泣)よ [続きを読む]
  • 命にかかわる劇症肝炎
  • 肝心要の肝臓は物言わぬ忍耐強い臓器。そんな肝臓に負担をかけ続けていくとある日突然後悔するほどの苦しみを味わうことになりかねません。自覚症状がなくても、自身の生活習慣を省みて日頃から健康生活に意識を向けましょう。急性・慢性・劇症。症状の進行と経過によって3つに分けられる肝炎の症状は、急性、慢性、劇症がありその進行や経過によって3つに大別されます。急性肝炎は多くは初めて肝炎ウイルスに感染した時や、薬剤の [続きを読む]
  • 命にかかわる劇症肝炎
  • 肝心要の肝臓は物言わぬ忍耐強い臓器。そんな肝臓に負担をかけ続けていくとある日突然後悔するほどの苦しみを味わうことになりかねません。自覚症状がなくても、自身の生活習慣を省みて日頃から健康生活に意識を向けましょう。急性・慢性・劇症。症状の進行と経過によって3つに分けられる肝炎の症状は、急性、慢性、劇症がありその進行や経過によって3つに大別されます。急性肝炎は多くは初めて肝炎ウイルスに感染した時や、薬剤の [続きを読む]
  • 充分な睡眠で肝臓がよみがえる
  • 疲れた肝臓を回復させるためには、栄養、サプリメント、そして睡眠です。睡眠中に分泌される成長ホルモンが、傷ついた細胞を修復し、起床中には休むこと無く働きつづける肝臓を休ませることができます。質の高い睡眠を摂れるように心がけましょう。肝臓の疲労回復には、十分な睡眠が必要身体や脳を休めるために睡眠はとても重要です。人間の三大欲求の中に「睡眠欲」が含まれていることからもわかるように、体調を維持するために睡 [続きを読む]
  • ストレスは気づかないうちに近づいている
  • ストレスはそれが原因となっていろいろな病気を誘発します。心の病気もそうですし、もちろん体の病気もストレスが原因となっています。知らず知らずのうちに忍び寄るストレスはどこからやってきて、どのような具体的な影響を私達の体に与えるのでしょうか?ストレスの原因は多種多様ストレスの原因となるストレッサーには、外部環境や社会的環境などの外的要因と、心理的ストレッサーや疲労・不眠などの生理的ストレッサーである内 [続きを読む]
  • ストレスは気づかないうちに近づいている
  • ストレスの原因は多種多様ストレスの原因となるストレッサーには、外部環境や社会的環境などの外的要因と、心理的ストレッサーや疲労・不眠などの生理的ストレッサーである内的要因があります。つまり私たちは普段、社会や人との交流だけでなく、暑さや寒さなどの生活環境からもストレスを受けているのです。何をストレスと感じるかは価値観や物の捉え方によって違いますが、常にストレスとは切っても切れない生活を送っていること [続きを読む]
  • 酔っているのに、酔っていなように見られて困る 弱いのに顔に出ない人
  • 「全然酔っていないね、ほら、もっと飲んで」って言われることってありませんか?一般的にお酒に弱い人って、すぐに顔が赤くなって、見るからに「酔っている」ことがわかりますよね。でも、全然強くないのに、お酒を飲んでも顔に出ない人も結構いるのです。すぐに、赤くなる人はそれなりの悩みを持っていますが、逆に酔っているのに赤くならない人も結構つらいんですよね。赤くなる人と赤くならない人の違いとは?弱いのに、顔に出 [続きを読む]
  • 酔っているのに、酔っていなように見られて困る 弱いのに顔に出ない人
  • 「全然酔っていないね、ほら、もっと飲んで」って言われることってありませんか?一般的にお酒に弱い人って、すぐに顔が赤くなって、見るからに「酔っている」ことがわかりますよね。でも、全然強くないのに、お酒を飲んでも顔に出ない人も結構いるのです。すぐに、赤くなる人はそれなりの悩みを持っていますが、逆に酔っているのに赤くならない人も結構つらいんですよね。赤くなる人と赤くならない人の違いとは?弱いのに、顔に出 [続きを読む]
  • ストレスを上手にほぐすことが健康の秘訣
  • 心身の癒しには休息が不可欠ストレスを溜めると身体によくありませんので、ストレスを感じた時に解消していくことが大切です。そのためには原因となるストレスを消すことが一番の解消法ですが、環境を変えることはそう簡単ではありません。ですので、少しでもストレスを和らげるために質のいい睡眠が一番です。睡眠をしっかりとることで、頭のなかの整理整頓が行われて、悩んでいたことがすーっと解決することもありますし、成長ホ [続きを読む]
  • ストレスを上手にほぐすことが健康の秘訣
  • 心身の癒しには休息が不可欠ストレスを溜めると身体によくありませんので、ストレスを感じた時に解消していくことが大切です。そのためには原因となるストレスを消すことが一番の解消法ですが、環境を変えることはそう簡単ではありません。ですので、少しでもストレスを和らげるために質のいい睡眠が一番です。睡眠をしっかりとることで、頭のなかの整理整頓が行われて、悩んでいたことがすーっと解決することもありますし、成長ホ [続きを読む]
  • B型肝炎を放っておくと後悔する理由
  • 母子感染より慢性肝炎・肝硬変・肝臓がんに進むB型肝炎には持続感染(乳幼児期感染)と一過性感染(成人期感染)があります。 持続感染の場合、思春期以降に軽度な肝炎を発症し、多くは症状がでないまま成長します。しかし、そのほとんどはウイルスを鎮める免疫機能が働き何事もなく過ごす事ができます。また、肝炎悪化後にウイルスが突然変異し感染力が急激に低下して自然治癒することもあります。 しかし、慢性化は10%に起こ [続きを読む]
  • タバコが肝機能へ与える有害さは想像以上
  • タバコが肝臓に与える影響はお酒より大百害あって一利なしというように、喫煙により肺がんや喉頭がんのリスクが大きくなるだけじゃなく、肝臓にも大きく負担がかかります。喫煙により肝臓への負担がかかる大きな原因として、血液の流れが悪くなることがあげられます。タバコに含まれるニコチン成分の働きにより、副腎皮質から分泌するアドレナリンの量が増加し、強いストレスを受けた時と同じ状態にしてしまいます。これにより活性 [続きを読む]
  • 過労や風邪に注意する
  • お酒だけが肝臓を悪くする原因ではありません。結局お酒が肝臓に悪いのは、毒性があり肝臓に負担をかけるから他ならないのです。つまり、肝臓に負担を強いる生活習慣であれば、それは全て肝臓に悪い影響を与えるということなんです。無理した生活は肝臓に悪影響肝臓の疲労は、私たちの生活習慣の様々な要因によって起こります。例えば、お酒の飲みすぎ、寝不足、ストレスなどです。これらの生活習慣の要因にプラスして、体力的な過 [続きを読む]
  • ウイルス性肝炎は主に3種類
  • 肝炎といったら、敏感に反応をする人が多い日本人には馴染みの深い肝臓の病気です。実際どれくらいの種類があるのでしょうか?5種類のウイルスが肝炎を起こす肝炎を起こすウイルスにはA型、B型、C型、D型、E型の5種類があります。日本人の肝臓病で最も多いのはウイルス性肝炎でが、これらは感染の経路により大きくは2種類に分けられます。一つは食べ物や飲み物や水の経路からウイルスが経口感染するもので、A型、E型がこれにあたり [続きを読む]
  • ウイルス性肝炎は主に3種類
  • 肝炎といったら、敏感に反応をする人が多い日本人には馴染みの深い肝臓の病気です。実際どれくらいの種類があるのでしょうか?5種類のウイルスが肝炎を起こす肝炎を起こすウイルスにはA型、B型、C型、D型、E型の5種類があります。日本人の肝臓病で最も多いのはウイルス性肝炎でが、これらは感染の経路により大きくは2種類に分けられます。一つは食べ物や飲み物や水の経路からウイルスが経口感染するもので、A型、E型がこれにあたり [続きを読む]
  • 正しい入浴方法で肝臓を元気にする
  • 健康的なお湯の温度とは入浴は心身をリラックスさせ、温熱作用により疲労物質の除去を促すなどの健康効果があります。しかし肝機能が低下している時は一概にいいことばかりではありません。入浴方法にも気を配り肝臓の健康を保ちましょう。熱すぎるお湯は体に毒?正しい入浴方法によって、健康的な毎日を送れるようになるのですが、そのためには、まずお湯の温度には気を付けるべきです。一般にお湯の温度は42度以下が適温だとされ [続きを読む]