長嶺塗装 さん プロフィール

  •  
長嶺塗装さん: 長嶺塗装
ハンドル名長嶺塗装 さん
ブログタイトル長嶺塗装
ブログURLhttp://blog.goo.ne.jp/nao608kind
サイト紹介文ブログ始めました。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供78回 / 365日(平均1.5回/週) - 参加 2016/01/26 15:09

長嶺塗装 さんのブログ記事

  • 冷めやすい塗料?ってどういう事でしょうか!
  •  沖縄で生まれ育っても、近年の暑さはなれないですね。>< 今回は遮熱塗料のご紹介をしたいと思います、以前にも、ブログ内で遮熱と断熱の違いをご説明しましたが改めて簡単に図でご紹介します。 メーカー様より引用(日本中央研究所株式会社)断熱塗料と遮熱塗料熱を溜めこむ断熱塗料太陽光からの熱源を塗膜に溜め込む、いわゆる断熱材の発想です。この理論ですと徐々に塗膜の温度が上昇し、また、冷めにくく、夜間に放熱を [続きを読む]
  • 第三者検査と安心ダブル保証
  • リフォーム瑕疵(かし)保険とは?JIOリフォーム瑕疵(かし)保険とは 「瑕疵(かし)」、聞きなれない言葉だとは思いますが欠点や欠陥を指す言葉です。外壁リフォーム、外壁塗装や屋上防水などで「契約と異なる工事をされた」、「工事完了後、雨漏りがする」が瑕疵(かし)にあたります。  この瑕疵を保証してくれるのがリフォーム瑕疵(かし)保険です。国土交通大臣指定の住宅瑕疵担保責任保険法人より派遣された建築士が工事中や工事完 [続きを読む]
  • 外壁塗装の豆知識汚れが目立たない色を選択したい
  • 外壁塗装の豆知識!汚れが目立たない色を選択したい外壁塗装をする理由は様々で、劣化した外壁を補修する目的もありますが、やはり見た目を綺麗にするというのも大きな理由のひとつです。 見た目を美しくするというのが目的であれば、塗装した後についてしまった汚れが目立つようでは意味がありません。 今は多くの種類の塗料があり、汚れが付着しづらいものや、雨が汚れを流してくれるものもありますが、もちろん完璧に汚れを防ぐ [続きを読む]
  • 沖縄もそろそろ梅雨入り、早めの対策を・・・
  • 沖縄の雨漏りの修理は私共にご相談ください!一般的に雨漏りは一度の工事で確実に直す場合、外壁、屋上、防水等の外部全体を施工し直さなければなりません。しかし、建物の用途、規模、コスト、時期によって実施するタイミングには違いがあります。 意外にも簡単に原因の特定と簡単な処置によって止まるケースもあれば、要因部分の補修措置と散水を繰り返して発見できる場合もあれば、検証の際に新しい漏水要因が発見されるといっ [続きを読む]
  • エポキシ樹脂注入
  • 久し振りの更新です。忙しくて中々、更新が出来ませんでした…(;´Д`)今回は沖縄県の那覇市にあるとまりんでエポキシ樹脂注入の試験をやってきました。面白いほど入りましたね〜0.45?に約2?本工事になると、どれほど入るのか…恐ろしいです…素人の画像編集なのでお粗末ですが見てやってください。エポキシ樹脂注入 [続きを読む]
  • タイル壁面のメンテナンスは必要!
  • タイル壁面のメンテナンスは必要でしょうか?とよく質問されますが、当然必要です。 タイルは基本的に壁面(下地面)に圧着(接着剤)貼りをし、その上より目地セメントを埋めることで壁面に接着しています。 塗装壁面の外壁と同様にやはり経年による劣化が起きています。タイルの劣化よりも先に、目地材(タイルとタイルの間のセメント)が劣化します。では劣化するとどのような症状が出てくるのでしょうか。まず表面の目地材に起 [続きを読む]
  • 外壁塗装を考える?
  • 建物の寿命と人間の寿命はどちらが長いのでしょうか?もちろん、人間の平均寿命が80歳を超えていますので建物よりは人間が長生きする時代です。一般的に、建物でしたら木造住宅だと30年から40年、鉄骨や鉄筋コンクリート住宅で50年から60年というのが目安になります。しかし、定期的にメンテナンスを行うか、行わないかでまったく違います。最近は、塗料も開発が進み長期的な塗膜を維持する物も出てきており、今後は建物の平均寿命 [続きを読む]
  • 木部塗装の仕上げ方法
  • 木部塗装の仕上げ方法木部を塗装するのにも様々な塗装方法があります。木は、生き物である為、絶えず呼吸をしながら、収縮を繰り返して動いています。この収縮に塗料が対応するのは非常に困難なことです。しかし、塗装をしないと雨水、紫外線などにより木はすぐに腐ってしまいます。よって、定期的な塗替えが必要とされます。主な仕上げの違いを以下にご紹介いたします。塗りつぶし仕上げ一般的に、巾木、羽目板、天板などの塗装仕 [続きを読む]
  • 塗装の豆知識! 塗料の乾燥・・・・
  • 塗料の乾燥一口に乾燥といっても、様々な種類があり、乾燥の遅速や程度などは素地の状態、使用時の環境とも密接な関係があります。塗料は乾燥して初めてその機能を果たす事ができます。  また、注意していただきたいのが、塗料が乾燥する前だと3回塗りだろうと5回塗りだろうと「まったく意味がありません」水性塗料でしたら、水分が蒸発することにより、ペンキの成分である樹脂(プラスチックと考えてください)と顔料(色を付 [続きを読む]
  • 塗装の豆知識! ダメ込み?
  • ダメ込みとは、外壁などを塗装をする時に、細かいところを刷毛で塗ることを指す塗装の専門用語です。ダメ込みをする部分以外の広いところは主に9インチローラーで塗ります。(沖縄では9インチローラーですが、各都道府県により6インチを多用するところもあるそうです。)「ダメ込み」の意味はとしては・・・・・正直わからないです。(笑)一応、所説ありますが私としては「ダメ出し」という意味なのかな〜と思われます。塗 [続きを読む]
  • 塗装の豆知識!  ケレンって?
  • ケレン作業ケレンというのは、塗装する面についているサビや汚れ、そして古い塗膜を落とす作業のことをいいます。ケレンにも種類があります。◆1種ケレン◆ 一般住宅では行われないケレンの種類になります。旧塗膜やサビを科学的な薬剤を使って徹底的に落とした状態にすることです。(サンドブラストや剥離剤を使用する)鉄部がむきだしになる状態まで持っていきます。◆2種ケレン◆ サビや腐食がひどい場合に行われるケレン [続きを読む]
  • 自然派塗材! アレスシックイ琉球
  • 安心の自然派塗材 アレスシックイ琉球とは?アレスシックイは、自然素材として古くから用いられてきた漆喰本来の良さを見直し、風合いを損なうことなく優れた 機能を最大限に引き出した安心・安全の自然派塗材です。一般の住宅はもちろんのこと、学校、病院、ホテルなど、目的に応じた幅広いニーズにお応えできます。漆喰は日本の伝統素材として古くから多くの建築物に用いられてきた塗壁材です。自然素材の独特の風合いと質感に加 [続きを読む]
  • 足場設置の防犯対策!
  •  写真の現場は、近くに小学校などがあり、また、会社の事務所が多く入るビルでしたので足場の階段は取り付けせず工事を行いました。長嶺塗装の取り組む防犯対策としてアパートなどでしたら、足場を組む前に事前に入居者様に告知文をお配りして、窓の施錠をしっかりするようお願いしたりなど色々ございますが今回は人感センサー照明付き防犯カメラのご紹介です。防犯対策足場等からの第三者侵入防止策といたしまして、人感防犯対策 [続きを読む]
  • アパート大爆裂補修現場です!
  • 爆裂とは、専門用語になりますが、ご説明すると建物が古くなってくるとコンクリートの壁面にも亀裂が発生していきます。発生した亀裂には水や空気が侵入しやすくなり、その為、内部の鉄筋が次第に発錆きます。発錆とは化学的に酸素と結合する現象ですので、鉄筋は酸素を取り込んだ分、質量が増加し体積を膨張させます。この鉄筋の体積増加によってコンクリートは内部から破裂します。この現象を爆裂と呼び、破裂した部分を鉄筋爆裂 [続きを読む]