HELLO WORLD! さん プロフィール

  •  
HELLO WORLD!さん: HELLO WORLD!
ハンドル名HELLO WORLD! さん
ブログタイトルHELLO WORLD!
ブログURLhttp://worldtraveling.hatenablog.com/
サイト紹介文旅行記
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供50回 / 365日(平均1.0回/週) - 参加 2016/01/28 00:41

HELLO WORLD! さんのブログ記事

  • 【移動情報】デリーからアグラへ。タージマハルへの行き方
  • インドに行ったら、絶対見に行きたいのがタージ・マハル。日本からは一般的に、デリーへ航路で入国し、そこから電車でタージ・マハルのあるアグラ移動するのが時間的にもベストな行き方。この記事では意外に難しい、デリ??アグラの切符の買い方を解説します。切符の買い方インドの鉄道の予約は、当日、もしくは1、2日前に買うので十分です。大きな駅に行けば、買い方さえ知っていれば簡単に、そして安く買えます。しかし、私 [続きを読む]
  • ハリーポッターのロケ地に行ってみた!<ロンドン編>
  • ロンドンに住み始めて、巡ったハリーポッターのロケ地は一挙に紹介します。ロケ地でなくても、ハリーポッターに出てきそうな建物も一緒に紹介したいと思います。キングズ・クロス駅この建物はハリーポッターの映画の中でキングズ・クロス駅として紹介されていますが、実はこの駅はSt. Pancras駅で、キングズ・クロス駅のすぐ隣に位置する駅なのです。この駅はロンドンとパリを結ぶユーロスターの発着駅でもあります。9と3/4番線 [続きを読む]
  • いざ、国連へ!国連本部ツアーに参加する方法
  • 国連ツアーに参加する方法国連本部はニューヨークの中心部、マンハッタン島にあり、ニューヨーク屈指の観光スポット。誰でも中を見学することはできますが、ツアーに参加することが必須。ツアーは1時間ほどで、お土産屋さんも中にありいろいろと楽しめます。私の経験から言って、少し手続きが面倒くさかったのので簡単に説明します。1. オンラインで事前予約当日、その場でツアーを参加することもできるそうですが、空き [続きを読む]
  • ワシントンDCのオススメ観光スポット10選!
  • ワシントンDCに5泊もし、観光スポットをくまなく回ったので、行ってみて感じた、オススメ観光地トップ10を紹介します。10. 硫黄島メモリアル有名な写真である「硫黄島の星条旗」の銅像がワシントンDC郊外にはあります。写真では見たことあったのですが、想像以上に大きく迫力がありました。必須の観光スポットではありませんが、時間があれば是非訪れてみてください。9. ワシントンDCの地下鉄DCの地下鉄は新しく、薄暗い照 [続きを読む]
  • 【裏技】海外ホテルがいつでも16%オフ!知られざる旅の節約術。
  • ここ40カ国以上も旅する中で友人や知人から海外旅行の方法について聞かれることが多くなりました。今回は、備忘録がてら、私が海外での宿の予約で使っているテクニック・節約術を紹介します。知っていれば誰でも行えるので是非、少しでも財布への負担を減らすためにも実践してみてください。その1 Booking.com を利用する予約サイトは Expedia, Agoda, DeNAトラベルなどいろいろありますが、その中で一番ロイヤリティープログ [続きを読む]
  • 世界一厳しいセキュリティーチェック!イスラエルの超難関警備。
  • 最近、航空機にパソコンを持ち込み禁止など、セキュリティが厳しくなっていますが、その最高峰がイスラエルのセキュリティです。私の経験上、もっとも厳しかったので、その常識はずれの厳しさを紹介したいと思います。第一関門 危険人物度の判断日本ならば、すぐチェックインカウンターに行ってチェックインをするのですが、イスラエルでは、その手間に空港職員による審査のデスクががあります。ここでは、イスラエルで何をやっ [続きを読む]
  • イエスのお墓参り!?エルサレムの聖墳墓教会を訪れた話
  • 聖墳墓教会とは?簡単に言うと、イエス・キリストが埋葬されて、3日後に復活したと言われる場所で、現在のエルサレムの旧市街にあります。また、教会はイエスが十字架に架けられたゴルゴタの丘に建てられており、彼のお墓であるだけでなく、死んだ場所でもあります。悲しみの道いきなり教会に行く前に、まずはイエスが十字架を担いで歩いた道と言われるVia Dolorosa(悲しみの道)を歩いて向かいました。私はキリスト教徒でもな [続きを読む]
  • 【エルサレム×スナップ 】絶対行きたくなるエルサレムの写真
  • 見どころ満載のエルサレムをどのようにブログに書こうか迷ったので、スナップ形式で紹介します! 嘆きの壁 エルサレム旧市街 岩のドーム 新市街嘆きの壁エルサレムと言えば、これ!ユダヤ教の聖地である嘆きの壁です。この壁は昔、2000年前に、ここにあったユダヤ教神殿の西側の壁の残骸です。そのために英語では、嘆きの壁を意味する「Wailing Wall」よりも、西の壁を意味する「Western Wall」という表記が看板や [続きを読む]
  • イランに行くな!歴史も文化も人情もない国だから DON'T GO TO IRAN
  • DON'T GO TO IRAN。直訳すると:「イランに行くな」その理由は:ただの砂漠だから、建築は極普通だから、美食がないから、西洋人が嫌いだから、歴史がないから、しかし、実はこの動画、めちゃくちゃイランに行きたくなるような素晴らしい動画なので、つい紹介してしまいました。イランに行った身からすると、この動画に出てくる、人の温かさ、雄大な自然、素晴らしい歴史的な建築物は、イランの魅力そのものですね。特に、イラン [続きを読む]
  • 【イラン】悪の枢軸?良い人ばかり!テヘラン市内観光
  • テヘラン観光朝の9時にテヘランに到着し、入国審査をくぐり抜けられたので、さっそく観光!とりあえず、賑わいのあるメイン・バザールへ。しかし、イランの正月であるノウルーズということもあり、迷路のようなバザールはお休み。その隣や周囲の施設が営業している感じで少し残念でした。美味しいそうなイラン風ピザ屋台があったので、お昼タイム。イランに来ると慣れますが、お店に入るたびに、「Where are you from?」と聞か [続きを読む]
  • イラン人家庭で過ごしたイランのお正月!ノウルーズ!
  • イランのお正月イランの正月は「ノウルーズ」と呼ばれ、西暦では毎年3月の中旬にあります。私は、このイランの正月のことを何も知らずに、航空券を購入したら、まさかの正月期間であることが判明しました。空港に着くと、こんな感じに、正月のお供えものがされています。お供え物は「ハフト・シーン」直訳すると7つのSと呼ばれ、Sabzeh 小麦 生誕の象徴Samanu 小麦からつくられた甘いデザート 富の象徴Senjed 野生のオリー [続きを読む]
  • 【解説】テルアビブ〜エルサレムの行き方
  • テルアビブからエルサレムへの行き方はバスと鉄道の2つ! 1 バス 16〜18シェケル(約500円前後)50分 2 鉄道 21.5シェケル(約650円前後)80分1 バス 16〜18シェケル(約500円前後)50分テル・アビブのバスターミナルはTel Aviv Central Bus Station もしくは Tel Aviv 2000 Terminalの2つです。上の写真はTel Aviv Central Bus Stationの様子。6階建のビルになっており、1〜5階は [続きを読む]
  • 【必読】インドに行く前に読むべき本、3選!
  • 「人生観が変わる」とよく言われる国、インド。そんなインドに行ってみたいけど、ちょっと不安、という人も多いと思います。そんな「インドに行きたいど、ちょっと不安」という人向けに、インドをバックパックした経験から厳選した、インドに行く前に読むべき本を3冊紹介します。インドなんて二度と行くか!ボケ!! [さくら剛]私の経験からしても、インドはこの本に書いてある感じで、これからバックバッカーでインドに行こう [続きを読む]
  • イスラエルに行く前に読むべき本、3選!
  • イスラエルは日本人にとって、謎につつまれた未知の国。聖地エルサレム、異常な浮力がはたらく死海、パレスチナの広大なネゲブ砂漠など魅力あふれる国ですが、知識や情報不足は最悪、命の危険に至る可能性も否めません。そんなイスラエルに行く前に読むべき本を3冊厳選します!1 パレスチナ問題を理解するためにイスラエルに行くのに、パレスチナ問題を無視することなんて決してできません。けど、パレスチナ問題の歴史は長くて [続きを読む]