peqmontreal さん プロフィール

  •  
peqmontrealさん: PEQ MONTREAL モントリオールでカナダ移住?
ハンドル名peqmontreal さん
ブログタイトルPEQ MONTREAL モントリオールでカナダ移住?
ブログURLhttps://peqmontreal.wordpress.com/
サイト紹介文フランス語B2と州認定校の卒業により、永住権が狙える。PEQ。モントリオールでライフハック進行中。
自由文(***注:PEQは2016年10月以降、ケベック政府にケベックセレクション認定を受ける段階でインタビューの順番待ちが生じているため、残念ながら永住権取得の手段として最速ではなくなりました、が、今でもフランス語のレベルさえ確保できればかなり好条件で永住権が取得できる方法となっています。詳しくはブログ記事をお読みください。)
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供42回 / 365日(平均0.8回/週) - 参加 2016/01/28 00:48

peqmontreal さんのブログ記事

  • FAQ集 ここまでできた!
  • ビデオは、2016年4月15日に、セントローレンス川沿いのリバーサイドパークを歩いていて偶然にも目撃した火事。川を眺めながらくつろいでいたら、急に「ボッ」っという音がして、枯草から火が立ち上がった。あっという間に周囲50mくらいの範囲に広がった。初めてのできごとで驚いた。数分後に消防車が来て、消火活動をしていた。********************************************カナダ情報&モントリオール情報、フランス語情報など [続きを読む]
  • 寄稿:CGさんから、PEQについて今思うことを聞く
  • 写真は、メトロのMont Royal駅前にできている、Sugar Shackで体験できる、メイプルシロップの飴づくりの光景。雪の上に、熱を加えたメープルシロップを細長く敷いて、固まりかけてきたところを棒にくっつけて巻き付けて食べる。この時期の風物詩だ。********************************************カナダ情報&モントリオール情報、フランス語情報など、週に一回程度投稿しています。ブログオーナーのやる気を支える での応援 [続きを読む]
  • 職業訓練ついに終わる!PEQここまでのまとめ
  • 写真は、先日Wellington通りで行われたCabane à sucre のイベントの一風景。この風情あるおっちゃんが、子供たちに昔話を語り聞かせてくれていた。私がいた時には、メイプルシロップを父子で作るお話をしていた様だが、全部フランス語なので、部分的にしかわからなかった。(泣)でも、おっちゃんはきょとんとしている私に気づいたようで、なんか急にフ [続きを読む]
  • バトル復活さらに炎上!Linuxの巻
  • 写真は、ごく最近登場した、おなじみの教会の風景。この大好きな場所ともあと2週間でお別れとなった…それにしても、青空って本当に人の心を穏やかにしてくれるよね。 *************************************************カナダ情報&モントリオール情報、フランス語情報など、週に一回程度投稿しています。ブログオーナーのやる気を支える での応援大歓迎です。  コメント、または、直接メールにて感想などい [続きを読む]
  • 家族ってなんだろう?
  • 写真は、娘たちが小さかった頃の家族写真。マレーシアの美しいビーチでの一コマだ。私の家族に対する憧れってこんなシーンに対するものだったんじゃないかな… *************************************************カナダ情報&モントリオール情報、フランス語情報など、週に一回程度投稿しています。ブログオーナーのやる気を支える での応援大歓迎 [続きを読む]
  • 魂年齢===中2レベル?
  • 写真は、モントリオール移住メモの方にもちらっと書いたけど、毎日見慣れた、学校近くの教会。すぐ隣に芝生の庭があって、木陰があって、夏にはそこを「リビングルーム」と呼んで昼休みに寛いでいた。イギリス時代に1年ほどシティにある大手日系商社で働いていたことがあったが、毎日かの有名なセントポール寺院の裏庭で、一人ぼっちでサンドイッチの昼食を食べていた27歳の自分を懐かしく思い出す。ごくおとなしくて、まじめな感 [続きを読む]
  • ロマンティックが止まらない…
  • 写真は、昨日行ったケベック産のチーズフェアの一場面。たくさんブースがあって、すべて試食可能。でも着いた時は比較的すいていたのに、5時を回ったらにわかに人が増えて、三分の二くらいこなしたところで順番待ちが長すぎてギブアップした。(La fête des fromages d’ici@Complexe Desjardins)朝起きたら、なんだか妙にクリエイティブな気分だったので(笑)過去の折々に感じた生の感情を思いつくままに詩に書いてみた。先日 [続きを読む]
  • 東芝クンとの静かな友情
  • 写真はJust for Laughs (いわゆるどっきりカメラ)と同じ名前のスタジオ。きっと、なんかコメディショーをしているのだろうか。場所はSaint-Laurent通り。結構Hipなお店が多く、散策するのも楽しい。 *************************************************カナダ情報&モントリオール情報、フランス語情報など、週に一回程度投稿しています。ブログオーナーのやる気を支える での応援大歓迎です。  コメント、または、 [続きを読む]
  • 私の結論。フランス語B2攻略法
  • 写真は、前々からうわさに聞いて一度行きたいと思っていた、Fous Dessertsの店内。チリ出身だけどほぼケベコワ、という友人と待ち合わせした。とってもヨーロピアンな感じのお店だ。 初めてでどれにするか迷ったが、ボウルに入ったカフェオレと、Gateau au fromage(チーズケーキ)を頼んでみた。クリームチーズの部分の味がなんか違う!とってもクリーミーで美味しい!!! [続きを読む]
  • PEQに関するFAQ集、作ります。(質問募集中)
  • 写真は、Saint Laurant沿いのおしゃれな古着+アンティークショップの店内。私はどちらかというとこういうおしゃれヶ系のところよりも、いわゆるチャリティショップで、買う人も安くて助かるし、売り上げが何らかの形で今恵まれていない人の手に渡るシステムの方が好きで、普段はそういうところばかり行っている。ロンドンに住んでいた頃も、Kensington High StreetのOXFAMで掘り出し物を探すのが週末の楽しみだった…そう思うと、 [続きを読む]
  • Version 2.0 母娘の不思議
  • 写真は、先日友人宅の忘年会に持って行った、甘くて飲みやすいお酒。クリスマスの休暇に入って、今まで大変だった分を取り戻そうと、一気にパーティ気分になっている。 *************************************************カナダ情報&モントリオール情報、フランス語情報など、週に一回程度投稿しています。次 [続きを読む]
  • The Pamplemousse (グレープフルーツ)
  • 写真は、毎朝バスに乗るリオネルグロ駅の外の様子。朝の光が差していて、葉をすっかり落とした木々が寒さを余計に強く感じさせる。でも、ここの景色はなんだか落ち着く。都会の真ん中でも自然が多く和む駅だ。 *************************************************カナダ情報&モントリオール情報、フランス語情報など、週1くらいでアッ [続きを読む]
  • PEQカレッジとフランス語、両立するってどのくらい大変?
  • 写真は、先日訪ねたRosemèreでのハロウィーンパーティから。ハロウィーンを昔ながらのスタイルで一家で演出して楽しむ家庭は年々減ってきており、このような形で前庭を飾ってお化け屋敷のようにしているご家庭には毎年1000人以上のビジターがあるらしい。こちらのご家庭では、以前にスーパーマーケットからスポンサーのオファーがあったそうだが、スーパーのロゴを入り口に出すのはしたくないので、お父さんが断ったそうだ。大企 [続きを読む]
  • To Hug or Not To Hug? ハグするべきか、せざるべきか?
  • 写真は、先日行ったボタニカルガーデンのハロウィーンのイベントの一コマ。魔法使いのおばちゃんのリビングに招かれて、彼女のストーリーを聞くような感じだ。フランス語だったので、あまり細かいところは??だったけど?、感じのいいおばちゃんで子供たちが、嬉しそうに話に応えていた。なんか、温かい。途中、歌も歌ってくれたりして、なんだか懐かしい感じのショーだった。 &n [続きを読む]
  • 異国で、身近な人の訃報を受け取ったとき
  • 写真は、ボタニカルガーデンの遊び場で見かけたかぼちゃと木の遊具のディスプレイ。典型的なオレンジのかぼちゃが一つも入っていないところに、デザイナーのセンスを感じる。 夫の姉が先日亡くなった。彼女は広東語の話者で、最後まで深い話ができたことはなかったけれど、誰に対しても分け隔てなく温かい人で、私は彼女の側にい [続きを読む]
  • 先生は、年上、女性、しかも饒舌。
  • 写真は、宇多田ヒカルちゃんじゃないけど今朝拾ったメープルの葉。葉脈がはっきり緑でとってもきれい。自然の色の組み合わせに勝るコーディネーションはないなあ、と感心する… さて、先日、間接法のフランス語クラスにサヨナラし、新しいクラスにいきなり飛び込んだ。新しいクラスは開講して1週間が過ぎたB1クラスで、わたした [続きを読む]