万魚 さん プロフィール

  •  
万魚さん: なぜぼくらはおいていかれたの
ハンドル名万魚 さん
ブログタイトルなぜぼくらはおいていかれたの
ブログURLhttps://ameblo.jp/kaze-amb/
サイト紹介文近隣や福島に置き去りにされていた猫たち犬たちと、高齢の継母と暮らす童話作家の気ままな雑感
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供210回 / 365日(平均4.0回/週) - 参加 2016/01/28 10:50

万魚 さんのブログ記事

  • ミーちゃんとコノハとチャースケと
  • 写真を出せればそれなりに説得力も出るのに、ここ何か月か前からカメラはなんとか作動するのにブログにあげられなくて(何かが壊れているらしい)写真が出せずにいる。スマホのほうも何をどうしてしまったのか写真は撮れるのにツイッターにあがらない。というわけで写真なしで物足りないが、我が家の新入り猫ちゃの話し。ミーは継母の昼寝用のベッドの下を自分の居場所と決めほかの猫たちとも仲良くなっているので問題ないが、猫の [続きを読む]
  • 目が覚めてしまった
  • アメリカ大統領が11時ごろから国連で演説をされるというので、ラジオでそのニュースを聴こうと思ってラジオをつけっ放しにして横になっていたら、いつの間にか眠ってしまい、ふと目が覚めるとラジオから昔懐かしい歌謡曲が流れていた。それを聞きながら起き上がり、せっかくの目覚めだからブログに何か書いておこうと思ったけど特に書きたいものも浮かばない。そういえば昼間のテレビで、秘書に暴言と暴行をして騒がれている豊田議 [続きを読む]
  • 誰の言を信じる?
  • 最近立て続いて議員氏の恋愛事情にまつわることがテレビなどを賑わしている。私は、ご本人が「ない」と言ってるのならほんとに「ない」のだと思うのだけど、テレビでは「なくはない」方向に持っていってることが多い。そこで思い出すことがある。ある時期、猫たちのご飯代の確保のために、東京は西新宿の超高層ビル内にあるオフィスに勤めていた。そこは専門学校卒業の私をのぞいて名門大学出身の女性が多かった。そのうちの一人の [続きを読む]
  • マオアキラの本:ムシの方舟(日本ペンクラブ電子文芸館)
  • 私はマオアキラという筆名で、12冊ぐらいの本を出している。ある時期日本ペンクラブに所属していて、電子文芸館に↓の本を投稿した。※(日本ペンクラをやめたのは会費が払えなくなったからだ。猫たち犬たちのフード代の確保が何より大事な日々となって自分のことにお金を使うことはできなくなったのだ)ムシの方舟http://bungeikan.jp/domestic/detail/679/マオアキラという筆名は、はじめて「風のむらからさわこ」という本が出版 [続きを読む]
  • 思えば
  • よく頑張ってきたなぁ。この前の心筋梗塞の手術の時、ものすごく寒くて寒くてずうっと「寒い寒い」と言っていたようなのだが、この時自分は凍った池・・・外側が淡雪のように白くて中が濃い青色をしてその青い色の氷に私は埋まっている夢か現かという感覚で、それが次第に温かくなってかってなく心地の良い眠りに入りかけた。ほんとに心地よくて自分が微笑んでいるのがわかった。でも起こされたんですよね。「佐々木さんっ、佐々木 [続きを読む]
  • 同じことを繰り返しているが
  • 何度も同じことを言っているが、今度こそパソコン、ダメになるかも。ある時期までパソコンが調子悪いとこの世の終わりのようにあたふたしたものだが、「仕方ない。原始に戻るか・・・だいたい機器類はたいてい使いこなせないのだ、コンピューターなんて歯が立たないのが当たり前だったんだ、原始こそ自分の分にあっている」と思うようになっている。(・∀・)思えば、パソコンもテレビも洗濯機も猫たちが原因だと修理に出すたびに言 [続きを読む]
  • 間違えた! 今日は入院ではなかった
  • 今日は心筋梗塞手術のあとのカテーテル検査のための入院だと思って、そのための支度をして出かけた。なんと、私は何を勘違いしていたのか、今日は入院はなかった。血液検査と心電図だけであった。心電図に不整脈があるようだが、これは私の年齢では普通にあることらしい。血液検査の結果は、8月の手術日にはあった問題が改善されているらしい。・・・・というわけで、今日はそれで終わり。私は入院するとばかり思っていたので、継 [続きを読む]
  • きょうは
  • どうも気分が疲れているので、清掃の方が来て下さる日だが手伝わないと決めて部屋で休もうと思う。でも猫の家犬の庭のほうには行かなくてならないので、これから行くつもり。いつもは割合早い時間に行くから(6時台になる前)、今日は遅いなぁとみんなで気にしているかもしれない。ごめんね。ごめんね。吐き気がするのだ。疲労感と頭がぼおっとする感じ、身体のしびれ観が嫌だ。明日は入院しての検査だから、今日を頑張って切り抜 [続きを読む]
  • 坂東市の猫ちゃんは無事都心まで行けましたか
  • 昨日、Nさんから電話があり、坂東市で保護された猫を東京の麻生まで届けられないか、というご相談があった。私がついこの前急性心筋梗塞で一時は危篤状態であったことをご存知の上でのご相談だから、よっぽど困っておられるのだろう、こういう時に力になってあげられたら、と焦る気持ちであったが、私はもう本当に健康の上でも暮らしの事情でもどうすることもできないほどの状態で、継母の介護もあり、本当に無理になっており、お [続きを読む]
  • 坂東市の猫ちゃんは無事都心まで行けましたか
  • 昨日、nekonekoさんから電話があり、坂東市で保護された猫を東京の麻生まで届けられないか、というご相談があった。私がついこの前急性心筋梗塞で一時は危篤状態であったことをご存知の上でのご相談だから、よっぽど困っておられるのだろう、こういう時に力になってあげられたら、と焦る気持ちであったが、私はもう本当に健康の上でも暮らしの事情でもどうすることもできないほどの状態で、継母の介護もあり、本当に無理になってお [続きを読む]
  • 継母の介護保険で部屋の清掃を
  • 継母は週三回ディサービスを利用しているが、9月からディを週二回にして、週一は部屋の清掃を介護保険でやっていただくことにした。私は二軒の家にいる猫たち犬たちの世話・散歩をするので、人間の居住地域の家事が出来ないのだ。無理をして頑張ると歩くのもおぼつかなくなるほど身体がヘロヘロになってしまうのだ。やはり私の身体(精神も)はさまざまに限界を超え続けていたんだと思う。あの突然の激痛のともなう急性心筋梗塞は [続きを読む]
  • ニュース
  • 手術後、ある程度身体を休めないとすぐに何らかの影響が出る。右足の麻痺めいたしびれや首筋や右手の痛みと麻痺。こうした症状はたちまち継母の世話や動物たちの世話に影響が出るので、とにかく早く寝ることを心掛けている。眠りの質がよくなくていつも寝不足な感じがあるので、せめて眠った後さっぱりとした気分になれたらいいなと思っている。そこで継母が就床してくれたあとは動物たちのことは気に掛けず、自室に入ってパソコン [続きを読む]
  • 涼しくなって
  • 暑さがぶり返していた昨日までの数日間、身体が重くて(体重は相当減ったというに)脂汗はにじむし辛かったが、今朝は涼やかで快適な気分!これからゆっくりと犬たちと散歩に行こう。 [続きを読む]
  • 退院後、我ながら体調良し、と思っていたのであるが・・・
  • 私自身は17日に退院し、ショートステイにお世話していただいていて継母が21日に家に帰り、犬たち四匹、猫たち18匹の世話も滞りなくこなし、『我ながら体調良し!』と思っていたのだが、実は昨日、夕方のエムとミルの散歩中、エムが急に転倒し、倒れてもがき、やがてぐったりなってしまった。エムっ、エムっと心臓部分をさすっているうちに起き上がり、ミルをそばのお宅の柵に繋がせていただき、エムは抱いて自宅のエムの居場所に戻 [続きを読む]
  • 今日27日は茨城県知事選挙の日
  • ★ツイッターにも書いているのですが・・・鶴田さんへの応援の気持ちを今日は茨城県知事選挙の日。鶴田さんは、警戒区域で何度もお会いした。お互い車に、置き去りにされてひもじさと懸命に闘う猫たちのご飯をいっぱいに積み込んで。彼女の反原発、動物愛護の思い、思考、行動に賛同して投票に行く。 [続きを読む]
  • チャバちゃんとテレビとおばあちゃん
  • 福島猫のチャバちゃんがおしっこをかけてまたまたテレビを壊してしまった。最初はおばあちゃんがうちで介護暮らしをすることになり引っ越してきたのだが、その時我が家にはなかったテレビがきた。千葉で一人暮らしをしていたおばあちゃんの大切な楽しみテレビだったのだ。それを昨年の暮れ近くにチャバちゃんがせっせとおしっこをかけて見えなくしてしまったのだ。私はもともとテレビは見ていなかったので、またラジオを二階と階下 [続きを読む]
  • 友よ
  • 昨日、他県にいる友人と電話で話した。昨年、この人は大きな悲しみに見舞われた。私が飛ぶように駆けつけると、この人は、百合の花を飾ったご主人の遺影のそばにさっぱりとした表情で座っておられた。私はしばらくそこにいて帰った。次に訪ねた時もそうであった。私にはほかの何もできなかった。言葉さえも出せなかった。一年経った昨日、その人は言った。「やっと、警察から、車の免許の許可がおりたの。でももう二度と運転はしな [続きを読む]
  • 急性心筋梗塞からの生還
  • 8月10日、あまりの体調のしんどさに継母が就床したあと私もすぐに二階にあがり休むことに。ところがなかなか眠れず気分も沈むばかりでもそもそしていると、あごのあたりがぐいぐいとしめつけられるような痛みが。実はこの感じここしばらく前から繰り返していて、『いやだなぁ、この分だと胸が痛くなるかもしれない』と思った。胸の痛みはぎぎーと骨ごとつぶされそうな痛みなのだ、前日も猫たちの家の方で発作のように起こり10分ぐ [続きを読む]
  • 八月 真の平和は???
  • 八月六日は広島に原爆がおとされ、今日九日は長崎が原爆の標的にされ、そして十五日は一応の終戦を迎えた。八月になると、平和の尊さが語られる。平和とは何か、どういうことか、ずうっと拘ってきた。私のはじめて本になった作品は、「風のむらから さわこ」という戦争の傷に苦しむ少女さわこ、父親、継母、継母が産み、生後三日で死んださわこの弟のことを書いた。その後、さわこの思春期ともいえる「光る夏ーたつひこ」という作 [続きを読む]