shin さん プロフィール

  •  
shinさん: shinの釣行記
ハンドル名shin さん
ブログタイトルshinの釣行記
ブログURLhttp://shin.naturum.ne.jp/
サイト紹介文香川県高松市から、主にショアからのルアー釣りを中心に、四国の釣り場を開拓中。
自由文小さい頃に父に連れられて始めた海釣り。大人になった今でも気分転換に竿を振っています。高校生までは餌釣り、その後は故郷を離れてしばらく釣りも休止し、再び地元に戻ったのを機に釣りを再開、ブログ開設以降は手軽に行けるルアー釣りを中心に楽しんでいます。釣行データの蓄積とタックルインプレを兼ねたブログです。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供101回 / 365日(平均1.9回/週) - 参加 2016/01/28 20:50

shin さんのブログ記事

  • 感謝の気持ちの贈り物
  • 春は出逢いとともに別れの季節でもありますが、先日、新天地へ旅立つ人々からこれまでの感謝の気持ちが込められたプレゼントを頂戴しました包みを開封してビックリ!まさかの餌木のプレゼント!これまでも旅立つ人達から何度かプレゼントを頂戴したことがあるものの、釣り具の贈り物は初めて釣り好きということは知れ渡っているものの、先日記事にした沖縄に一緒に行ったメンバーだったので、一人で別行動をとり釣りをしたのがよほ [続きを読む]
  • 新装開店セール
  • 地元の釣りブログを巡回していたら、隣の坂出市内にあるタイガー釣具が新装開店したという情報に接したので、沖縄旅行中に溜まった仕事を処理する息抜きに覗きに行ってきた改装中の仮店舗には結局足を運ばなかったので、久しぶりの訪問昔ながらの釣具屋という雰囲気だった旧店舗と違い、現代風のルアーショップという印象。リールのショーケースも明るく、ロッド売り場も天井が高くて触りやすく、展示品も増えていた。来店時に会員 [続きを読む]
  • 沖縄旅行記
  • 先週は、半分仕事、半分私的な要素の入った旅行で沖縄に滞在する機会があった。沖縄には大阪での学生時代に友人と遊びに行って以来、約15年ぶり2回目の訪問。今回は高松空港からANA便で那覇空港まで移動空港からはレンタカーで、沖縄本島を北上到着初日から美ら海水族館で、大きなハタ系の魚や海老、巨大水槽のジンベイザメを鑑賞ANAの旅行クーポンで、入館料は無料にちなみにこの水族館のアクリル水槽は、香川県に本拠を置く日プ [続きを読む]
  • SWANSのナイトグラス
  • 2012年にアイウェアに関する記事を取り上げ、2014年には追加購入したZEALの偏光グラスのインプレ記事をアップしたが、今回は久々にアイウェアを追加購入したので過去の記事も紹介しながら取り上げたい。購入したのは、初めて偏光グラスを買って以来、愛用しているSWANS製のナイトグラス(SA-506)。この製品は偏光グラスではなく、両面マルチコートのクリアレンズを搭載したナイトグラス。可視光線透過率:96%、紫外線透過率:0.1 [続きを読む]
  • 6台目のヴァンキッシュ
  • 大阪フィッシングショー前の記事でも紹介したように、今シーズン注目していた17ツインパワーXDと17エクスセンスが、いよいよナチュラムでも販売開始になった様子先週末に地元の釣具店を巡回したところ、この2機種以外にも注目していた17スティーズA TWも入荷していて、ガラスケース越しに確認できた。16スティーズSV TWとは差別化されたフラットタイプのノブを採用した90mmハンドルが、力強さを感じさせる。ダイワの機能諸元表にも [続きを読む]
  • 2017年のOcean Rulerの製品展開
  • 昨年は大阪のフィッシングショー開催前に届いたOcean Rulerのカタログだが、今年は3月に釣研のカタログとともに到着今年の大阪フィッシングショーでは釣研のみの出展だったが、3/12(日)に開催の四国フィッシングショーではオーシャンルーラーも出展すると聞いている。自身は昨年と同様、仕事で参加できないので、代わりに製品紹介昨年に引き続き、ガンガンジグIIとガンガンジグSJに新色が追加ゴールド系のカラーの選択肢が増えた [続きを読む]
  • メバル釣り大会参戦記
  • 先日の記事で言及したように、昨年に引き続き、フィッシングマリン主催のメバル釣り大会に参戦。この日は風も弱く天候には恵まれたけど、東かがわ近辺の潮回りは潮位が低い状況。17時から受付開始で18時頃に受付を済ませ、目当ての釣り場に着いたのは18:30頃。最初に訪れたのは、潮位が低いときに地磯の先から竿が出せるお気に入りのポイントG。昨年5月の大会時はベイトメバリングで反応があったポイント。今年はエギングロッドで [続きを読む]
  • 春告魚
  • 今年は初釣りで撃沈し、その後は寒波や多忙で釣行の余裕がない日々が続く。1月下旬の釣行で、エステルラインを初使用して今年の初釣果となったのはタケノコメバル昨年は2月から20cmUPがポツポツと釣れたものの、今年はまだメバルの顔を見ていなかったので、久々にメバル狙いで釣行。2月22日(水)日中はだいぶ春めいてきたけど、この日の早朝は放射冷却の影響で氷点下それでも風は弱いので動き回っていると暖かい。最近は給油の際 [続きを読む]
  • 銀粉カラー + シリコンボディ
  • 昨年末に訪れた釣具屋で偶然開催していたトークショーで、小沼氏が関わるマドネス社の銀粉カラーが話題に上がっていた。他のメーカーには出せない銀色ということだったが、その背景には、京都に本拠を置くマドネス社独自の仕入れルートがあるとのことどうやら呉服に用いる特殊な色を染料メーカーから仕入れ、ルアーの着色に用いているらしい。しかし、染料メーカーが京都の会社なので、同じ京都つながりのメーカーにしか卸さず、マ [続きを読む]
  • HLC1514スプールの実釣インプレ
  • 先日ラインを巻いたHLC1514スプールを使ってみたかったので、久々に海へ釣行自体が先月末以来だったので気分転換に遠投しようと、昨年中古で入手したモアザンAGS 810MBに合わせてみた。この日は時折通り雨が降るけど全般的には曇りで風がなく、暖かい釣り日和やってきたのは車横付けでいろいろ試せるポイントK埠頭。日の出とともに、早朝のデイゲームを開始キャスト感覚に慣れるまではロストしてもダメージが少ないように、昨年末 [続きを読む]
  • 蛸職人Tシャツ!
  • 2015年と2016年、2年連続で蛸墨族というハリミツ製のタコ専用餌木が当選していた。そして2017年の今年、再びハリミツさんのプレゼントに当選今回当選したのは、蛸職人Tシャツ公式サイトの説明では、ヘザーブラックというカラーらしい。夏の夜にこれを着て堤防を蛸狙いで釣り歩いていると、まさに熟練の蛸釣り師という感じ背面には蛸をイミテートした蛸職人の文字がプリント生地や縫製もしっかりしていて着心地が良さそうなTシャツ [続きを読む]
  • 15ジリオンTW + HLCスプール + PEブルーマーク
  • 先日の記事でHLC1514スプールの購入記録をアップしたが、ようやく巻くラインが決まった。巻いたのは、ヤマトヨテグスのPEブルーマーク1.2号(16lb)を150m。写真右下は、ノーマルスプールに巻いたスーパーファイヤーライン1.2号(20lb、150m)。カラーリングは似ているけど、PEブルーマークのほうは約5m間隔でブルーのマーキングがしてある。ベイトリールに巻くラインなので、ある程度張りがある4本編みの中から選択。決め手になっ [続きを読む]
  • エステルラインの使用感
  • 今年は初釣り以来、寒波や多忙で釣行から離れていてフィッシングショーもあったのでタックルネタが続いていたが、C2000Sスプールに初めて巻いたエステルラインを実釣で使用するため、先月末に釣行した記録をようやくアップ。1月30日(月)この日は東京出張から戻ったばかりだったが、雨の合間の曇り空で、ほぼ無風という好条件だったので、12月に数釣りができたポイントK内湾サーフへ少し出遅れたので予想以上に潮位が低かったが、 [続きを読む]
  • 15ジリオンTWのHLC化
  • このところフィッシングショーに絡めた長文記事を連投していたので、今回は短い記事で更新。2015年に14 タトゥーラ103H-TWに代わって購入した15ジリオンTW1516H。2シーズン使い続けてきて、昨年はベイトのロングロッドを中古で入手したので遠投性を考えて、16ジリオンTW HLC 1514SHの購入も検討していた。しかし16スティーズSV TW 1016SV-SHの購入でポイントを消費してしまい、見送ることにそして2017年に入り、15ジリオンTWの替え [続きを読む]
  • フィッシングショー大阪2017訪問記〜後編〜
  • 2017年のフィッシングショー大阪訪問記【前編】では午前中のイベントまで取り上げた。【後編】では午後からのブース巡りの記録とともに、印象に残ったタックルを記しておきたい。今回はさらに長文記事なので、お時間のあるときにご覧ください。【前編】で紹介したように、11:00からは3号館のジャクソンのトークショーに参加していた。同じ3号館ではダイワも出展しており、注目リールの記事で書いた製品を触ってみたので、簡潔にイ [続きを読む]
  • 2017年の注目製品〜リール編〜
  • 2017年フィッシングショーの注目製品【ロッド編】に続き、リール編もアップ。大阪フィッシングショーで是非触ってみたい製品を挙げてみた。2013年に大阪FSに初参加したときは、人混みに疲れて90分の滞在だっただけにどうなるか今年は4日は仕事なので、5日に参加する予定。現在の手持ちリールは、スピニングは12ヴァンキッシュシリーズがまだまだ現役。ベイトはTWS搭載の15ジリオンと16スティーズの使い分けで満足している。しかし [続きを読む]
  • 2017年の注目製品〜ロッド編〜
  • 今年もフィッシングショーの季節が到来すでに開催されたジャパンフィッシングショーは、前年より入場者数が増え、3万8635人で、2年連続で右肩上がりとの記事があった。いよいよ今週末は、大阪フィッシングショーが開幕昨年は移動前日に家族が風邪を引いたため参加を断念することになったが、昨年末に記事にしたように、今年こそは参加するつもり。チケットもオーシャンルーラーさんを通じて入手済み残念ながら大阪ではオーシャンル [続きを読む]
  • 付録に惹かれて購入した釣り雑誌
  • 普段はほとんど買わない釣り雑誌だが、久々に購入その理由は、実用性重視の付録に惹かれたから購入したのは、先週21日発売の『SALTWATER』誌2017年3月号。同誌は2016年2月号でリニューアルして創刊され、そのときもルアーケースの付録に惹かれて購入していた。昨年はロッドベルトの付録に釣られて夏に『ルアーマガジン ソルト』8月号も購入していた。今回の雑誌は、2017年の新製品紹介が中心の内容だけど、税込1050円でルアーケー [続きを読む]
  • Amazonでの購入品
  • 昨年末にセールの購入品と帰省先での購入品の記事をアップしたが、年が明けてからは釣具屋に行く余裕もなかったので、購入品はナシ。その代わり、Amazonで購入するモノがあったので、送料を無料にするため特価品を物色。ValkeINのハイバースト(シルバー、3.6g)。エリアフィッシング用スプーンだが、半額以上の割引で200円台。県内でトラウトが狙える某池や、メッキ狙いで使ってみたい。ラッキークラフトのバリッドスリム80(デー [続きを読む]
  • ダイワリールのオーバーホールキャンペーン
  • フィッシングショーシーズンのため、注目製品のタックル紹介記事を現在執筆中 その関係でSLP社のサイトを訪れたら興味深いネタがあったので、別記事にしてアップすることにした。まずは、ダイワリールのオーバーホールキャンペーンが開催されるという情報。昨年は電動リールのみが対象だったが、今年はスピニングリールのみが対象。2/1-4/15まで開催される模様で、期間中はキャンペーン価格(2500円)が適用とのこと。シマノのオー [続きを読む]
  • C2000Sスプール + ナイトゲームTHEアジ エステル
  • 先日プレゼント当選したユニチカのエステルラインだが、自分はライトゲームでもPE派だったので、これまでエステルラインを使うことはなかったけど、ちょうど良い機会なので早速スプールにラインを巻いてみた。ライントラブルを防ぐためにはスプール径が大きいC2000HGSか2000Sに巻きたいところだが、手持ちの12ヴァンキッシュシリーズは替えスプールも含めてすべてPEラインが巻いているので、2014年2月にオーバーホールに出して以来 [続きを読む]
  • 初エステルライン
  • ルアルアチャンネルという釣り番組があり、サンテレビやテレビ神奈川のほか、YouTubeでも過去の放送を見ることができるのだが、たまたま淡路島のアジングの回の視聴者プレゼントに応募していたら、幸運にも当選当選した製品は、ユニチカのナイトゲームTHEアジ エステル0.3号(1.8lb、150m)と、ナイトゲームTHEメバルリーダーFC 0.8号(3lb、30m)。ユニチカのラインは2014年からシルバースレッドシリーズを愛用しており、ベイトリ [続きを読む]
  • あじっこ市場訪問
  • 先週末は、昨年末から帰省中の妻子を迎えに行くときの手土産として、鍋の具材になる魚介類のリクエストがあったので、庵治半島まで行ってあじっこ市場を訪れた。庵治の日曜朝市は以前から時々訪れていたが、新年最初のあじっこ市場は初訪問。今年で21年目を迎える新春恒例行事らしい。10年前の写真が香川県のサイトに残っていた。通常の日曜朝市は8時オープンだが、あじっこ市場は9時オープン。開始まで近場で釣りをして待とうかと [続きを読む]
  • 2017年初釣り
  • 今年の正月は好天に恵まれたけど釣行の余裕がなく、あっという間に終わってしまった仕事は山積しているものの運動不足解消のため、気分転換に初釣りに出かけた。週末に妻子を迎えに大阪に移動するため、給油を兼ねてガソリン価格が高松より安い坂出エリアに釣行。やってきたのは、夏場のアコウポイントのサーフ石積み堤。やりたい釣り方があったので、この日は昨秋以来となるベイトフィネスタックルで臨む。潮流に乗せてプラグを流 [続きを読む]