emcee さん プロフィール

  •  
emceeさん: WICの中から
ハンドル名emcee さん
ブログタイトルWICの中から
ブログURLhttp://temcee.hatenablog.com/
サイト紹介文機構設計者が書く雑記/日記・株・日々のニュース・技術など
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供270回 / 365日(平均5.2回/週) - 参加 2016/01/29 07:24

emcee さんのブログ記事

  • 嫁さんに稼ぎで負けるという事
  • 先日、嫁さんが育休中の先輩さんのお家に遊びにいきました。お互い育休中の身なので育児の話に花を咲かせてきたみたいです。そんな中で、育休からの復帰についてのお話になったそうです。先輩さんは育休明けからバリバリに働く事が求められていて、ナーバスだと。旦那さんは「ツラかったら辞めても良い」と言っているくれているのですが、先輩さんの方が稼ぎが良いそうで…。このエピソードを語った嫁さんは、「辞めるなら旦那さん [続きを読む]
  • 1歳になった子供の寝付きが悪い
  • ちょっと時が遡りますが、ムスコが無事1歳になりました。誕生日パーティを開いてプレゼントをあげて、そして一升餅を背負うイベントも行いました。生まれてすぐの時のコトを思い返すと感無量です。幸い、GWに一度入院して以降は大きな病気をする事も無くスクスク育ってくれています。ムスコは元気でいます。心配事も少ないです。ただ1つ大きな問題があります。寝付きが異様に悪いんです。眠れぬ夜はキツイ「子供の夜泣きがひどく [続きを読む]
  • Mastodon(マストドン)の便利記事・お役立ちリンクまとめ
  • Mastodon(以下、マストドン)始めました。オープンソースだったり分散型だったりと技術的にTwitterと差別化されている点は多々あるみたいですが、ソフト方面に暗い僕が普通に使っている分にはTwitterそのものって感じです。まだまだ黎明期の雰囲気でで手探りな所が多く、現段階でマストドンに常駐している人はトゥート密度が高めです。何だか勢いがあっていいですね。インスタンス(サーバーみたいなもの)が誰でも立てられて、信頼 [続きを読む]
  • 実家のゆくえ
  • 妹が地元で結婚相手を見つけた。僕は純粋に妹の結婚を喜ぶ気持ちがある一方で、実家近くに、これからも妹がいることに対して安心を覚えていた。そして先日、妹の旦那が遠い地に転勤することが決まった。妹がどうするかはまだ分からないが、仕事を辞めてついていく可能性が高いだろう。そうなると、両親…実家の近くに住む兄弟は誰もいなくなってしまう。長男たる僕は、今後の両親と実家をどうしていくか、真面目に考えないといけな [続きを読む]
  • 日経ビジネスの定期購読をやめた3つの理由
  • 日経ビジネスの年間購読の更新を案内するはがきが来ました。年2万程度ならいいかなー、と今まで購読を続けていましたが、今年は一旦止めることにしました。止めた理由を述べる前にフォローしておきます。日経ビジネスの定期購読は値段を考えると悪いものではありません。旬な出来事についてテレビやネットニュースよりつっこんだ解説があり背景の理解に役立ったり、毎号の特集は自分の知らない分野について興味を芽生えさせてくれ [続きを読む]
  • 設計者にとっての職業病
  • 電機屋に行って展示品を手に取ったとき。新しい製品を買って開封するとき。どうも僕たち設計者は普通とは違う動作をする傾向にあります。いわゆる職業病ですね。職業病、本来は従事する職業によって特定の疾患にかかりやすくなることを言います。ただし、今回ぼくが意図する職業病は、そういった疾患ではなく「職業特有の癖」のことです。こんな振る舞いをしている人がいたら、その人は設計開発をやっているのかも。そんな「設計者 [続きを読む]
  • 新卒から7年、労働観の変化
  • 新年度です。近いうちに新人が配属されてきます。同僚との世間話も、今年の新人はどんな感じなのかなー、という内容が増えて、フレッシュな空気を感じます。そして同時に、自分も結構長く社会人やったなー、という実感が湧いてきます。リーマンショック後に冷え込んだ景気、その環境の中で内定を貰い、働き続けて7年が経ちました。昔の自分思い返してみると、仕事に対する考え方、視点は大きく変わったことに気が付きます。その中 [続きを読む]
  • 「サピエンス全史(上)文明の構造と人類の幸福」を読んで
  • 現在生き残っている人類種は僕たちホモ・サピエンスだけです。数万年前には多様に存在した人類種と我々を分つものは何だったのか?マゼランが世界一周をするよりも遥か昔、我々の祖先はどのように世界に散っていったのか?そんな自分たちのルーツに関わる、壮大なお話に惹かれて、ついつい買ってしまいました。ユヴァル・ノア・ハラリ氏のベストセラー「サピエンス全史(上)文明の構造と人類の幸福」です。サピエンス全史(上)文明 [続きを読む]
  • なぜ投資で億万長者を目指す人は絶えないのか?
  • 先日ネットを徘徊していると「子持ちパパが、年を取る前に投資で億万長者を目指す」的なブログを見つけ、頭が痛くなりました。投資をする者として、また子を持つ親として、「投資で億万長者」「子持ち」この2点に思うところがあります。 「投資で億万長者」の非現実性 30歳で1000万円から45歳で億を目指す 日経平均の直近10年で3回だけ 甘めに見ているモデルケース リスクを取 [続きを読む]
  • 2017年4月のポートフォリオ
  • 4月になりました。いつものポートフォリオ記事です。下記は日経平均の直近一年間のチャートです。3月は大崩れこそしませんでしたが、為替も日経も小幅に落ちました。ただの小休止となるか暴落の前触れなのか。(以下、チャートはGoogleファイナンスから引用)日本は政治的にも経済的にも安定している状況かなといった感じです。日経に大きな影響力を持つアメリカはというと、経済的には好調なものの政治的にはドタバタが続いている [続きを読む]
  • 興味が無いんだ、営業は勘弁してくれ
  • 最近、頻繁にかかってくる某社からの営業電話に悩まされている。理由をつけて断っても、何かと様子を伺ってくる。マンション営業など、業務と関係の無い電話なら断るのは簡単だ。だが今悩まされているのは新規素材やソリューションの営業電話、業務絡みだ。真面目に対応しないといけない分、タチが悪い。始まりは僕の前々任のAまで遡る。Aが展示会で興味を持ち、詳細を聞くために弊社にコンタクトを取ったのが件の某社だ。対面で紹 [続きを読む]
  • また、いいところで抜けてしまう
  • 来月、異動することが決まりました。今のプロジェクトはまだまだ量産に入る前で、行く末を見ることなく離れてしまうことになります……。こういった途中離脱は今回が初めてではありません。前職でもそうでした。ある程度、開発フェイズが過ぎて問題がなくなっていくと、次に回されるんですよね。試作は開発、量産は事務試作では設計物の評価、及びその改良が主な業務です。量産では、試作で行った評価の結果まとめや、各法律・社内 [続きを読む]
  • こどもちゃれんじで英才教育はじめます
  • 0歳のムスコが、「こどもちゃれんじ」をはじめました。教材が届いたので、こどもちゃれんじに決まったいきさつと、子供の教材ウケについて書いていきます。送られてきた教材を眺めるムスコ氏 ベビークモンより、こどもちゃれんじ 届いた教材 絵本・おもちゃ・DVD リュックとしまじろうパペット 子供の反応は上々ベビークモンより、こどもちゃれんじ乳幼児教育を考えた時、「こどもち [続きを読む]
  • 出世競争から降りられない
  • 宮田レイシープ (id:goodbyebluemonday23)さんの、下記記事を読みました。www.goodbyebluethursday.com「上からの抑圧、下からの突き上げ」に代表される中間管理職ならではの苦難と、それに対する報酬、そこまでに必要な努力を考慮すると、出世は良い事なのか?という内容の記事です。宮田レイシープさんの考えは理解できます。管理職の労働内容に対する感想は一致していると言っても良いです。ただ、それでも僕は出世競争から降り [続きを読む]
  • ベビー用品、中古使いは程々に
  • ベビーカーが壊れました。踏み切りを渡る時に、段差を越えようと持ち手に力を加えたところ、持ち手から本体接続部までの、ちょうど中間のところで樹脂部がベキっといきました。誰も怪我をしなかったのは幸いです。このベビーカーは、義兄夫婦からいただいたもので、使用期間は通算5年程度です。ベビーカーは一般的に3歳くらいまで使用されるので、今回の破損は明らかに寿命が来ていたということでしょう。今回のことで思うところが [続きを読む]
  • 東急電鉄「電車とバスの博物館」に行ってきました
  • せっかくの三連休、しかし赤ちゃんを連れての遠出は厳しいです。そこで、半日で楽しめるレジャー施設、東急電鉄「電車とバスの博物館」に行ってきました。 アクセスと入館料 ジオラマを電車が走るパノラマワールド プラレールで遊ぶキッズワールド 運転手体験のシミュレーターワールド まとめ ~気軽にリピートしたい博物館~アクセスと入館料(引用元:営業案内・アクセス|電車とバスの博物館|東急電鉄)アクセス: [続きを読む]
  • プレゼンは自信が9割
  • お疲れ様です。本日はあんまり成果が出てない取り組みに関して、総括的な報告を行うイベントがありました。成果が大したことないので、先週から発表者たる僕は処刑を待つ囚人のような心持ちでしたが、報告は無難に終わったのでほっと一息です。社会人をやってると報告なり提案なりで、プレゼンを行う機会があります。自分が発表したり、人の発表を聞いたりする度に「立ち振る舞いって大事だなー」と思わされます。プレゼンにおいて [続きを読む]
  • 「経済を見る眼ービジネス現場で役立つ」を読んで
  • 経営学者である伊丹敬之氏が書いた本著は、経済を見る眼を養うための入門書です。僕は工学系出身なので経済学とか経営学だとかは門外漢ですが、一般的な世間で生活しているので、経済の動きから外れて生きていくことはできません。日々流れてくるニュースが社会や経済にどう影響してくるのか、この先を見通すために必要な考え方はなんなのか。それを見る眼を養うことは今後も長く生きていく上で有用でしょう。そんなわけでこの本に [続きを読む]
  • 恩師の最終講義を受けてきました
  • 僕の出身研究室の教授が今年で定年退職されるということで、最終講義を受けに行ってきました。最終講義自体はキャンパスの一室ではなく外部の記念ホール的なところで行われたのですが、せっかく大学の近くまでいくんことだし、ということで数年ぶりに大学内や周辺を見て回ったりしました。大学への久々の訪問、友人たちとの再会、恩師の最後の講義。どれもが印象的なイベントであり、色々思うところがあったので書き残しておこうと [続きを読む]