ヒロンボ さん プロフィール

  •  
ヒロンボさん: ビジネスニュース関係を詳しく紹介していています
ハンドル名ヒロンボ さん
ブログタイトルビジネスニュース関係を詳しく紹介していています
ブログURLhttp://lovely-lovely.net
サイト紹介文日々のビジネスニュースで気になったものを書いています。主に企業ニュースが多いです。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供1332回 / 365日(平均25.5回/週) - 参加 2016/01/29 10:39

ヒロンボ さんのブログ記事

  • [WBS] [白熱!ランキング]夏本番!フットケアグッズ!
  • 今日も蒸し蒸しして暑かったですね。少しでも快適に過ごしたいこの季節に売り上げを伸ばすのが足のお手入れをするフットケアグッズです。そのランキングとは?株式会社ロフト [blogcard url="http://www.loft.co.jp/"]そろそろ夏本番。そんな季節、人知れず迷惑を掛けているのが足の匂い。ロフトの広報、中川真理子さん、 足を出す季節になるので臭いを気にする人が増えてきて、それに合わせ [続きを読む]
  • [WBS] なぜ急増?スーパー内の野菜直売所!
  • スーパーやレストランで産地直送の新鮮な野菜を集客の目玉にする店が急増しています。それを支えているのがIT技術を活用して農家と消費者をつなぐ農業ベンチャー企業です。日本の食卓を変えつつある野菜の流通革命の裏側を取材しました。株式会社農業総合研究所 [blogcard url="http://www.nousouken.co.jp/"]東京・中野区のスーパー「サミットストア東中野店」。入口近くの売り場に「農家 [続きを読む]
  • [WBS] 修学旅行の新定番?ディズニーよりもプログラミング!
  • 2020年から小学校・中学校の授業でプログラミングの教育が必修化されます。こうした小中学校での必修化など教育の現場でプログラミングが広がり始める中、新たな勝機につなげようとうする動きが出ています。ライフイズテック株式会社 [blogcard url="https://life-is-tech.com/"]6月20日正午過ぎ、JR品川駅に岡山の岡山県立倉敷青陵高校の修学旅行生の姿がありました。「修学旅行で一番何が [続きを読む]
  • [WBS] 【THE行列】エビフライ専門店
  • 20年以上のキャリアを持つフレンチのシェフがある料理だけを出す専門店を開き行列を作っています。お客様を虜にする驚きの技とはどんなものなんでしょうか?エビフライ専門店東京。渋谷区、若者の多い道玄坂の一角に行列ができていました。その店でお客様が食べていたのは「エビフライ」です。よく見るとみんなエビフライを食べています。実はここ、エビフライの専門店です。 すごく大きい、 [続きを読む]
  • [WBS] デフレ脱却どうなった!?イオンは400品目も値下げ!
  • 間もなくボーナスシーズンを迎えますが、経団連がまとめた大企業の今年の夏のボーナスは91万7,906円と前年から4%以上減るという見通しです。ボーナスの減少は2012年以来、5年ぶりです。このボーナス減少を受けて、消費の現場でもある変化が起きています。ボーナスの減少がこの夏以降の個人消費に逆風となる恐れから消費の冷え込みを懸念するスーパーや家具店など小売りの現場では値下げを [続きを読む]
  • [WBS] 新政権で業界が期待!韓国ゲーム規制緩和!
  • 韓国で文在寅氏が大統領に就任して1ヶ月余りが経ちます。こうした中、新政権へ期待を寄せるのがゲーム業界です。その背景には何があるのでしょうか?韓国のゲーム事情 [blogcard url="http://www.yellowhat.jp/"]5月25日、ソウル近郊で開かれたゲームの展示会「2017プレイエキスポ」。韓国ではオンラインゲームが盛んで人口は日本の半分ですが日本とほぼ同じ市場規模があります。ただここ [続きを読む]
  • [WBS] 旬のアスパラを運べ!最新鉄道コンテナの実力!
  • 深刻化する物流の人手不足。現在、物流の多くを担っているトラック輸送ですが肝心のドライバーが足りません。3年後の2020年には10万人以上不足するという見通しもあります。こうした中、注目が集まっているのが鉄道輸送です。たった1本の列車で10トントラック65台分の荷物を運ぶことができます。この鉄道を使って採れたての野菜を新鮮なまま輸送しようという実験が始まっています。密着取 [続きを読む]
  • [ガイアの夜明け] 再び、巨大「規制」に挑む!(3)
  • 福田貴仁さん北海道釧路市阿寒町。巨大な規制と戦う酪農家がいました。福田貴仁さん(32歳)。福田さんが酪農を始めたのは6年前。脱サラして築40年の牛舎を買い取り奥さんと2人でやってきました。その福田さん、経営規模を拡大するため出荷先を指定団体からMMJに変えたいと考えたのです。 チャレンジしようと思ったのはMMJの存在があった。「高く買ってくれるところがあればできるんだ」と [続きを読む]