ウッスー さん プロフィール

  •  
ウッスーさん: ウッスーのなんでもクラシック頓珍館。
ハンドル名ウッスー さん
ブログタイトルウッスーのなんでもクラシック頓珍館。
ブログURLhttp://ameblo.jp/tk-sn579/
サイト紹介文読響、東響、日フィル、シティフィル、都響、新日フィル、N響、神奈フィルなどクラシックコンサートの感想
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供843回 / 365日(平均16.2回/週) - 参加 2016/01/29 14:26

ウッスー さんのブログ記事

  • アルディッティ・クァルテット(SQSシーズン23)
  • 6月26日 サルビアホール【サルビアホール・クァルテット・シリーズ シーズン23】アルディッティ・クァルテット アーヴィン・アルディッティ/vn、アショット・サルキシャン/vn、ラルフ・エーラース/va、ルーカス・フェルス/vcバルトーク/弦楽四重奏曲 第3番リゲティ/弦楽四重奏曲 第2番細川俊夫/弦楽四重奏のための『沈黙の花』ラッヘンマン/弦楽四重奏曲 第3番『グリド』いやぁ〜、面白しろかった!ホリガー(スカルダネッリ [続きを読む]
  • 先入観
  • 昨日のシティ・フィルの演奏に関して、なんとなくツィッターを流し読みしていたら、気になるコメントが要点だけ示せば東京のオケ>東京の下の方のオケ(シティ・フィル)>地方の上の方のオケ(どこのこと?)という様なこと今どき、そんなこと言う人がまだ居るのですねぇ肝心なのは、オケのアイデンティティ札響、山響、仙台フィル・・・、どこも素晴らしいのでは?と、わたしは思います東京シティ・フィルに関してもしかり東京の “ [続きを読む]
  • 新国バレエ:ジゼル(6/24)
  • 6月24日(ソワレ) 新国立劇場 オペラパレス 新国立劇場バレエ団 『ジゼル』音楽:アドルフ・アダン振付:コラリ/ペロー/プティパ改訂振付:コンスタンチン・セルゲーエフ装置・衣装:ヴャチェスラフ・オークネフ照明:沢田祐二指揮:アレクセイ・バクラン管弦楽:東京フィルハーモニー交響楽団キャスト:ジゼル/小野絢子アルベルト/福岡雄大ハンス/菅野英男バチルド/本島美和村人のパ・ド・ドゥ/池田理沙子、福田圭吾ミルタ [続きを読む]
  • トッパン・チケゲット
  • 今日はトッパンホール、チケ会員先行発売日11/29(水)のパユ&ル・サージュ、ではなくて10/31(火)のパスキエ&ぺヌティエを取りました渋い!これは結構売れていて(ペヌティエのソロとのセット券発売済)、中央ブロックは6列目以降狙い目(第3希望くらい)の席は確保できましたとっても、美味しいブログラムシュヴィヤール、ドビュッシー、フォーレ(1番)、プーランクついでに、既に一般発売中の、ヴェロニカ・エーベルレ(10/28)を取り [続きを読む]
  • ロジェ・ムラロ / ピアノ・リサイタル
  • 6月23日 トッパンホール【トッパンホール主催公演 2017】ピアノ:ロジェ・ムラロシューマン/森の情景 Op.82メシアン(ムラロ再構成)/エローに棲まうムシクイたち *世界初演ワーグナー(リスト編)/楽劇《さまよえるオランダ人》より〈紡ぎ歌〉ワーグナー(リスト編)/楽劇《トリスタンとイゾルデ》より〈イゾルデの愛の死〉ドビュッシー/12の練習曲より第1集 変なプログラムだなぁ、と思いつつ聴きに行きましたが、終わってみれ [続きを読む]
  • キム・ヒョンジュン / ピアノ・リサイタル
  • 6月22日 浜離宮朝日ホール【第6回 仙台国際音楽コンクール 優勝記念演奏会】ピアノ:キム・ヒョンジュンモーツァルト/ピアノ・ソナタ ヘ長調 K280シューマン/謝肉祭 op.9プロコフィエフ/ピアノ・ソナタ 第2番 ニ短調 op.14ショパン/ピアノ・ソナタ 第3番 ロ短調 op.58Anc.グリンカ=バラキレフ/ひばり上手いし、力強いけど、音は綺麗じゃない評価して良いのか、そうでもないのか、分かりませんでした少なくとも、コンチェル [続きを読む]
  • 土曜日は東京シティ・フィル定期
  • 今週土曜(6/24)はオペラシティで、東京シティ・フィルの定期です 下野さん十八番の、ドヴォルジャーク6番 池田香織さんが歌う、ワーグナー/ヘンツェ、ヴェーゼンドンク歌曲集 必聴ですよ! ところで、先般から話題のトランペット首席女史 そろそろ、正式入団告知があっても良い頃 (6ヶ月経った) シティ・フィルのコアなファンの間では、楽団の宝になる、とまで言わせてます リハーサル写真にバッチリ写ってますので、拡大してみ [続きを読む]
  • 中継ステーション【本】
  • 久しぶりに含蓄のある、味わい深いSFを読みました舞台はアメリカ中西部、人気の少ない荒野主人公はそこで一人暮らしをしています背景設定からして、SFにはありそうもない発想同じ場所に留まったまま、物語は淡々と進みますスペースファンタジーの様な、華々しさは全くありません主人公の心情を通して語られる、(当時の)世界への憂い、宇宙への憧れがストーリーの核一貫して穏やかでありながら、結末は鮮やかクリフォード・D・シマ [続きを読む]
  • 古典四重奏団 / ショスタコーヴィチの自画像 Vol.4
  • 6月20日 近江楽堂【ショスタコーヴィチの自画像 Ⅳ】ショスタコーヴィチ/弦楽四重奏曲第10番、第11番、第12番古典四重奏団川原千真/vn、花崎淳生/vn、三輪真樹/va、田崎瑞博/vcいやぁ、痺れたこのおばちゃんたち(失礼!)、激ウマいつもながら、演奏は完璧音程、テクニック、合奏、どれを取っても全く乱れませんかと言って、機械的ではないし、叙情に流されたりもしません音色も独特モダン楽器と言っていますが、ちょっと一味違 [続きを読む]
  • チェコフィル代役
  • アルトリヒテルって、ついこの間も来て、我が祖国やったばかりじゃないの?がっかりジャパン・アーツ(Japan Arts)@japan_arts 【指揮者変更のお知らせ】5/31に逝去したチェコ・フィルハーモニー管弦楽団の首席指揮者イルジー・ビエロフラーヴェクに代わりぺトル・アルトリヒテルがチェコ・フィルハーモニー管弦楽団日本公演の指揮を務めます。詳細はこちら https://t.co/XRABcuWqER https://t.co/tmDumrf3Fm2017年06月20日 17:19 [続きを読む]
  • 尾高尚忠のフルート協奏曲
  • 昨夜は帰宅後、BSジャパンの“エンターザミュージック”を視聴しました尾高尚忠のフルート協奏曲、ソリストは関西フィル首席の河本明美さん上手い!バックはもちろん、藤岡さん/関西フィル番組構成が秀逸、30分にぎゅっとエッセンスが絞られていますパーソナリティー(藤岡さんとアナウンサーの繁田さん)の掛け合いも息ぴったり曲はなかなか面白く、もっと演奏されても良さそうBSジャパン【BS7ch】@BSJapan7ch_PR 今夜の?? #エン [続きを読む]
  • 日下紗矢子 / 読響アンサンブル・シリーズ
  • 6月19日 よみうり大手町ホール【読売日本交響楽団 第14回 読響アンサンブル・シリーズ】ショスタコーヴィチ(バルシャイ編)/室内交響曲 ヘ長調シューベルト(マーラー編曲)/『死と乙女』(弦楽合奏版)コンサートマスター:日下紗矢子読売日響室内合奏団大変上手くて、なかなかにアグレッシブな演奏でした“死と乙女” の第3、第4楽章は特に盛り上がって、場内拍手喝采とりわけ覇気が感じられたのは、4月から読響に加わった、チェ [続きを読む]
  • 今週の予定など(6/19)
  • 6月の室内楽祭り、まだまだ続きますしかし、室内楽ばかり聴いていると、無性にオケが聴きたくなりますさて、今週はなかなか渋い選曲が続きます〈月末までの予定〉6/19(月):読響Ans(日下紗矢子)/ショスタコ、シューベルト @読売大手町H6/20(火):古典四重奏団/ショスタコ10〜12 @近江楽堂6/22(木):キム・ヒョンジュン/シューマン、プロコ、ショパン @浜離宮朝日H6/23(金):ロジェ・ムラロ/シューマン、メシアン、ワーグナ [続きを読む]
  • 批評
  • 先週末の日フィル定期に関してグラズノフのお嬢様女中は、曲の出来が良くない、と書いているブログがありました元より、曲を知っていてお書きになられた様です著名な音楽批評家さんのブログですこれには、とても違和感を覚えました出来が良くないと思う曲をわざわざ聴きに行って、そう書く必要があるのでしょうか?招待席を貰って、何となく聴きに行っただけなのでしょうか?仮にそうだとしても、もう少し書き方に工夫があって良 [続きを読む]
  • 庭先のクレマチス
  • 花びらが、5枚、7枚の白いクレマチス花びらが、6枚の紫のクレマチス (テッセン)花びらが8枚の普通のクレマチスは、今年は咲かないみたい去年の写真今日は演奏会は無しで、のんびりしかし熱いなぁ× → 今日は昨日より、ずっと涼しい上の3枚はスマホ、去年の1枚はミラーレスにて撮影 [続きを読む]
  • アメリカン・クラシックス
  • ご紹介頂いた、アメリカン・クラシックスという Box Set (6枚組)早速購入しましたこの手のコンピものは大好きですガーシュウィン、バーンスタイン、バーバー、コープランド、アダムズにライヒまで入ってます演奏者がまた、美味しいとこどりラトル、ヒコックス、パーヴォ、プレヴィン、グリモー、ラベック姉妹! 等々まずは、7月の予定(諏訪内/スラットキン/デトロイト響)に合せて、コルンゴルトを試聴ルノー・カプソンのヴァイオ [続きを読む]