黒柳清春 さん プロフィール

  •  
黒柳清春さん: くろやなぎ農園 農園便り
ハンドル名黒柳清春 さん
ブログタイトルくろやなぎ農園 農園便り
ブログURLhttp://blog.goo.ne.jp/kuroyanagi-nouen
サイト紹介文長野県上水内郡飯綱町で自然農法の米、野菜、果物、を育てています。
自由文援農会員募集中、農作業体験したい方大歓迎!
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供30回 / 365日(平均0.6回/週) - 参加 2016/01/29 14:43

黒柳清春 さんのブログ記事

  • きゅうりの幹
  •  今年もきゅうりが沢山採れる。  採れ始めて既に1ケ月半程過ぎたが、全然衰えを感じさせない。  幹はだんだん逞しくなり、まるでカボチャの幹のようだ。  10円玉と比較していただきたい、その太さがわかる。  栽培している八町きゅうりの花は、雄花に対して雌花が極端に少ない。  その割合は9対1くらいだ。それでも1株から毎日7・8本は取れる。  八町きゅうりの特徴などは  2013.8.14 と 201 [続きを読む]
  • クワガタ虫
  •  今年も畑の山際のクヌギの木にクワガタ虫が来ている。 写真はノコギリクワガタのオス。角の大きさから判断して4年生? オスの下にはメスが見える。カメラを近づけると必死にメスを守ろうとする。 クワガタ虫の世界にも夫婦愛みたいのものが有るのだろうか。 クワガタ虫の観察ができます。 希望の方は連絡をお願いします。  090−9357−3911 facebookページ 日曜百姓しませんか? 援農大歓迎野菜の宅配のご [続きを読む]
  • 農園便り(キジの卵)
  • キジの卵  田植え(機械植え)が終わり、伸び放題になっていた田の斜面の草を刈っていると 突然バタバタという大きな音とともに鳥が飛び立った。 一瞬山鳥かと思ったが、すぐキジの雌だとわかった。 飛び立った後にはキジの巣があるではないか。 卵は全部で12個、親の雌キジが卵を温めていたのだ。 キジには申し訳ないが致し方ない、このままにしておいたのでは 既に草むらが無くなっているので、トビとかタヌキなどに食 [続きを読む]
  • 山菜採
  • 軽井沢からMさんが山菜採りに農園を訪れる。写真左からノビル、ウド、シイタケ、フキ、タラの芽、行者ニンニク、菜花山菜の特性や食べ方はカテゴリーの“山菜”を参照願います。facebookページ 日曜百姓しませんか? 援農大歓迎野菜の宅配のご注文受付中 くろやなぎ流自然農法とは 当農園での研修についてくろやなぎ農園のお米(2015産)お問い合わせ  [続きを読む]
  • 農園便り(味噌作りのお知らせ)
  • 味噌作りのお知らせ 4月27日(木) 9:00〜10:00(必要人数2人)  米を洗ってほとばす。 4月28日(金) 9:00〜12;00(必要人数4・5人)  米を蒸す。蒸米に種糀を付けて器械にセット。  大豆を洗ってほとばす。 4月29日(土) 午後1:00〜4:00(必要人数5・6人)  糀の切り返し。大豆を煮る。 4月30日(日) 9:00〜12:00(必要人数多数)  煮豆をつぶす。   [続きを読む]
  • 農園便り(椎茸の駒打ち)
  • 椎茸の駒打ちのお知らせ   3月下旬〜4月上旬 場所  私の家(飯綱町豊野) 参加者には原木1本プレゼント 追加希望の方には1本1000円でお分けします 原木は持ち帰りもできますし、当農園に置いておくこともできます 椎茸の種類は肉厚で大型のものです 今回打ち込むと来年の秋か再来年の春には椎茸が採れます   参加希望の方は連絡をお願いします    090−9357−3911      黒柳清春 face [続きを読む]
  • 明けましておめでとうございます
  •  新年にあたり健康について考えてみました。 今から22年前健康な野菜(食べ物)を求めて、無農薬野菜作り始めました。 数年間の試行錯誤の結果、山の腐葉土を取り入れることにより、 無農薬野菜作りがうまくいき現在に至っています。 ある時悲しい事が起こり、食欲もなくなりつらい思いをした事があります。 この時畑で土に触れながら農作業をしていると、不思議と心が和らぐのでした。 幸か不幸か人間は大きな脳がありま [続きを読む]
  • 糀作り
  •  糀2斗(約30kg)の糀を作る。 今回はUさん Iさん Oさん Mさん Yさんと 私6人で作る。 写真は糀器から取り出した糀。 好評につき来年2月頃糀作りを予定しています、 参加希望の方は連絡をお願いします。  090−9357−3911     黒柳 清春 甘酒、さごはちの作り方は2015,12.27の農園便りを参照  facebookページ 日曜百姓しませんか? 援農大歓迎野菜の宅配のご注文受付中 くろやなぎ流 [続きを読む]
  • 野菜貯蔵庫(大根、人参用)
  • 2年前(2014年12月5日農園便り参照)に作った野菜貯蔵庫に雪除けを設置する。こうしておくと雪が降っても野菜の取り出しが楽だ。昨シーズン冬の間の庫内温度を最高最低温度計で計測したところ最高がプラス6度最低がプラス2度だった。庫内は適度の湿り気があり、大根も人参も美味しくいただくことができた。facebookページ 日曜百姓しませんか? 援農大歓迎野菜の宅配のご注文受付中 くろやなぎ流自然農法とは 当農園 [続きを読む]
  • 野菜貯蔵庫(白菜、キャベツ用)
  • ビニールハウスを小さくした様な貯蔵庫に、白菜とキャベツを根が付いた状態で土間に伏せ込む。 貯蔵庫内の土は乾燥しているのでほとんど成長しない。 このため春先までとうが立つことなく美味しくいただける。 貯蔵庫に求められる条件  * 真冬になっても氷点下にならないこと  * 日中あまり温度が上がらないこと  * ネズミの侵入を許さないこと 冬を越したキャベツや白菜は甘みが増して非常においしくなる。 たぶ [続きを読む]
  • 糀作りのお知らせ
  •  12月17日(土)9:00〜11:00  米を蒸す。蒸米に種糀を付けて器械にセット。 12月18日(日)11:00〜12:00  糀の切り返し。 12月19日(月)9:30〜1100  糀を器械から取り出す。後片付け。 【場所】野村上農産物加工所    (場所のわからない方は8:50牟礼西小学校駐車場集合) 【持ち物】エプロン、頭巾、タオル、糀を持ち帰るための袋など(最終日) 米と種糀は私が用意 [続きを読む]
  • 醤油絞り
  •   今回絞った醤油は、2015年4月に仕込んだものです 醤油を絞った後に残るもろみを差し上げます。 このもろみを使って漬物を作ると絶品となります。 ご希望の方は連絡をお願いします。   090−9357−3911   黒柳 清春facebookページ 日曜百姓しませんか? 援農大歓迎野菜の宅配のご注文受付中 くろやなぎ流自然農法とは 当農園での研修についてくろやなぎ農園のお米(2015産)お問い合わせ  [続きを読む]
  • 農園便り(収穫祭)
  • 朝は飯綱山が白くなるほどの冷え込みだったが日中は晴天に恵まれ心地よい暖かさになる。皆で昼食を作り美味しくいただく。【今回の主な献立】 ご飯   新米を釜を使って薪で炊く。やはり新米は美味しい。 きのこ汁   昨日採ったハナイグチとムキタケを使う。 猪の焼肉   長野市のMさんからいただいた猪の肉を、焚火のおきで焼いていただく。 焼き芋   昨年作った焼き芋かまどを使う。 秋晴れの下子供たちと楽しい [続きを読む]
  • くろやなぎ農園のお米(2016年産)
  •  品種  ササニシキ、コシヒカリ、大粒コシヒカリ 農薬完全不使用、除草剤不使用で育てました 無肥料で育てました(田んぼに入れた物は水とわらだけ) はぜ掛け天日干しをしました 田んぼは冬期湛水 お米を希望の方は連絡をお願いします 1kg 800円(玄米、白米とも)  090−9357−3911又はメール     黒柳 清春 ササニシキ…・・・…純粋な「うるち米」・・・・・・さっぱりしていてアトピーに [続きを読む]
  • 脱穀
  • 今年も無事に脱穀を終えることができた。援農して下さった方1年間ありがとうございました。近日中にお米をお届けします。苗作りから始まり、田植え、イネミズゾウ虫捕り、田の草取り、稲刈り、はぜ掛け、そして脱穀。今年は9月の長雨の影響で田んぼがぬかるみ、バインダー(稲刈り機械)で刈ることができない所が多く苦労した。毎年思う。脱穀を終えるとなぜかほっとし満ち足りた気持ちになる。それはただ単に大きな農作業が終わ [続きを読む]
  • 収穫祭のお知らせ
  •  日 時  10月30日(日)午前9時半〜 場 所  くろやなぎ農園 飯綱見える畑       初めての方は9時20分牟礼西小学校駐車場集合 参加費  大 人  1000円       小学生  500円       幼 児   無料       援農会員 500円(その場で援農会員になれます) 持ち物  箸、どんびり又はお椀、小皿、茶碗  きのこ狩りや野菜を収穫してから昼食を作ります。 新米を薪 [続きを読む]
  • 稲刈りのお知らせ
  •  10月5日から10日の間にやります。 お手伝いしてくださる方連絡をお願いします。 都合のつく時たとえ1時間でもokです。  主な作業ははぜ掛けになります。 1時間作業をしていただくとお米1kg差し上げます。 今年はササニシキ、コシヒカリ、リュウノヒトミを栽培しました。  090−9357−3911  黒柳 清春facebookページ 日曜百姓しませんか? 援農大歓迎野菜の宅配のご注文受付中 くろやなぎ流自 [続きを読む]