POM さん プロフィール

  •  
POMさん: (超高齢ですが)二人目に出会えるまでの活動記録。
ハンドル名POM さん
ブログタイトル(超高齢ですが)二人目に出会えるまでの活動記録。
ブログURLhttp://second-ttc.seesaa.net/
サイト紹介文はじめまして、アメリカに住むPOMと申します。二人目を授かるため日々頑張っています。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供91回 / 314日(平均2.0回/週) - 参加 2016/01/29 14:45

POM さんのブログ記事

  • 40dp5dt -二回目の心拍確認。
  • もう1週間前になってしまったのですが、ちゃんと大きなマイルストーンについては後記になってもメモしようと思っていたので、遅ればせながら書き記しておこうと思います。 移植から40日が経過した12月1日、2度目のウルトラサウンドのアポイントメントのためにクリニックに行って来ました。 前回のアポイントメントが11月17日、6週4日でのアポイントメントでしたが、今回は8週4日。 何かにつけて、去年の経過と比較してしまう私 [続きを読む]
  • 26dp5dt - 心拍、あった(涙)
  • 11月17日の木曜日。午後3時過ぎのアポイントメントで、初めてのウルトラサウンドのためにクリニックに行って来ました。 これまで朝早いアポイントメントだったので、朝早くに行って来ておしまい、って感じだったのですが、今回は午後だったので一日中(!!!) ずっと緊張したままで、仕事も手につかない状態でした。 hCGの数値から着床したということはわかっていましたが、着床出来ていても胎嚢が空っぽだったりするケースもあった [続きを読む]
  • 25dp5dt - 終わらないチャレンジ。明日はウルトラサウンド。
  • 今、移植からもう25日も経ったんだ〜 と改めて思ってしまいましたが。 10月21日の移植から25日経って、明日の木曜日にはいよいよクリニックでのウルトラサウンドとなります。 hCGの値は順調に上がってくれていたものの、私の子宮の中でちゃんと胎嚢が出来てその中に胎芽が出来ていなければ、そして心拍が確認できなければ事実上の妊娠にはならないので、今までずっとニュートラルな気持ちで過ごしてきました。 というか、ニュ [続きを読む]
  • 18dp5dt - まさにPUPOな私。そして保険万歳!
  • 移植から早くも18日が経過しています。 …今はまさに、PUPO状態な私。 症状も何もなく(プロジェステロンの投薬のせいか、胸は張っているのですがこれはお薬の副作用でもあります)、ほんとに着床成功したんだよね… とPUPOな待ち時間を過ごしています。 着床はして、陽性反応をいただけたものの、ここから本当に胎嚢が確認されるのか、そしてその先に本当に心拍を確認できるまでたどり着けるのか… 44歳の高齢ですから何が起 [続きを読む]
  • 14dp5dt。 2回目のhCG判定。
  • 実際に血液を採取したのは13dp5dtでしたが、実際の数値を教えてもらえたのは14dp5dtでした、というか昨日の時点で午後に電話をもらえていたのですが、あまりにも興奮して数値が聞き取れなくて… 興奮してその後冷静に聞き返すこともできず(笑)、今日改めてクリニックから数字をもらってこのエントリを書いています。 今日は14dp5dt。そして… 月曜日、10dp5dtだった時に327だったhCGの数値は、13dp5dtの木曜日に1264まであが [続きを読む]
  • PUPOの私。13dp5dt。
  • 移植から2週間が経過し、最初の判定では陽性をいただくことが出来てホッとしたのもつかの間、今度は次の関門、そしてそれを越えたらまた次の関門、そして結局は無事に出産にたどり着けるまで、妊活・妊娠・出産・育児、と本当にずっと続いてくなぁ、と思っている今日この頃。 今日も、朝からクリニックへ7時半のアポイントメントで、血液を採取に行ってきました。 今は、移植後10日目の血液検査の値からどれくらい増えているか( [続きを読む]
  • 10dp5dt - 血液検査のhCG結果…
  • さて、フライングの結果、うっすらでも線が出ているということで気持ち的には少し(いや、かなり)リラックスして迎えた月曜日。 10dp5dtの血液検査でのhCG値の確認、となりました。朝8時のアポイントメントだったのですが、緊張しちゃってもう7時50分くらいにはクリニックに到着の私。もちろん、7時半からの患者さんたちがいるのでしばらく待合室で待つことになりましたが、私よりも前に来ていた2人がチェックインしていった後、 [続きを読む]
  • 9dp5dt - 6本目の検査薬。うっすらでも嬉しい!!
  • 10月21日金曜日の移植から9日目。9dp5dtの10月29日の日曜日、6本目の検査薬を使ってまたもやテストしてしまいました。 今回も朝いちばんのトイレで… 寝ぼけまなこの状態でテスト。で… 線の濃さは変わらないのですが、やっぱりうっすら、ではありますが、陽性を示す線が出てくれました。 さすがに、3日連続で同じような「うっすら」な線を見ると、『こういうものなのかもしれない』と思えるようになってくるというか、とにか [続きを読む]
  • 8dp5dt - 懲りずにPOAS(検査薬テスト)
  • TTC活動にはいろんな略語があって、まぁ知らなければ知らないでいたかった言葉だけど、今はかなりそういう略語もわかるようになってしまいました(汗)。 その中でも、こちらのオンラインフォーラム等で上がってくる言葉でPOASっていうのがあって… なんだろう、と思っていたら。 Pee On A Stick、ってことで妊娠検査薬でテストするってことなんですね〜 これがわかった時は、『なんだぁ!!』と思ってしまいましたが。そして8 [続きを読む]
  • 7dp5dt - うっすら? 
  • 木曜日の6dp5dt、検査薬を新しく買ってきて(アマゾンが即日配達出来なかったから!)、テストしたら真っ白だった検査薬。 移植後7日目の7dp5dt金曜日、藁にもすがる思いでまたもやテストしてしまいました。 HCGホルモン(これを検知して検査薬は結果を表示することになりますが)の濃度は朝一が良いということを聞いていたので(妊娠初期にはまだホルモンの量が少ないからでしょうか)、金曜日の朝に、思い切ってまたテスト。  [続きを読む]
  • 6dp5dtも検査薬は真っ白。そしてAmazonの未配達…
  • 5dp5dtの10月26日水曜日、家にひとつ残っていた妊娠検査薬を使ってうっかりテストしてしまった私(だって朝5時に目が覚めてもうそのことしか考えられなくていてもたってもいられなくなってしまったので、勢いでテストしてしまったんです)ですが、それにより妊娠検査薬がもう無いという状況になってしまいました。 水曜日の朝、陰性だったけれど、自分の中では『早すぎただけなんだよ』と言い聞かせてみたりしながら、でももう検 [続きを読む]
  • パイナップル祭り。
  • 日本でも都市伝説的に言われているかもしれないのですが、着床時に食べると良いとされるパイナップル。 アメリカでも同じく、パイナップルを食べるというのは移植時のTTC活動のお約束みたいになっています。 ブロメリンという酵素の効果が期待できるということらしく、缶詰ではなく(ブロメリンは熱に弱いため、殺菌された缶詰のパイナップルでは効果が期待できないとのこと)フレッシュな、葉っぱのついてるやつを買って食べる [続きを読む]
  • そして移植後6日目。6dp5dt。症状無し…
  • そしてそして…移植が21日に完了し、今日は27日。 TTC活動言葉では、今日は6dp5dt。6 days post 5 day embryo transfer(だと思うんですけどね…)となります。 TTC活動にはほんとびっくりするような略語が多くて(笑) でもこの2年でかなり解読出来るようになりましたが。移植後6日目(移植日をゼロとしてカウントした場合)の今日ですが、全くもって症状がありません(汗) 普通に眠い、だるい、というのはありますが、別段 [続きを読む]
  • 移植はあっという間に…
  • 去年、結局流産に終わってしまった移植のサイクルでは、新鮮胚移植で2つのEmbryosを移植したものでしたが、その時にはシアトルのラボまで一人仕事を抜けて運転していき、移植してさらにそのクリニック内のお部屋で鍼のセッションを入れてもらって、その後また自分で運転して仕事に戻りました。 今回は、移植に際して気分がゆったりするためのお薬(調べてみたら、Anti-depressantということで、抗うつ薬のようです)を処方されて [続きを読む]
  • いよいよ、移植の日。
  • 痛い痛いプロジェステロンオイル注射を乗り越え、とうとうやってきました10月21日の移植の日。 採卵周期などは、自分の食べるもの、採るサプリメント、それらのひとつひとつが卵のクオリティに影響する、と思ってサプリメントを頑張って採ったり(特にCoQ-10は良かったと思います… ちょっとお高めだけれど、針の先生もお勧めしているこのブランドのが良かったのではないかと… これを飲み始めて採卵の卵の数が当初の8個、から1 [続きを読む]
  • 予想より痛かったプロジェステロン注射。
  • 10月16日、Day E16でホルモンの数値が確認された後、その日の夜からプロジェステロン注射が始まったわけですが… これが、痛かった!! 思ったよりもずうぅっと痛かったですこれまでTTC活動に際する注射は全部自分で打ってきて、もうちょっとしたことでは驚かない自分になっていると思っていたのですが、このプロジェステロン注射は筋肉注射で、さらに処方されているのはオイル… しかもProgesterone in sesame oil、っていうこ [続きを読む]
  • 実は… 移植が早まりました(汗)
  • 7月に予定されていた移植がホルモン値の急降下のため延期になり、さらに8月にフロリダに行くことにしたものだから9月の移植は出来ないといわれ、11月へ順延、ということになっていたのですが… 実は、実は、移植が10月に繰り上げになってしまって(汗)、去る10月21日に無事移植を行ってきたのでした。ブログからあまりにも離れていたため、すっかり更新を忘れてしまいました。というか… きっとこのブログなんてご覧になってい [続きを読む]
  • しかしホルモン補充周期ってどうなんでしょう。
  • 今回、移植が延期となってしまったわけですが、それに際していろいろなサイトを見て勉強を(笑)している状況です。で、なんとなく、ホルモン補充周期ってどうなんだろう… って思い始めました。 私の場合は一人目を自然妊娠して産んだケースなのですが、その場合もホルモン補充周期の方が適しているのでしょうか… うーん。 悩む。確かに自然周期で移植となるとモニタリングに何度も通院したりしてちょっと面倒な部分も増えて [続きを読む]
  • ちょっとだけ気持ちが落ち着きました。
  • 水曜日の「移植キャンセル(というか、延期ですが)」というニュースに、かなり落ち込んでいた私なのですが、だいぶ持ち直してきました(笑) だいぶ。やっぱり、どう考えてもこのPityriasis Roseaの悲惨な体は普通じゃないわけで。 とってもとっても先に進みたいと思う気持ちは今でもあるわけですが、もし私の体が胚盤胞を迎えられる状態じゃないのであれば、それを押し切って先に進めることは出来ないな、と。 私の体が、今は [続きを読む]
  • なんと! 移植キャンセルになってしまった(号泣)
  • 今朝は、移植サイクルの中でもET16(Estrogene patchサイクルの最終日)で、今日の内膜の状態も「Beautiful」と言ってもらえてルンルンで移植突入気分満載でクリニックを後にしたのですが、たった今クリニックから電話があって、エストロジェンの数値が月曜日の半分になってしまっているので、今回は移植は出来ない、という事を言われてしまいました… どかーん。Progesteroneの筋肉注射の〇も油性ペンでお尻に大きく(しかも両方 [続きを読む]
  • こんな時に… Pityriasis Rosea, ジベルばら色粃糠疹って一体。
  • さて… 移植サイクルに突入したわけでしたが、実は、6月19日の父の日あたりから上半身、しかもお腹、脇、背中にかけて、猛烈なかゆみを伴う赤い斑点が出来てしまっていて、一体なんなんだこれは?! と思っていたのですが、なんとここに来て、Pityriasis Rosea - ジベルばら色粃糠疹 というものにかかってしまったという事が昨日判明しました。 どうやらウィルス性のものらしく、急速に広がって猛烈にかゆくて、掻けば掻くほどか [続きを読む]
  • 鍼の先生からいただいた、Fertility affirmation
  • 毎週一度お世話になっている鍼の先生に、「Fertility affirmation」というものを送ってもらいました。 これは、きっと先生は今の私のような状況にある患者さんにサポートのために送っているんだろうと思いますが、自分自身と対話の時間を持って(そんな時間… あるんかな私 )、その時に自分に対して発する言葉、のようなイメージですね。 アファメーション、の意味を辞書で見てみると:1. the act or an instance of affirmin [続きを読む]
  • 採卵出来た卵の数と、正常な卵との比率…
  • 日本に住んでいる高校時代の同級生で、第一回目のIVFで見事妊娠し去年の12月に可愛い娘さんを出産したお友達とメールで近況を話しているときに、私の「採卵で採れた卵の数」と「その中で正常だった卵の数」の比率が痛々しいよね、という話になりました。 彼女も今、産まれた娘さんが6か月、育児をしながらも二人目を考え始めているということで、ちょっとなんか私のエピソードが彼女をひるませてしまったかなぁ、と思って、もしか [続きを読む]