しののめ さん プロフィール

  •  
しののめさん: 東京しなやか手帖
ハンドル名しののめ さん
ブログタイトル東京しなやか手帖
ブログURLhttp://happysinoppy.hateblo.jp/
サイト紹介文好奇心旺盛な20代女子の楽しくスキルアップブログ
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供162回 / 365日(平均3.1回/週) - 参加 2016/01/30 01:52

しののめ さんのブログ記事

  • 26歳で初めて知ったことがある。
  • 先日26歳になりました。26年間とにかく落ち着いた日々がなくて朝は同じ時間に起きて学校に行って、帰ってきて、それなりに宿題などをして、それなりに自分の時間を持ちながら、寝て、起きて…の淡々とした繰り返しの日々をしたことがなかったんです。理由の一つとして家庭環境が原因なんだけどとにかく毎日ハラハラしていたし不安を漠然と抱えていたし、ストレスも感じてたし子供が抱えるようなことではない悩みな [続きを読む]
  • 疲れている時に行動することと、急いで何かをすることはやめようと誓った。
  • これは自分記録なんだけど、疲れてるときは何もしない方がいいな、とあらためて思うような出来事がおこった。わたしは疲れていても、結果のためについつい行動してしまうんだけど、それがうまくいったことがない。なんなら悪い結果になる。たぶん疲れてるから。潜在的に「やりたくないな」っておもって、やることってうまくいかないのかも。それを無視して、一昨日は買ったばかりのワンピースを一度も着ることもなく捨てな [続きを読む]
  • 人生に疲れたあなたへ「もう頑張らなくていいよ」とわたしは伝えたい。
  • わたしがはじめて「人生に疲れた」と思ったのは5年前です。ちょうど5年前の4月、東京に住んでいたわたしは一生懸命通っていた大学を泣く泣く中退しました。中退し落ち込んでいるところに「もう仕送りは送れない」と親にいきなり言われ、不安から5つのアルバイトを掛け持ちしました。わたしは小さい頃から一生懸命頑張ることが大事だと思って生きいました。両親もそういう考え方だったので上京してからはいつも「もっと [続きを読む]
  • オードリーに憧れて
  • 「"ティファニーで朝食を"のオードリーと同じ口紅をください!」とシャネルのコスメカウンターにかけこんだのは自分の誕生日のことだった。別にブランド思考ではない私だったが映画”ティファニーで朝食を”のオードリーヘップバーンがあまりにも美しくて映画の中で何度も口紅をぬる姿に憧れてしまったのだった。「映画と同じ口紅が欲しい!」とBA(ビューティーアドバイザー)さんに興奮しながら言ったけど [続きを読む]
  • GWから夏休み前に行きたい東京の美術展3つ。
  • こんばんは。しののめです。美術を見ることが好きです。毎年暇をみつけては興味がある美術展や展覧会に足を運びます。「え!美術が趣味?すごいね」と言われても困りますだって見て楽しむだけだから笑「知りたい欲」が強い私にとっては、とてもぴったりな趣味で。詳しくはないけど見てるだけで楽しい。詳しくないと見れない!と思いがちな美術ですがそんなことはなくて、ボーッと感じるままに見たらいいのです。そんな [続きを読む]
  • 美肌になる方法を考える。スキンケアの見直し生活習慣の改善。
  • 美肌になりたい!いや、美肌になり隊!1番隊の隊長のしののめです。どうもこんばんは。最近あらためて「美肌になりたいなぁ」と思っています。なぜならば鏡に向き合う時間が増えたから!鏡と向き合うことが増えるとどうしても気になってしまうのが自分の顔の粗探し…。気にしない方がいいとわかっているのですが、気になるのが女のサガ。ここの毛穴小さくならんかなぁニキビ痕ってどうしたらいいのかな [続きを読む]
  • 本が好きな私は『オンライン書店e-hon』を使っています。
  • こんにちは。しののめです。本を語った記事。本が好きな人は多いと思うので、共感した人もいると思うのですが「そうはいっても書店じゃなくてAmazonで買っちゃうのよね」なんて人も多いのでは?実は私もそうです。「書店で買いたいけど、便利なのはAmazonよねぇ」ついつい急いでいるものなどはAmazonでポチっとしてしまいます。わたしが一番に感じるAmazonのメリットは書店にないような昔に出版された本も買えると [続きを読む]
  • 偶然素晴らしい本を発見する喜びってあるよね。
  • 偶然素晴らしい本を発見する喜びってありますよね。小学生のときに「カラフル」という本と出会いました。誰に教えてもらったわけでもなく書評を読んだわけでもありません。偶然、地元の本屋さんで表紙をみて「読んでみたい」と思ったから買った本当時暇さえあれば本を読んでいた私。「カラフル」も偶然出会い、読み始めた本ですが偶然出会ったのに当時の私にぴったりなメッセージ性が入っていて、とてつもなく感動したの [続きを読む]