Zezesy さん プロフィール

  •  
Zezesyさん: Zezesy's 古都をゆく
ハンドル名Zezesy さん
ブログタイトルZezesy's 古都をゆく
ブログURLhttp://zezesy.com/travel/
サイト紹介文古刹、名勝、脱線あり、ほとんど周回遅れの回想録でございます !!
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供206回 / 365日(平均4.0回/週) - 参加 2016/01/30 17:19

Zezesy さんのブログ記事

  • 京都 平岡八幡宮  2017/03/14
  • ◆基本データ主祭神 応神天皇社格等 村社創建 大王4年(809年)周山街道沿いの名刹、高山寺、神護寺、西明寺とは少し離れたところにあって今回が初参拝の「平岡八幡宮」、本殿天井の「花の天井」、常時公開ではないのでタイミングが合わず、この時期になってしまいました。拝観の時間となって社務所から出てこられた宮司さん、軽快でユーモアいっぱいです。まずはご挨拶を、「何処から?」、「遠いところよく来てくれたねぇ」、京 [続きを読む]
  • 京都 藤森神社  2014/02/22
  • ◆基本データ主祭神 素盞嗚命社格等 旧府社創建 伝神功皇后摂政3年(203年?)本殿の様式 切妻造檜皮葺東福寺、伏見稲荷大社から深草へ向けて街道を南下、石峰寺、宝塔寺、瑞光寺を巡り、コース最終に到着した「藤森神社」、馬主、調教師をはじめ競馬関係者や多くの競馬ファンが勝運祈願に訪れるといいます。社伝によると、203年、三韓征伐から凱旋した神功皇后が軍旗や武器を治め、塚を作り祭祀を行ったのがこの神社の起こりとされ [続きを読む]
  • 京都 西来院(建仁寺塔頭) 2013/11/23
  • 西来院◆基本データ建仁寺塔頭寺西来院宗派:臨済宗建仁寺派本尊:地蔵菩薩創建:応永年間開山:蘭渓道隆建仁寺境内の北東に位置する塔頭寺院「西来院」、通常は非公開ですが2013年の秋季特別公開で初参拝、杉苔に覆われた枯山水の庭園に美しい紅葉が印象的で、以後、建仁寺を訪れる際には、閉ざされた門ながらも参道を進み正門から境内を窺うこと数度、次の公開を首を長くして待っている、私的にはそんな存在の西来院です。山門へ [続きを読む]
  • 京都 神應寺  2017/03/22
  • ◆基本データ山号 絲杉山宗派 曹洞宗本尊 薬師如来創建 貞観2年(860年)開山 行教律師開基 行教律師860年、石清水八幡宮を勧請した行教が応神天皇の霊を奉安して建立した「神應寺」、はじめは「應神寺」としていましたが天皇の号をはばかり現在の寺名に改めます。当初は四宗兼学(天台、真言、法相、律)の道場で後に曹洞宗寺院となります。本堂にある平安時代につくられた行教律師座像、1873年の廃仏毀釈により石清水八幡宮の旧 [続きを読む]
  • 京都 大原野神社  2014/02/11
  • ◆基本データ主祭神:武御賀豆智命、伊波比主命、天之子八根命、比咩大神社格等:国史見在社、二十二社(中七社)、 旧官幣中社、別表神社創建:延暦3年(784年)本殿の様式:一間社春日造小塩山の東麓に鎮座する「大原野神社」、延暦3(784)年に桓武天皇が都を奈良から長岡京へ遷都した際、藤原氏の氏神として奈良の春日大社を分霊したことが始まりとされていて嘉祥3年(850年)、文徳天皇が社殿を造営しています。社殿は春日大社を模して [続きを読む]
  • 京都 神童寺  2013/11/30
  • ◆基本データ神童寺山号 北吉野山宗派 真言宗智山派本尊 蔵王権現創建 596年(推古天皇4年)開基 聖徳太子596年、聖徳太子が開いたとされる「大観世音教寺」、もとは金峰山を拠点とした山岳仏教が栄えた地で、675年、役行者がこの山で修行した時、二人の神童の姿に変化(へんげ)して現れた地主神と吉野山諸神の助けを得て本尊を刻み、このお寺の本堂に納め、神童寺の前身「神童教護国寺」となります。その後、寺号は「神童寺 [続きを読む]
  • 京都 大谷本廟  2016/10/28
  • ◆基本データ大谷本廟宗旨 浄土真宗宗派 浄土真宗本願寺派寺格 本山飛地境内建物本尊 阿弥陀如来創建年 1272年(文永9年)別称 西大谷浄土真宗本願寺派の宗祖親鸞聖人の墓所「大谷本廟」、通称「西大谷」。親鸞聖人は1263年東山鳥辺野において茶毘(火葬)に付され、現在の知恩院山門北の地に改葬されて六角の廟堂が建立、後に親鸞聖人の御真影が安置され「大谷廟堂」と称されます。江戸時代になって知恩院の拡張造営に際し、徳川幕 [続きを読む]
  • 京都 八坂神社  2013/05/25
  • ◆基礎データ主祭神 素戔嗚尊、櫛稲田姫命、八柱御子神社格等 二十二社(下八社)、旧官幣大社、別表神社創建 (社伝)斉明天皇2年(656年)釈迦の生誕地に因む祇園精舎の守護神とされる牛頭天王を祀る「八坂神社」、以前は「祇園神社」「祇園社」「祇園感神院」「祇園さん」などと呼ばれていましたが、明治元年の神仏分離令により「八坂神社」と改められ、全国にある八坂神社、素戔嗚尊を祭神とする関連神社を含める約2,300社の総 [続きを読む]
  • 京都 圓通寺  2013/05/01
  • ◆基礎データ山号 大悲山宗派 臨済宗妙心寺派本尊 聖観世音菩薩創建年 1678年(延宝6年)開山 妙心寺10世景川宗隆開基 圓光院殿瑞雲文英尼大師比叡山を借景とする枯山水の庭園を持つ臨済宗妙心寺派の「圓通寺」、京の庭園を巡る番組ではよく紹介されるお寺のひとつですが、寺院に改められたのは江戸時代になってからのことです。元は後水尾天皇の山荘であった幡枝御殿で、比叡山を眺望できる最も優れた場所としてこの地を選ばれ、 [続きを読む]
  • 鎌倉 光明寺  2013/10/05
  • ◆基礎データ山号 天照山宗派 浄土宗鎮西派本尊 阿弥陀如来創建年 1243年(寛元元年)開山 然阿良忠開基 北条経時鎌倉駅東口から散策しながら材木座海岸を目指します。材木座海岸から少し歩いたところにある浄土宗関東大本山の「光明寺」、山門は鎌倉に現存する寺院では最大、大殿(本堂)は国指定の重要文化財になっています。創建は1243年、開山は然阿良忠上人、鎌倉四大寺院の一つ、北条経時の帰依を受けた良忠上人が佐助ヶ谷に [続きを読む]
  • 鎌倉 報国寺  2013/07/12
  • ◆基礎データ山号 功臣山宗派 臨済宗建長寺派本尊 釈迦三尊創建年 1334年(建武元年)開山 天岸慧広(仏乗禅師)開基 足利家時または上杉重兼夢窓疎石の兄弟子・天岸慧広(仏乗禅師)の開山で建武元年(1334)に創建された「報国寺」、開基は足利家時ですが、上杉重兼も寺の創設にかかわっているとのことです。室町幕府を樹立した足利尊氏は関東を治めるために四男基氏を鎌倉公方として下します。以後、四代九十年にわたって鎌倉府は [続きを読む]
  • 鎌倉 瑞泉寺  2013/07/12
  • ◆基礎データ山号 錦屏山(きんびょうざん)宗派 臨済宗円覚寺派本尊 釈迦如来創建年 1327年(嘉暦2年)開山 夢窓疎石開基 二階堂道蘊鎌倉幕府の重臣、二階堂道蘊が1327年、夢窓疎石を開山として創建した寺で、夢窓疎石に帰依した初代鎌倉公方の足利基氏から以後は、鎌倉公方足利家の菩提寺となっています。鎌倉五山に次ぐ十刹の筆頭格の位置づけ、五山文学の拠点としても栄え、夢窓派の重要な寺院として役割を担ってきましたが143 [続きを読む]
  • 京都 八坂の塔  2017/03/11
  • ◆基本データ正式名 霊応山法観禅寺山号 霊応山宗派 臨済宗建仁寺派本尊 五智如来創建年 (伝)崇峻天皇5年(592年)開基 (伝)聖徳太子別称 八坂の塔臨済宗建仁寺派「法観寺」、京都のシンボルとなっている五重塔は、高さ46m、通称「八坂の塔」とも呼ばれています。寺伝によると、聖徳太子が如意輪観音の夢のお告げにより建立します。長い歴史の中で数度の火災により焼失しますがその都度再建され、現在の五重塔は1440年に足利義教 [続きを読む]
  • 京都 八坂の塔  2017/03/11
  • 臨済宗建仁寺派「法観寺」、京都のシンボルとなっている五重塔は、高さ46m、通称「八坂の塔」とも呼ばれていています。寺伝によると、聖徳太子が如意輪観音の夢のお告げにより建立します。長い歴史の中で数度の火災により焼失しますがその都度再建され、現在の五重塔は1440年年に足利義教によって再建されたものです。塔を建てた聖徳太子が仏法興隆を夢見たことから、「夢見坂」と呼ばれる八坂通からの眺めが最も美しく見えます。 [続きを読む]
  • 京都 金福寺  2017/02/11
  • 本日最後に訪れた臨済宗南禅寺派の「金福寺」、野仏庵同様、詩仙堂から歩いて数分ながらも境内はいつもひっそりしています。864年、慈覚大師の遺志を継ぎ安恵僧都が天台宗の寺院として創建しますが、その後長い間荒廃、江戸時代になって圓光寺の鉄舟和尚により再興、臨済宗南禅寺派末寺となります。江戸時代中期には再び荒廃、与謝蕪村が再興、1867年に小説「花の生涯」に描かれている村山たか女が入寺、以後、近代になって高浜虚 [続きを読む]
  • 京都 金福寺  2017/02/11
  • 本日最後に訪れた臨済宗南禅寺派の「金福寺」、野仏庵同様、詩仙堂から歩いて数分ながらも境内はいつもひっそりしています。864年、慈覚大師の遺志を継ぎ安恵僧都が天台宗の寺院として創建しますが、その後長い間荒廃、江戸時代になって圓光寺の鉄舟和尚により再興、臨済宗南禅寺派末寺となります。江戸時代中期には再び荒廃、与謝蕪村が再興、1867年に小説「花の生涯」に描かれている村山たか女が入寺、以後、近代になって高浜虚 [続きを読む]
  • 京都 野仏庵  2017/02/11
  • 南禅寺近くにある湯どうふ料理の老舗「順正」の創始者であり、古美術愛好家で茶人でも知られている上田堪庵が創立した「野仏庵」、詩仙堂を出て少し坂を上った処にあります。葦葺屋根の正門は、幕末、維新の前夜に新鮮組に追われ、一時丹波波須知村に潜んだ際の寓居の門を移設したものです。両脇にある羊の夫婦像は穏やかな表情で入る人を出迎えてくれます。邸内には多くの石仏、石塔、石像がところ狭しと点在しています。また正門 [続きを読む]
  • 京都 野仏庵  2017/02/11
  • 南禅寺近くにある湯どうふ料理の老舗「順正」の創始者であり、古美術愛好家で茶人でも知られている上田堪庵が創立した「野仏庵」、詩仙堂を出て少し坂を上った処にあります。葦葺屋根の正門は、幕末、維新の前夜に新鮮組に追われ、一時丹波波須知村に潜んだ際の寓居の門を移設したものです。両脇にある羊の夫婦像は穏やかな表情で入る人を出迎えてくれます。邸内には多くの石仏、石塔、石像がところ狭しと点在しています。また正門 [続きを読む]
  • 京都 詩仙堂  2017/02/11
  • つい三か月前、紅葉真っただ中の時期に美しい光景を見せていただいた洛北の寺院、その中でも特に鮮やかな赤が際立って賑わった「詩仙堂」、でも今日は融けかけた雪が少し、これほど人がいない詩仙堂も初めてのことで書院からの眺めも独り占め、寂しいくらいに静かで、おかげさまで薄っすらの雪化粧を存分に、随分ゆっくりさせていただけました。こんな日もあるんですねぇ! 書院から庭園へ下りるところがいつもと変わっていて、園 [続きを読む]