Zezesy さん プロフィール

  •  
Zezesyさん: Zezesy's 古都をゆく
ハンドル名Zezesy さん
ブログタイトルZezesy's 古都をゆく
ブログURLhttp://zezesy.com/travel/
サイト紹介文古刹、名勝、脱線あり、ほとんど周回遅れの回想録でございます !!
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供171回 / 365日(平均3.3回/週) - 参加 2016/01/30 17:19

Zezesy さんのブログ記事

  • 近江 白鬚神社  2017/07/14
  • ◆基本データ主祭神 猿田彦命社格等 国史見在社、旧県社創建 (伝)第11代垂仁天皇25年本殿の様式 入母屋造別名 白鬚大明神・比良明神琵琶湖に浮かぶ朱塗りの鳥居が印象的な「白髭神社」、社伝によると垂仁天皇25年に倭姫命によって社殿が建てられたのがはじまりという、近江最古の大社としてその歴史は2000年を超えています。渡来人の祖神を祀ったという説もあり、全国にある白髭神社の総本社となっています。白鳳2年(674年)には [続きを読む]
  • 京都 安祥院  2016/10/28
  • ◆基本データ寺名 安祥院山号 なし創建 天慶5年 (942年)中興 享保10年 (1725年)開基 尊意(天台座主13世)、朱雀天皇(勅願)中興 養阿(木食上人)宗派 天台宗から現在は浄土宗本尊 阿弥陀如来像別称 日限地蔵、木食寺天慶5年(942年)朱雀天皇の勅願によって、天台座主尊意僧正が現在の南区あたりにあった乙訓郡に創建した「大薮山仁王護国院」という天台宗の寺院が始まりといわれている東山の「安祥院」、鎌倉時代の中興後、またも南 [続きを読む]
  • 京都 ゑびす神社  2016/01/31
  • ◆基本データ正式名 恵美須神社創建建仁2年(1202年)創始者 栄西(えいさい・ようさい)祭神 八代言代主大神、大国主大神、少彦名神ご利益 商売繁盛・家運隆昌・旅行安全別称 京のえべっさん西宮神社、大阪今宮神社と並ぶ「日本三大ゑびす」のひとつといわれる「ゑびす神社」、七福神の恵比寿様八代言代主神が祀られていています。「京のえべっさん」の名で親しまれ、毎年1月10日の「十日ゑびす大祭」には、商売繁盛を祈願する多く [続きを読む]
  • 京都 上賀茂神社  2013/12/17
  • ◆基礎データ主祭神 賀茂別雷大神神体 神山(神体山)社格等 式内社(名神大)、山城国一宮、二十二社(上七社)、 旧官幣大社、勅祭社、別表神社創建(伝)天武天皇7年(678年)古来、京の人々から「上賀茂さん」の名で愛されている「上賀茂神社」、正式名称は「賀茂別雷神社」、社伝によると神武天皇の御代に賀茂山の麓の御阿礼所に賀茂別雷命が降臨したと伝わり、かつてこの地を支配していた古代氏族「賀茂氏」の氏神を祀る神社とし [続きを読む]
  • 京都 下鴨神社  2013/12/17
  • ◆基本データ主祭神 玉依姫命、賀茂建角身命社格等 式内社(名神大)、山城国一宮、二十二社(上七社)、旧官幣大社、勅祭社、別表神社創建 不詳(崇神天皇7年頃?)賀茂別雷神社(上賀茂神社)とともに賀茂氏の氏神を祀る「下鴨神社」、正式には「賀茂御祖神社」で、祭神は上賀茂神社の祭神・賀茂別雷神の母「玉依姫命」と玉依姫命の父の賀茂建角身命、上賀茂神社と併せて賀茂神社(賀茂社)と総称されます。当神社がまつられたのは、崇 [続きを読む]
  • 京都 広隆寺  2014/02/23
  • ◆基本データ山号 蜂岡山宗派 真言宗系単立本尊 聖徳太子(上宮王院本尊)創建年 推古天皇11年(603年)or 推古天皇30年(622年)開基 秦河勝別称 蜂岡寺、秦公寺、太秦寺京都市右京区太秦にある現存する京都最古の寺院「広隆寺」、このあたりは古くから渡来人の秦氏が住んでいた地域で、氏族の長、秦河勝が聖徳太子から仏像を賜り、それを本尊として推古天皇11年(603年)に草創され、推古天皇30年(622年)に創建されたと伝わりま [続きを読む]
  • 京都 安井金比羅宮  2016/01/31
  • ◆基本データ主祭神 崇徳天皇・大物主神・源頼政社格等 郷社創建 元禄8年(1695年)悪縁を断ち切って良縁を結ぶ、今で言う「縁のパワースポット」として人気の神社「安井金比羅宮」、祇園の花街の近くにあって昔から「安井の金比羅さん」の名で親しまれています。天智天皇の時代、藤原鎌足が子孫繁栄を願って建立した「藤寺」が前身です。平安時代末期、この寺院の藤を愛した崇徳天皇は、伽藍を改築して寵愛する阿波内侍を住まわせ [続きを読む]
  • 京都 上御霊神社  2015/09/29
  • ◆基本データ主祭神 崇道天皇,他部親王,井上皇后,火雷神,藤原大夫神,文屋宮田麿,橘逸勢,吉備大臣社格等 府社創建 貞観5年(863年)貞観5年(863年)5月20日、平安京の神泉苑で催された御霊会が創祀とされている「上御霊神社」、平城京からの長岡京への遷都の立役者である藤原種継の暗殺事件の首謀者として桓武天皇が実弟早良親王を乙訓寺に幽閉。親王は無実の罪を訴えながら淡路国へ送られる途中に憤死します。祟りを怖れた桓武天 [続きを読む]
  • 京都 霊山本廟  2017/03/21
  • ◆基本データ寺名 興正寺別院・霊山本廟宗旨 浄土真宗宗派 真宗興正派親鸞聖人廟所があり、歴代御門主及び門信徒の墓所清水寺から祇園円山公園へ向かう小道のちょうど中間右手に参道の入口があり、山手に参道を進みます。京都の中でも観光客で賑わう有数のスポットですが、ここから本廟に向かう人はほとんどいません。本堂は解放されていて自由に参拝ができます。さらに奥手に進み宗祖の遺骨が納められている本廟へ着きます。参道 [続きを読む]
  • 京都 六道珍皇寺  2014/09/13
  • ◆基礎データ山号 大椿山宗派 臨済宗建仁寺派本尊 薬師如来創建年 (伝) 承和年間(834年〜848年)開基 (伝) 慶俊東山にある臨済宗建仁寺派の「六道珍皇寺」、創建は延暦年間(782年〜805年)とされ、開基は、奈良の大安寺の住持で弘法大師の師にあたる慶俊とされていますが、創建時の記録が明確に残されていないようで諸説あるようです。鎌倉時代までは東寺の末寺として多くの寺領と伽藍を持ちますが、南北朝時代以降、寺領の多く [続きを読む]
  • 奈良 白毫寺  2015/05/30
  • ◆基礎データ山号 高円山宗派 真言律宗本尊 阿弥陀如来創建年 (伝)霊亀元年(715年)開基 (伝)勤操春日山の南に連なる高円山の山麓にある真言律宗「白毫寺」、天智天皇の皇子である志貴皇子の没後、皇子の山荘跡を寺としたのがはじまりとされています。都が京都に遷るにつれて衰退していきますが、鎌倉時代には僧・叡尊が復興させ、弟子の道照が宋から一切経を請来したことから「一切経寺」とも呼ばれ庶民信仰の場として栄えます。 [続きを読む]
  • 奈良 新薬師寺  2015/05/30
  • ◆基礎データ山号 日輪山宗派 華厳宗本尊 薬師如来像創建年(伝)天平19年(747年)開基 光明皇后奈良市街地の南東方、春日大社の二の鳥居の南方に位置する華厳宗寺院「新薬師寺」、寺伝によると天平19年(747)に光明皇后が、聖武天皇の眼病が治るように行基に建立させ、七仏薬師如来を安置したといわれています。奈良時代には南都十大寺の1つに数えられ、最盛期には4町四方の広大な寺領に金堂、東西両塔などの七堂伽藍が建ち並ぶ大 [続きを読む]
  • 奈良 長谷寺  2015/08/12
  • ◆基礎データ山号 豊山宗派 真言宗豊山派寺格 総本山本尊 十一面観音(重要文化財)創建年 奈良時代(8世紀前半)開基 道明札所 西国三十三所8番桜井市にある真言宗豊山派総本山の「長谷寺」、西国三十三所観音霊場の第八番札所であり、日本でも有数の観音霊場として知られています。朱鳥元(686)年、僧道明上人が天武天皇のために銅板法華説相図(国宝)を西の岡に安置したことが始まりといわれています。平安時代には貴族、江戸時代 [続きを読む]
  • 奈良 室生寺  2015/08/12
  • 山号 宀一山(べんいちさん)宗派 真言宗室生寺派寺格 大本山本尊 釈迦如来(国宝)創建年 宝亀年間(770年 ? 781年)開基 賢憬(賢璟)別称 女人高野奈良盆地の東方、三重県境に近い宇陀市にある真言宗室生寺派大本山「室生寺」、東宮山部親王(後の桓武天皇)の病気が祈祷により見事に回復され、天皇の発願で興福寺の僧賢憬により建立されたということです。女人禁制だった高野山に対して女性の参詣が許されていたことから「女 [続きを読む]
  • 城 犬山城有楽苑(如庵)  2017/06/03
  • ◆基礎データ如庵創建年 元和4年(1618年)創建者 織田有楽斎旅路 京都祇園→東京麻布→神奈川大磯→愛知犬山特記 現存する国宝茶席3名席のひとつ元和4年(1618年)、利休十哲に挙げられる尾張の国が生んだ大茶匠・織田有楽斎(信長の実弟)が京都建仁寺に建てた茶室「如庵」、京都山崎の妙喜庵内の待庵、大徳寺龍光院内の密庵とともに、現存する国宝茶席3名席のひとつです。如庵がある有楽苑には、他に重要文化財「旧正伝院書院」 [続きを読む]
  • 城 犬山城  2017/06/03
  • ◆基本データ別名 白帝城城郭構造 平山城天守構造複合式望楼型 3層4階地下2階(1620年改)築城主 織田広近築城年 1469年(文明元年)廃城年 1871年(明治4年)江戸時代までに建造された「現存天守12城」のひとつ、現存する日本最古の様式を持つ天守の「犬山城」、また姫路城、松本城、彦根城、松江城と並んで天守が国宝指定された5城のうちのひとつでもあります。天文6年(1537年)、織田信長の叔父、織田信康によって木之下城より城 [続きを読む]
  • 城 岸和田城五風荘庭園 2015/04−2017/03
  • 邸宅 近代和風建築物岸和田市指定有形文化財形式・構造 木造建築年 1929年庭園 池泉回遊式庭園岸和田市指定名勝岸和田城二の郭の「新御茶屋」、「薬草園」の跡地に旧寺田財閥当主家別邸として昭和4年から10年かけて建設された「五風荘」。近代和風建築と回遊式日本庭園で面積は約8,000?、園内には「山亭」・「八窓席」・「残月席」の3つの茶室が設けられています。当初、岸和田所縁の武士楠木正成の姓に因んで「南木荘」と呼ばれ [続きを読む]
  • 城 岸和田城 2015/04−2017/03
  • ◆基本データ別名 岸ノ和田城、滕城、蟄亀利城、千亀利城城郭構造 輪郭式平城天守構造 複合式望楼型5重5階(慶長二年、1597年築)複合式層塔型5重5階(元和五年、1619年改)現在:連結式望楼型3重3階、外観復興天守(昭和29年、1954年再)築城主 信濃泰義?築城年 応永年間(1394年‐1428年)建武新政期に楠木正成の甥、和田高家が岸和田の古城を築城、天正13(1585)年、紀州征伐で敵対する根来衆・雑賀衆を討滅した羽柴秀吉は、 [続きを読む]
  • 近江 湖東三山西明寺  2017/05/12
  • ◆基本データ山号 龍応山宗派 天台宗本尊 薬師如来創建年(伝)平安時代初期開基(伝)三修上人平安時代の初期、承和元年(834年)仁明天皇の勅願により三修上人が開山した天台の古刹「西明寺」。創建後、室町時代に至るまで「国家鎮護と五穀豊穣、病気平癒」等を祈願する祈願道場として、また僧侶を育成する修行道場として栄え、寺領二千石と山林数町歩が与えられ、十七の諸堂と僧坊三百を有する大伽藍となります。鎌倉時代には源 [続きを読む]
  • 近江 湖東三山金剛輪寺  2017/05/12
  • ◆基礎データ山号 松峯山宗旨 天台宗本尊 聖観世音菩薩(秘仏)創建年 (伝)天平13年(741年)開山 行基・聖武天皇(勅願)天平13年(741年)聖武天皇の勅願で行基菩薩によって開山された天台の巨刹「金剛輪寺」、湖東三山のひとつです。鎌倉時代の代表的な和洋建造物として国宝に指定されている本堂、堂内には御本尊秘仏聖観音菩薩像をはじめ、阿弥陀如来坐像、十一面観音立像など平安から鎌倉時代の仏像十一体が国の重要文化財 [続きを読む]
  • 近江 湖東三山百済寺  2017/05/12
  • ◆基礎データ山号 釈迦山(しゃかさん)宗派 天台宗本尊 十一面観音創建年 (伝)推古天皇14年(606年)開基 (伝) 聖徳太子今から約1,400年以上も昔、推古14年(606年)、渡来人のために聖徳太子が創建したといわれる近江最古刹「百済寺」。平安時代には、近江国の多くの寺院と同様、比叡山延暦寺の勢力下に入り天台宗の寺院となっています。御本尊は像高2.6mの十一面観音、鎌倉時代になると「天台別院」と称され、約1,300人が居住す [続きを読む]
  • 京都 宝積寺  2017/03/17
  • ◆基本データ山号 天王山、銭原山(旧・補陀洛山)宗派 真言宗智山派本尊 十一面観音立像創建年 伝・神亀元年(724年)開基 伝・行基、聖武天皇(勅願)別称 宝寺、大黒天宝寺山城国と摂津国の境、木津川、宇治川、桂川の三川合流地を望む天皇山の中腹に位置する「宝積寺」、寺伝によると神亀元年(724年)、聖武天皇の勅願により行基が建立したと伝えられます。龍神が唐土からもたらした打出と小槌が祀られていることから、「宝寺 [続きを読む]
  • 京都 神護寺  2017/03/14
  • ◆基本データ山号 高雄山宗派 高野山真言宗寺格 遺迹本山本尊 薬師如来(国宝) 創建年 天長元年(824年)開基 和気清麻呂正式名 高雄山 神護国祚真言寺別称 高雄神護寺古くは「高雄山寺」と呼ばれ、平安京造営に尽力した和気清麻呂の墓が築かれた和気氏の私寺だった「神護寺」(正しくは「神護国祚真言寺」)、平安時代になって、最澄が法華経を講義したり、空海が一時期住して密教の灌頂をしたりと、当時、新しい仏教の発展に重 [続きを読む]
  • 京都 平岡八幡宮  2017/03/14
  • ◆基本データ主祭神 応神天皇社格等 村社創建 大王4年(809年)周山街道沿いの名刹、高山寺、神護寺、西明寺とは少し離れたところにあって今回が初参拝の「平岡八幡宮」、本殿天井の「花の天井」、常時公開ではないのでタイミングが合わず、この時期になってしまいました。拝観の時間となって社務所から出てこられた宮司さん、軽快でユーモアいっぱいです。まずはご挨拶を、「何処から?」、「遠いところよく来てくれたねぇ」、京 [続きを読む]
  • 京都 藤森神社  2014/02/22
  • ◆基本データ主祭神 素盞嗚命社格等 旧府社創建 伝神功皇后摂政3年(203年?)本殿の様式 切妻造檜皮葺東福寺、伏見稲荷大社から深草へ向けて街道を南下、石峰寺、宝塔寺、瑞光寺を巡り、コース最終に到着した「藤森神社」、馬主、調教師をはじめ競馬関係者や多くの競馬ファンが勝運祈願に訪れるといいます。社伝によると、203年、三韓征伐から凱旋した神功皇后が軍旗や武器を治め、塚を作り祭祀を行ったのがこの神社の起こりとされ [続きを読む]