野呂夕貴 さん プロフィール

  •  
野呂夕貴さん: 毎日のゆる薬膳とハーブの生活〜My Table〜
ハンドル名野呂夕貴 さん
ブログタイトル毎日のゆる薬膳とハーブの生活〜My Table〜
ブログURLhttp://ameblo.jp/yuki-noro1121/
サイト紹介文国際中医薬膳師の簡単に実践できるシンプル薬膳と、西洋ハーブ・和のハーブ両方を取り入れたスローライフ
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供93回 / 365日(平均1.8回/週) - 参加 2016/01/31 17:12

野呂夕貴 さんのブログ記事

  • アスパラガスで元気付けとむくみ対策
  • 北海道からアスパラガスわ〜い茹でて食べるのが一番美味しいですが…サラダにしたり、和え物にしたりジューシーなアスパラお肉に巻いたりポーチドエッグを中に入れてチーズと共に焼いてみたり??薬膳的にはアスパラ(苦甘/微涼)効能 : 補気・滋陰・清熱・生津・利水適応 : 口渇・むくみ作用 : 免疫力向上・血中脂質抑制・降圧 など(参照 日本中医食養学会「食品性味表」より)気を補い元気を付け体を潤し余分な熱を取ってくれて、 [続きを読む]
  • デトックスウォーター2種
  • 湿がたまるこの時期摂る水分も気をつけなければ甘いものは湿が溜まりやすくなりますので、砂糖類が入っている飲みものはコップ1杯程度に私の1日の摂取水分量はだいたい2〜2.5リットル喉がよく乾くほうなのでもっと飲むことも出来るのですが、あまり多く摂りすぎると内臓も疲れてしまうので、ほどほどにしています今日はデトックスウォーターを作ってみました左)赤紫蘇ジュース、ぶどう酢、玫瑰花右)きゅうり、レモン、ミントぶど [続きを読む]
  • 胃の不快感や疲れに赤紫蘇ジュース
  • 今年もまた赤紫蘇ジュースの季節です三重県産の赤紫蘇袋にジュースの作り方と分量が書いてありますだいたいどのレシピを見てもこのような割合ですね昨年はこの通り作りましたしかし今年はちょっと分量を変えてみました赤紫蘇一袋はそのままに、水1200cc、砂糖250gに砂糖を200gまで減量したいと思いましたが、保存食なのである程度の糖分は必要単純に分量を3分の2にするのではなく、ギリギリのところまで甘みを抑えてみましたちょ [続きを読む]
  • お豆腐のレアチーズケーキ
  • 今日は母の誕生日でしたチーズケーキが好きな人なのでヘルシーにお豆腐を使って一つの器に流し込みました生クリームも使わないし、クラッカー?バターでの土台もなしスプーンですくって、フルーツソースをかけてオレンジ??ソース甘夏でも美味しそう今の季節ならブルーベリーやチェリーでもいいですね今回はゼラチンを使いましたが、必要ないかもチーズの力である程度固まりますし、型抜きしなくてもいいなら、柔らかい方が美味 [続きを読む]
  • 夏の常用薬味バジル
  • わさわさ成長してくるバジル一番育てやすいハーブですねインスタでもこの時期は自家製のジェノベーゼを作っている方がたくさんいらっしゃいますそして我が家もジェノベーゼと言えばナッツは松の実ですが、カシューナッツだったり胡桃(クルミ)だったり具材も色々でみなさんオリジナリティがありますね地元の農家さんの新鮮なインゲンがありましたので、こちらを使って好みですが、私は仕上げにさっぱりとクエン酸(レモン汁??)を [続きを読む]
  • 中国四大珍味、ヤマブシタケ
  • 以前、「ヤマブシタケ」についてはまた書きますねと言っていましたねヤマブシタケは西太后が好んで食べたと言うキノコで、燕の巣・熊の掌・なまこと並んで中国四大珍味と呼ばれています燕の巣がフカヒレに代わると四大山海珍味となるようですが(^ ^)下はほぐしたものですふわふわしています特に際立った味や香りはありませんが、その分色々な料理に使えます以前はマリネに今回は炒めものにスープなども合うかなお料理をするとキノ [続きを読む]
  • えごまの薬膳的効能
  • 産直市場では、エゴマ製品を色々購入してきましたエゴマの産地と言えば、この辺りでは岐阜県ですねこちらも岐阜県土岐産でしたエゴマの実が練りこまれてる蕎麦右隣はすりつぶしたものエゴマは食べると言うより、油を日常に取り入れている方のほうが多いかな体内では生成されないα-リノレン酸を含み、アレルギーを予防したり、動脈硬化や高血圧を改善する効果があると言われていますえごまの実(辛/温)帰経 : 肺・脾・胃効能 : 降 [続きを読む]
  • 薔薇の終わりと紫陽花のはじまり
  • 先週の水曜日のことです三重県桑名市のなばなの里に、薔薇と紫陽花を観に行きましたベゴニアガーデンを抜けた所にバラ園があります薔薇はまだ綺麗でしたが、あと少しといったところやはりこの時季、一度は薔薇が観たいですねそしてこれからが本番の紫陽花・花しょうぶまつり昨年は行くのか遅かったのですhttps://ameblo.jp/yuki-noro1121/今年は紫陽花の群生にはまだちょっと早かったですが、展示のあじさいロードはとっても綺麗 [続きを読む]
  • 利水と清熱の緑豆はるさめサラダ
  • スープなどに入れて年中食べている緑豆春雨ですが、やはりこれからの時期は登場回数が多くなりますね調理法もサラダなどで和風、中華風、アジア風など味付けも色々楽しめるし、具材のバリエーションも毎回違います炒り卵や厚揚げを刻んだものを入れたり、ナッツを加えたり…今回は緑豆春雨・鶏ミンチ・大豆・人参・きゅうり健脾類もプラスしてタレにはお酢をすだちやカボスなどの柑橘類でもいいですし、巡りの為に行気類も少々加 [続きを読む]
  • 滋賀の旅〜ローザンベリー多和田②〜
  • 園内にはガーデニンググッズも販売していましたわざとくすんだり汚れたように仕上げてあるポットや、イギリスの職人による手作りの植木鉢ウィッチフォード・ポタリーと言うメイカーだそうお値段ははります(笑)使われているヴィンテージレンガもまた素敵なんですよね石張りもこう言うのなら、年月が経ってもいい感じですスタッフさんが使っていたジョーロがおしゃれで、「どこのものかな?」と思っていたところ、こちらもイギリス [続きを読む]
  • 空豆と新じゃがいもの補気&健脾ポタージュ
  • 空豆を新じゃがいもと一緒にポタージュにしました優しい味です薬膳的に空豆(甘/平)補中・補気・健脾・利湿消化機能を円滑にさせる為の手助けをし、パワーを出しつつ脾の働きを助け、カリウムが含まれるので余分な湿を出してくれる…感じですもちろんビタミン類や葉酸などもじゃがいも(甘/平)和胃・調中・補気・健脾お腹辺りを温め、胃や消化器辺りを調整し、空豆と同じく消化機能を円滑にしてくれます同じく和胃効能(胃の機能を調 [続きを読む]
  • 滋賀の旅〜ローザンベリー多和田①〜
  • 素敵なお庭を観てきましたのどかな地域滋賀県米原市にある「ローザンベリー多和田」体験型のイングリッシュガーデンです入り口にはお花・苗木屋さんがあります気持ちのいいお天気でしたスタッフの皆さんによって丁寧に手入れされたお庭いちいちおしゃれでいいなぁ今はバラが満開の時期なようです寄せ植えには紫陽花もいつかの庭造りの参考にしたいですね(そんな広い土地はないか! 笑)今回はお庭散策だけでしたが、季節によりBBQ [続きを読む]
  • 今からが旬 万願寺とうがらしの甘辛煮
  • 今からが旬になる京野菜の万願寺とうがらし立派なものを頂きましたさっそく調理甘辛煮天ぷらにしたり、ソテーにしたり調理方法は色々ですが、とても食べやすい優しい味カリフォルニアのピーマン種、カリフォルニア・ワンダーと伏見とうがらしとの交配種だそうで、薬膳的にはいいとこ取りだと思いたいのですが、辛味がほとんどないと言う事で、ピーマンの効能に近いのではないかと想像できますいずれにしても「理気」の類かな気巡 [続きを読む]
  • 滋賀の旅〜せんねん灸のアンテナショップ〜
  • 黒壁スクエアの中に、せんねん灸のショップがあります店名「せんねん灸でござる」だからおサルさんがいたのね(???)近くにある岐阜県伊吹山では昔からたくさん採れる上質のヨモギ現在では日本産のヨモギは貴重品となりましたが、織田信長が薬草園を作ったと言われているこの辺りは、お灸の郷なんですね前々から行きたかったのですが、ゆっくり訪れたのは初https://www.sennenq.co.jp/company/antenna.htmlラインナップがすごい [続きを読む]
  • 滋賀の旅〜琵琶湖水陸両用観光バス〜
  • お隣の滋賀県まで母と小旅行久々に長浜市の黒壁スクエアに水陸両用のこのバスに乗って、琵琶湖を見学(所要時間45分)雨が降ってなくて良かった雨でも出航するそうですが、陸を走っている時は結構なアトラクションと化するみたいです(笑)お昼に郷土料理だと言う「のっぺいうどん」なるものを食べました大きな椎茸が特徴のようですめっちゃハードなあんかけにおろし生姜体温まりすぎるわ(笑)この日は真夏日で、さらに歩いているので [続きを読む]
  • 凝縮リコピンで体の酸化対策
  • 今日も暑かった〜家事をわさわさ頑張っていると汗ばんでくる季節になりました5月になってから、食卓に並ぶメニューもかなり変化してきていますあたりまえですよね、旬のものが変わってきているのだから(^◇^;)ちょっと南国気分でガーリックシュリンプを作ってみたり…(まぁ、海老?ガーリックは体を温める方向に向かいますが、ガーリックは血流を促してくれますし、五性に関しては他メニューとのバランスを取りながら)アボカドを [続きを読む]
  • うずらの卵で免疫力アップ
  • うずらの卵皆さんはどれくらいの頻度で食べますか?ゆでて剥くのが少々面倒なイメージがあり、我が家はあまり取り入れてきませんでした今まではお弁当に時折入れるくらいでしょうかしかし、実際に常備するようになると…鶏卵に比べ茹で時間も短くて済みますし、軽くヒビを入れて流水で殻を取ると意外や簡単に剥ける面倒だと思わなくなりましたうずらの卵は鶏卵よりも栄養価が高かったり(特にビタミン類や鉄分)、免疫力を上げたり [続きを読む]
  • 疲れ目と体の熱に〜菊花
  • 春から菊花をよく使っていますお刺身などのあしらいによくあるあの食用の菊の花(中薬の菊花はまた種類が異なります)ドライにしたものはお茶で飲んだりすることはあっても、生花はあまり食べない…かな?特に味はしないのですが、パラパラとかけるだけで華やかにこのサラダには中にも混ぜ込んであります写真はおからサラダたくさんあれば茹でて冷凍してもいいですし、乾燥させてお茶に入れても生菊をハーブティーにハーブ類と一緒 [続きを読む]
  • これからの時期の毎日ハーブ
  • 今年もハーブがたくさん採れる季節になりました毎日少しづつ収穫右上はデカくなり過ぎた大葉ですここまでなる前に採らないとですが(^.^)さて、今年のラインナップも大して例年と変わりませんが、違うことと言えば、苦手なのにパクチーに手を出しましたドライは大丈夫だけれど、生はどうしても食べられないパクチー近年パクチー専門店などもできて人気高いですよね〜スーパーでも加工品、よく見ますしかしながら、植えてから2、3日 [続きを読む]
  • 今年の母の日は深蒸茶
  • 昨日は母の日でした義母にはピンクのカーネーションお店の方曰く、この生産者さんは本当におすすめ!との事で購入させて頂いた「クレア」卸はこちらの業者さんhttp://www.japanagribio.co.jp/生産をどちらに委託されているのかは分かりませが、とにかく株が強く色鮮やかで良い品なんだそうピンクのカーネーションの花言葉は「感謝」母には山紫陽花を山紫陽花が入荷されるのは珍しく、数年ぶりだよとの事でこちらに普通の紫陽花と [続きを読む]
  • 桑名の蛤〜丁子屋〜
  • 先月末ですが、桑名に旬の蛤を食べに創業170年、丁子屋と言う日本食店なのですが、この季節はやはり蛤焼き蛤とお雑炊や茶碗蒸し蛤のお出汁がきいていてとても美味しいハマグリ(甘鹹/寒)の薬膳的効能は…滋陰・利水・化痰・散結など体を潤すことで熱を冷ましたり、利水効果で水分の代謝をよくしたりとデトックスにも効果的むくみ(水毒)、黄疸、子宮筋腫、のどのつまり感などの緩和に期待できます栄養素としては鉄分やビタミンB12、 [続きを読む]
  • よもぎ摘み
  • 先日に続いてよもぎネタです今日はなんとか雨は降らず、よもぎ摘みができました実家近所の堤防で採りますよあるかな〜母親と一緒に摘んでいたのですが、なんだか二人とも途中で不安になり…「これってよもぎ?ブタクサじゃない?」「トリカブトっぽくない?」(←まさか)とか何とか言いつつ、ネットでよもぎの画像を見ながら集めてきましたよもぎはかなりの種類があり、似たような植物も多い為、見れば見る程不安になりました(笑) [続きを読む]
  • 愛媛県宇和島産のよもぎ湯
  • 夕方、諸用で外に出たら寒い寒い!お昼間はコートもいらなかったのに晩ごはんメニューにちょっと温め系を加え、お風呂はよもぎ湯に愛媛県宇和島市にある、市の障害者施設「ゆいの里」さんの製品包装は鈴鹿市の「きれいサポートステーション」さんが手がけているそうです頂き物ですモミモミしていると、うす緑色のお湯になりましたよもぎのいい香りご存知の通り、よもぎは体を温めます使って食べて、本当に万能な植物これは、実家 [続きを読む]
  • ワカメのしゃぶしゃぶ
  • 今晩は、春のワカメでしゃぶしゃぶ火入れする前は少々グロテスク(笑)豆腐と豚肉と一緒にぽん酢でいただきますお出汁はこちらしゃぶしゃぶは昆布だしが基本なのでしょうが、今回はちょっと変化球お肉は先にしゃぶしゃぶしましたが、時間をかけると硬くなるので一度引き上げておきます灰汁をしっかりきれいに取ったら、お豆腐投入最後にワカメをさっと火通し豚肉も戻して温めますちょっと手間ですが、しゃぶしゃぶしながらと言うよ [続きを読む]
  • 新しょうがのはちみつ煮
  • 出回り始めた新生姜なんだか形が可愛いですよね万歳してるみたいまずははちみつ煮にしてみましたアクを取りながらコトコトと生姜シロップはお菓子作りやドリンクにも使えて便利生姜から出た水分だけで作ると比較的日持ちしますが、今回は少々水を加えたので早めに使いたいと思います今日はよく雨が降りました朝晩はまだまだ冷えを感じます(特に足先)「寒っ!」と思うことはあっても、体の中に熱を持っているような感覚はまだない [続きを読む]