もる さん プロフィール

  •  
もるさん: Last Train Homeを聴きながら
ハンドル名もる さん
ブログタイトルLast Train Homeを聴きながら
ブログURLhttp://28618.blog.fc2.com/
サイト紹介文16番(HOゲージ)鉄道模型のプラ製品を中心に製品レビューや鉄道模型の加工記事を掲載。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供60回 / 365日(平均1.2回/週) - 参加 2016/02/02 15:26

もる さんのブログ記事

  • カウンター9000超えと夢の世界
  • 本日もご来場?ありがとうございます。梅雨も明けて夏本番、撮影旅行の算段をしている方もいらっしゃるでしょうね。最近はめっきり撮影に行かなくなってしまいました。専ら模型専門状態です。前回までの記事に興味を持って頂いたお陰でカウンターも思いの外早く9000を超えて居ました。ありがとうございます。さて数字に因んだ車両をと考えました。通学で慣れ親しんだ小田急9000形や職場で良く見る東武9000系など色々有りますが、写真を撮 [続きを読む]
  • 祝再販!! KATO 16番(HO)EF651000番台を綺麗に仕上げよう④
  • 再販から約1ヶ月になりますが、皆さんの65PFは完成しましたでしょうか?折角買った模型です。仕舞い込まないでめいいっぱい楽しみましょう。手摺一つ付けるだけでもうあなたの車両に変身します。さてそこそこ判りやすくナビゲートしたつもりでしたが、伝わりましたでしょうか?もる流の完成品いじりはこの辺りで終了です。 鉄道模型の楽しみは様々で特定の車両、特定の時代と掘り下げて楽しむ事も勿論可能。トータルでらしく見えれば問題 [続きを読む]
  • 祝再販!! KATO 16番(HO)EF651000番台を綺麗に仕上げよう③
  • 前回で目出度く車体と足回りが合体。今回の更新でEF65の部品取り付けは目出度く終了して〆に入ろうと思って思っておりましたが、手摺の取り付けに言及するのを忘れて居りました。発売から2週間くらい経ちますので既に作業完了!という方も多いとは思われますが、もう少し続けたいと思います。KATO製品手摺取り付け方①これはカタログに載っている方法。ランナーを長めに切り出し、差し込んだ後にランナーを取り去るやり方です。曲面が有るよう [続きを読む]
  • 祝再販!! KATO 16番(HO)EF651000番台を綺麗に仕上げよう②
  • 今年も暑くなって来ました。小まめな水分、ミネラル、そして「鉄分」を補給して夏を乗り切りましょう。さてこの部品を取り付ける企画、平行して行っている方が居るか居ないか判りませんが、好評な様でコーヒー飲みながらなどと悠長な事を行って居られない様です。気合を入れて場内進行!  今回は外したままの車体を料理します。作業し難い正面のインレタ貼りからスタートします。インレタは貼り付けるシートから必要な文字を切り出す事からスタートします。 [続きを読む]
  • 祝再販!! KATO 16番(HO)EF651000番台を綺麗に仕上げよう①
  • 皆様の鉄道にもPFは到着しましたでしょうか?どんな仕様に仕上げようかと思い巡らせている頃合でしょう。以前発売された時には、JR東西の再現がし易い様、Hゴムやモニタールーフがセットになったパーツセットがラウンドハウス名義で発売されおりましたが、今回そちらの再販は無く、下の様な姿を再現となると一寸手間が掛かります。今回購入したPFは、時計の針を巻き戻して、特急やジョイフルトレイン全盛の東京機関区時代をイメージした姿で楽しみたいと思います。EF5 [続きを読む]
  • KATO EF65 1000後期型回着!!
  • いやー待ちました。前回の生産から何年でしょう?カトーは寝て待てとは言いますが、しんどかったです。やはり一家に1台は65PFは必要だと思います(世代の問題?)。   かつて持っていたPF後期たちは、故有って泣く泣く手放さずには居られなかった経緯が有り、近々再生産するだろうと高をくくり売却した為、痛い目に遭った次第です。今回の再生産はとても有難いと同時に、こういう基本形式はいつでも買える状態でも良いのでは無いかと [続きを読む]
  • イチからチキ5200を作ろう④ 16番(HO)
  • チキ5200を作るの4回目です。前回の更新時、エコーモデルのパーツを取り付ける内容の工作を考えていましたが、一回仮組をして寸法の違和感や干渉が無いかを当たる事にしました。以前にも書きましたがコキ由来のチキ5200には床板が有りませんが、模型では強度を考えて床板にディテールを盛り込んで行く設計に変更します。板圧は1?のプラ板にφ3.2?のプラパイプを嵌め込み接着してセンターピンに、ネジ山は台車付属のビスでセルフタッピングでお手軽に作っておしまい [続きを読む]
  • 速報、概要が明らかになったDD200
  • 大宮鉄道ふれあい祭りにてDE10型の最終全検が告知されましたが、純然たる後継機種は不在の状態です。ご存知のように現在入換えに用いられるハイブリッド機HD300は、本線走行を考慮されておらず、線路が有る所ならどこへでも行けるDE10の置換えとしては力不足の感が否めませんでした。                            ※写真はHD300です。が、近々登場が予測されて居りましたがDE10の完全置換え用のマルチパーパス [続きを読む]
  • イチからチキ5200を作ろう③ 16番(HO)
  • パソコンの調子が悪く、最初から書き直しになったりと心が折れましたが、気を取り直して行きます!!そしてこちらも気を取り直してチキ5200製作再開1コマ目から地味な写真ですが、1?四方のブロックをひたすら切り出します。出来損ないも発生しますから必要数より余計に作ります。この作業に気乗りがせず滞ってたのも一つの要因です。今回の作業のメインは端梁の作成でしょうか。前回チキ6000を作った時は強度を考え縮尺より大分厚みを持たせて作り [続きを読む]
  • HO(16番) タキ43000増備
  • 今まで発売予定のポスターにHOの文字がとんと見当たらなかったKATOがここ最近、怒涛の再生産ラッシュを繰り広げております。鉄道模型のジャンルでも意外と財布にやさしい?と言われているプラ16番ですが、流石にしんどい状況になっているとの話もちらほら・・・・特に最近Nから転向された方は、買い逃していた基本的な車種が一気に供給される状況ですので尚更かも知れません。KATOは寝て待てとは言いますが、さすがに(笑)そんな中、今月再生産 [続きを読む]
  • 大宮工場 ナンバープレートのDE10たち
  • 今回は先週末の大宮総合車両所の一般公開の折、JR貨物ブースにてナンバープレートが販売された機関車達の在りし日の姿を手持ちの画像から偲んでみようと思います。まずはDE101555号機。東京貨物ターミナルの陸橋の上から俯瞰。右へ左へと入れ替え作業に勤しむ姿ももう見られないのですね。車歴を紐解くと新製配置は門司機関区で、10年ほどを九州で過ごした後は田端を皮切りに、主に東京を中心に活躍した様です。田端で憩う1555号機。眼前に聳え [続きを読む]
  • 大宮鉄道ふれあいフェア2017に行きました。
  •     今年は時間が出来ましたので、職場の同僚と久しぶりの大宮総合車両センターへ。JRになってから30年も経ったんですね・・・・    既報の通りEF65501号機の登場、そして予測通り人気の2139号機(未だにこの呼び方馴染めません・・・・)やはり重量感とスピード感が同居するこの特急塗装は秀逸です。    毎年恒例のクレーン実演には2057号機が登場。    鋼鉄の車体が宙を舞います。御覧になられた方は判ると重いますが、横移動から [続きを読む]
  • 8000アクセス御礼申し上げます♪
  • カウンターもいよいよ8000を超えました。毎度のお越し御礼申し上げます。毎度恒例の数字に因んだ車両シリーズ。今回は何処の8000か楽しみにしているかいないか判りませんが、私と面識の有る方々は予想当たりましたでしょうか?そう8000と云えば・・・・ヨ8000!!可愛いですね〜♪今までの車掌車はスクウェアなデザインで大きな変化は有りませんでしたが、人間工学と居住性を考慮したという何とも昭和なコンセプトの下形作られたヨ8000は、まるでお御輿や [続きを読む]
  • イチからチキ5200を作ろう② 16番(HO)
  • 今週も更新しますよー本日はt0.3?のプラ板をひたすら細切りにする所から。まるでイカそうめんを作っている様です。くり抜いたり、曲げたりするよりかは何倍も気が楽ですが、極力誤差を無くす為には多目に用意したものからチョイスする方が結果が良いので、頑張ります。本日用意したのは台枠の天地を構成する為の3?幅の物と、リブを構成する幅1?の物です。ちょっと長めに切出したプラ板をちまちま止めて・・・・流し込みタイプの接着剤でササー [続きを読む]
  • イチからチキ5200を作ろう① 16番(HO)
  • ゴールデンウィークも終わり日常が戻って来ました。と言っても私自身は社会人になってからこの方、大型連休というものの恩恵にあずかった事が無く、むしろ忙しい・・・・という位。また一週間の切れ目が判らなくなる厄介なイベント位の認識です。因って5月病とも無縁です(笑)忙しくて更新が間々なりませんでしたが、久しぶりの更新、新シリーズのスタートです。機関車が好きで近所をうろうろして居りましたが、最近は実物が末期症状の為、いよいよ出無精 [続きを読む]
  • 祝、新1号編成発売。 それはそうですよね・・・・
  • 兼ねてから天賞堂EF58のダイキャストシリーズの追加ラインナップとしてEF5861号機がアナウンスされておりましたが、いくら天下の61号機と言えども、機関車だけ出してもどうなんだろうと言われる一方で、今までの傾向から追々非牽引車が追加されるであろうと大方の予測通り、新1号編成の発売が発表されました。ブラスの高級製品しか市場に無く、何時かは自作で・・・・なんて考えて居りましたが、ちょっと頑張れば手に届く存在になる訳です。突然の発表 [続きを読む]
  • チキ5200を見て見よう
  • 仕掛り品も無くなり、そろそろ何か作りたいな・・・・と思っておりますが、製作予告だけして未着手のチキ5200を始めようかと考えており、自身への意欲高揚と頭の整理の為、実車を見て行こうと思います。まずはチキ5200の簡単な紹介。実は誕生の経緯が特殊な貨車で、レール輸送の長物車が必要で・・・・というシンプルな理由ではなく、云わば副産物的な車両なのです。1970年代後半、活躍の場が拡がっていたコキフ50000がコキ50000にそのまま車掌室を載せた [続きを読む]
  • さくらの季節
  • 自宅の窓から某団体のグラウンドが見え、今年も見事な桜が花を付けました。恵まれた環境ゆえバッグに一眼、三脚かついで撮影地へ!ということを全くしない出不精な自分ですが、心では桜と一戦交えたい気持ちは常に有ります。今年は会社帰りに機関車と絡めて・・・・などと考えつつカメラを持ち歩いては居ましたが、そうそうチャンスが有る訳も無く、いつのまにやら今年の桜は終了のお知らせ(笑)せめてもの罪滅ぼしに昔撮った写真を掲載です。101系 [続きを読む]
  • わかるかなぁ、わかんねぇだろうなぁ
  • 松鶴家千とせみたいな入り方ですが、預かっていたKATOの東急5050系4000番台を仕上げました。オーダーは前回書いた様に番号の変更でしたが、そのままではつまらないので、トップナンバー編成に仕上げました。4104Fまでは6号車が余剰車の組み込みの為、他車のステンレス鋼体がヘアライン仕上げなのに対し、この号車のみが窓周りがダルフィニッシュと特徴が有る為、ぜひ表現したいとオーナーに許可を貰った次第。ガイアノーツのフラットクリアーに微量の白を加えたものを吹いてみ [続きを読む]
  • ちょっとお買い物
  • 巷は2回目のプレミアムフライデーとやらを迎えていましたが、朝礼で言われて始めて気が付く始末。サービス業は全くもって恩恵の無い不思議なイベントです。販売業に従事していた頃なら、数字を立てる機会なので違う意味で意識しますけど・・・・それでもやっぱり個人的には恩恵無し(笑) 仕事が増えるのみです。世の中はカレンダー通りの休みではない人も沢山居るんですよ。お上のお偉いさん方、ご一考お願いします。と、こんな所で愚痴った所で仕方が無 [続きを読む]
  • 再検証 ホビーモデル トキ25000 
  • 1週間ぶりの更新になります。巷はダイヤ改正の話題で盛り上がっている方も多いでしょうか?皆さん乗りましたか?某座席転換新型車両? かく言う私は、お陰様で業務が増えてしまいました(笑) 自分がプライベートで乗るにはスジが微妙で、そうそう乗る機会は無さそうです。残念・・・・近況報告はこの辺りに致しまして、先々週、トキ25000の実車の写真をお見せ致しましたが、トラムウェイより発売のトキ25000やチキ7000をGetされた方々の評判も耳に入る様 [続きを読む]
  • 毎度のご訪問有り難うございます。
  • 連休は皆様如何お過ごしでしたでしょうか?サービス業は休みの日こそ稼ぎ時ですので、何時にも増して人出の多かった職場でした。景気の良い証拠と信じて前向きに過ごして来ました♪そうこうして居ましたら、ブログのアクセス数が7000を超えて居りましたので、恒例の数字に因んだ車両ご紹介コーナーです。トラムウェイから発売されて注目度もUP中?のチキ7000の登場です。今回も配6794レからピックアップ。チキ6000はそこらでレール輸送に勤しむ姿が見られますが、TO [続きを読む]
  • さりげなく発売されていたのですね。
  • 職場の同僚NT氏より、トラムウェイからトキ25000が発売されましたよ?と声を掛けられ、一瞬?となりましたが、そういえばチキ7000は気にしていましたけれど、トキ25000も各種発売予定だったのをすっかり忘れていました。製品自体はカッチリした出来の様で、長編成を連ねたEF64の初狩行の専用貨物の再現なんかお薦めかもしれません。では早速、模型店へ急行!とはしませんで、今回はちょっと様子見。以前、意外と真面目にホビーモデルのトキ25000を組んでしま [続きを読む]
  • HO(16番)KATO クモハ12発売決定と悲喜交々
  • 先週は何とかパーツを取り付けたクモハ40をお見せ出来ましたが、今回は皆様ご存知であろう次回KATOからHO(16番)にて発売されるクモハ12052のお話を少々。言わずと知れた関東に残ったガラパゴス、鶴見線大川支線で平成の世まで吊り掛け音を響かせたその姿は、数々の雑誌、映像にも残り、今日でも偲ぶ事が出来、また実際に見た事が無い世代にも旧型国電とは何だったのかを教える貴重な教材として、辛うじて姿を留めるこの車両が、手軽にHOを [続きを読む]
  • KATO 16番(HO) クモハ40半流型を愛でる 
  • ご無沙汰して居りました。幸か不幸か仕事が忙しく、完成品にパーツを付ける事すらままならない状況でしたが、やっと人様にお目に掛けても恥ずかしく無い状態になりましたので、KATOのHO復活?第一弾、リニューアルクモハ40を観察したいと思います。予約していなかったので購入時、ちょっと焦りました。以外と人気だったんですね・・・・昼下がりの踏切を惰行で通過するイメージで撮影した一枚。形にメリハリのある車は逆光で撮影すると存在感が増します。 [続きを読む]