もる さん プロフィール

  •  
もるさん: Last Train Homeを聴きながら
ハンドル名もる さん
ブログタイトルLast Train Homeを聴きながら
ブログURLhttp://28618.blog.fc2.com/
サイト紹介文16番(HOゲージ)鉄道模型のプラ製品を中心に製品レビューや鉄道模型の加工記事を掲載。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供61回 / 365日(平均1.2回/週) - 参加 2016/02/02 15:26

もる さんのブログ記事

  • チキ5200を見て見よう
  • 仕掛り品も無くなり、そろそろ何か作りたいな・・・・と思っておりますが、製作予告だけして未着手のチキ5200を始めようかと考えており、自身への意欲高揚と頭の整理の為、実車を見て行こうと思います。まずはチキ5200の簡単な紹介。実は誕生の経緯が特殊な貨車で、レール輸送の長物車が必要で・・・・というシンプルな理由ではなく、云わば副産物的な車両なのです。1970年代後半、活躍の場が拡がっていたコキフ50000がコキ50000にそのまま車掌室を載せた [続きを読む]
  • さくらの季節
  • 自宅の窓から某団体のグラウンドが見え、今年も見事な桜が花を付けました。恵まれた環境ゆえバッグに一眼、三脚かついで撮影地へ!ということを全くしない出不精な自分ですが、心では桜と一戦交えたい気持ちは常に有ります。今年は会社帰りに機関車と絡めて・・・・などと考えつつカメラを持ち歩いては居ましたが、そうそうチャンスが有る訳も無く、いつのまにやら今年の桜は終了のお知らせ(笑)せめてもの罪滅ぼしに昔撮った写真を掲載です。101系 [続きを読む]
  • わかるかなぁ、わかんねぇだろうなぁ
  • 松鶴家千とせみたいな入り方ですが、預かっていたKATOの東急5050系4000番台を仕上げました。オーダーは前回書いた様に番号の変更でしたが、そのままではつまらないので、トップナンバー編成に仕上げました。4104Fまでは6号車が余剰車の組み込みの為、他車のステンレス鋼体がヘアライン仕上げなのに対し、この号車のみが窓周りがダルフィニッシュと特徴が有る為、ぜひ表現したいとオーナーに許可を貰った次第。ガイアノーツのフラットクリアーに微量の白を加えたものを吹いてみ [続きを読む]
  • ちょっとお買い物
  • 巷は2回目のプレミアムフライデーとやらを迎えていましたが、朝礼で言われて始めて気が付く始末。サービス業は全くもって恩恵の無い不思議なイベントです。販売業に従事していた頃なら、数字を立てる機会なので違う意味で意識しますけど・・・・それでもやっぱり個人的には恩恵無し(笑) 仕事が増えるのみです。世の中はカレンダー通りの休みではない人も沢山居るんですよ。お上のお偉いさん方、ご一考お願いします。と、こんな所で愚痴った所で仕方が無 [続きを読む]
  • 再検証 ホビーモデル トキ25000 
  • 1週間ぶりの更新になります。巷はダイヤ改正の話題で盛り上がっている方も多いでしょうか?皆さん乗りましたか?某座席転換新型車両? かく言う私は、お陰様で業務が増えてしまいました(笑) 自分がプライベートで乗るにはスジが微妙で、そうそう乗る機会は無さそうです。残念・・・・近況報告はこの辺りに致しまして、先々週、トキ25000の実車の写真をお見せ致しましたが、トラムウェイより発売のトキ25000やチキ7000をGetされた方々の評判も耳に入る様 [続きを読む]
  • 毎度のご訪問有り難うございます。
  • 連休は皆様如何お過ごしでしたでしょうか?サービス業は休みの日こそ稼ぎ時ですので、何時にも増して人出の多かった職場でした。景気の良い証拠と信じて前向きに過ごして来ました♪そうこうして居ましたら、ブログのアクセス数が7000を超えて居りましたので、恒例の数字に因んだ車両ご紹介コーナーです。トラムウェイから発売されて注目度もUP中?のチキ7000の登場です。今回も配6794レからピックアップ。チキ6000はそこらでレール輸送に勤しむ姿が見られますが、TO [続きを読む]
  • さりげなく発売されていたのですね。
  • 職場の同僚NT氏より、トラムウェイからトキ25000が発売されましたよ?と声を掛けられ、一瞬?となりましたが、そういえばチキ7000は気にしていましたけれど、トキ25000も各種発売予定だったのをすっかり忘れていました。製品自体はカッチリした出来の様で、長編成を連ねたEF64の初狩行の専用貨物の再現なんかお薦めかもしれません。では早速、模型店へ急行!とはしませんで、今回はちょっと様子見。以前、意外と真面目にホビーモデルのトキ25000を組んでしま [続きを読む]
  • HO(16番)KATO クモハ12発売決定と悲喜交々
  • 先週は何とかパーツを取り付けたクモハ40をお見せ出来ましたが、今回は皆様ご存知であろう次回KATOからHO(16番)にて発売されるクモハ12052のお話を少々。言わずと知れた関東に残ったガラパゴス、鶴見線大川支線で平成の世まで吊り掛け音を響かせたその姿は、数々の雑誌、映像にも残り、今日でも偲ぶ事が出来、また実際に見た事が無い世代にも旧型国電とは何だったのかを教える貴重な教材として、辛うじて姿を留めるこの車両が、手軽にHOを [続きを読む]
  • KATO 16番(HO) クモハ40半流型を愛でる 
  • ご無沙汰して居りました。幸か不幸か仕事が忙しく、完成品にパーツを付ける事すらままならない状況でしたが、やっと人様にお目に掛けても恥ずかしく無い状態になりましたので、KATOのHO復活?第一弾、リニューアルクモハ40を観察したいと思います。予約していなかったので購入時、ちょっと焦りました。以外と人気だったんですね・・・・昼下がりの踏切を惰行で通過するイメージで撮影した一枚。形にメリハリのある車は逆光で撮影すると存在感が増します。 [続きを読む]
  • KATO 16番クモハ40到着♪
  • 前回品を里子に出してしまい手元に久しぶりに戻って来たクモハ40です。とりあえず、ざっと見た所、塗装も印刷も素晴らしく申し分無し、むしろ綺麗過ぎて旧国感が無いと感じる方も居られる事でしょう。リアリティーよりも模型としての美しさが有っても良しと考えている自分としては、十分過ぎる位ですが・・・・では早速、部品の取り付けと・・・・行きたい所ですが・・・・会社の同僚G氏よりのキハ181系が入場しているのです。流石にこれを放置する訳にも [続きを読む]
  • バレンタインに茶色い電車がKATO様からプレゼントです。
  • 久しく市場から姿を消していた16番のクモハ40がいよいよ再販されます。本来はクモハ41、クハ55と同時発売でしたが繰り下がってまるでバレンタインのプレゼントになってしまいました。今回の再販ではボディーに基本的に変更は無いようですが、足回りが刷新されるとの事で私も楽しみにしています。前回品は3車種購入していましたが、今回はクモハ40だけ購入する予定です。また動態保存時代の074に馴染んでいることも然る事ながら、職員輸送で各所に残って [続きを読む]
  • イチからチキ6000を作ろう⑥ 16番(HO)
  • 今週は仕事づくめで横浜の模型イベントすら行けずじまいでした。基本Nばかりのイベントですので行ければラッキー程度でしたが、なかなかどうして、突如沈黙を破り、怒涛のKATO16番再生産攻勢&噂のクモハ12の告知も有ったので、楽しい時間を過ごされた方も居られたのではないでしょうか。自分も65PFは購入決定です。いやー待ちました。閑話休題、前回までのチキツク⑤でチキ6000用のパーツは全て揃いましたので、レタリングを施して完成した姿です。それで [続きを読む]
  • 走りに行きました
  • と言っても碓氷峠や首都高湾岸線に行った訳では無く、仕事終わりにホビーセンターカトーへ。最近、チョコチョコ店舗が増加しているとは云え、依然16番貸しレ不毛地帯の東京で小さいながらもシーナリーが付き、何より無料!試運転にはもってこいです(勾配起動試験をするなら、いさみやロコワークスという老舗が有りますが・・・・)やはり、シーナリー付きはいいですね。留置線の脇を通過するPF牽引の鴨レ、武蔵野線風味なこの並びは安心安定、そしていつまでも見ていたか [続きを読む]
  • イチからチキ6000を作ろう⑤ 16番(HO)
  • 過去作品のアーカイブで書き進んで来たチキ6000のお話もいよいよ佳境が迫って来ました。作りながらページを書いた103系は試行錯誤がリアルに滲み出る感じでしたが、コチラはストックの写真を中心とした纏めレポートの様な位置付けですので、あっけない感じが有るかも知れません。実際は要所要所で不良品も沢山量産してるんですよ(笑)前回までに切り出した小パーツを組み立てた写真です。実物と見比べると大分簡略化してます。下部の(実物での)ローラー部分は [続きを読む]
  • 6000アクセス超え御礼申上げます
  • 仕事から戻ったらカウンターが6000に回って居りました。ご愛顧誠に有難うございます。チキが6000なので6000に因んだ車両というのも急に浮かばない・・・・いやいや有りました。競馬場線で幾許も無い時を過ごす京王6000系。生まれが調布ですから有るのが当たり前の電車でした。非対称の前面に曲が有り、好みの分かれる出で立ちで自分も5000系の優美な姿と比較するとどうしても後回しになっていました。抵抗制御車も姿を消し、平成生まれの5 [続きを読む]
  • イチからチキ6000を作ろう④ 16番(HO)
  • 先週は少し寄り道して103系の小工作でしたが、今週は意外と興味を持って頂いているチキ6000の工作へと戻ります。概ね車体が完成しましたので、アクセサリーの加工をご案内致します。まず実際作りましたが活躍の機会が少ないステークです。簡単に済ませるならホゾに嵌る棒を用意すれば良いだけですが、事はそう簡単には行かず、脱落防止と強度確保の為1.5?角のプラ棒を用い、0.5?削り込みます。そしていよいよ肝も緊締装置を作り始めます。写真 [続きを読む]
  • ネコパブリッシング(ホビダス)創意工夫103系を弄る 仕上げ編⑥
  • 今日は久しぶりに手を動かしたお話。103系用にインレタを物色していましたが、各メーカー品切れだったりコスパが悪かったりで先延ばしになっていましたが、何とか使えそうなこちらをテックステーションでお取り寄せ。今回、103系を作るに当たってTomixのパーツが無ければローコストで纏まらなかった所が大分有ります。このインレタもその一つという所でしょうか。この一枚で形式、エンド表記、ドアコック表示が賄えます。賄えるとは言っても所詮は113系用、一筋縄では行 [続きを読む]
  • イチからチキ6000を作ろう③ 16番(HO)
  • 2017年もあれよあれよと一週間経過。気を取り直して週間チキ6000を作る?を始めます。実際のパートワーク誌でこんなシリーズ有ったら楽しいのになー本日のメニューは前回組み立てた車体?(ほぼフレームですが・・・・)にディテールを盛り込んで行きます。床板の表現はプラ板にPカッターで筋彫りをして・・・・という方法も有りだとは思いますが、均一な仕上がりと作業効率を考えるとこのエバーグリーンやプラストラクトの建築模型用プラ材は非常に有効です。平棒1.0×2.0?と [続きを読む]
  • 明けましておめでとうございます。
  • 久しぶりに元日が休みの為、初詣なぞ行ってみたり、朝からお屠蘇気分でと充実したお正月を迎えられ、今年は良い年で有りますようにと願いつつパソコンの前に座った次第。さて初詣から思い出したのが、年始の臨時列車達。二昔位だと各方面に初日の出号や初詣号にジョイフルトレインや客車列車が運転されていたのが懐かしく思い出されますが、簡単に画像が保管出来るデジカメを手にする頃には、そういった色物列車は見る影も無くなり、ありふれた1 [続きを読む]
  • イチからチキ6000を作ろう② 16番(HO)
  • 皆様も仕事納めも済んで、一段落ついた所でしょうか?実家に帰る人も、自宅に篭る方も日頃の憂さ晴らしにチョット工具を振り回したくなる頃合ではないですか? あ、私だけ?失礼致しました。では前回、唐突に切り出されたパーツで混乱でされた方も多いようですが、作業の流れ的なものを感じて頂ければ幸いです。補足にはなりますが、ネット上にあるチキ6000の形式図と母体のコキ5500の資料さえ在れば何とか形になります。また私のモデルは後述するエバ [続きを読む]
  • イチからチキ6000を作ろう① 16番(HO)
  • 一週間ぶりのご無沙汰です。ではではチキ6000の工作を撮り貯めた写真と共にご紹介して行こうと思います。ところで何故今チキ6000?とお思いの方も居られるかと思いますが、某社のチキ7000の発売が具体性を帯びる一方、この影響なのか他社で予定されていたチキ6000がどうやらお蔵入りしてしまった様なので、ホントはチキ6000が欲しかったのに〜と地団駄踏んでいる方の為、せめてもの慰めにと再度ご紹介と思った次第です。まず始めに、簡単な図面作 [続きを読む]
  • チキ6000を観察する
  • 何時か作ろう!と思っている車両が有るなら常日頃から資料を集めておかなければ、いざという時右往左往する事になります。たとえ、それがネタ待ちの時であっても!たまたま配給列車に組み込まれていたフラットな状態のフラットカーです。ここから緊締装置等を取付けて行くのでこの状態を把握しておく事も必要だと思います。文献を集めておく、ネットで検索する。大変重要ですが、実物が存在するのならやはり自分の目で見ておきたいものです。製作 [続きを読む]
  • 鉄道模型の素材としてのプラ板
  • 以前から何度か述べている事ですが、Nゲージの世界では近年、考えられなかった様な車種が市販品としてリリースされる事が多くなり、モデラーも「待って居ればそのうち出るだろう・・・」と待ちの姿勢。そもそもコレクターが多いこのジャンル、追い打ちを掛けるようにコアなファンすら作業机に向かう時間がメッキリ減るという悲しい状況になってしまいました。そんな状況下の変態モデラー達のフロンティアとして16番の世界が脚光を浴びている訳ですが、私の身の回りにも「 [続きを読む]
  • 九十九神という言葉がありますが
  • 日本では古来より長く使われた道具には魂が宿ると言われています。物を大切にする国民性の根底にはこの神道的な考えが根付いていると信じています。とても素敵なものの捉え方だと思います。ですが、悠長に構えて居られない状況がこと鉄道車両には有る様です。一部ネット上でも取り上げておられる方がいらっしゃいますが、大宮工場保管の車両達に再度鉈が振るわれたとの知らせが入りました。この度はソ301、EF60510号機、そしてこのEF58 [続きを読む]
  • 5000アクセス超え御礼申し上げます。
  • 定期的に御越しのお客様。毎度のご愛顧ありがとう御座います。そうそう模型ばかり作っても居られないのでこまめな更新もままなりませんが、こつこつ更新して参りますのでお付き合いの程宜しくお願い申し上げます。さてカウンターも目出度く5000を超えましたので5000に因んだ車両たちのお話。古今東西5000系(形)と呼ばれる車両は数有れど、不思議なもので、どれも名車揃いだと思いませんか?特に東京近郊に生まれた鉄ちゃん達にこの2車種 [続きを読む]