武蔵宮 さん プロフィール

  •  
武蔵宮さん: JNR-M
ハンドル名武蔵宮 さん
ブログタイトルJNR-M
ブログURLhttp://jnr-m.sblo.jp/
サイト紹介文北海道から九州まで、旅先で目にしてきた国鉄型機関車などの写真や、線路のある風景を載せております。
自由文国鉄時代の残り香を求めて、時に歩き、時に自転車をこぎ、何だかんだで北へ南へ。現役車両だけでなく、保存車両を探し、廃線跡を眺めて幾星霜。ちょっとした暇つぶしや旅のご参考になれば幸いです。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供366回 / 365日(平均7.0回/週) - 参加 2016/02/01 19:50

武蔵宮 さんのブログ記事

  • 保津峡
  • 嵯峨嵐山駅に止まるトロッコ列車。DE10-1104は京都側に連結され、後押しで出発します。山陰本線の複線電化では嵯峨・馬堀間の新線切替が民営化直後に行われました。ほとんどトンネルの新線に対して、川沿いを進む風光明美な旧線はトロッコ列車として再利用。なお、嵯峨嵐山駅から旧線分岐点までは下り線のみに乗り入れており、戻って来る時には逆走になります。 [続きを読む]
  • 嵯峨
  • 山陰本線の嵯峨嵐山駅前。保存されているD51-51。1000両以上造られたD51で1両だけの51号機が19世紀ホールの庭園でお出迎え。19世紀ホールでは館内でも蒸気機関車などが展示されています。私鉄に比べて桂川から遠い駅でしたが、山陰本線の複線電化で駅は変貌。駅名は嵯峨駅から嵯峨嵐山駅へ変更され、観光客も目立つようになりました。 [続きを読む]
  • ディスカバリー
  • 京都駅に止まる京都丹後鉄道KTR8000形。元は183系電車特急「北近畿」と併結するディーゼルカーでしたが、複雑化した山陰特急の流れに翻弄されてきました。この特急はほぼ電化された区間を通って、福知山・天橋立経由で豊岡方面へ向かいます。 [続きを読む]
  • 北近畿
  • 京都駅に止まる特急「はしだて」の381系1000番台。福知山電車区へ転属したグループを、傾斜角度3度に抑えて汎用化した改造車。京都北部へ向かう特急は485系改造の183系800番台で運行されていました。代わって使われ始めた381系ですが利用期間はかなり短く、新型へ置換えられています。 [続きを読む]
  • 消えた貨物ターミナル
  • 京葉線を往く房総特急。商業施設の部分に千葉貨物ターミナル駅がありました。1975年に開業した貨物駅ながら京葉線が未完成だったため、蘇我駅から製鉄所専用線で連絡。武蔵野線も未開業だったため、東京南部から貨物列車が来る場合、田端操車場・金町・新小岩操車場・蘇我と4回も折り返す複雑な位置でした。京葉線開業後は武蔵野線側から直通出来るようになったものの、高度成長終焉で周辺は工業化せずに宅地化。工業地帯は蘇我駅 [続きを読む]
  • ポートタワー
  • 前回の船溜まりを海側の空から。海上の高架は京葉線。向こうの高架は京成千原線。元は京成千葉線の延長にある千葉急行。小湊鉄道までの延長は実現せず、複線高架橋ながら単線のまま、今は京成に統合。国鉄京葉線と並んで頓挫の歴史を持つ路線です。 [続きを読む]
  • 船だまり
  • 京葉線の高架橋を走る房総特急。この高架橋は入り江の中に建っていて、橋の下はボートの車庫がわり。ここのすぐ近くまで製鉄所が広がっていましたが、今は商業施設に変貌。蘇我駅西側の製鉄所は1km近く海側へ縮小され、街の雰囲気も変わりました。 [続きを読む]
  • 房総の入口
  • 蘇我駅から内房線沿いに南下、小さな機関区で並ぶ新旧の電気機関車。新小岩機関区の派出所だった場所で、京葉線開通前からありました。総武本線の湾岸バイパスとして造られた京葉線でしたが、製鉄所縮小とコンビナートの臨海鉄道利用終了で需要は低迷。本来の東京貨物ターミナル直通は実現しないまま。蘇我発着では様々な機関車が利用されており、EF66の姿もありました。 [続きを読む]
  • 最後の干潟
  • 埋め立て地だけになってしまった東京湾、京葉線は南船橋・新習志野間で珍しい干潟を通ります。谷津干潟は全て埋められそうでしたが、京葉線と東関東自動車道の築堤が造られた段階でストップし、住民によって守られたと言ったところでしょうか。干潟と言っても実際には周囲を埋め立て地で囲まれた長方形になっており、本来なら水平線となるはずの南側に見えるのは京葉線です。ちなみにこの辺りの地名は習志野。北側は津田沼。実はど [続きを読む]
  • 下町の空
  • 地形に沿って走る下町の新幹線。田端の先では、ちょうど向こう側にスカイツリーが見えます。新幹線と一緒に見られる場所は、なかなかないんじゃないでしょうか。引退の近づいた2階建て新幹線を見られる機会も、少なくなってきましたね。 [続きを読む]
  • ストライプ
  • 花を見て走る185系。185系も終焉が近づいて来ました。特急「あまぎ」用157系を置き換えた183系に続き、1981年に急行「伊豆」用153系を置き換えたのが185系。急行廃止で185系の特急「踊り子」に統一され、251系登場後もなお残り、30年以上も走り続けてきました。新幹線リレー用200番台も加わり、167系や189系に変わって臨時用でも使われてきましたが、257系と交代が決まったようです。今は何もない春の景色。しかし、そう遠くない将 [続きを読む]
  • 併用軌道
  • 都電の軌道線というと飛鳥山の坂が目立ちますが、西尾久にもあります。ここには都内で数少ない路上の停留所が存在。他の街と違って都電は低床化せず、ステップもないため、路上ながら高いホームが特徴です。この区間は併用軌道ではあるものの、仕切られて自動車進入禁止なので少し雰囲気が違う感じもします。 [続きを読む]
  • 大宮公園
  • 東武野田線の大宮公園駅。右側は盆栽町、左側は大宮公園です。大宮公園自体は線路沿いでないため、桜を見られる場所は少ないです。駅の近くでは、線路の直線上にあるお庭の桜とかでしょうか。8000系の向こうに小さく見えていますね。この8000系、末尾63編成は行先表示が紺色の電幕で残っています。やっぱりLEDより見やすいですね。 [続きを読む]
  • 初期型2次車
  • 芝川の築堤を疾走する東武8000系急行。桜の季節に付いているヘッドマークは交通安全です。最近では8000系も数が減って来ましたが、元が多数派のため、様々な経緯の車両があります。中でも初期型は珍しくなったかもしれません。この番号末尾50の2次車は1969年までに造られたグループで、登場時はリバイバルカラーにあるオレンジのツートンカラー。塗装がクリーム一色に変わり、冷房化され、前面形状が大きく変わって白地青帯になり [続きを読む]