寺嫁♡優子 さん プロフィール

  •  
寺嫁♡優子さん: 寺嫁♡優子の「わたしを生きるレシピ」
ハンドル名寺嫁♡優子 さん
ブログタイトル寺嫁♡優子の「わたしを生きるレシピ」
ブログURLhttps://ameblo.jp/fontaine2011/
サイト紹介文夢はピアニスト。日本にはもう住まない。そう思っていた私の運命の嫁ぎ先は、お寺でした。
自由文価値観の違いに戸惑った新婚時代。今でも「???」はいっぱいですが、生来の好奇心と楽天さを全開に、パラレルワールドを満喫中です。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供290回 / 365日(平均5.6回/週) - 参加 2016/02/02 08:46

寺嫁♡優子 さんのブログ記事

  • ストレス解消に、ケーキを焼こう!
  • くわ〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜 っと。本日、ストレスの塊となりまして。 そんなときには、料理するに限る。 そうだ。このあいだ、本屋で買った、新刊のお菓子レシピを試してみよう ということで、夕飯の前に、ざっくり作ってみました バナナチョコインビジブルです インビジブルケーキは、簡単でおいしくて、切り口も綺麗。 美味しかった レシピはこちらの本から パリ在住の料理人が教える 誰でも失敗なくできる スイーツレシピ [続きを読む]
  • 【プチご相談】「義父母が実の娘ばかりに頼ります」
  • ご相談を受けました。 うちと同じように、すぐお隣で義父母と暮らされているお嫁さんです。 「わたしが何か手伝おうと言うと、なにもないわ、というのに、自分たちの娘を呼んで、やることはいっぱいいあるのにって、家のことをやってるんです。 わたしだって、手伝いたくないわけじゃないのに。言ってくれれば、ちゃんと手伝うのに。 なのに、わたしには言わない。きっと、お姉さんたち、『あの嫁ったら……』って、思ってる。 わ [続きを読む]
  • お盆の夜の、まとめ読み。
  • 漫画は最高のストレス解消 そんなことを、ブログから仲よくさせていただいているルチルさんが、書いていらっしゃいました。 わたしも、読書はストレス発散の1つですそれもかなり、どっぷりつかります。 文字だけでも、漫画でも、写真集でも、ガイドブックでも、とにかく、本が大好きです 一昨日の晩のことでございます。漫画にどっぷりつかってしまいました まずは、「進撃の巨人」。 長男のオススメで、アニメで見て、家族中で大 [続きを読む]
  • いつまでも演奏が安定しないのは……。
  • 何週間も弾いているのに、うまくならない生徒や学生には、いくつかの共通項があります。 その1つに、 指使いをはっきり決めていない。 ことがあります。 毎回、指使いが違っていると、腕の動き、体の動きが毎回変わってしまうので、安定した演奏が出来ないのです。 指使いは、一度しっかり決めてしまい、それを常時使うように練習しましょう そして、ある程度テンポをあげて弾けるようになったら、指使いをもう一度考え直してみる [続きを読む]
  • 「練習してないので、心がどんよりです」
  • お寺のピアノ教室では、おうちでのレッスンを確認するために、一カ月ごとのチェックシートをお渡ししています。 このチェックシート、どれだけ練習したか、もわかりますが、どれだけ練習できなかったか。の、チェックにもなります。 練習できたところには、〇を書いてもらうのですが、出来なかった日には、その理由を書いてもらいます。 ・かぜをひいていた・お出かけをした・塾があった などなど。 そうすると、なぜ、練習できな [続きを読む]
  • 「オタクの世界」と「知らない世界」を見よう。
  • きのうは、楽しみにしていた番組がありました。 朝から、「わたしは今日、これを見るので、みなさん、この時間は、わたしにテレビを明け渡してください」と、頼んでおきました。 マツコの知らない世界。 毎回見るわけではないのですが、かなり好きな番組です。 基本、オタクっぽい出演者のみなさんが大好きです 世の中は、オタクパワーで回っている そう思っているのです。 ■オタクとは■自分の好きな事柄や興味のある分野に、 [続きを読む]
  • ポワロが好きすぎて。
  • 今日は台風の影響で、午後からのレッスンはお休みとさせていただきました。午前中は、その連絡だったり、振替のレッスンで、わさわさとしていたのですが、午後からは自由な時間となりました。 台風ですからね。草取りも出来ませんからね そんな雨の午後には、ピアノを練習して、大好きな読書の時間か、ドラマの鑑賞です シャーロックも終わってしまったので、溜まっていたポワロ関連の再放送、 さよならポワロ!〜世界が愛した名 [続きを読む]
  • 表現したい音が、降りてくる。
  • きのうの記事で、 いまさらですが、「君の名は。」の、曲を弾いてみたくなりました。 と、書きましたら、ブログで仲よくさせていただいている、ピアノ講師としても素敵な先輩のムーミンママさんが、こんなコメントをしてくださいました 1. 無題同じくへそ曲がりの私。見てないし聞いていない。でも、知らずに聞いているのかもしれませんね。ああ、いい曲がながれているなあと。同類の優子さんをその気にさせた「君の名は」 [続きを読む]
  • 試験が終わったときから、次は始まっている。
  • 大学の前期試験が終わりました。 学生にとっては、半年間、頑張ってきた集大成です 試験でいつも思うのは、「上手く弾けますように」ではなく、 「学生が自分の実力を出せますように」 ということ。 半年間頑張った学生も。ちょっとサボってしまった学生も。その実力に見合った演奏が出来ますように。 そして、この試験で上手くいった学生は、その上手くいった今回の練習の仕方を忘れないように、さらにレベルアップできるように [続きを読む]
  • ワクワク感をプラスしたいのです。
  • もう少し、わくわくしてもらいたいな……。 発表会の講師演奏に考えていたプログラムが、です歌の先生にも出演をお願いしているので、わたしの持ち時間は10分ちょっと。 考えていたプログラムは、 サティ:ジュ・トゥ・ヴショパン:幻想即興曲 別に、悪くはないのですが……。 小さいお子さんや、クラシックにあまり馴染みのない保護者の方々にも、もっと身近に楽しめる要素が盛り込めないかな〜〜〜〜、と と、思った時に、ふっ [続きを読む]
  • 今年の草取りのお供は、花火。
  • 暑さも本番。お盆前の草取りも、本番です 毎年、草取りのお供として、夏に手拭いを新調します。毎年、「かまわぬ」の手拭いを愛用しています 去年のお供は、「そら豆」でした。 今年のお供は、こちら。「花火」です おっと、視線が逸れてしまいました。 まっすぐ見つめて、ごめんなさい 藍色が似合う、典型日本人 今日は、日差しは強かったのですが、風が意外と吹いていて、絶好の草取り日和でしたよ 風がないと、蚊が多いん [続きを読む]
  • 心のよりどころ、ありますか。
  • 東別院の、「老いと命の相談室」では、予防的カウンセリングというものを行なっています。 予防的カウンセリングとはなんぞや それが、第3回「老いと命の相談員養成講座」の内容の1つでした。 昔は必要のなかった役割なのだそうです。要するに、家から一歩出て受けた社会のストレスを、家族や同僚や友達に語ることで発散させていたのに、現代では、それが難しくなった。 ということ。 人間は、家から一歩出れば、ストレスを受け [続きを読む]
  • そのときは、先生をやめるとき。
  • わたしは、みなさんの大事な時間をいただいているな。 と、ふと思ったのです。 先生という仕事をしています。 自宅でピアノ教室をしています。大学でも、20年、教えさせていただいています。 そうすると、週に一度、生徒さんとお会いします。週に一度、何十分かを、いっしょに過ごすわけです。 その何十分かに対して、わたしはお金をいただいています。 その時間は、生徒さんにとっても、わたしにとっても、 一生に一度の、もう二 [続きを読む]
  • 「サイファ」らぶ?の時代を思い出す、LaLa原画展。
  • 大抵は、田舎でぱたぱた動いている、わたし。 本を読むのが好きだし、ピアノも弾きたいし、騒音は苦手だし、空気が美味しい方が好きだし、何より、家が好きなので、外に出なくても、まったく問題ないのですが……。 問題なさ過ぎて、自分をまったくアップデートせずに過ごしてしまうため、意識して、月に何度かは、まちに出るようにしています。 出かけると、それだけで、意外と情報が飛び込んできます メ〜テレドラマ、「サチのお [続きを読む]
  • お寺ご飯で幸せになろう。
  • 本日は、「老いと命の相談員養成講座」出席のため、東別院に行ってきました。 28日の手作り市も開催されていて、暑いのに、なかなかの人出でした。 その帰り道。別院の隣にある、メ〜テレを眺めたら、思わず足を止めてしまいました。 このドラマが気になったから。 なんとなくついていない、不幸体質のОL「臼井サチ」。コンビニ弁当ばかりで過ごすサチが、ひょんなことから、お寺のご飯にかかわることになり、そのご飯に癒さ [続きを読む]
  • 惚れてしまったピアノ?
  • 一目惚れならぬ、一聴惚れ。 去年。あるコンサートで偶然出会ったピアニストがいまして。 そのピアニストの音や音楽に、ワンフレーズで虜になってしまいまして。 この人の作り出す音楽を、もっと聞きたい と、ずっと思っていた方。 そのピアニストさんの演奏会があります ある歌の会の伴奏でお聞きしたのですが、とにかく、はっと、思わず身を乗り出してしまう音楽を奏でられます。 作り出す音楽は、立体的。 今回は、ピアノト [続きを読む]
  • 寺嫁として向いている人。
  • お寺さんのお嫁さんは、どんな人が向いていますか という、ご質問を受けました。 う〜〜〜〜〜〜〜ん。これは受け皿になるその嫁ぎ先のお寺の状態にもよるので、一概には言えないのですが……。 革新的なお寺で、お嫁さんにもバリバリ活躍してください、という、そんなお寺の場合を除くとしたら……。 あれこれ、自分のやりたいことがない人が良い。 かな、と思います。 自分の欲求の少ない人。いわゆる、組織で働くことが苦でな [続きを読む]
  • 中学1年生、一学期の壁。
  • みなさんの中学生時代の成績はいかがでしたか 中学生になって、ほとんどの人が初めて体験するのが、「学年順位」の、成績だと思います これまで、学校の成績は良いにこしたことはないけれど、まあ、小学生のうちはね……。 とのんきに構えていられた親御さんも、学年順位、という番付表を目の当たりにすると、心中穏やかではなくなりますよね。 わたしも、そんな普通の親の1人です なので、この時期、ピアノと学校の両立にゆらぐ [続きを読む]
  • 夏着物でなだ万茶寮へ。
  • 夏着物で、お出かけをしてきました。 お出かけのコーデ。髪が伸びてきたので、5年ぶりくらいに、まとめてみました アンティークの小千谷縮。柄は、蜻蛉です。 下は、麻の半襦袢、麻のステテコ、ベンベルグの裾除け。 白い着物なので、しっかり下着を着ませんと、透けてしまいます でも、麻素材なので、かなり涼しく快適ですよ 足元は、畳表の下駄。(わたしは下駄派です。礼装、お茶席以外は、ほぼ、下駄です) バッグは、春日 [続きを読む]
  • 着物用の収納棚を買いました。
  • 絶賛、仕事が忙しい の、寺嫁?優子です。 そうすると、自分の部屋に何年も積まれている、着物用の段ボール収納が気になって仕方なくなりました 礼装などの着物は母屋の桐ダンスに入っているのですが、普段用のきものは、段ボールに入れて、床に積んであったのです 何年もそんななので、段ボールもくたってきておりまして……。 忙しいと、心が毛羽立つので、その段ボールの美しくなさ、が気に障るのですね あれだ、これだと、リ [続きを読む]
  • 木蓮柄の着物はいつ着るの?
  • 絶賛、人生の断捨離中の、寺嫁?優子です 仕事が超絶忙しいのですが、そうなると、なぜだか、いろんなものを綺麗にしたくなるのです。 庭掃除しかり。水回りしかり。汚いものを受容できるキャパが無くなるのでしょうね 本は、ちょこちょこ売りに行っています。服も、大分捨てました。 そして、着物の整理にも、まだまだ奮闘しております 実は、着物用に、収納棚を購入しました 桐ダンスを買い足そうか、それと、手持ちを極端に減 [続きを読む]
  • 絶賛!本棚、断捨離ちゅう。
  • あまりの本の多さに、家が傾くのではないか……。 と、怯えている、寺嫁?優子です 重いものは、水、本、布、と決まっておりますが、その2つまでも、わたしが個人的に制覇しております。 本多いし。着物、多いし。 とはいえ、本を片づけると、「あの本、、とっておけばよかった〜〜〜〜〜」と、なることの多い、この業界(先生業)。 専門の本は、絶版になること多いですしね…… なので、子供たちの本を中心に売ってきました [続きを読む]
  • 盛夏にオススメの名古屋帯。
  • もうすぐ、名古屋では梅雨が明けます。 梅雨が明けると、盛夏ですね 盛夏。暑いです。 でも、夏の着物は、さらに美しいのです 暑いけど、着たい そんな盛夏に、オススメの帯は、裏地のない、軽やかな、八寸帯です。 こんなのです どれも、裏地がなくて、織り目がざっくりしていて、隙間があります。 こちらは、麻の八寸。透けはほとんどありませんが、麻だけに、涼しいです こちらは、桐生織の正絹八寸。透け感が強くて、見 [続きを読む]
  • 音楽は物語。
  • ある生徒さんのレッスンのお話です。 音楽を表現するときの力が、まだついていません。年齢からすると、もっと立体的に、構成的に表現できても良いと思いますが、わたしの教室にいらしたときには、表現をするためのテクニックが、決定的に不足していました 少し大きくなってからわたしの教室に来られた生徒さんです。 技術的なことがとても弱くて、1年以上、バーナムとツエルニーを使って、みっちりと、「その曲に必要とされる音 [続きを読む]
  • 新しい一年が始まる。
  • 本日、7月14日は、わたしの誕生日でした はじめて、長男が、誕生日のプレゼントを買ってきてくれました。 それも、高校の授業後、個人面談までの空き時間に、わざわざ、名古屋まで買いにいってくれたのだそうです。 だから、少し前に、「一時間で、名古屋行って、帰ってこられる」と、聞いていたんだね。 しかも、ゴディバ ……たぶん、彼にとっては、とてつもない高級品だったはず いやいや。チョコ好きの母でも、、このお [続きを読む]