eigonobenkyou さん プロフィール

  •  
eigonobenkyouさん: 英語の勉強サイト
ハンドル名eigonobenkyou さん
ブログタイトル英語の勉強サイト
ブログURLhttp://eigo.rumisunheart.com/
サイト紹介文アメリカの最新情報からピックアップした、知らなかった単語・熟語などを調べながら解説していくサイト
自由文英語はかなり奥が深いので、自分が知らなかった英語を調べつつ、アメリカの情報と共に、ブログに綴っていくつもりです。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供800回 / 365日(平均15.3回/週) - 参加 2016/02/02 18:13

eigonobenkyou さんのブログ記事

  • dial upにはダイヤルアップ接続以外の意外な意味があった
  • dial up(dial-up, dialup)という熟語(英単語)を辞書で調べると、一昔前のダイヤルアップ接続の事を意味していることが分かります。一方、dial downを辞書で調べてみると、トーンダウンする、(~のレベル)を抑える、といった意味になっているので、dial upの方にも、当然それと似通った、真逆の意味があるんじゃないの?という事は、素人目にも容易に想像がつきます。dial upの意味は?dial upは、dial downの反語になっているので、 [続きを読む]
  • クラスリン被覆ピットが癌細胞の移動能(転移)に関与している
  • キュリー研究所、アンスティテュ・ドゥ・ミオロジー(ミオロジー研究所)と共同で、Inserm(フランス国立保健医学研究機構)グスタフ・ルッシーがん研究所の研究リーダー、ギョーム・モンタニャック氏により指揮された今回の研究は、米国の科学雑誌Science誌の6月16日号に掲載されています。細胞移動は、生命維持には欠くことのできない、正常なプロセスです。腫瘍学において、それは、新しい転移の形成に関与しています。クラスリン被 [続きを読む]
  • ナノ粒子のエキソソームががん治療や再生医療の未来を切り開く
  • 新しいレビューが、微小ナノ粒子が、病気の検出・治療に使える可能性があることを示唆しています。細胞間の情報のやりとりを担っている、極小生物ナノ粒子であるエクソソーム(エキソソーム)が、そういった役割(疾患検知・治療)を演じられる可能性が高いことを、この領域の研究において、今までで最も包括的な総説が結論づけています。エクソソームTiny nanoparticles offer significant potential in detecting/treating disease n [続きを読む]
  • 恫喝やゴネで自分の意見を押し通そうとする人間は組織には不要
  • 全ての作用には、それと同等の反作用が存在すると言われています。新たな研究が、そのような力学が、意思決定集団内における威圧的な態度が、駄々を捏ねる行為と密接な関係にあるように見える組織においても、働き得ることを今回示唆しています。ノーザンイリノイ大学の研究者たちは、仕事にチーム意思決定を含む、234人の研究参加者達を対象に、集団内の個人力学に関する彼等の感じ方について調査し、威圧・愚痴間の意義深い正相 [続きを読む]
  • 階層型時間メモリが人工知能による異常検出には最適
  • IoT(モノのインターネット)時代の中で、ストリーミングデータを明るみにするための、ネットに接続されたリアルタイムセンサーの使用の急激な増加は、ストリーミング解析の新興分野において、大きな課題と機会を提起していて、特に、ストリーミングデータの異常検出は、予防保守から、不正行為防止、障害検出、システム監視に至る重要な使用事例に対して、多くの産業にとって、ますます重要なアプリケーションになってきています。 [続きを読む]
  • 日和見菌(緑膿菌)ががん細胞を破壊する仕組みが明らかに
  • 新しい研究結果が、末期細胞が、どのようにして、確実に別の細胞に取って代わられるようにしているのかを明らかにし、その発見を利用した、今までにない、独創的な新しいがん治療法を提言しています。ラッシュ大学医療センター研究チームが、journal Developmental Cell誌に今週、2つの画期的な発見を記述している、新しい論文を掲載しています。緑膿菌毒素ExoTStudy shows how an opportunistic microbe kills cancer cells“I be [続きを読む]
  • めぞん一刻で響子さんは何故三鷹を振って地雷(五代)を踏んだのか?
  • 音無響子は、三鷹瞬という、実家が名家で、料理が得意な、高学歴超イケメンスポーツマン好青年を、何故振ってしまったのか?普通なら有り得ないのですが、そこが、このラブコメ漫画の大金字塔を面白くしている所以でもあります。三鷹さんと結婚していれば、響子さんは、一生安泰で、贅沢で派手な生活を送れていたはずです。管理人さんは、何故、実家が新潟の定食屋(その定食屋も姉夫婦が継いでいる)で、一浪してやっとFランの、就 [続きを読む]
  • ヨガや瞑想はストレスをDNAレベル(分子レベル)で解消してくれる
  • 瞑想、ヨガ、太極拳等の心身介入療法(mind-body interventions, MBIs)が、ただ単に、ヒトをリラックスさせるだけではなく、DNAの分子反応をリバースできることを、コヴェントリー大学とラドバウド大学による新しい研究が示唆しています。Frontiers in Immunology誌に掲載された今回の研究は、ヒト遺伝子の挙動が、マインドフルネスとヨガを含む、異なるMBIによって影響を受ける仕組みを分析している、ここ10年超の研究をレビューし [続きを読む]
  • 腸内細菌から作ったサプリが老化進行を遅らせ若さを保ってくれる
  • 老化過程を減速させる(若さを保つ)ことが、腸内細菌から作ったサプリによって、将来的に可能になるかもしれません。ベイラー医科大学とテキサス大学健康科学センター・ヒューストン校の研究者たちは、実験用線虫シノラブディス・エレガンスの寿命を延ばし、腫瘍の進行とアルツハイマー病の原因物質であるアミロイドβの蓄積を減速する、バクテリア遺伝子と化合物を同定しています。本研究は、Cell誌に掲載されています。マイクロバ [続きを読む]
  • ブロッコリースプラウトのスルフォラファンが2型糖尿病の秘密兵器
  • 新しい研究が、濃縮ブロッコリースプラウトエキスが、2型糖尿病患者の血糖管理に効果的かもしれないことを示唆しています。その発見は、世界規模で蔓延している糖尿病治療の、待ち望まれていた代替え治療薬を提供してくれる可能性を持っています。2型糖尿病は、世界中で3億人以上の人々を苦しめていて、15%ものそういった患者達は、腎障害リスクの理由で、一次治療薬のmetformin(メトホルミン)を服用することができません。低副作 [続きを読む]
  • 人からファブられると自らが他者をファブるようになる負のループ
  • 自分よりも電話を優先された(ファブられた)人達は、たいてい、自分達もスマホやSNSを優先するようになることが、ベイラー大学ハンカマービジネススクールによる新しい研究が明らかにしています。ファビング(連れ合いよりも携帯機器を優先する行為)が、人間関係を台無しにして、鬱症状を引き起こす可能性がある彼等の過去の研究を足掛かりに、研究者達は、ファビングの被害者達が、自分達もネットの仮想現実社会に逃避して、他者を [続きを読む]
  • 孤独感が人を自己中にし、身勝手さが人を孤独にする負のループ
  • 10年以上にわたって行われた研究が、孤独感が、身勝手さを増し、程度はそれよりは低いのですが、身勝手さが、同時に孤独感を増していることを示唆してます。シカゴ大学の研究者たちによる発見が、そういった資質が、二つの習性間の正のフィードバック・ループを作り出していることを示しています。つまり、孤独感が増すと、身勝手さが増し、その事が翻って、孤独感をさらに増してしまうということになります。孤独感が人を孤独にす [続きを読む]
  • 2型糖尿病治療薬カナグリフロジンが心臓病と腎臓病予防にも効果
  • 2型糖尿病を患う人々のの血糖値を下げる薬剤が、心臓病と腎臓病の両リスクも大幅に減少させることを同時に明らかにしています。ジョージ国際保健研究所による今回の研究は、世界各地で約4億5千万人もの人々に影響を与えている2型糖尿病の治療に大きな意義を持っています。New England Journal of Medicine誌に掲載された研究結果が、カナグリフロジンが、循環器疾患の包括的リスクを14%、心不全入院リスクを33%減少させることと [続きを読む]
  • あの忌まわしいBCGワクチンが1型糖尿病に効果的らしい
  • 摂取後数十年以上経っても、BCGワクチンの跡が20個以上腕に残ってしまっています。ツベルクリン反応判定時に、クラスメートの多くが、BCGを打たれないように、ツベルクリン反応を少しでも大きくするために、赤くなった部分をデコピンしまくっていたのが懐しい今日この頃です。デコピンに効果があったのかどうかは置いておくとして、BCGの跡は永久に残るっぽいので、打たれないに越したことはなさそうです。留学中に、コミュニテ [続きを読む]
  • CT検査等の低線量放射線被曝は大人同様に子供にも安全
  • The Journal of Nuclear Medicine誌2017年6月号に掲載された論文の中で、研究者達は、画像診断放射線が、成人のがん発症リスクを高めないのは当然で、さらに、子供に対するリスクも全く高めないことも強弁しています。本研究著者達によると、画像診断法によって被曝する放射線などの、ほんの僅かの放射線被曝でさえも、ガン発症リスクを増大させるという、長年信じられてきた考えが、誤った70年前の古い仮説に基づいていて、余計な [続きを読む]
  • 天然抗がん剤、赤玉ねぎには超強力な抗癌作用があるらしい
  • 赤玉ねぎには抗癌作用があるみたいです。オンタリオ産玉ねぎが、どれくらい効果的に癌細胞を破壊できるのかを調査するための初めての研究で、ゲルフ大学の研究者達は、全ての玉ねぎが同じように作られているわけではないことを発見しています。研究者達は、オンタリオ産の5種類の玉ねぎをテストし、ルビーリング玉ねぎ種が群を抜いている事を発見しています。フラボノイドの一種ケルセチンRed onions pack a cancer-fighting punch [続きを読む]
  • 家庭用血圧計による測定値の実に7割が正確ではないらしい
  • 家庭で血圧のチェックをしている人が多いかと思いますが、アルバータ大学による新しい研究によると、家庭用血圧計による測定値の70%が受け入れ難いほど不正確で、自己血圧測定の結果によって、医者に行くかどうかを決定している人達に対して、非常に深刻な影響をもたらす可能性があるということなので、一度、血圧計を見直してみた方がいいかもしれません。高血圧の監視は非常に重要Home blood pressure monitors inaccurate 70 p [続きを読む]