taku さん プロフィール

  •  
takuさん: Life is like children playing house.
ハンドル名taku さん
ブログタイトルLife is like children playing house.
ブログURLhttp://takuteto.hatenablog.com/
サイト紹介文人生はオママゴトのようなもの。そのことが分かると人生は驚くほど軽くなるんです。
自由文悟りのために努力はいりません。
ワンネスはワンネスとしてただ存在しています。
それに気づく誰かはいません。
あらゆる修行もスピリチュアルなワークも必要ありません。
全てしかないんです。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供368回 / 365日(平均7.1回/週) - 参加 2016/02/02 19:25

taku さんのブログ記事

  • 非二元、あるがままとは究極の日常ですのでねー。
  • はい。最近はすっかり寝不足気味のタクさんです。おはようございます。なんで寝不足なん?忙しいのん?っていいますと、そうでもなく、単にゼルダの伝説っていうゲームにハマってるからなんですけどね。あのゲーム、なんか終わりどころがないんですよね。とまあ、それはどうでもいいとして、、、いやー。先日ね。タクさんレンタルに応募してくださった方の元に行ってきたんですけど、ホント、やって良かったー!って思いました。 [続きを読む]
  • 光と陰、快楽と苦痛。
  • 「光がより明るく輝くならばば、陰もまた黒く濃くなる。」はーい。タクさんです。おはようございます。今日もねー。こんなことをねー。ゆーたりしてるわけですけどー。みなさま、いかがお過ごしでしょうか?しかしまぁ、なんですなぁ。やっぱり明るく光り輝きたいっちゅうのもねー。人情っちゅうもんですのでね。影が濃くなるんなら、光輝くのもやめたらええんか?ほんなら、なにもできへんくなるやんか!夢も希望もないやんか! [続きを読む]
  • 全ては何にもなさであると同時に、あらゆるもの。
  • 全ては何にもなさであって、それでいてあらゆることも起こっとるわけですけどね。それを掴んだ時点で、分離されてまうわけですねー。そして、掴んでるものも掴まれるものも、やっぱり全ての中にあるわけで、結局誰も何も掴んで無いっていうよくわからんことになるわけです。掴むのも掴まれるのも同じモノ。みたいなね。つまり、よくわからんことですので、わからんで良いっちゅうわけなんですけどねー。わかろうと掴んでしまうとそ [続きを読む]
  • 全てを見ているもの。
  • 僕らは思考を感じたり、感情を味わったり、身体の感覚を感じたりすることはできますよねぇ。だからね。どうもそこに自分がいる。っていう勘違いをしとるのかもしれないんです。で、その見ているものに自分を同化させるわけです。この同化の力が強ければ強いほど、当然のことながら、不自由になります。なんでなん?と言いますと、そのとある思考や、とある感情、とある感覚に閉じ込められるからですね。きっと大丈夫やで!とか、 [続きを読む]
  • 不完全さへの許しが完全さを明らかにさせる
  • この話が役に立つのか?といいますと、役に立ちません。ど・な・い・や・ねーん!役に立たんのかーい!ってことなんですけどねー。ええですやん。役に立つとか立たないとか。そういうのに振り回されなくてもねぇ。。。っていうねー。そういうお話なんですよねん。とは言っても、やっぱりね。役に立つもんを集めたいやないですか。なので、いっつも自分にこれは役に立つの?意味はあるの?みたいな感じでねー。常に自問してる。って [続きを読む]
  • 思いに原因があるんやないんですよ。
  • やっぱり、感情を揺さぶられるような思いや感情があったりしたら、そこに辛さの原因があるように感じたりすると思うんです。すると、その思いを分析したり反芻したり、、、。さらには思いを解消するための足りないパーツを探そうとしてみたりねー。多分、非二元の話も、それが理解できたら、先生とかが言ってる通り「全ては完璧」を実感できて、足りないが解消できるんとちゃうやろか?ってねー。そんな思いで非二元への探求が深ま [続きを読む]
  • あんた、もう完璧なんやで!
  • まー、あれですわなぁ〜。生きてますと色々とありますわな〜。というわけで、おはようございます。タクさんです。いろんなことがあったりして、時には落ち込んだり、コイツは受け入れられぬ!!なんてこともあったりすると思うんですけどねー。そういうのって自分への信頼感への歪みが表に出てきとるってだけのことやったりするんですよねー。ホントはね。もうあなたは完璧なわけです。そうとは思えん!と思ってる分だけ、そのまん [続きを読む]
  • 杖なしでも歩けるやん!
  • ずーっと杖がないと歩けへんってね。そういう思い込みがあっただけなんですよね。不意に手が滑って杖を手放しちゃった時。ちょっと焦るんです。やべ!って感じでね。でも、あれれ?杖なしでもイケるやん!ってその時同時に気付くんですね。はい。おはようございます。タクさんです。冒頭の文章の「杖」っていうのが、思考のことですね。ちゃんと思考でもって、納得しておかないと危ない!っていう思い込みがあったりするんですね [続きを読む]
  • 明鏡止水と水と波。
  • ホーン!というわけでおはようございます。タクさんです。昨日お知らせした、タクさんレンタルと空のお茶会はおかげさまで定員に達しました。ありがとうございます。えー。行こっておもてたのにー間に合わんかったー!というお優しい方。ごめんなさい。またやりますので、よろしくお願いします。さて、、、心の動きを水面に起こる波だとしたら、その動き。つまり波が気になったりするから、その波を沈めたら、この思考から離れられ [続きを読む]
  • お知らせ。
  • 今日は2点、お知らせをさせてくださーい。タクさんレンタル一つ目は、「タクさんレンタル」企画のご案内でございます。いやね。これは、いろんな記事のこととか質問したい!とか、ちょいと話を聞いて欲しい!買い物に付き合ってほしい。みたいなことをタクさんをレンタルして叶えちゃいましょう!という企画でございます。第一回のタクさんレンタルは日時は8月12日の午後の部と、13日の午後の部で募集致します。レンタル時間はだ [続きを読む]
  • ごまかしが効かへんねん
  • お早うございます。タクさんです。最近ねー。なんか、アルコールを受け付けなくなってきちゃったんですよねー。飲もうと思えば、飲めるんですけど、なんていうか、しんどくなるんですよね。ま、アルコール飲んで体調が多少悪くなるのは、以前からそうだったんだと思うんですけど、前は、それ以上にアルコールで、ファッと思考が緩む感じ。あれが好きだったのかも知れないなー。そう思うと、最近は、一人でいる時は大体ファッとゆる [続きを読む]
  • 遠慮なんてしなくていいよ。
  • 一切の遠慮なく、演技をする必要もなく、自然に佇んでいればそれで良いわけでして、佇んでいるうちに湧いていくる好きなことがあれば、そうすればいいわけです。何かしらの演技をしなきゃいけないんじゃないだろうか?ここは、遠慮をしなければならないんだろうか?あの人は目上だから、、、。これは私の役割だから。。。と、自分の中で役づけをしていて、その役割に疲れた時、誰かが、自分にその役割を押し付けている!みたいな [続きを読む]
  • 全ては未知でござる。
  • 全ては未知であるっていうのもねー。よく考えたら当たり前なわけでして。未知の中に飛び込もう!ゆーてねー。なんかカッコいい表現なわけですが、飛び込む飛び込まない以前にもうすでに未知ですし。。。ちゅう話なんですよね。でも、未知だとやっぱり怖いんで、なんとか、確率的なもんでもいいですから!!!ということで知っておきたいんですよねー。人情として。だって、人間だものっ。。。はい。おはようございます。タクさん [続きを読む]
  • 掴まなきゃ、全てはすでにココにある。
  • 何でもかんでも対象化する必要があるのか?っていうのをねー。一回疑ってみるのも良いかも知れません。その対象化って、いつもホントに正確で正しかったでしょうか?もしかしたら結構曖昧なことも多かったんじゃないでしょうかー?そしたらね。何でもかんでも対象化する必要性ってホントにあったんかいな?って疑ってみるんです。何から何まで対象化して掴まなきゃいけないものなのか?もしかしたら、その信念に誤りがあったんやな [続きを読む]
  • 自分の中にある裁定者。
  • うっほほーい!!!最近ねー、なんか眉毛が異様に長くなってることがあるんですよ。多分ね、身体の中の眉毛担当の人がね。この辺まで長くなったらもう抜けなあかん!っていう部分で、チェックを怠って、どんどん眉毛に栄養を流し込んどるんとちゃうやろか?って思うんです。もう、長年、眉毛担当をやり続けてて、流れ作業みたいになっててね。はいオッケー。つぎー。って、チェックせずに流しとるんとちゃうか?ってねー。老化って [続きを読む]
  • ワンネスとは共感、共感とはおサレに言えば愛。
  • 最近は「それ」のことって、非二元とかノンデュアリティとか言われてますけど、ちょっと前はワンネスって言われてましたよねー。ま、ワンネスっていうと、全ては一個。といった印象を与えますので、一個というよりは、単に分離がないっていう風に言った方がええやろってことなんでしょうけどね。ま、言い方はどっちでもいいんですけど、いずれにしても、全部しかないですし、全部だけがあるわけです。そりゃ、全部なんで、全部以外 [続きを読む]
  • 既知の中にあるを無知。未知の中にあるを智慧。
  • 既知の中にある無知。未知の中にある智慧。ゆーてねー。わかりにくいわ!ちゅう話ですね。このわかりにくいわ!ってことを今日は書いてみよかな、と思ってます。お早うございます。タクさんです。既知の中にある無知。未知の中にある智慧。なんかゴロが良くてカッコいいけど、結局のところ、どう言うことやねん!ってことなんですけどね。まずは、「既知の中にある無知」からいきましょうか。既知っていうのは、何かしらのものに [続きを読む]
  • 何者でもないというのは、すなわち神であるということやねん。
  • 子供の頃、特についてない日がありましてねー。「どんな時も神様が見てるのよ」とか先生に教えてもらったもんですから、くっそー!おい!この約立たずの神!ちょっと出てこいアホ!!!おい!出てこれへんのか!どーなっとるんや!これは!!!ええ加減せえよ!って、空に向かってツバを吐いてました。天にツバを吐いてもちゃんと避けられるんじゃ!ボケ!!!とか言いながら、ペッ!!!っとやったあと、サササーと避けながら、み [続きを読む]
  • 伝授とはなんなのか?
  • フヒヒ・・・へへへへ・・・あーっはっはっはっはへへ、、、へへへ。。。おっほっほっほっほ!ケラケラケラかーっかっかっか!(アシュラマン)ハハハハハ!ハハハハハ!ケキョケキョケキョ。。。・・・・・・はい。おはようございます。タクさんです。なんやねん。冒頭から変な笑い声を書きやがって!ってことなんですけどな。今日は、いわゆる伝授って何をしてるのん?ってことについて書いてみたいと思います。伝授の秘密をも [続きを読む]
  • 苦労は美徳?娯楽は堕落?
  • なんていいますかねー。国民性ってあるやないですか。で、やっぱり日本って苦労は美徳。娯楽は堕落。みたいなね。なんかそんな観念が強かったりすると思うんですよね。そんな観念が、苦労は買ってでもしろ。とか、苦労せずに娯楽に興じてたら堕落するんやなかろうか?みたいな強迫観念があったりしてねー。あれ、嫌ですよねぇー。結局、苦労とかも単なる好き嫌いですからね。好きなりゃすれば良いし、嫌ならしなくてもいい。それだ [続きを読む]
  • 変幻自在なストーリーと、探求の終わり。
  • 朝起きてあー、夢だったのかー!ってな事ありませんか?バッて目が覚めて、あれ??となるんですよねー。ストーリーの中にいたはずなのに急に布団の上にいる??ストーリーが繋がらない???と、軽〜く混乱した後、記憶から夢じゃない方のストーリーを思い出して繋げるわけです。そして、あー夢だったのかーって納得するわけです。でもこれって、夢だろうが現実だろうが、どっちも同じストーリーなんですよねー。今までは夢のスト [続きを読む]
  • 記憶の中にだけ継続性があるんですね
  • 原因があって、結果があってー。っていうねー。そういったものっていうのも、継続という観念なんですけどね。こういう観念があると、なんか、修行をしたら悟りに導かれる。とか、瞑想をしたら何かが浄化されて「それ」に至る。とか、前世があって、来世がある。みたいなね。そういった物語が起こったりするわけですけど、これらも、何かが継続されているという誤解から生じている物語に過ぎませんのでねー。ホンマ、あるのは、単 [続きを読む]
  • だってオモロそうやから!理由はそれで十分やったんです。
  • 必要性があるからやるんじゃなく、単にノリでやってみるだってオモロそうやから。それで良いし、それが良い。ってねー。思うわけなんです。そんなん理由になってない!って思ったりする方もおられるかも知れませんが、理由って思ってるほど重要じゃないんですよね。ってか、いらんのです。「なんのためにそれをやるのん?」ってじつは愚問なのかもしれないんですよね。「なんで、なんのために?なんてこと気にするのん?」ってこと [続きを読む]
  • 自分という定義のジレンマが見抜かれると、探求は終わります。
  • もし、自分とは何者なのか?というのを定義づけようとするのであれば?ってことなんですけどね。そこで、定義づけされたものって、ひとつの考えによって導かれたものになるじゃないですか?でも、この考えの持ち主が自分だとしたら、自分の持ち物に果たして自分そのものを定義づけられるのか?といったジレンマにぶつかったりするんですよね。つまり、考えはいつまでたっても、考えであって、自分はその範囲を超えてなきゃいけない [続きを読む]
  • 身体の声を聞く
  • 心と体は一緒ですので、時には考えや感情の方ばっかり気にするんじゃなくてね。思考や感情は一旦置いておいて体の感覚をみてみるといいかもしれません。で、力んでいる部分を見つけたら、さすってあげてもいいし、痛みを感じるなら、お礼を言ってあげるといいかもしれません。ありがとー。てね。不思議なことにそうすると、身体って喜ぶんですよね。ただ、病気やケガのような、本気の痛みの時は、さっさと対処しなきゃですけど。。 [続きを読む]