ccnts72 さん プロフィール

  •  
ccnts72さん: よくばりさんの成長キロク
ハンドル名ccnts72 さん
ブログタイトルよくばりさんの成長キロク
ブログURLhttp://ameblo.jp/ccnts72/
サイト紹介文ボーディングスクールに留学中の兄、ひとりっこ生活満喫中の弟。留学の記録や英語育児、知育のことなど。
自由文好奇心旺盛で、サッカーに中学受験(2019)に英語(留学)に挑戦中の長男。バランスよく最後までやり抜けるかな…?ときどき弟のゆる〜いおうち英語と知育の記録と母の好きな旅のことも書いています。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供260回 / 365日(平均5.0回/週) - 参加 2016/02/03 01:10

ccnts72 さんのブログ記事

  • ホンネとタテマエ
  • 今週は小学統一模試です。正直なところ、今回は初回だし、まずは”力だめし”なつもりでした。母は…ところが、先生からはBは絶対にとってほしいのだけど、模試の前日に来れないかしら?とのお申し出。我が家のペースでまずはやってみる。それで間に合えばお受験に挑戦。ダメでも併願はしない。のスタンスはお伝えしているのですが…なんだか先生の勢いにきちんとお断りすることができず、予定が合わないということで模試直前のレ [続きを読む]
  • 子どもらしさを失わずに...
  • お教室の先生からの宿題。おうちで取り組んでいる内容より全然難しいしかも苦手な回転図形。一度解いた問題なので、4問目まではなんとか解けましたが、最後の問題を見るなり”むずかし〜”と。それで、線対称用に用意した1/4の折り紙を持ち出し、こんな感じでズルです。図を折り紙に模写してくるっと回転〜こちらの問題は小学統一模試の過去問。そういえばありました長男も年中の時に受験したっけ…”幼稚園児が模試〜〜?”と、 [続きを読む]
  • 精神面を鍛える?
  • 次男の苦戦している単元。線対称、回転図形線対称、特に折り紙の切り口問題は実際に手を動かして確認してみないとなかなか正解がだせません折り紙がもったいないので、1/4サイズにしてしまいましたープリントは間違えたり、時間がかかったページのみ月単位でまとめておいてやり直しています。苦手分野は少し多めにやり直し、様子を見ながら3巡、4巡目のページも。本当はすべてのページを少なくても2巡はして定着を図りたいところ [続きを読む]
  • 注意ではなく評価されて伸びる子
  • 昨日のブログで長男の動向がわからない〜とボヤいたばかりですが先週のWeekly Letterに長男が載っていました。どうやら、寮でAwardを獲得したよう。自主的に寮母さんのお手伝いをしていることが評価されたみたいです。the winners are: ××× and ××× for helping Miss S××× just when she needed it and for being helpful in general.サッカーのほうでも選抜の練習会に呼ばれ、コンディション [続きを読む]
  • 長男の動向を知る方法
  • 長男から連絡がない!というお話を過去記事に書きました。相変わらずです。Skypeメッセージで伝言送ってもスルーよちよち歩きの頃から自立を意識した子育てをしてきたのはこの母なのですが…ちょっと淋しいかも母が長男の動向を知るのは、学校のTwitter選抜メンバーになった時の先生からのメール毎週金曜のHouse MasterからのWeekly Letter長男が撮影した画像をiCloudで確認you tubeで履歴確認以外は長男に直接的な内容でないこと [続きを読む]
  • プログラミング体験/就学後を見据えた学習
  • こぐま会の等分。わり算につながる領域です。この取り組みについては解法を教えていいものかどうか悩み、以前もブログにしました。現在は、うみべねこさんからのアドバイスを参考に自作したツールで試行錯誤中。何度も繰り返しチャレンジしています。等分は志望校の試験領域ではないので、我が家では就学に向けての学習内容としてゆっくりと取り組んでいます。就学に向けて取り組むべき領域についてはもう少し詳細に洗い出ししな [続きを読む]
  • 人に届く伝え方
  • 今年が初参加の入試報告会ー日能研のオン・ザ・ロードはもちろん、各塾がどのように分析しているのかを比較しようと他塾の入試報告会にも参加しました。 オン・ザ・ロードは会場で教材の閲覧が可能だったり物販もあり、もっと早く会場入りすればよかったと、後悔 なにもない会場もあり(資料配布のみ)入口から塾によって全然違うのですねー。と、感じました。 ちなみに、テキストや教育本はも [続きを読む]
  • 子育ての中で気付いた大切なこと
  • 長男がこの世に生を受けてたった10年あまり。それでも子育てを通してたくさんのことを学んできました。幸いにも我が家は男児2人。学んだことを反省し、活かす場があります。2度めの失敗なんかもありますけどねところで、長男の子育てを通して母が長男にさせてきてよかったと思っていること、なんだと思いますか?(まだまだ子育て真っ最中ですが)これまでに何度と書いているので、既読の方はまたか!と思われるかもしれませんは [続きを読む]
  • 2月の取り組み&ダメ出しされました
  • 体験以来初の個人指導の日でした。*プリント(回転図形、重ね図形、数の問題、回転推理積み木、言語、常識問題)*お絵描き*紐結びと、こんな感じで90分 ほんとは1回60分なんですが…全然終わらなくて 絵が描けない、かいてんずけいが苦手、かさねずけいはまだやってない、紐結びができない…などなど。 ”できないことが多すぎー”と言われてしまいました模試までは続けて通うようにっ [続きを読む]
  • 1番の選択肢と現実
  • 長男の進路についての選択肢は「中学受験する」であったと前回のブログでご報告いたしました。実はこれには、その前の経緯があることを書きそびれていました。 「中学受験する。」の前に長男から出た選択肢は、「ずっと◯◯(ボーディングスクール)にいちゃダメなの?」だったんです…。出発前には予想もしていなかった長男からの申し出にビックリしました。 それはそれは嬉しい一方で親としては複 [続きを読む]
  • 英語を楽しく学べるようになってきた♪
  • 今日の英語スクールは”Fruit Salada-Making”英語でフルーツサラダの作り方を学べるアクティビティでした。楽しかったようで、帰ってきてからもおさらい。フルーツサラダ作りに挑戦イチゴとミカンをカットしました。スクールでは、持参したフルーツ2種(イチゴとキウイ)をカットし、スクールで支給されたヨーグルトを混ぜて食べたそうです学期に1〜2回、こういったアクティビティがあり、毎週読み聞かせをしっかりしてくれ、フ [続きを読む]
  • 長男の意思
  • 前回のブログにはたくさんのいいね、メッセージをありがとうございました。実は長男とは年末に中学受験をどうするか??という話を一度しました。受験しないなら留学期間も多少なら延ばせるし、日本の勉強もそこまで気にする必要もないというような話もしたのですが…長男の答えは「受験はする」でした。長男は留学して目標ができたそうです。それは、”英語がたくさんできる学校に行きたい”という目標。それならばやっぱり英語 [続きを読む]
  • 中学受験か留学続行か
  • 長男も留学して半年が経ちました。最近連絡もほとんどなく、情報の少ない長男…(ブログに書くこともあまりありません。)連絡は本当に少なくて、2週間に1度のペースなんです母や夫に根掘り葉掘り聞かれるのが嫌なよう…便りがないのは楽しくやってる証拠…と、思っていいのかな。楽しくしているならあとは心配なのは英語力です。長男はめんどくさがりなところがあって、なんて言ったらいいかわからなかったり、伝わらないと思っ [続きを読む]
  • 我が家の小1までの学習プランとお受験対策その後
  • 次男の小学校受験に向けた取り組みーとは言っても未だに受験するか否かは正直まだ100%ではないのですが、後悔しないように進めています。最近は1日にこなせる量も少しずつ増えてきて、平日4日間*プリント10枚強位は習慣化しています。(週末と平日1日は習い事のためお休み)昨年組み立てた学習プランに向けて強化したい力&取り組みにブレはなく、志望校の入試対策もほぼほぼこの傾向にそった形で進められています。(プリントの [続きを読む]
  • 寺院巡りと英語に触れる機会
  • こんばんは。京都にいます?金閣寺、三十三間堂、平安神宮、清水寺。THE京都な観光名所ばかりですが、まだ小さな男児に少しでも印象に残るようにとビジュアルで印象の強い寺院を選んで行ってきました。(八坂神社と伏見稲荷は一昨年訪れたので 候補から外しました)裏側でも美しい逆さ!?金閣寺。金閣寺は通称で、本当は鹿苑寺であるということをタクシードライバーさんの話から学んでいました。が、金閣寺より池の [続きを読む]
  • 幼少期にいろんな経験を
  • 昨日はブログにたくさんのレスポンスをいただきありがとうございました。”子どものため”と思ってしていること。たまにわからなくなることがあって無償に書きたくなるんです。書くことで整理されるからかな…。母は学びを楽しくさせてあげる力はないのだけど、でも将来するかもしれない大変な思いや苦労を少しでも軽減し、可能性を広げてあげられればという思いをもって、子どもたちに今の環境を与えています。きっと結果が出る [続きを読む]
  • 子どものためって?
  • ”子どものため”ってなんだろう…?昨日は1日そんなことを考えていました。今好きなだけ好きなことをやらせてあげるのは子どものため。一方でその自由な時間を少し削って習い事や勉強の時間に充てることも学習習慣やスキルを身につけるという点において、子どもの将来のためになるわけです。後者は時には気が進まないとか、苦痛を伴う場合がありますが、なんにしてもバランスが大事だと思います。どちらに偏ることなく、バランス [続きを読む]
  • 自信なくす〜
  • 行き詰まりを感じています。次男の英語にというのも…ライオンガードを見ている時に抜き打ち検査をしたところ、まったく理解してなかったんです昨年ソフィアをよく観ていた時は理解していたのですが、もしかしたら映像でなんとなくわかっていただけだったのー??がーーーーんとなっているワケです。英語の理解度ってはかれるものがない(英検とか受けない限り)から今していることが本当にフィットしているのかがわからず不安に [続きを読む]
  • それぞれの得意なことを
  • やっと完成〜シリーズ第5弾LEGO STAR WARS Encounter on Jakku 8-14作りながらどのシーンなのかイメージがつきにくかったのかな…と思います。途中で集中力が切れ、思っていたより仕上がりに時間がかかってしまいましたEncounter on Jakkuは、”フォースの覚醒”序盤、レイとフィンが出会う直前。ガラクタ屋?のおやじにBB-8が狙われちゃうシーンです。この後、ファルコンとタイファイター世紀の追いかけっこが始 [続きを読む]
  • わり算の概念〜解法を導く
  • 先日、ブログにアップしましたりんごを3人に同じ数だけわける問題。(りんごは15個)リブログしたブログのコメント欄にようこさんからアドバイスをいだだきました。(ありがとうございました。)”人数分◯囲んでみたらいかがでしょうか?3人でわけるなら3つのかたまりを◯、それで◯を続けると、何個ずつかすぐわかります。余りもわかります。通っているお教室でそのように習いました。”なるほど具体物を使うより頭と視覚を使 [続きを読む]
  • 読書好きに育った理由
  • 我が家の子どもたちの本好きと、母がほとんど読み聞かせをしてこなかったことについては、これまで何度かブログに書いてまいりました 読み聞かせをしてこなかったのに、本好きな子に育ってくれてラッキーなーんて少々思っている部分もありました(今は毎晩しています) でも、よくよく考えてみると…1つ大事なことを忘れていました。 子どもたちの本好き、読書好きの素 それは夫です [続きを読む]
  • お受験?就学準備?
  • 次男の幼児教室選び―お受験の先輩ママからもアドバイスいただいたのですが、紹介制だとかいろいろと重たくのしかかってきて…先生やお教室との相性だったり、関係構築も大変だなぁと思うと、勝手知ったるお教室がすんなり。結局、志望校にもお詳しく、長年の実績もある長男の先生にご指導を仰ぐことにしましたさっそく電話で話して、足りないところを確認して…いてもたってもいられず書店へ走る(笑)それにしても教材選びって [続きを読む]
  • わり算の概念が必要?
  • こぐま会のひとりでとっくん・とうぶんから”りんご(イラストの)を3人に同じ数になるようにわけてあげましょう。 ”の問題。2人に分けるならカンタンなんです。10個あったら5個ずつに分けられます。が、3人…4人になるとわり算の概念が必要。次男はわり算はできません。適当に見た目◯でかこみ始める次男。ちょっとまった〜〜まず、問題点。イラストのリンゴの数をかぞえてしまうこと。数を塊で捉えることがまだできません。で [続きを読む]
  • ボーディングスクールとスポーツ
  • 今年の首都圏中学入試も一通り落ち着きましたね。(R4一覧によると今日が最後なんですね…)2017年組のみなさんにとっては長い長い道のりであったと思います。本当にお疲れさまでした。我が家も2年後のこの数日間をどう迎えているのだろう…といろいろ考えます。ただ、中学受験は1つの通過点。どんな結果になろうとも、その結果が我が子にとって最良の道であり、必要な試練の始まりなのだと思える中学受験でありたい。そのために [続きを読む]
  • 5歳8ヶ月:停滞気味なおうち英語
  • 今日はたまたま立ち寄った代官山Tサイトで洋書セールをしていました(2/5まで開催しているそうです)イベントスペースでの開催だったので、選択肢は少なかったのですが、それでもワゴンの中の洋書が30〜80%OFF!!掘り出し物を見つけて3冊ゲットまずはこちらのペーパーバック840円はなんと80%OFFなので170円弱でした。安いっとりあえずなんでもいいから買ってしまえ〜と。中身は次男の生活レベルにあった英文&母の読み聞かせレベ [続きを読む]