安瀬りな さん プロフィール

  •  
安瀬りなさん: 楽しい時〜幸せの夜明けのために〜
ハンドル名安瀬りな さん
ブログタイトル楽しい時〜幸せの夜明けのために〜
ブログURLhttps://s.ameblo.jp/angelina5985/
サイト紹介文おおらかな人生を夢見てる私の日々を綴ります。 引き寄せの法則・スピリチュアル・佐野元春が大好き♪
自由文引き寄せの法則実験中です!
途中経過や成果を報告します♪
いい時をみんなで過ごそう!
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供243回 / 365日(平均4.7回/週) - 参加 2016/02/04 08:19

安瀬りな さんのブログ記事

  • 判断に困ったら図にしてみる《人生向上トレーニング・李敬烈》
  • 恋愛は心を魅了するものですが、そのために判断を鈍らせたり、進むべき道を間違えさせたりするものでもあります。そうなったときにはまず、じっくりと時間をかけることです。次にご紹介するのは、不倫の恋を清算すべきかどうかという相談を受けたときにアドバイスした方法です。まず、2つの大きな◯を描いてください。一方が自分、もう一方が不倫相手の恋人です。その2つの円を取り囲むように少し小さめの◯をいくつも描き、その [続きを読む]
  • 恋愛は迷路、愛は光を灯す《人生向上トレーニング・李敬烈》
  • 気をつけなくてはいけないのは、恋愛と愛は、まったく別のものだということです。お釈迦さまは、恋愛を愛欲と呼び、愛を慈悲と呼びました。愛欲は奪い取る力、慈悲は与える力です。そして、一人の人だけを愛するのは愛欲であり、すべての人を愛するのが慈悲なのです。愛欲はいつも人を苦しめ、窮地に追い立てます。仏教は、愛欲を喉が渇いた人が渇きを潤そうとして海の水を飲むことにたとえています。それは、飲めばますます渇きが [続きを読む]
  • 離婚が増えているのはなぜか《人生向上トレーニング・李敬烈》
  • 自分なりの人生を獲得した人、すなわち外向きのベクトルを伸ばして生きている人は、内向きのベクトルに基づいて生きている人には想像もできないほど、変化に富んだ人生を生きることになります。なぜなら、内向きのベクトルはいつも動物的本能に収斂していくのに対し、外向きのベクトルからは、その人独自の他者とのかかわりが生じるからで、その結果、無限の表現が生み出されていくからです。現代社会では、「内向きのベクトルに支 [続きを読む]
  • まず人生の方向性を定める《人生向上トレーニング・李敬烈》
  • 恋人であれ、結婚相手であれ、理想のパートナーと出会い、時間を共有し、共に歩んでいくことは、間違いなく人生を豊かにしてくれます。では、そのような理想的なパートナーを見つけるために大切なことは何でしょうか。それは、一見遠回りに思えるかもしれませんが、自分が生きている意味を見つけることです。人は何のために生きるのかなどという青臭い疑問を真剣に考えるのは、ごく近年まで思春期の若者か、哲学者、宗教家くらいし [続きを読む]
  • 人生のサイクルに乗る《人生向上トレーニング・李敬烈》
  • 人生を成長の道のりと考えるなら、知的獲得の3段階のプロセスは、そのまま人生の流れにたとえることができるかもしれません。それはちょうど、ある意味でジェットコースターにも似ています。人生の始まりはジェットコースターに乗り込むことで、そこではわくわくしながらあたりの景色を見渡し、一刻一刻変化する風景に目を奪われます。これが「コレクション」の段階です。そしてゆっくりと上昇し頂点に達していく中で、私たちはそ [続きを読む]
  • 賢さに意識の焦点を当てる《人生向上トレーニング・李敬烈》
  • 残念なことに、ほとんどの人は、子どものころから知的興味の発達段階を無視した教育を受けているため、知性を伸ばすことに困難を抱え、大人になっても自分の能力をスムーズに発揮できなくなっています。それはもちろん大きなテーマであり、私たちは知性のあり方を社会的に問い直す必要がありますが、それ以上にもっと基本的な問題もあります。それは、あまりに多くの人々が自分のもっている能力を必要以上に過小評価していて、それ [続きを読む]
  • 子どもには空想を広げさせる《人生向上トレーニング・李敬烈》
  • 多くの人は、子どもに知識を蓄えさせることを知性を発達させることと誤解しているのです。しかし、子どもの知性の発達は、質問や問題にどれだけ正確に答えられるようになったかではなく、子ども本人が発する質問の数と、その内容によって測られるべきなのです。子どもはよく「なぜ」という質問をするものですが、そんな子どもに「なぜだと思う」と尋ね返すと、多くの場合、大人では考えられないような突拍子もない答えを紡ぎだすも [続きを読む]
  • 発達段階を踏むことが大切《人生向上トレーニング・李敬烈》
  • 多くの人は、何かを習得できないと自分に能力がないからだと落ち込んだり、勉強法を変えれば次はきっとうまくいくはずだと期待したりしますが、それは大きな誤りです。私たちはまず、自分のレベルを見きわめ、それにふさわしい内容に取り組む必要があります。本来、いまの自分のレベルにふさわしく、いずれスムーズに次のレベルに移行できるような内容は、ことごとくおもしろいはずです。そして、それを見つけて継続することが、本 [続きを読む]
  • 英語を上達させるプロセス《人生向上トレーニング・李敬烈》
  • 大人が何かを習得しようとする場合も、「知的興味の発達段階」の3つのプロセスに当てはめて行うことができます。たとえば、英語を例にとってみてみましょう。 ①コレクション●英語と思われる外来語をノートに書きとめ、コレクションしていきます。正確なスペルがわからなければカタカナでもかまいません。●英語の本をワープロで打っていきます。●気に入ったフレーズをノートに写したり、ワープロで打っていきます。②じっくり [続きを読む]
  • 知的獲得の3つの段階《人生向上トレーニング・李敬烈》
  • 何かの知識を獲得したり、技能を習得していくプロセスというのは、子どもが知的興味を発達させていく過程と同じです。子どもの知的発達を促すためには、子どもの興味の芽をつみ取ってしまわず、持続させることが大切です。そのためには、次の「知的興味の発達段階」は大いに参考になると思います。知的興味の発達段階①コレクションただ慣れ親しむだけの「見習いの段階」②じっくり取り組む疑問を整理し、ひんぱんに尋ねる「弟子の [続きを読む]
  • 継続を実力に変える《人生向上トレーニング・李敬烈》
  • 5年後のショパン・コンクールをめざして、ピアノの練習を続けている女学生から、相談を受けたことがあります。ショパン・コンクールは、世界で最も難しいとされるピアノの国際コンクールです。彼女は課題曲を毎日3回繰り返す練習を重ねましたが、上達したという実感がわかなかったため、どう取り組むべきか思い悩んでいたのです。そこでまず、歴代のショパン・コンクールの演奏をCDで何度も繰り返し聴くことをすすめました。その [続きを読む]
  • 上達には共通のプロセスがある《人生向上トレーニング・李敬烈》
  • 自分のリズムをつくることが、人生をうまく回転させる基本であるということを説明しましたが、それは習い事、勉強、仕事の技術などといった、具体的な何かを身につけるときの鍵でもあります。たとえば、英語習得をめざすなら、まさに「学問に王道なし」ということわざどおり、ひたすら地道にやって学びつづけることが、まず大切です。そのためには、「人が1年でできるところを、自分は5年かけてマスターしよう」と覚悟を決める必 [続きを読む]
  • 心の中に自分の天国をつくる《人生向上トレーニング・李敬烈》
  • イメージがもたらす力をある程度使えるようになってきたら、最終段階に入ります。それは、心の中に「天国」のイメージをつくり出すという作業です。天国は実在するのかしないのかという議論は、この際関係ありません。あなたがイメージできる「天国」の姿でよいのです。美しく、豊かさに満ちあふれている天国をイメージすることは、ポジティブな思いを生み出し、「ない」という限定感のかわりに、「ある」という肯定的な言葉を潜在 [続きを読む]
  • 毎日100万円を使うとしたら《人生向上トレーニング・李敬烈》
  • 豊かになるためのイメージトレーニングには、また別の方法もあります。それは、世の中は2つの相反するものがワンセットになっているというメカニズムを活用する方法です。この世では、服を着れば脱ぐ、食べれば出す、息を吸えば吐くというように、正反対のものが切っても切れない関係として存在しています。たとえば、食べることばかり一生懸命で出すことがおろそかになれば、私たちはすぐに不健康になってしまいます。それと同じ [続きを読む]
  • 豊かになるためのイメージづくり《人生向上トレーニング・李敬烈》
  • 「収入を増やしたい」という夢も、イメージによって実現することができます。私たちは何かを強烈にイメージしつづけていると、それが映画のフィルムのように働いて、スクリーンという現実に映し出されるようになっています。ところが、収入を増やしたいと思うとき、私たちは純粋に増やすことをイメージするよりも、しばしば自分の収入ではとても足りないという現在の不満ばかり意識してしまいます。そのため、いくら豊かさをイメー [続きを読む]
  • ネガティブ・イメージを消すには《人生向上トレーニング・李敬烈》
  • イメージトレーニングに取り組んでいると、自分がポジティブなイメージよりもネガティブなイメージに惹かれていることに気づくことが少なくないものです。ネガティブなイメージは、思い浮かべてはいけないと思えば思うほど、心に引っかかってしまいがちなものです。それは、私たちには考えてはいけないと思えば思うほど、それについて考えてしまうという性質があるからです。心に引っかかったイメージを消すにはきわめて高度な心の [続きを読む]
  • イメージ力を高める基礎トレーニング《人生向上トレーニング・李敬烈》
  • 心は忠実な召使いであり、もしこころに向かってきちんと指図することができるなら、私たちは思いどおりに現実をつくっていくことができます。ところが実際には、ほとんどの場合、私たちはただ心に振り回されているだけです。それを克服するには、まず心がけ自分の召使いであることを強く意識して、自分が望むイメージを強く心に刻み込んでいくことです。とくに、寝る前に浮かべるイメージは眠っている間に増幅されるという特徴があ [続きを読む]
  • イメージにも使用上の注意がある《人生向上トレーニング・李敬烈》
  • イメージと現実の関係を何かにたとえるとしたら、ちょうど映画のフィルムとスクリーンの映像のようなものだといってもいいでしょう。映画館のスクリーンに映し出される風景は、以前に編集されたフィルムが映写機にかけられて映っているものです。フィルムに相当するのが私たちのイメージであり、スクリーン上の風景が現実なのです。もし自分の望む映像を見たければ、スクリーンではなくフィルムじたいを取り替える必要があります。 [続きを読む]
  • ひらめきや偶然に従う《人生向上トレーニング・李敬烈》
  • 夢をかなえるステップを応用して、海外生活をする方法①ありありとイメージするまず最初に必要なのは、目標をはっきり定めることです。たとえば、「ニューヨークに住みたい」というのが目標だとしたら、まずはそう決心するのです。「長期滞在が無理なら、ちょっと旅行するのでもいい」というような決め方はイメージをあいまいにさせ、夢をかなえる効果を損ねてしまいます。②しっかりと実感する憧れのニューヨークで生き生きと暮ら [続きを読む]
  • 夢をかなえる3つのステップ《人生向上トレーニング・李敬烈》
  • 夢をかなえる3つのステップ①ありありとイメージする。②しっかりと実感する。③さっぱりと忘れる。「ありありとイメージする」「しっかりと実感する」というステップはすぐ納得できるでしょう。しかし、なかでも大切なのがイメージしたことを「さっぱりと忘れる」というステップで、これは少しわかりづらく、また難しいかもしれません。物理の法則の一つに、作用・反作用の法則というものがあります。物体に力を加えると同時に、 [続きを読む]
  • 未来に夢をセットする《人生向上トレーニング・李敬烈》
  • 夢を確実に実現するために活用できる、強力なアプローチがあります。それは、イメージの力を使うという方法です。現実を見回すと、ありきたりの方法で取り組んでも、それが必ずしもうまくいくとはかぎらない場合が多々あるのがわかります。どれほど苦労しても、工夫しても、それが絶対にいい結果をもたらすとはかぎりませんし、その反対に、最小限の努力しかしなかったのに予想以上のすばらしい結果が出ることもあるのは事実です。 [続きを読む]