うり☆ さん プロフィール

  •  
うり☆さん: うり☆の読書日記
ハンドル名うり☆ さん
ブログタイトルうり☆の読書日記
ブログURLhttp://ameblo.jp/monocolor/
サイト紹介文2016年に読んだ本のメモです。 すべての答えは本の中にある♡
自由文毎年50冊を目標にいろんな本を読んでいます。
何を読んだかメモ程度に記録しているブログです。
小説、啓発本、絵本。なんでもあり。濫読最高!

2016年のごあいさつはこちら→http://ameblo.jp/monocolor/entry-12113119580.html


小説などは感覚的な感想も多いのであんまり参考にならないかもしれないですが、いい本にたくさん出会って、たくさん紹介できたらなと思っております♪
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供35回 / 365日(平均0.7回/週) - 参加 2016/02/04 00:10

うり☆ さんのブログ記事

  • ☆デルフィニア戦記☆
  • デルフィニア戦記 1~18巻茅田砂子 中央公論新社〜あらすじ〜やがて『獅子王』と呼ばれる漂泊の戦士ウォル。やはり『姫将軍』と呼ばれることとなる異世界からの迷子のリィ。アベルドルン大陸を震撼させる二人の冒険譚は、ここからはじまった。/第1巻あらすじよりデルフィニア戦記シリーズ紹介はここから↓↓☆ 茅田砂子全仕事☆ 久しぶりに一気読み?4日に5冊ぐらいのペースやけど半月かかるね(笑)高校生の頃に初めて読ん [続きを読む]
  • ☆確率捜査官御子柴岳人 ゲームマスター☆
  • 確率捜査官御子柴岳人 ゲームマスター神永学角川文庫〜あらすじ〜論理的な取り調べを行う目的で新設された《特殊取調対策班》。新米刑事の友紀と天才数学者・御子柴が今回挑むのは、大物政治家宅で起きた窃盗事件。単純そうな事件に見えたが、その裏には底知れぬ闇が…!?/角川文庫HPより発売日にサイン本購入しました(笑)やっぱり読み始めたら止まらないね。なんか、大物政治家とか元警察官とかが出てくると、何年も前の事件が [続きを読む]
  • ☆人生をいじくり回してはいけない☆
  • 人生をいじくり回してはいけない水木しげるちくま文庫〜内容〜水木サンが見たこの世の天国と地獄をユーモアたっぷりに綴ったエッセイ。おいたち、鸚鵡にみとれて命拾いした戦争体験、妖怪について…。人生にはいろんなことが起こって当たり前、下手にいじくり回すより、自然の流れに身を委ねたほうがいい。あくせく競争に追われるより、南国の楽園のように、のんびり暮らそう。/ちくま文庫HPより色々なインタビューとかエッセイ [続きを読む]
  • ☆子どものかわいさに出あう☆
  • 子どものかわいさに出あう近藤直子クリエイツかもがわ〜内容〜子どもの「イヤ!」にはこころの育ちがかくれてる発達を学ぶということは、子どもの思いやこころを理解する手がかりを得ることのはず。ところが発達を子どもの到達すべき目標のようにとらえて、子どもが「そうならない」と不安になったり焦ったりする保育者もいます。保育者も親も子どももしんどくなるような学びはやめたいですよね。子どものかわいさや健気さに共感 [続きを読む]
  • ☆百貨店ワルツ☆
  • 百貨店ワルツマツオヒロミ実業之日本社〜内容〜二十世紀初頭、ある地方都市にある虚構のデパート「三紅百貨店」が舞台。壮麗な建物の屋上には巨大観覧車。華やかで近代的な店内装飾に囲まれた各売場にはモダンとロマンチックが散りばめられています。一階から六階、そして屋上…。各売場の様子、そこにいる人々や商品を漫画とイラストでご紹介。ひとつひとつにこだわりをもって描かれたディテールには思わず見とれる美しさ。鮮や [続きを読む]
  • ☆確率捜査官御子柴岳人 密室のゲーム☆
  • 確率捜査官御子柴岳人 密室のゲーム神永学角川文庫〜内容〜世田町署、薄暗い地下一階の廊下の突きあたりにある《警視庁捜査一課特殊取調対策班》。イケメン毒舌天然数学者御子柴岳人がクールで鮮烈、華麗な推理で容疑者の心理に迫る、前代未聞の取調エンタメ!/角川文庫HPよりこのシリーズは読んだことなかってんけど、文庫のサイン本が売ってたから買ってみた(笑)読み始めたら止まらないね。神永さんの本。一気に読むつもり [続きを読む]
  • ☆ちょっとそこまで旅してみよう☆
  • ちょっとそこまで旅してみよう 益田ミリ幻冬舎〜内容〜昨日まで知らなかった世界を、今日のわたしは知っている−。八丈島、宝塚、奈良、萩はひとりで。金沢、京都、スカイツリーは母と2人で。フィンランドは女友だち3人で。「ちょっとそこまで」という気軽さで行った旅の記録。〔「ちょっとそこまでひとり旅だれかと旅」(2013年刊)の改題,書き下ろしを加える〕/幻冬舎HPより益田ミリさんの旅エッセイ、好きです。色ん [続きを読む]
  • ☆心霊探偵八雲 魂の道標☆
  • 心霊探偵八雲 魂の道標神永学KADOKAWA〜あらすじ〜左眼を傷付けられ、死者の魂を見る力を失ってしまった八雲。そんな中、唯一の肉親である妹の奈緒が幽霊に憑依された状態で行方不明になる。奈緒を探す鍵はマンションで多発する心霊現象にあるらしいのだが……!?/KADOKAWA HPより待ってました!八雲の新刊?ANOTHER FILESはこないだも出たとこやけど、本編がね。なんと5年ぶりの新刊やって!基本的に文庫本派なもんで、9巻までは [続きを読む]
  • ☆きりこについて☆
  • きりこについて西加奈子角川文庫〜あらすじ〜きりこは「ぶす」な女の子。小学校の体育館裏で、人の言葉がわかる、とても賢い黒猫をひろった。美しいってどういうこと? 生きるってつらいこと? きりこがみつけた世の中でいちばん大切なこと。?きりこはである?ってぶすを太字で強調しながら、いかにぶすかを具体的に説明する書き出しが衝撃的でした。ラムセス2世の語りもツッコミどころも満載やけど可愛いい?自分がぶすだと気 [続きを読む]
  • ☆積み立て投資でお金をふやす☆
  • 積み立て投資でお金をふやす田中 唯KADOKAWA<内容>リスクをおそれる必要なし。正しい投資で将来の不安は消える!20代のOL・ユイは未来に対する不安から、投資を始めることに。しかし、「投資」と「投機」の違いや、「投資こそ節約が重要」などイメージが覆ることばかり。真に人生を豊かにする投資の極意をコミックで学べ!/KADOKAWAのHPより将来に向けてお金についてなんとかしないとっていう思いは常々あるんやけど、何から [続きを読む]
  • ☆おしまいのデート☆
  • おしまいのデート瀬尾まいこ集英社文庫〜内容〜両親の離婚以降、月に一度祖父と会うようになった彗子。母の再婚を機に会うことをやめる二人だったが……。表題作ほか、5つの物語からなる短編集。世の中は色々なデートで溢れている。/集英社文庫HPより“上質の薬膳スープ”解説の吉田伸子さんの表現がぴったしの本でした。解説の一文目を読んで、おぉ!って思いました(*´?`*)いろんなデートが詰まった短編集でほわんと暖かく [続きを読む]
  • ☆心霊探偵八雲 ANOTHER FILES 亡霊の願い☆
  • 心霊探偵八雲 ANOTHER FILES 亡霊の願い 神永学角川文庫〜あらすじ〜その赤い左眼で霊を見て、会話ができる不思議な力を持つ大学生・斉藤八雲。大学の学園祭が間近な季節、晴香は彼に心霊事件の依頼を持ち込む。劇場に現れる霊、背後につきまとう亡霊、呪いのビデオ。その真相とは!?/角川文庫HPより待ってました。心霊探偵八雲のANOTHER FILES♪今回は短編集です。雑誌の連載を買うかどうか迷って、でもきっと短編集を出してくれ [続きを読む]
  • ☆プロが教える「お金」の貯め方☆
  • プロが教える「お金」の貯め方 著:横山光昭PHP研究所〜内容〜「人生には“モテ期”ならぬ“貯め期”が3度くる」。誰でもすぐにできる、お金の格言が満載。今日からあなたもラクラク貯金生活!/PHP研究所HPより細かく章が分かれて書かれていてあっという間に読めました。結局は収入より?支出を減らす?それだけやね。ほんとに基礎的な事柄が書かれている本でした。劇的に貯めれるようになるなんて方法はないねんな。。。 [続きを読む]
  • ☆笑うホームレス☆
  • 笑うホームレス〜10キロ太って、嫁もろた〜 著 :ホームレス小谷発行:江戸堀印刷所〜内容〜クラウドファンデングで資金を集め、作ったホームレス小谷の自伝本付きの御守りです。ホームレスになる直前から始まる、世界一日楽しいホームレスの物語が読める上に持ってるだけでご利益がある御守り。/(株)住所不定よりキンコンの西野のtwitterに結構頻繁に登場してて、自分を1日50円で売ってて、いつからか天才万博ってフェスを [続きを読む]
  • ☆旅屋おかえり☆
  • 旅屋おかえり__________原田マハ__________集英社文庫〜内容〜売れないアラサータレント“おかえり”こと岡えりか。ひょんなきっかけで始めた「旅代理業」は依頼人や出会った人々を笑顔に変えていく。『楽園のカンヴァス』の著者が贈る感動の物語。(解説/吉田伸子)/集英社文庫HPより原田マハさんの本、初めて読みました。『本日は、お日柄もよく』って本が本屋に平積みされてて原田マハって作家さんがいることを知って、気に [続きを読む]
  • ☆しないことリスト☆
  • しないことリスト__________pha__________大和書房〜内容〜所有しない、努力しない、期待しない…。仏教の教えや哲学者の言葉などを引用しながら提案する「ラクしたい人」の脱力系自己啓発書!/大和書房HPよりphaさんの本は、気張らずゆるく読める感じが好きです。持たない幸福論の時も思ったけど、phaさんの文章を読むとこんなゆる〜い生き方もあるからって思うだけで、とりあえず今は頑張れる気がする。どんなに残業ばっかりで [続きを読む]
  • ☆99%の会社はいらない☆
  • 99%の会社はいらない ___ 堀江 貴文 ___ ベスト新書〜内容〜もう「忙しい」を口癖にするのはやめよう。「自分の時間」を生きるためには、会社に属さなければいい。体調が悪くても会社に出ている、メールで済むことをわざわざ電話する、毎週の会議がただただ常態化している、社内の派閥争いで足の引っ張り合いをする……日本の会社にはいくつものムダがあると感じませんか?その上、毎日残業、有給もなく、会社に言わ [続きを読む]
  • ☆2017☆
  • 2017年。あけましてもう20日がたとうとしております。早っ??仕事始めから毎日残業の日々。もうちょっと心に余裕が持てるようになりたいと思います。今年の目標は100冊!!って思ってたけど、単純計算で3〜4日で1冊読まなきゃならない。それは無理 笑読まなきゃならないから読むのは嫌なので、楽しみながら読める程度で貪欲にいろんなジャンルに手を出したいと思います 笑連続して更新があるかと思えば1ヶ月近く止ま [続きを読む]
  • ☆2016☆
  • 2016年、新しく読んだ本は40冊でした。 もちろん、以前読んだ本を読み直したり、図書館で流し読みしたりもしてるので、もう少し多くの本をよんではいますが。こないだのアメトーークの読書芸人でカズレーサーが年間100冊は読むというのを見て、負けてられないとは思ったものの、ついついスマホを手にしたり寝てしまったり。定期的に活字中毒の症状が出て無性に本が読みたくなる時期がくるのに、今年は少なかったような… [続きを読む]
  • ☆だから日本はズレている☆
  • だから日本はズレている 古市憲寿 新潮新書〜内容〜この国の「大人たち」は、いつもどこかズレている。ジョブズのようなリーダーに憧れ、夢と絆で一つになれると信じ、「日本の良さ」は必ず伝わると疑わず、若者には変革を期待し、学歴や就活は古いと嗤い、デモやSNSで世界は変わると訴える。この「勘違い」はどこからくるのか? 迷走を続けるこの国を二十九歳の社会学者が [続きを読む]
  • ☆なんにもない部屋のもの選び☆
  • なんにもない部屋のもの選び ゆるりまい メディアファクトリー〜内容〜ものを捨てまくって、なんにもない家に暮らす、ゆるりまい。そんなゆるり家に生き残った「究極の品々」を写真&イラスト満載で一挙公開! 暮らしに必要なものが見えてくる、ゆるりまい流、バイヤーズガイド。/メディアファクトリーHPよりなんにもない部屋、本屋では何度か立ち読みしてたけど、絶対に真似できない自信があ [続きを読む]
  • ☆脳を最高に活かせる人の朝時間☆
  • 脳を最高に活かせる人の朝時間 茂木健一郎 すばる舎〜内容〜朝こそ、脳が喜ぶことをやりなさい!――仕事で成功している人・幸せな人生を送る人と、そうでない人との違いは「朝時間」の過ごし方にあった!?  脳が喜ぶ朝習慣や快適な朝を迎えるための睡眠法、最新のツールを駆使した朝活まで、茂木式・「朝型脳」のつくり方を公開! 「変わりたい」「挑戦したい」と思ったその瞬間から脳は活発に動き出す。朝に最高 [続きを読む]
  • ☆思ってたウツとちがう!「新型ウツ」うちの夫の場合☆
  • 思ってたウツとちがう!「新型ウツ」うちの夫の場合 池田暁子 秋田書店〜内容〜「いい人」だった夫が「1ミリも尊敬できない」人間に。新婚なのに離婚やむなし? 自分までおかしくなる? 病気? 性格? いつか治るの!? 夫とウツと私の2年間を綴った赤裸々エッセイコミック。/秋田書店HPより図書館にて、呼ばれたので読みました笑漫画なのであっという間に読めました。うちは夜寝れないけど朝は起きれない [続きを読む]
  • ☆レインツリーの国☆
  • レインツリーの国 有川浩 新潮文庫〜あらすじ〜きっかけは「忘れられない本」。そこから始まったメールの交換。共通の趣味を持つ二人が接近するのに、それほど時間はかからなかった。まして、ネット内時間は流れが速い。僕は、あっという間に、どうしても彼女に会いたいと思うようになっていた。だが、彼女はどうしても会えないと言う。かたくなに会うのを拒む彼女には、そう主張せざるを得ない、ある [続きを読む]