tadox34 さん プロフィール

  •  
tadox34さん: tadox34
ハンドル名tadox34 さん
ブログタイトルtadox34
ブログURLhttp://blog.goo.ne.jp/tado0831
サイト紹介文森の案内人:森林インストラクター田所清のブログです。自然観察日記を書いてブログ歴10年目です。
自由文森閑とした空気に包まれる森の中は神秘の宝庫。そこに息づく植物や虫・きのこなどを観ながら造形の不思議を想い自然の奥深さに感嘆しています。そして、それを感ずる自分がうれしい。だから伝えたい。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供1125回 / 365日(平均21.6回/週) - 参加 2016/02/04 17:54

tadox34 さんのブログ記事

  • アカモノ
  • 今年もまたアカモノに合えました。別名イワハゼ。花の頃より赤い実の頃の方が印象深いのですが、まだ花の季節真っ最中で、釣鐘状の小型のツツジの花を沢山見せていました。とはいってもやや薄い色彩ですから実ほど目立ちません。優しい感じの花を楽しみながら先に進むという風情です。 [続きを読む]
  • アカモノの花
  • がくがしっかりした色彩がありますからなかなかのポイント。全体を引き締めています。小さいながらなかなかの造形です。 [続きを読む]
  • アカモノの若い実
  • こちらは花が終わった直後の若い実です。花が下向きに咲くのでつぼみは横向きから下向きに。しかし、花の終わったあとは上を向くため実は上を向いて熟します。もう半月もすれば真っ赤な実になり「赤物」という名前の通りのものになります。 [続きを読む]
  • ツマトリソウの群落
  • 一角に白い小さな花が群れている場所がありました。近づいてみるとそれはツマトリソウ。高原の草地に行けば普通に見られる種で、特別珍しいものではありませんが、これだけ密生している場所はなかなか出会いません。条件が整えばこういう生態を見せる種であることを学びました。「妻とり草」というイメージでいた頃が懐かしく思います。未婚者の多い昨今、この花の「恩恵」を受けて結ばれる世の中であるといいなぁ、などと勝手な理 [続きを読む]
  • ツマトリソウの花
  • ツマトリソウはサクラソウ科の種。6枚から8枚の花弁があり離弁の花のように見えますが、合弁の花で散るときはおしべもろとも落下します。あまり気づかないのですが、若い花には薄く紅が先端にさしていて、これが「端(つま)を縁取る」ということから名づいたものというのだそうです。いづれにせと愛らしい花です。 [続きを読む]
  • クロウスゴ
  • ミネヤナギと共に目立った低木がクロウスゴでした。クロマメノキと間違えやすい種、事実いろいろ見ていると混乱する事態に。クロマメノキの方が多いというような先入観があって、クロウスゴがクロマメノキに思えてくるあたりがまだ勉強の足りないところ。家に帰ってじっくり調べてみるとクロウスゴと分かり、かなり反省。しかし、クロマメノキも混在していて今までの経験上両種の存在比率が逆転している場所なのです。 [続きを読む]
  • クウロウスゴの花
  • 葉とあまり変わらない色彩でまた茂みに隠れ気味に咲いているため花の目立たないこと!よく探すとパラパラと咲いているのが確認できます。花数が少ないのが少々疑問で、たわわに実っているクロマメノキやクロウスゴの姿と合致しません。今年は実成が悪い年なのでしょう。 [続きを読む]
  • クロウスゴの葉
  • 正直言ってクロマメノキとクロウスゴは花や葉では区別しにくくとても間違いやすい種です。決め手は花の付く位置で昨年の枝に付くのがクロマメノキ、今年の枝の腋に付くのがクロウスゴですから、ここを最初に調べれば混乱はしません。花が少なく仕方なく葉や全体の印象で判断するとしばしば間違えてしまうということでしょうか。 [続きを読む]
  • コメススキ
  • イネ科の種です。あまりこのグループは取り上げないことにしているのですが、比較的わかりやすいのと高山帯では目立つ植物ですから注目してみました。ススキのイメージはなく細い針金のような葉が印象的。それが、ハリネズミのように高山荒原にもこもことある姿が面白いと感じてしまいます。定かではありませんが、高山の岩石地帯にはほとんどあるのではないかと思えるほど一般的な種という気がしています。 [続きを読む]
  • コメススキの小穂
  • 小穂(しょうすい)といっても分かりにくいので、ざっくり花が実になったものとでも言ったほうがこの場合は分かりが良いかもしれません。他のイネ科植物に比べまばらに開出する実が特徴的です。まるで米粒みたいな印象があるから「コメ」という名前が付いたのではと考えています。 [続きを読む]
  • ホソバノキソチドリ
  • 芳ヶ平湿原に向かう白根山の山腹に伸びている登山道は高山荒原と火山荒原がミックスしたような様態で、地衣類やツツジ科の低木で地表が覆われているところが多くあります。そういう中にラン科植物がかなりたくさん生育していて、普通ツレサギソウ属の種はあまり目につくものではないのですが、ここでは逆でとても目立ちます。これは、ガンコウランの群落に混じって生育していたものです。 [続きを読む]
  • ミネヤナギ
  • ミネヤナギも綿毛をつけた種がはじけていました。地に這った低木のあちこちに白い綿の塊が見られます。湿原のワタスゲほど顕著ではないものの、これはこれでいいものです。 [続きを読む]
  • ネバリノギラン
  • ノギランより多く出現したのはネバリノギランです。こちらの方がやや高所に多い種で低地では確認した記憶がありません。芳ヶ平湿原に近い草地にところどころ生育しています。日本固有種ですが西日本には生育していないそうです。 [続きを読む]
  • ネバリノギランの花
  • ユリ科ソクシラン属に分類される多年草で、茎に粘る腺毛がありますからノギランとは簡単に区別できます。花は半開状態で開出しません。高山植物の中では可愛い花というより変わった花というところでしょうか。 [続きを読む]