tadox34 さん プロフィール

  •  
tadox34さん: tadox34
ハンドル名tadox34 さん
ブログタイトルtadox34
ブログURLhttp://blog.goo.ne.jp/tado0831
サイト紹介文森の案内人:森林インストラクター田所清のブログです。自然観察日記を書いてブログ歴10年目です。
自由文森閑とした空気に包まれる森の中は神秘の宝庫。そこに息づく植物や虫・きのこなどを観ながら造形の不思議を想い自然の奥深さに感嘆しています。そして、それを感ずる自分がうれしい。だから伝えたい。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供1128回 / 365日(平均21.6回/週) - 参加 2016/02/04 17:54

tadox34 さんのブログ記事

  • これは何の芽生え?
  • 池の脇に草の生えていない一角があって覗き込むと何やら赤いものが点々としていました。これは何だろう?としゃがみ込んでいろいろと観察です。 [続きを読む]
  • 少し成長したミゾソバの個体
  • これはミゾソバの芽生えです。湿った場所ならごく普通にある種ですが、その芽生えをしっかり確認できたのは今回が初めて。知っているつもりの種ごくありふれている種でもまだまだ知らない顔が沢山あるのだと知らされました。秋には幾分紅葉するものの芽生えの時からいい色彩を発していることに改めて感動です。 [続きを読む]
  • オオハナウド
  • 5月下旬、越後では川の土手や海岸に面した傾斜地、あるいは浅い里山の棚田周辺に大きな群落を見せるオオハナウド。里山フィールドミュージアムにも規模は小さいものの一定の個体が群落を作っています。かつてアシ原であったところも最近オオハナウドの方が勝っているような場所もあり、ボランティアの手も借りながらの保護活動で少しずつ見られる景観に育ってきました。 [続きを読む]
  • オオハナウドの複散形花序
  • オオハナウドの花序は大型でとても見ごたえのある物。これは延々とある姿は新潟の一つの景色かもしれません。小さな花序がさらに集まって大型になりますが、専門的には複散形花序といいます。全体ではどれくらいの花があるのでしょうか。1000を超すのかもしれません。 [続きを読む]
  • オオバスノキの葉
  • 丘陵公園の里山フィールドミュージアの尾根部分にはツツジの仲間も多く自生しています。先日レンゲツツジを確認して興奮したばかりです。これは、オオバスノキという比較的地味な種。コナラの混じる比較的明るい水はけのよい場所に生育しているように見えます。 [続きを読む]
  • オオバスノキの花
  • 葉に隠れるように花が咲いていました。赤みの強い花を咲かせる地域もあるのですが、ここはどれも薄い色で別の種ではないかと疑われてしまうほど。カクミノスノキ(ウスノキ)も自生していますが、両種の区別は果実を見ると明白なのですが、春の段階ではなかなか判断に苦しむケースもあります。 [続きを読む]
  • オオバスノキの花 拡大
  • 花のがく筒が五角形の稜があればカクミノスノキ(ウスノキ)で果実は赤く実ります。しかし、この花はがく筒が丸いためスノキです。葉の大きい種ですからオオバスノキになります。果実は黒く熟します。 [続きを読む]
  • ササバギンラン
  • ササバギンランも思いがけない場所に発生しました。今までの自生地は年々衰え気味で心配していたのですが、朗報でした。今までの自生地は土壌中のラン菌の状態が変わったのか被圧植物の影響が大きいのか原因が不明。新たな場所は最近刈り払いを行い頻繁に人の出入りがあるところです。里山植物は人為的な作用を好むのでしょうか?大切にして保護しようとするとむしろ衰えてしまうのかもしれません。頻度を意識しながら適度に刈り払 [続きを読む]
  • キンラン
  • 今年はキンランの当たり年のようです。園内で花を見る個体は数株が良いところでしたが今年は数倍の数で花をつけた個体に出会います。印象として2〜3年前に山作業をして刈り払いや草刈りを行った付近で花がある個体が多く見られるような気がします。盗掘でなくなることも多いのですが、今年に限ってはあまり散策されていないのかある特定のエリアに花の付いた個体がありました。 [続きを読む]
  • キンランの花
  • 花は半開きでやや上の方を向いて咲きます。個体の栄養状態で花の数が異なりますが、5〜6個の花の個体が多いようです。ラン科植物はラン菌との共生が前提ですからあまり移植してもうまく活着しないといわれます。園内の自生個体は基本的には動かさず発生した場所で被圧植物などを取り除く管理をしています。種子の形成がうまくいけばまたどこかで新しい個体が発生すると考えています。 [続きを読む]
  • ムラサキサギゴケの花
  • 花冠は下唇が大きくそこには米粒大の黄色い文様が見られます。サギゴケの名前の由来は承知していませんが、「鷺」と「苔」につながる謂れなのだろうとは推測しますが、個人的にはどちらもイメージが合いません。 [続きを読む]
  • ケナシヤブデマリ
  • 日本海側のヤブデマリには毛が少ないので「毛無し」とつけられますが毛はあります。葉が広めですからヒロハヤブデマリという言い方もあるようです。ヤブデマリはオオイワカガミが終わりかけたころの5月中下旬は里山フィールドミュージアムの主役になる花でタニウツギと共演し見事な景観を作ります。この花の美しさには「藪」という響きは似合いません。できれば改名してほしいものと思っています。 [続きを読む]
  • ヤブデマリの花
  • ヤブデマリは集合花で周辺が装飾花、中央が両性花の集合です。一見アジサイと混同される方も時折見受けられますが全くの別物。この木は湿り気のある場所を好みますから棚田周辺や山際に列を作るように生育しています。この木が大量に里山にはありますから、やや大型の円を描く純白の装飾花が帯状に里山を彩りますからとても美しい景観になるのです。 [続きを読む]
  • オオナルコユリ
  • オオナルコユリは1mを超すほどの大きな草本です。この姿は先月のものですからやや小ぶり。以前はあまり見られなかったオオナルコユリですが、園内の半日陰の湿地環境に最近多くみられるようになっています。棚田跡のスギ林などの水は帯水していない湿り気の強い場所を好んで生育しています。 [続きを読む]