MA6800 さん プロフィール

  •  
MA6800さん: MA6800の模型手直し製作とラジオ紹介
ハンドル名MA6800 さん
ブログタイトルMA6800の模型手直し製作とラジオ紹介
ブログURLhttps://blogs.yahoo.co.jp/heechan_no1_1021
サイト紹介文アナログ物が好きで、70年代のラジオ/ラジカセを収集、週間物の模型はこだわりを持って製作しています。
自由文70年代が懐かしく、アナログ物が好きです。
特に、当時のトランジスタラジオ/ラジカセの収集が趣味です。
週刊物の模型製作も好きですが、満足出来ないパーツは、こだわりを持って手直しを加え組み上げています。
好きな手竿でのハゼ釣りは、9月頃から時々釣行します。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供241回 / 365日(平均4.6回/週) - 参加 2016/02/04 20:17

MA6800 さんのブログ記事

  • アシェットハコスカ ピラー分割問題
  • アシェット社のハコスカピラー分割が問題になっていますね。私は今は純粋に文句を言いながらも、このハコスカの模型作りを楽しんでいます。でも提供パーツをそのまま組み付けても面白くないので、手直しを加えながら進めていて中々完成しません。ピラー分割問題に付いては、マガジンX社様が動き始めた様ですね。純粋に高額模型を購入して、期待を寄せて定期購読した読者の救いの神になるかもしれません。数日前になりますが、情報 [続きを読む]
  • アシェットハコスカGTR 104号簡単紹介と組立て
  • 延長分の101〜140号の紹介です。1/5のエンジンと1/8のタイヤ・ホイールを完成させます。書店組なので本日104号を手にしました。まずはパーツから紹介します。104号は『カムシャフトを組み付ける(1)』です。パーツを袋から出してみました。ネジ以外はABS樹脂製です。組み立てマニュアルです。103号の組み立て103号が未組み立てですので組んでいきます。バルブのパーティングラインを処理して、一応バリも無くしました。組み立てマ [続きを読む]
  • アシェットハコスカGTR リアナンバープレート位置修正
  • 先日、アルミ板を切り出して気に入ったナンバーにして作り替えました。それがこれですが。バンパーを仮付けしてみると、ナンバープレートの下の方が埋もれてしまって何か不自然です。これは提供パーツのナンバープレートで、自作の封印もまだ小さい時の物です。裏の差し込みピンを切ってしまってネジに変えていますので何とも言えませんが、やっぱり取り付け位置が低いように感じます。という事で少し上に移動します。取り付け位置 [続きを読む]
  • アシェットハコスカGTR ナンバープレートを作る
  • ナンバープレートを作りました。1.0mmのアルミ板を切り出して、後は苦手な作業となるスリーエムのA-oneステッカーと、以前単コロさんが紹介していたミニチュアカーミュージアムのナンバープレート作成を利用しました。他のブロ友さんは、遥か昔に作成完了しています。やる事遅いです!!提供の物はプラ製1.4mmです。使用したアルミ板は1.0mmを使用。アルミでも真鍮と変わらず固くて粘りますので、切り出しには時間が掛かりま [続きを読む]
  • アシェットハコスカGTR ルーフ等を磨いてみました
  • ルーフ・リアフェンダーは塗装後20日経ちましたので、昨日コンパウンドで磨いてみました。使い古しの1200番のペーパーで軽く水研ぎした後、99工房のコンパウンド(細目・中細・極細)で磨きました。デジカメで撮っても艶を写すのは難しいですね。ミニカーやプラモデルの世界では、カガミの様に磨くのが定番なのかな?元塗装経験者としては、カガミ肌は御法度なので肌を残しながら磨いてます。その方が磨きは楽な面も有ります。磨き [続きを読む]
  • アシェットハコスカGTR 103号簡単紹介
  • 書店組なので本日103号を手にしました。まずはパーツから紹介します。103号は『バルブを組み立てる(1)』です。今回は12バルブ分のパーツです。組み立てマニュアルです。パーツを袋から出してみました。表と裏です。一箇所だけ組んでみました。1200番のペーパーで少しバリを取りながら組み込んでみましたが、面倒な作業で時間が掛かります。焦らずじっくり余裕を持って組み込むのが良いですね。104号は『カムシャフトを組み付ける [続きを読む]
  • アシェットハコスカGTR パテ処理箇所その後
  • ピラーの切断箇所の塗装が終わって18日程経ちましたが、パテヒケはそれ程無いようです。よーく見るとネジ4個の穴跡とラインは見えます。これのクリアー部を磨き込んでも消えません。本塗装前の下処理では、何回かパテ研ぎをしてサフェーサーを吹き付けるのですが、修正の為にパテを再度盛ったりもします。その最後のパテは他のパテと違って本塗装前では乾燥時間が違ってきてしまいます。乾燥時間が短い分、ヒケが如実に表れるよう [続きを読む]
  • アシェットハコスカGTR リアスポイラー修正③完成
  • 曲がりを無くす為に最初にノコギリで10本程切れ込みを入れましたが、これが何時までもパキパキ割れてしまいました。4回目のサフェーサーを吹いて研ぎ上げたところです。3回目のサフェーサーの時にノコギリの切れ目が割るので瞬着を流し込みました。少しは良くなったみたいです。ノコギリを入れた時点で、2液性の接着剤をヘラで流し込めば問題はなさそうです。サフェーサーは6回程吹きましたか。研ぎで平にして行くのも楽しいので多 [続きを読む]
  • アシェットハコスカGTR 何とか塗装終了
  • 今日、何とか塗装を終える事が出来ました。残った塗装パーツはリアスポだけになりましたが、リアスポは今日3回目のサフェーサーを吹いたところです。前日にサフェーサーを吹き付けました。塗装場所は庭です。午後の3時頃、塗装が終わったところです。実は早朝に塗装を行いましたが、細かなホコリが沢山付いて失敗しました。それでもクリアーまで吹いて仕上げてしまいましたので、何とか乾いた午後になって目立つホコリを10000番の [続きを読む]
  • アシェットハコスカGTR ボンネットヒンジのネジ止め強化
  • 87号でフロントバルクヘッドにボンネットヒンジを取り付けますが、片方1本のタッピングビスだけでの取り付けです。フロントバルクヘッドの両サイドにあるのがヒンジ取り付け用の穴です。上側は2mmの穴が開いています。下側はタッピングビスでの固定です。Uの字はバルクヘッドにはめ込んでタッピングビス用の物です。ピンは位置固定用の物でマニュアルでは接着の指示がありません。でもボンネットの開閉をすると接着してないので [続きを読む]
  • アシェットハコスカGTR 102号簡単紹介
  • 書店組なので本日102号を手にしました。まずはパーツから紹介します。102号は『シリンダーヘッドを組み立てる』です。パーツを袋から出してみました。表と裏です。マニュアルに従いネジ2本で組んでみました。ネジ以外、材質はABS樹脂製です。適度な重さは有ります。参考までに、大きさ120×48mm 重量33gエンジンパーツは全部でこれだけです。組み立てマニュアルです。延長しなかった読者の方が、このシリンダーヘッドを見て組 [続きを読む]
  • アシェットハコスカGTR リアスポイラー修正②
  • 引き続きの紹介です。リアスポイラーの両サイドが異常に長いので切ってしまいます。ネット画像等で見ましたが、少しでも角度が付いていると何処で切って良いのか分からないですね。大体で切ってしまいます。パテは荒研ぎしただけです。実車は片側2本のネジで固定されてますが、無理そうなので1本にしました。下穴1.2mmを開けたら1.7mmで仕上げて穴開けは終了です。M2のロングボルトをねじ込みました。プラなので勝手にタップも [続きを読む]
  • アシェットハコスカGTR リアスポイラー修正
  • リアスポイラーが湾曲してます。どうも気に入りませんので修正します。以前に紹介した画像です。実車の物はスポイラー中央部がトランクにかなり接近してます。また読者の皆さんから、両サイドが長いとの指摘もありますね。初めにバーナーで炙って熱くなったところを、冷水に浸けましたが戻ってきてしまいます。2〜3回やりましたがプラが変形するだけです。ノコギリで適当に飾り包丁っぽい物を入れました。最近は殆どやりませんが、 [続きを読む]
  • アシェットハコスカGTR フロントグリル修正
  • このハコスカですがフロント廻りに不自然さがあります。よ〜く見てみるとフロントグリルが出すぎています。少しでも奥に収まる様に少し修正を加えました。実車と比べたり創刊号のプロトモデルでは、この出っ張り分がFフェンダー先端より奥まったところに有ります。まだ接着していないグリルをバラします。グリル受け側の形状に合わせて、グリルの内側を削り込みます。こんな感じで1.0mm程削り込みました。これ以上削り込むとフロ [続きを読む]
  • アシェットハコスカGTR フロント廻り組み戻し
  • 先週100号の最終号が発売されました。それから一週間程経つと、このハコスカを完成される読者の方が段々と現れて来ます。そんな中、私はまだこんなところでボチボチやってます。フロント廻りですが、先日ボンネットヒンジに手直しを加えましたので、それらを塗装して組み戻しました。3日前にこれらを塗りました。こちらは塗装したと言っても裏側です。これを見て分かる方、全部黄色です。一番左は元々黄色い物、それより少し薄めの [続きを読む]
  • アシェットハコスカGTR ボンネットヒンジS付き加工
  • 100号でボンネットを取り付けての完成となりますが、ボンネットを垂直以上に開けると、メッキグリルにヒンジが干渉します。ストッパーが無いので何処までも開いてしまします。100号の組立マニュアルでは、垂直以上に開けない事となっていますが。ボンネットヒンジと言っても、実車の物とは形状が全く違います。口説い様ですが、総額18万円にもなる模型でパーツが干渉する等の対策がされてないとは何たる事ですね。酷過ぎます。画像 [続きを読む]
  • アシェットハコスカGTR 101号簡単紹介
  • 昨日、書店より101号入荷の電話連絡が有りましたが、本日購入してきました。定期購読組みの方には、98〜101号までを手にしています。まずはパーツから紹介します。101号は『キャブレターを組み立てる』です。延長でのパーツとなります。1/5のディスプレイエンジンとタイヤ・ホイールを組み立てるものです。パーツを袋から出してみました。裏と表です。全てABS樹脂製です。接着指示が有りますが、はめ込むだけで様子を見てみます。 [続きを読む]
  • NHK朝ドラ ひよっこロケ地
  • NHK朝ドラのひよっこ、毎日欠かさず見てます。懐かしいし面白いですね。設定上、主人公のみね子の実家がお金持ちじゃ無いのが良いのかもです。ドラマの舞台は東京五輪を迎えた1964年。懐かしい家電や私の好きなトランジスタラジオも時々出てきます。登場する道具は本物にこだわっているとの事。聖火トーチは適当な物かと思っていましたが、五輪で使用された弾薬メーカーが製造した物だったんですね。スゴイ!!宗男おじさんの乗っ [続きを読む]
  • アシェットハコスカGTR 窓ガラス曇りの不思議
  • 今日の午前中に塗装を終えて、午前10時頃にマスキングを剥がしました。昼間は目立たなかったのに、リアガラスにモヤモヤが有るのに気付きました。それがこれです。蛍光灯の下だと角度によって白く見えます。雰囲気的には内側から磨かないと解消されない感じです。でも写真を撮る角度を変えたり反対側からだと目立ちません。蛍光灯を消すと見えなくもなります。反対側にも少しですが同様の白い曇りが有ります。塗装したら溶剤による [続きを読む]
  • アシェットハコスカGTR 塗装をしました
  • 昨日の天気予報では、今日の静岡県地方は曇りまた風が強いとの予報でした。それでも塗装をやりたかったので今日の朝は6時前に起きました。朝は風が無いですからね。まだ目が覚めて無いので、カップヌードルのカレーを食べて元気を付けます。6時30分位から塗り始めました。予め全体をサフェーサーで吹いてありますので、シルバーメタは均一になる予定。シルバーメタを吹き始めたら、ルーフセンターにエクボが有る事が分かりました。 [続きを読む]
  • アシェットハコスカGTR フロントナンバーステーを作る
  • 以前から作ろうと思っていたフロントナンバーの取り付けステーですが、中々良い感じのステーが頭に浮かびませんでした。今日ですが何となく思い浮かんだのを形にしてみました。以前作ったオイルクーラーです。これを付けるのでバンパーは取り付ける事が出来ません。ナンバーは真ん中から向かって右側に取り付けますので、専用のナンバープレート用の取り付けステーが必要となります。オイルクーラーの取り付けネジ等が出っ張ります [続きを読む]
  • アシェットハコスカGTR 100号簡単紹介
  • 書店組なので本日100号(最終号)を手にしました。定期購読組みの方は、既に98〜101号?を手にしています。まずはパーツから紹介します。100号は『GT-Rを完成させる』です。パーツはボンネットフードです。艶が無いという読者の方もいましたが、最終号のボンネットは艶が平均的に有る物です。今までで一番まともなパーツです。でもクリアー層がどんなものか分かりません。組み立てマニュアルです。完成写真が載っていますが、1/18 [続きを読む]
  • アシェットハコスカGTR ボディパーツ板厚部削り込み
  • ボディパーツで提供された、Fフェンダー・ドア・トランクの板厚が異常に厚すぎます。また雑な仕上げの為、削り込みをしました。Fフェンダーはノーマルでいきます。以前も記事で紹介したFフェンダーですが、当時で言う耳折り風に削り込みました。画像下の物は削り込み前の物です。左右Fフェンダー共に削り込み完了です。次にドアですが、板厚は2.5mmあります。8倍すると実車では有り得ない厚さです。殆どがプラパーツの当模型です [続きを読む]
  • アシェットハコスカGTR パテ引け・4回目のサフェーサー
  • 気になっていたリアパネルの隙間ですが、埋める事にしました。まだこんな事してます。ちょっと隙間があり過ぎでバンパー付けても目立ちます。昨日ですが、マスキングしてエポキシパテをヘラで削る量が少なくなる様に擦り込みました。ついでにパテ整形が微妙なところに足しときました。少し早いですが12時間経ったのでパテを研いでみました。そんな時にパテ引け発見。3回目のサフェーサー処理してから一週間経っただけですが、切断 [続きを読む]