あかちゃんまちかっぷる さん プロフィール

  •  
あかちゃんまちかっぷるさん: 赤ちゃんが欲しいカップルに知っておいて欲しいこと
ハンドル名あかちゃんまちかっぷる さん
ブログタイトル赤ちゃんが欲しいカップルに知っておいて欲しいこと
ブログURLhttp://ameblo.jp/papamamastart/
サイト紹介文赤ちゃんを待ち望んでいるカップルへのアドバイスや大切な情報を紹介していきます。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供34回 / 365日(平均0.7回/週) - 参加 2016/02/10 20:11

あかちゃんまちかっぷる さんのブログ記事

  • 妊娠年齢の限界とは
  • 高齢出産の割合が増えてきていることは今や広く知られていることでもあり、珍しいことではありません。 それだけに「大丈夫」と油断することは危険であり「年をとることで、確率は下がる」ことまた「母子ともにリスクが上昇する」ことを忘れてはなりません。 そういったことに関しても、理解されていることと思いますが高齢出産を考えた際には、そもそも何歳まで可能なのか? 妊娠・出産をする際の、「これ以上は無 [続きを読む]
  • 中絶の経験が妊娠に及ぼす影響
  • 妊活の際に、危惧する要素は幅広く存在しますがその中でも、「中絶」というものは他の要素に比べて、大きな不安要素になることは間違いありません。 過去に起きた・経験したことであり今からは、どうすることもできないものになりますが「これから」の妊活に対して、その経験がどのように影響するのか苦しみながら、妊活に励んでいる女性もいるはずです。 しかし、現実的に考える問題でもあり今の体は、過去の経験によっ [続きを読む]
  • 婦人病と妊活
  • 女性には、独特の体調不良がありそれらはまとめて、「婦人病」と呼ばれます。婦人病には「子宮筋腫」や「更年期障害」から生理不順といった症状も含まれる場合もありそれらは、基本的には「女性ホルモン」の仕業です。そしてこの女性ホルモンは、妊娠・出産にも大きく関わっており当然、妊活へも大きく影響を与えるものになります。また、婦人病の症状は年齢にかかわらず様々な症状が見られるものであり高齢出産にあたる女性が、更 [続きを読む]
  • 妊活中の食事について〜まずは「量」が大切〜
  • 食事は、健康の基本であり生きるために、最も重要な行為です。 妊活中であれば、なおさら重要な要素であり言われなくても、自分たちなりに気を使っている方も多いはずです。 しかしながら、「栄養素」ばかりが注目される傾向があり必要な・重要な栄養素を摂取するための大元である「量」に関して、非常に危険な考え方もあるため女性を中心として、注意が必要なこともあります。 まず前提として、「ダイエット」と「 [続きを読む]
  • なぜ、男性不妊が増えてきてしまったのか
  • 「現代の不妊」の問題が抱える、大きな1つの傾向として男性側の不具合による「男性不妊」が増えていることが挙げられます。 現在では、女性不妊の割合とほぼ同じ程度にまで増えていると考えられており、決して軽く考えてはならない問題です。 「自分は大丈夫」という考えは捨てましょう。 そして、その男性不妊の増加の「原因」は女性不妊の原因以上に複雑になります。 その難しさというのは、「断定すること [続きを読む]
  • 妊活・不妊治療中の心の不安定への対策
  • 何かしらの希望を持っていて、どうしても達成できない場合「焦り」や「いらつき」といったものが湧いてくることは不思議なことではありません。そして、その対象が妊娠・出産といったの場合にはそういった感情がより大きくなるのは、当然のことです。しかしながら、そういった心の平穏が保てない状況であればあるほどに「うまくいかない」ことが増えていくこともまた事実です。そして、その時に決して忘れてはならないことが「1人 [続きを読む]
  • 「妊娠まで」にかかるお金の総額
  • お金の問題は、考えたくない事象であっても必ず考慮しなければならない最も必要で、現実なことになります。そして「なかなかできない」と悩んでいるカップルも期待する解決策をとる場合にはその段階によって、それぞれ費用が発生するものです。妊活〜出産の間には、様々な過程が存在しますが途中に「不妊治療」といったものや初歩的な妊活の段階でも、サプリなどのアイテムを利用するカップルも多いです。特に「人工授精」以降の不 [続きを読む]
  • 流産の確率はどの程度「変わって」いくのか
  • 妊活を実践していくいえでは「考えたくないこと」であっても意識して「前提」として考えていく必要があります。その中でも「授かることが出来た後」のことは「授かること」以上に、しっかりと考えなければなりません。そして、もっとも大きなリスクとしてあげられるものはやはり「流産」「死産」といったものでありこれらは、決して珍しいことではありません。更に考えておくべきこととして「確率」と考えるのであれば当然、「歳を [続きを読む]
  • 不妊に悩んでいるカップルが病院に行くべき時期とは?
  • 「不妊の定義」としては「赤ちゃんを望んでから」授かるための努力を続けているにも関わらず「1年間」叶わないという場合に、初めてそう認められることになります。しかしながら、自分たちで勝手に判断を下すのではなく実際に、自覚・受け入れるための手段として「婦人科」「レディースクリニック」といった「医療機関」における検査結果を素にすることも意義のあることです。そして、こういった検査を受ける・相談すべき時期とい [続きを読む]
  • 高齢出産と限界について考える
  • 日本において、高齢出産の問題は非常に大きな課題の1つになります。「何歳で産むのか」ということに関してはそのカップルそれぞれが決める問題であり周りの人が、とやかく言う権利はありません。ただし「リスクが高くなる」ということに関しては必ず知っておくべきことでありほぼ確実(着実)に、年齢に比例して増加していきます。そして、必ず「限界」が訪れ、出産することが不可能になります。これは「閉経」というだけでなく、 [続きを読む]
  • 基礎体温の乱れが与える妊娠への影響
  • タイミング法を実践する際には「タイミング」をしっかり見極めることが不可欠であることは妊活に挑戦している女性であれば、常識的なことでもあります。しかし、この基礎体温が乱れている女性やその結果、タイミングがつかめないことによってスムーズな妊活が実践出来ないと悩んでいる女性も多いようです。基礎体温が乱れている・タイミングがつまみづらいことは当然、妊活・妊娠への悪影響が大きな問題でありそもそも「最初の一歩 [続きを読む]
  • タイミング法の「確率」を高める取り組み
  • 妊娠は「確率」で語られることの多いことになりますが「タイミング法」という、月に一度のタイミングを意識しての取り組みそして、その繰り返しによって期待するため期待値・確率で考えるしかない面もあります。そもそも「100%」妊娠するアプローチは存在せずたとえ「人工授精」「体外受精」であっても必ず着床・妊娠するとは限りません。だからこそ「確率を出来るだけ高める」ことが必要でありそれは、妊活初期、それ以前から [続きを読む]
  • 女性特有の体質が不妊に関係ある場合も
  • ごく一般的な女性の悩みの1つとして「便秘」が挙げられると思います。女性にとっては、珍しいことではなくよるあることと、軽く考えている方も多いかもしれません。また中には、辛すぎて悩んでいる人もおり妊活中の女性の中にも、そんな方がいるかもしれません。女性は基本的に「女性ホルモン」の影響でどうしても、男性よりも便秘になりやすい傾向があります。しかしながら、様々な角度から不妊に対しても少なからず影響している [続きを読む]
  • 生まれる前の検査「出生前診断」とは
  • 「出生前診断」という言葉を聞いたことがある人はここ数年で増えてきたのではないかと思います。というのも、近年になって一部が許可された検査内容になります。この検査には、様々な手段がありますが胎児の染色体を検査し「ダウン症」といった「先天性障害」の有無を診断することを目的とした検査です。羊水等の「深い」部分を検査するため「リスク」と「お金」がかかることはもちろん「中絶の判断」といった「生命倫理」に関わる [続きを読む]
  • 病院に行かずに人工授精?
  • 医療機関を訪れ、不妊治療を始める前にまず「妊活」として、自分たちなりに試してみるはずですが実際の手段としては「タイミング法」に限定されたものでした。試し始めてからの期間が長くなるにつれて「ストレス」になってしまうカップルや夫婦のタイミングが合わずギクシャクしてしまい関係が悪化するカップルも、多いことが事実です。こういった悩みは、昔から報告されており解決するための方法が考えられてきましたが最近では「 [続きを読む]
  • 妊活・不妊治療中の不安
  • 妊娠というものは「偶然」「確率」などで語られることもあり本来であれば、焦らずマイペースに進めるべきものですがそれでも、なかなか「うまくいかない」カップルは焦ってしまうことが多いはずです。特に「高齢出産」にあたるカップルは「焦らない」ことは、なかなか難しいものです。妊活には「不安」がつきものです。しかし、それらの不安・悩みといったものは「ストレス」でもあり、妊活にとってはマイナス要因になります。この [続きを読む]
  • 安全・安心な妊活準備を始める
  • これまでは、妊娠や不妊治療の解説をしてきましたが赤ちゃんを望んでいるカップルが、まず最初に行うことは「タイミング法」といった、妊活の初期ステップです。そして、もちろんこれらにも準備が必要になります。生活習慣・食生活はもちろんのこと生殖細胞や、妊娠後のことを考えた体の準備を実際に妊活を始める「その前に」しておく必要があります。安心して、妊活・出産をするための準備は妊活・妊娠に関わる「リスク」を減少す [続きを読む]
  • 「妊活サプリ」を「早め」に「効果的」「合理的」に利用していく
  • 妊活を進めていく際特に、妊活を始めたばかりのカップルまた、今まで全て「自分達流」で進めてきたカップルは「サプリ」に関して、検討し・試していくこともあると思います。「葉酸サプリ」を中心とした、いわゆる「妊活サプリ」は選ぶのが本当に大変なほど、多くの種類が販売されています。もちろん「飲めば妊娠できる」というわけではありませんがそれでも「飲まない(飲まなかった)」よりは妊娠確率が少しでも上がる「場合も多 [続きを読む]
  • 不妊治療(妊活)中の禁止・注意事項
  • 不妊治療(妊活)に挑戦しているカップルは神経質になりがちであり、十分に注意しているはずですがそれらの過程では、いくつかの禁止事項・注意事項が存在します。「喫煙」を代表とする「絶対にだめ」というものから「カフェイン」といった「出来るだけ避けたい」ものまで「基本的には避けるべき」こととして認識すべきものが、意外とたくさんあります。神経質になることで、新たなストレスを招くため考えすぎ・気にしすぎは禁物で [続きを読む]
  • 妊娠に伴う「流産」のリスク
  • やっとの思いで妊娠することが叶ったカップルが最も恐れることの1つに「流産」があると思います。欲しくてたまらなかったからこそ失った際の悲しみも深く、どうしても「起きる前」の段階で神経質になってしまう内容でもあります。しかし、たとえ健康なカップルであっても「超初期」を含めると、7組に1組は、経験すると言われており決して珍しくはない事態でもあるのです。そして「年齢」であったり「生殖細胞の質」によっても可 [続きを読む]
  • 妊活に立ちはだかる「年齢」の壁
  • このブログでも何度も解説しておりまた「時間」というリスク要因にも含まれる要素に「年齢」という「ごまかせない」要素があります。歳をとること(加齢)によって着実に体は衰え「妊娠する能力」「出産する能力」共に衰えてくるという変化は、避けられないものです。「35歳以上」での出産を「高齢出産」と呼びあらゆるリスクが上昇し母子ともに」負担が大きいものとして広く知られていますが、増加してきていることが現実です。 [続きを読む]
  • 不妊治療に立ちはだかる「費用」と「時間」
  • 不妊治療を考えるうえで、最も現実的な問題が「費用」と「時間」に関するものです。不妊治療(妊活)の初期段階である「タイミング法」までに関しては、一般的な「保険」が適用されますがそれ以降の「人工授精」の段階からは、適用されなくなってしまいます。そして、そもそもの「コスト」が格段に上がってくるため一気に負担が大きくなっていくことになります。そして「時間」が経てば経つほど年をとればとるほど、妊娠しづらくな [続きを読む]
  • 妊活に立ちはだかるかもしれない壁
  • 妊活を始めてから、妊娠までスムーズにいくカップル不妊治療を何年にもわたって続けているカップルこの差は、非常に大きいことが現実です。「特に頑張らなくても」赤ちゃんを授かるカップルがいる一方どれだけ待ち望んでも、なかなか赤ちゃんがやってきてくれないカップルもいます。時に「私だけなぜ?」と思ってしまうこともあると思います。そして、そういった精神的な負担に加え「時間」「お金」といった、非常に現実的な条件も [続きを読む]
  • 妊娠しやすい体に近づける・変えていく
  • 「妊活」に関する、具体的なアドバイス・改善策として「妊娠しやすい体」を作っていくための知識が最も重要であり、必ず必要な知識です。妊活にあたっては・栄養学・生物学・精神医療様々な角度からの「トータル」での改善策が必要です。そして、それぞれが・体調・体のめぐり・生理・精神状態へと影響することになります。改善するポイントがたくさんあるということは出来ることがたくさんあるということでもあります。まずは、自 [続きを読む]
  • より高度な体外受精「顕微鏡受精」
  • 一般的な「体外受精」に挑戦し、それでもいまくいかない場合より精度の高い「顕微鏡受精」という方法もあります。「人工授精」や「体外受精」を何度か試してから行う場合とそれらの過程で「通常の受精方法では難しい」と判断された場合に、選択することになる方法でもあります。具体的には「1匹」の精子「それだけ」を人為的に卵子に受精させるものであり非常に精度の高い方法になります。この方法を採用するケースとしては「精子 [続きを読む]