HASANA さん プロフィール

  •  
HASANAさん: WHERE ARE YOU ?
ハンドル名HASANA さん
ブログタイトルWHERE ARE YOU ?
ブログURLhttp://oezguec.blog.jp
サイト紹介文運転中の突然死で亡くなったトルコ生まれドイツ国籍のダーリン。思い出と日々の思いを綴っています。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供365回 / 365日(平均7.0回/週) - 参加 2016/02/04 21:51

HASANA さんのブログ記事

  • 眠り続けたい
  • 夜、眠りにつく時、ダーリンの夢を見られたらいいのに、と思うより、最近は「このまま目が覚めなければいいのに」と思うようになりました。死にたいとか、消えたいとか、そういうことさえも考えられないくらい心が疲れて、とにかく眠り続けたい、そんな感じです。人生というのは不思議なもので、何かをきっかけに好転する場合もあれば、暗転する場合もあります。ダーリンと出会ったことを後悔はしていませんが、死別というのはそれ [続きを読む]
  • ダーリンの耳と老化
  • 猫ムスメが、耳から血が出たと騒いでいて思い出したのですが、ダーリンも耳を血だらけにしてバスルームから戻ってきたことがあります。どうしたのかと思ってびっくりしたのですが、耳たぶの産毛を剃っていて切ってしまったようです。いつの頃だったか、ダーリンの耳たぶに一本だけヒュッとヒゲのように産毛が生えました。それを見た私が、「これって老化の証だよね、お爺さんとか、よく耳から毛を生やしてるよね」と言ったのが気に [続きを読む]
  • どこにいるの? (WHERE ARE YOU ?)
  • ダーリンと猫ムスメにはいくつかの共通点があります。(非常に不本意ではありますがww)まず、自己肯定感が高く、とにかく自分大好きで、常に「ほめてオーラ」を発しています。露骨にほめ言葉を要求してくることもあります。ほめないと自分で自分をほめ始めます。最近は意識高い系という上昇志向の強いひとが流行りのようですが、猫ムスメとダーリンの場合は、言うなれば自画自賛系です。ほめ言葉が足りないと、物足りなさそうな態度 [続きを読む]
  • 猫ムスメとメロンネコ
  • ブロ友さんがネットで話題になっているというメロンネコというのを教えてくださいました。ものすごく可愛くて、思わず猫ムスメにも同じことをさせてみたいと思ってしまいました。でも、メロンは高いので、かぼちゃでいいかな…ww私のブログにコメントをくださる方は優しい方が多く、猫ムスメに「ちゃん」をつけて「猫ムスメちゃん」や「猫むすめちゃん」と「え? 何、その可愛いい感じのいきもの…」と誤解を招く表現をお使いにな [続きを読む]
  • 死別直後の対応
  • 今の私の辛さは、死別そのものからきているものと、死別直後の対応からきているものがあります。ダーリンの死因は心臓発作によるものですが、運転中だったため、反対車線を逆走し、停車中の車に衝突し、同乗していた私も同じ病院に救急搬送されました。死別のショックと事故のショックで頭は混乱し、様々な手続きもうまくできず、色々な面で手違いが生じ、それが死別とは別の今の辛さの原因になっています。外傷はひどくなかったも [続きを読む]
  • 八月の祈り
  • 鹿児島県に知覧という町があります。お茶の産地として有名ですが、大戦中の特攻隊の基地としても有名です。20代の頃、この町にある特攻隊記念館に行ったことがあります。 正式名称は知覧特攻平和会館です。特攻隊員の若者が家族に宛てた手紙などの遺品も展示してありました。欧州で自爆テロが起こると、一部の欧州メディアは、この神風特攻隊になぞらえ、KAMIKAZEと表記することがあります。日本人としては、抗議したい気持ちです [続きを読む]
  • 「現実」の重さ
  • ダーリンが亡くなった翌日、目を覚ました時に、自分が誰なのかわからない、という感覚に初めてとらわれました。15分程度だったと思いますが、あの感覚は、ダーリンが目の前で心臓発作を起こした時や、ダーリンの死亡が確認された時とは次元の違う恐怖でした。最近、目が覚めた時に、同じような感覚になります。もちろん、少しじっとしていれば、大丈夫なのですが…死別後、体調を崩したり、鬱病になったりするのは、おそらく、死別 [続きを読む]
  • 頑張れ、猫ムスメ!
  • 週末、「猫ムスメの恩知らず伝説」という記事を下書きしていたのですが… それを察知したのか、猫ムスメが「恩は必ず返す」という記事をUPしていました。 猫ムスメはご主人のしみっちさんとの死別から2年経った今年、死別ブログから颯爽と去り、新しい恋人もでき、就職も決まり、見かけはともかく、加齢に華麗に新たな人生を歩み始めていると思ったのですが、先日は、多発性子宮筋腫で子宮全摘を告知され、今週はよくわからないけ [続きを読む]
  • 言葉にできない記憶
  • 忘れてしまわないように、ダーリンの思い出をできるだけブログの記事にしていますが、どう頑張っても言葉にできない記憶もあります。声と感触です。写真はありますが、ダーリンがが話している動画がありません。声はまだはっきりと覚えています。皮膚や髪の毛の感触もはっきり覚えています。でも、言葉にできません。髪の毛は柔らかくて、可愛い子猫のような感触で、眉毛は一本一本が太くて、針金のようで、何故かいつも一本だけ白 [続きを読む]
  • ダーリンの「ガーリッチ」
  • ダーリンの名字はトルコ語のÇ という文字で終わります。Cにヒゲみたいなのがついたアレです。フランス語でいう、セディーユ、英語のセディラですね…英語表記にするときは、ヒゲ(セディーユ)をとって、Cにします。フランス語だと、これはセとかサの発音ですが、トルコ語はチとかチェの発音になるようです。なので、ダーリンは語尾がCで終わる単語を「チ」と発音する癖があります。でも、英語の場合は、Cで終わって「チ」と発音す [続きを読む]
  • 感情移入 〜上原さんの報道について〜
  • 私には子どもがいないので、「母親の気持ち」を実感したことはありません。でも、年をとったせいもありますが、ニュースを見たとき、「母親」に感情移入することが多くなりました。芸能人の方の訃報も、自分と同世代は別として、若い方だと遺された伴侶の方ではなく、お母さまの気持ちを思って辛くなります。元SPEEDの上原さんの、自死されたご主人の遺書や、携帯に保存されていた写真が公開され、自死の原因が、今まで言われてい [続きを読む]
  • ダーリンの後ろ姿
  • このブログを始めた頃、いくつかオーストリアの山あいの村の記事を書きました。 本当に何もないところで、散歩以外にすることはないのですが、冬はスキー客で賑わうそうです。 村の教会の周りを散歩していた時に、教会の鐘の音を録音しておこうと思って動画を撮りました。 この写真はその動画を再生しながらスクリーンショットを撮ったものです。 ダーリンの後ろ姿はこの動画にしか映っていません。この日から1年半も経たずに亡く [続きを読む]
  • ダーリン(Darling)の記憶
  • 思い出そうとしても、どうしても思い出せないのが、お互いのことを「ダーリン(Darling)」といつから、何故そう呼ぶようになったかということです。出会って3ヶ月後には、そう呼びあっていたことは確かで、その場面の記憶はあるのですが…人間の記憶というのは不思議なもので、辛かったことや怒りの感情というのは、何年経ってもふとした時に蘇ってくるのに、さりげない幸せの記憶というのは、なかなかそうもいきません。生きていて [続きを読む]
  • 霊能者と呼ばれるひとたち③
  • 「霊能者」として活動する方の中には、霊能力ではなく、COLD READING (コールドリーディング)の手法を用いている方がいます。霊能力そのものが、今のところ科学的には証明できない能力なので、それが霊能力によるものか、コールドリーディングによるものかは、なかなか区別がつきませんが、ミディアムセッションなどを受けるのであれば、知識、或いは情報として、コールドリーディングについてもある程度知っておいた方がいいと思 [続きを読む]
  • ダーリンの嫌味
  • 嫌味というのは、意地の悪さと高い言語能力がないとなかなか言えないものなので、基本的に、ダーリンは嫌味を上手に言うことができませんwwダーリンの嫌味はパターンが決まっています。例えば、私が太って、ダイエットをした方がいいと言われているのに無視していると、車に乗ったときにこう言います。「なんか、太ったひとが隣に乗ってるw」また、空港に迎えに来てもらったとき、旅先で買った新しいバッグを持っていると、こう言 [続きを読む]
  • 巡り合わせ
  • 猫ムスメの「ペロちゃんの記事」はコチラ↑昨日、猫ムスメがsuoさんの愛犬ペロ(Perro)ちゃんの記事を書いていました。その中で、suoさんにお会いしたことが「働こう」と思ったきっかけだと書かれていました。巡り合わせというのは不思議なものです。kaoriおばさまは猫ムスメのブログから私のブログを知って読んでくださるようになりましたし、逆に、suoさんは私のブログから猫ムスメのブログに(半ば無理矢理)誘導されました。私が [続きを読む]
  • 猫ムスメの恋・その後
  • 恋人ができて浮かれていた猫ムスメですが、ここだけの話、何ともう別れ話が出ているそうです。ここだけの話、というか、まぁ、猫ムスメのブログからの情報なので、特にコンフィデンシャルというわけではないですが…やはり、死別後の恋愛というのは難しいのだと思います。もちろん、猫ムスメだから、というのもあると思いますがwどうしても比べてしまいますよね…亡くなったひとと…相手の方も、色々と気を使うでしょうし…別れ話 [続きを読む]
  • 霊能者と呼ばれるひとたち②
  • 私が今まで会った霊能者や占い師の中で、一番不愉快だったのは、オーストラリア在住(当時)の日本人霊能者です。2002年の今頃ですから、もう15年前になります。かなり有名な霊能者だということでしたが、知り合いの紹介で、「本当だったら10万円以上かかるけど、僕の紹介だから特別に1万円で見てもらえるんだよ」と、散々恩着せがましく言われてみていただきました。場所は彼女が来日中に滞在しているホテルオークラでした。講演会 [続きを読む]
  • ダーリンとピスタチオ
  • ダーリンの実家は、オリーブとピスタチオをサウジアラビアなどのアラブ諸国に輸出するのが家業だったそうです。ダーリンも子どもの頃から家の手伝いをしていたので、オリーブとピスタチオに関しては、かなり「目利き」ができました。お酒の場合は「利き酒」と言いますが、ピスタチオの場合は何というのでしょうね…「利きピス」?美味しいピスタチオの選び方などの薀蓄をかなり聞かされたのですが、トルコはピスタチオの量り売りな [続きを読む]
  • ダーリンの「トロフィーワイフ」
  • ダーリンは私と出会う前は、仕事でしか英語を使ったことがなかったので、スラング(俗語)やゴシップ記事などで使われる単語はあまり知らなかったようです。私もスラングなどは知らないものが多いのですが、それでも、ダーリンよりは語彙力はありますwある時、何かの話の流れで「トロフィーワイフ」という単語の話になって、ダーリンが知らなかったので、私が説明しました。雑誌「フォーブス」に載るような大金持ちで、地位や名声を [続きを読む]
  • スエーデンのホテルとダーリンの小言
  • 以前、デンマークの記事や、スエーデンの記事を書いたのですが、スエーデンへは、ドイツから車で行きました。スエーデンからドイツへの帰り、デンマークか、デンマーク国境沿いで一泊しないといけません。ダーリンは夕方になったら、近くでホテルを探せばいい、と言うのですが、私は予約していないと不安です。車なので、駐車場つきのホテルでないといけませんし…往路ではデンマークに一泊しましたが、ホテルを探すのに2時間くら [続きを読む]
  • 東風吹かば…
  • 東風(こち) 吹かば、匂いをこせよ梅の花主(あるじ)なしとて、春なわすれそこれは学問の神様として知られている菅原道真が詠んだとされる有名な歌です。歌集によって「春を忘るな」となっているものと、「春なわすれそ」となっているものがありますが、後者のほうが一般的に知られています。秀才の誉れ高かった道真は、右大臣にまで昇りつめますが、左大臣・藤原時平に讒訴(ざんそ)され、福岡の太宰府に左遷されます。この歌は道真 [続きを読む]
  • 死別ブログの終わらせ方
  • 猫ムスメが「きいたんはね、いつまでもウダウダしていたくないんだよ」と死別カテゴリーから去って半年以上経ちました。エラそうなことを言うだけあって新しい恋人を作り、就職を決め、脂肪を溜めて、颯爽と第二、第三の人生を歩んでいますww子宮全摘も何とか回避し、予定通り明日から社会人社会猫に復帰のようです。 私は猫ムスメと「立ち直り」で競うつもりはないので、まだ「ウダウダと」死別カテゴリーでブログを書いています [続きを読む]
  • ダーリンと蒲公英(タンポポ)
  • いつだったか、散歩をしていた時、道端にたくさんたんタンポポが咲いていました。タンポポは英語では、ダンデライオンです。これはフランス語の dent de lion (ライオンの歯) に由来するそうです。私がダーリンに、「ダンデライオン (dandelion)って、トルコ語で何て言うの?」と聞くと、Löwenzahn という答えが返ってきました。ドイツ語はほとんどできませんでしたが、Löwen がライオンを意味することくらいは想像できるので、 [続きを読む]
  • オランダ・Gulpen (グルペン) の思い出
  • ダーリンが元気だった頃、何度か週末に泊まったホテルがあります。オランダのGulpen (グルペン)という村にあるホテルです。周りには何もないのですが、車で10分ほどで、ファルケンブルグという観光地に行けます。ファルケンブルグのホテルは、古くて高いところが多いのですが、ここは安くて、綺麗で、快適です。一泊2人で50ユーロ(6,000円)位で、朝食付きです。ひとりあたり3,000円で、普通のホテルの朝食の値段と同じ位です。ここ [続きを読む]