rumiko さん プロフィール

  •  
rumikoさん: 仕立て屋*おおわたり
ハンドル名rumiko さん
ブログタイトル仕立て屋*おおわたり
ブログURLhttp://kimonositateya.blog.fc2.com/
サイト紹介文呉服店や個人様からの依頼で、着物・羽織・コートを仕立てる和裁職人です。
自由文最近、着物好きな息子の為に着物や羽織をせっせと縫っています。着物男子になるかな?
着物仕立て屋として、昔作られていた着物を現代にも適応出来るように、少し工夫された仕立て方を常に考えています。
おしゃれを楽しんで頂く為。
紗袷・単本重ね・和洋両用コート・リバーシブル着物など。
ときどき 和風小物作りが楽しみ。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供65回 / 365日(平均1.2回/週) - 参加 2016/02/05 16:04

rumiko さんのブログ記事

  • 【しつけについて】
  • I先生のおきもの裄直しをしました。前の持ち主さまは何度か着用されたようですがかけ衿にしつけをしたままでした。このくらい大きいしつけは着用時には取ったほうが・・・〇時々お世話になります、しみ抜き屋のご主人いわくしつけは取らないと思っている方がいらしたそうな。しみ抜きをしてほしいと持って来たきものにはしつけが付いたままだったそうです。次の写真は留袖仕立て時のものですがこのくらい小さいしつけは取りません [続きを読む]
  • 【ベージュ色?肌色?・・・和色名は花葉色】
  • 裄と身巾直しをしましたおきもの。写真では少し暗いですがこちらの色はどう言ったらいいかなってベージュ色?   肌色? なのですが和色名を調べてみました。すると「花葉色」(はなばいろ)というのが似ています。でも花葉色と言われてもピンとこないですね。こちらは「若葉色」(わかばいろ)そのままきれいな若葉色です。 若葉というと「春」をイメージしますが季語で言うと「夏」だそうです。初夏のさわや [続きを読む]
  • 【 きもの仕立てについてのお問合せは Y・I 先生からでした】
  • 今年2月のこと。きもの仕立てについてお問合せくださったのは娘が小学1〜2年生時の担任の先生。Y・I 先生でした。これまで仕立てを依頼していた方が辞めてしまったため近くで仕立てを頼める人を探してしたそうです。そんなとき、2月の和e輪eイベントで時々ネット上に出没していました 【仕立て屋*おおわたり】。偶然、目に留まったそうです。同じ町内にお住まいなのでさっそくおきものや反物を持って来てくださいました。わ [続きを読む]
  • 【絽小紋と絽羽織のお直し】
  • 都内にお住まいのSさまの絽小紋と絽羽織。裄と身巾直しさせていただきました。薄手の羽織は一枚あると重宝しますね。羽織丈についてご本人と相談の結果「丈は長め」が今風といっても暑くなる時期にはこの位の長さで良いのでは、ということになりました。羽織丈は肩から2尺1寸(80?)ありましたのでそのまま。Sさまの身長は156?。寸法は肩巾8寸5分、後巾が6寸8分なので1寸7分の差があります。肩山から裾までまっす [続きを読む]
  • 【注目されている和裁技術】
  • 今、COREDO室町1で開催されている「東京キモノショー」 (5/7まで)入場時にもらったパンフレットの一枚。帰宅してから気がついたので残念。 【★】 が付いた仕立てを観たかったです。このように良い仕立てに着目して下さる 『きもの未来協議会』 様ありがとうございます。あらためて、精進していこうと思いました(*^_^*)。 [続きを読む]
  • 【東京キモノショーを観てきました】
  • 行ってきました 東京キモノショー  COREDO室町1  日本橋三井ホールにて開催。 わたしが会場に着いたときは丁度入場制限が出ていました。並ぶの苦手・・・。すごい人の列でしたが、20分くらいで入場できました。写真は自由に撮っても良いということでした。              出展された方々が自信を持って発表されたキモノスタイル200体ということもありとても勉強になりました。前から後ろからまた気 [続きを読む]
  • 【木綿きものを試着して感想いただきました】
  • 先日、お仕立てしましたY.A さまの木綿きもの。試着して感想いただきました。         。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。        着物も試着しました!     気になっていた脇の布余りも解消!     着付が早くなった気が(^^)     居敷当ても、薄くて柔らかくすべり良いです。おはしょりのもたつきが全くあ [続きを読む]
  • 【木綿きもの、居敷当は正絹を付けてみました】
  • 都内にお住まいの Y・Aさまの木綿きものです。ドット柄の久留米かすり。       お預りしたのは1月頃。それからいく度となく、メールでご希望を伺いました。・寸法のことまだ、ご自身の寸法が定まっていないので模索中。お持ちのきものの寸法をはかり着用したときを思い浮かべ考えて下さいました。・居敷当のこと(Y.Aさま)単衣なので、居敷当を付けたい。今持っている木綿きものの居敷当(もめん?)は内揚げのとこ [続きを読む]
  • 【付下げから長羽織に仕立て直し完成】
  • 付下げから長羽織の仕立て直しについて  以前の記事いろいろな問題をクリアして長羽織が完成しました。こちらは都内にお住まいの森 知子さんです。知子さんの長羽織をお仕立てしました。 Facebook にアップしてくださいましたお写真。着付け講師であります森 知子さん。同色系で春らしくさらりとまとって下さいました。 素敵ですね!1月からお預りして洗い張りと筋消し加工があり完成まで2ヶ月ちょっと。仕立て経過について、 [続きを読む]
  • 【羽織まち上のきれいな仕立て&袖口下】
  • こちらは仁井永枝先生の羽織マチ上。表地から裏地の控え方がきれいです。  羽織のマチ上(まちかみ)    (写真の投稿許可頂いています)こちらは今回の私が仕立てた羽織のまち上です。が、このまるのところが怪しい・・・裏なので見えないところですがきれいな仕立てだと気持ち良いですから。    羽織のまちとは⇒のところこちらの袖口は仁井先生仕立て。袖口下はごろっとせず真っすぐ。  袖口 [続きを読む]
  • 【付下げから長羽織に仕立て直し】
  • 昨年、仁井ひさえ先生から教わったリメイク長羽織をブログで紹介するとお二人から問い合わせを頂き、その中のお一人タマゴンさん「思い入れの深いきものなのですが長羽織にできますか?」写真を拝見すると付下げ。うん〜羽織に出来るのかな!?裾に柄があるから、折り返せない・・・。でも、とても興味があったのでおきものを拝見させて頂くことに。初めて都内でお目にかかり見積もるためにきものをお預りしました。・柄の位置・羽 [続きを読む]
  • 【洗い張りか、湯のし】
  • 「好きに使っていいよ〜」の箱の中から。こちらの *ザ・グリーンな道行コート  何にしようかな〜といつも眺めていると良い案が浮かんできて・・・まず、気になる衿を解いていると写真を撮っていないことに気づき            Before をパチリ                  ミシン縫いなので解くのが大変でした。              そしてこちらの濃い茶の絵羽織。羽裏はおひなさまの柄。     [続きを読む]
  • 【仁井ひさえ先生和裁教室開催のお知らせ】
  • 【仁井ひさえ先生の和裁教室開催】のお知らせ*お勧めですよ!  是非、ひさえ先生に会いに行って下さい。   1、和裁教室       日時 :  2017年4月5日(水) 12:00-16:00    6日(木) 13:00-17:00       場所 : 笑恵館 (しょうけいかん)                HP・・・http://shokeikan.com/             東京都世田谷区 [続きを読む]
  • 【袷きもの裄直し&広衿の引き糸】
  • 前回と同じく上尾市にお住まい、 Yさまのおきもの2枚裄直しです。1、正絹小紋袷の裄は縫い代があったので 4?長くすることができて 裄 68?。折りスジもほとんど分からずきれいに仕上がりました。広衿は半分に折って着用するのでスナップを付ける事が多いですがこちらは引き糸が付いていました。2、シルック付下げ袷の場合は表地の巾はあったのですが、裏地の巾が少なくて裄 67.5? と少し短いです。折りスジも正絹のよ [続きを読む]
  • 【2回目「舟形コースター作り」講座終了しました】
  • 2回目の「舟形コースター作り」講座、終了しました。    【宮代つながり作りイベント和e輪e】本日も4名の方が参加して下さり簡単に作れるコースターの作り方をお伝えすることが出来ました。用意した布からお好きな布を選び、2枚1組で1つが完成。初めてのコースター1つ目、皆さんきれいに仕上がりました(*^_^*)。残り1つ(1人2つ)は自宅に帰って仕上げて頂きます。「5つ分は欲しい」という方には布(2枚)とふさ糸セ [続きを読む]
  • 【袷きもの裄直ししました】
  • 上尾市にお住まいの Yさまのおきもの。綸子小紋袷とシルクウール袷の2枚。裄を出来るだけ長くしてほしいとのご依頼です。幸い肩巾と袖巾の縫い代があったので4cm ほど長くなり 68cm(1尺8寸)にすることが出来ました。折りスジは出来るだけ消してみました。綸子の正絹の方がうまく消えてくれたでしょうか。「お茶のお稽古着なのでこのくらいなら大丈夫です。」 と了承して頂きました。肩巾(34cm)と後巾(28.5cm) [続きを読む]
  • 【舟形コースター作り講座】
  • 今日は1回目 イベント和e輪e 「初心者OK!舟形コースター作り」 講座でした。リサイクル帯から作品 舟形コースター。4名様のご参加でした、楽しんで頂けたでしょうか。          こちらの柄が人気でした。  自宅でも作れるように、お持ち帰り用の布(2枚1組)も用意しましたので是非作ってみて下さいね。 [続きを読む]
  • 【色無地総絞り袷きもの身巾直し】
  • 都内にお住まいの Sさまの色無地総絞り袷きもの。以前と同じく身巾と衿下をお直しさせて頂きました。絞りなので裏には薄い生地ゴースが裏打ちがしてあります。細い糸で表地を少しすくいながら留めているのですよ。手間のかかる作業ですね。柄があって色が違うと糸の色も変えるのです。このゴースを張ることで絞りが伸びないようになっています。でもゴースを付けない反物もあるんですね。しぼが伸びにくくなる技術が向上している [続きを読む]
  • 【リサイクル帯から舟形コースターを作りました】
  • きものリサイクル店から購入した帯や頂いた帯から舟形コースターを作りました。染め帯のちりめんや木綿。これらは裏に布接着芯を貼りました。塩瀬羽二重は張りがあって裏芯がなくても良い感じです。14cm×14cm 2枚使って作ります。                        やはり織帯は厚みがあるので難しいですがふんわり丸みがあって可愛らしい(^^)。  【宮代つながりイベント和e輪e】 初心者OK!舟形コ [続きを読む]
  • 【羽織を解いて洗い張り】
  • 平安時代の十二単をまとった女性の柄模様。個性的でおしゃれな羽織。羽織丈を出来るだけ長くしたいとのご依頼。羽織衿の縫込みが 3寸くらいあるので肩から2尺3寸5分くらいに仕上がりそうです。縫込みがあると羽織丈を長くできますね。羽織は前下がりがありその折スジが目立たないようにしたいので洗い張りを専門業者さんにお願いします。丈を長くすると羽裏が足りなくなる為新しい羽裏を用意して頂いています。* 洗い張りを [続きを読む]
  • 【付下げを解いて洗い張り】
  • クリーム色の付下げを解き仕立て直しします。解きはもくもくと無言の行。いつもの事ながらなるほどと勉強しています。胴裏と八掛は使わないので、表地だけ洗い張り。洗い張りは専門業者さんにお願いします。昨日から解き二枚。写真も一緒に撮ってしまいました。 * 仕上がりはお楽しみに * [続きを読む]
  • 【ショールからひざ掛けに。】
  • 友人から頂いた和服いっぱいの段ボール。その中にあったショールをひざ掛けにしてみました。出来上がり  87cm×50cmショールは暖かいフェルトモチーフを細いリボンで繋げるように編んだもの。ショールを半分に折って間に和柄の布(綿・ポリエステル)を一枚入れて四隅を縫いました。こんな寒い時期、小さいひざ掛けは車を運転する時にも良いですよ。もちろん足元に落ちないように注意して・・・。北国の冬はまだまだ寒く [続きを読む]
  • 【東レシルックきもの・長襦袢お直し】
  • 東レシルックきものと長襦袢のセットのお直ししました。セットが二組です。大阪府にお住まいの Hさまのおきものです。以前仕立てた時よりスリムになられた為身巾と裄を狭くする、お直しさせて頂きました。東レシルックきものはとてもきれいに仕上がっているのと特殊な製法で仕立ててある為少し緊張しましたが、生地に合わせたミシン糸や針に変えアイロン当てる時は縮まないように、伸ばさないようにと知りうる知識を引き出しなが [続きを読む]
  • 【友人から頂きました*きもの*羽織*コート*帯*ショール】
  • 久しぶりのブログ。こつこつ、縫い物はしています。そんなところに友人から段ボール一箱!届きました。中は和服いっぱい。友人のきものは単衣を袷に仕立て直し。コートは身丈を長くしたいものと短くしたいもの。羽織は身丈を出来るだけ長くしたいもの。その他の和服いろいろはわたしが「自由に使っていいよ」と言われたもの。*きもの*羽織*コート*帯*ショールこんなに頂いちゃいました。創作意欲がわいてきます。  道中着に [続きを読む]
  • 【あけまして おめでとうございます】
  • あけまして おめでとうございます。のんびり ゆったり 健康で平和は一年でありますように今年もよろしくお願いいたします。     今年は酉年。私 年女です。60歳で想うこと。20代の頃 聞いた話ですがたしかラジオからその人は「自分は今年60歳になるがまだまだ解らないことがある」 それを聞いたとき驚きました。60歳になっても解らないことがある?当時、目上の人は何でも解っているのだと思っていました。60 [続きを読む]