競馬予想 さん プロフィール

  •  
競馬予想さん: 競馬予想ビギナーズ
ハンドル名競馬予想 さん
ブログタイトル競馬予想ビギナーズ
ブログURLhttp://keibabeginners.blog.fc2.com/
サイト紹介文競馬暦22年、馬券の取り方や競馬予想公開していきます
自由文競馬暦22年、馬券の取り方や競馬予想公開していきます
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供142回 / 365日(平均2.7回/週) - 参加 2016/02/06 09:41

競馬予想 さんのブログ記事

  • 宝塚記念2017 過去のデータから傾向と対策
  • 春競馬の締めくくりとも言えるこのレースは、毎年多彩な顔ぶれが揃うレースとしてファンに楽しまれています。最近5年間の最大のトピックスといえば2015年に1番人気に推され、3連覇を期待されたゴールドシップの出遅れ惨敗でしょう。ゲートが開いた直後の場内のどよめきが印象的でした。ただし、その2015年以外は1番人気馬は2勝、2着1回、3着1回とそこそこ期待に応えています。ただし、伏兵馬の好走も目立つため、馬券的には面白い [続きを読む]
  • 宝塚記念2017 コースの特徴から見た有力馬
  • 阪神の2200メートルの芝は、スタートが4コーナー奥になっていて、スタートしてから1コーナーまでの距離が長いです。また、2200メートルという長丁場をずっと外目を走るのはコース損があって不利だとも言えます。阪神コースはこの距離に限らず最後の直線の坂も難所で、ここを乗り切れるパワーとスタミナが要求されます。2200メートルの2012年から2016年の騎手成績では、武豊騎手が6割近い複勝率を記録しています。----------------- [続きを読む]
  • 宝塚記念2017 出走馬短評
  • 出走馬短評キタサンブラックG1連勝中の現役最強馬が3連勝をかけて出走してきます。昨秋のジャパンカップ以降、4戦3勝2着1回とほぼ完璧な内容で結果を出していますので、ファン投票1位での出走は当然と言えます。きっちり人気に応えて春競馬を締めくくりたいものです。ゴールドアクター昨年暮れの有馬記念ではサトノダイヤモンド、キタサンブラックに僅差の3着と食い下がりました。サトノダイヤモンドが出走してこない今回はキタ [続きを読む]
  • ユニコーンステークス2017 コースの特徴から見た有力馬
  • 東京の1600メートルダートは2コーナー奥にスタート地点があり、スタートから150メートルが芝を走るという特殊なコースとなっています。また、芝の部分が外枠の方が長いため、加速がつきやすい外枠が有利となっています。その他の特徴としては3コーナー過ぎに下り坂があり、コース形態がスピードが落ちにくいスパイラルカーブになっていることも重なって先行馬が脚を温存しにくくなっています。従ってダート戦は全般的に逃げ・先行 [続きを読む]
  • ユニコーンステークス2017 出走馬短評
  • 出走馬短評リエノテソーロ前走の芝のG1NHKマイルカップでの激走は見事でした。人気はなかったですが芝・ダートとも高いレベルで戦える可能性を秘めた馬で、今回は2戦2勝とまだ一度も負けていないダート戦で重賞勝ちを狙います。アディラートデビューから3走は芝に出走して2,5,6着と勝てませんでしたが、4走目でダートに出走して初勝利をあげ、その後はオープンのヒヤシンスステークスでも2着するなど、ダートでは堅実な走りを [続きを読む]
  • マーメイドステークス2017 過去のデータから傾向と対策
  • このレースはここ5年だけの結果を振り返ってみますと、1番人気はそこそこ頑張りながらも馬券はずいぶん荒れているという特徴が見受けられます。1番人気は2勝2着1回3着1回と80パーセントの複勝率を記録しているのですが、3連複の配当はすべて万馬券、馬連でも2回万馬券となっています。その原因は2ケタ人気馬の度重なる激走で、2014年の2着馬である13番人気コスモバルバラなど、5年間で4頭の2ケタ人気馬が3着までに食い込んできてい [続きを読む]
  • エプソムカップ2017 過去のデータから傾向と対策
  • このレースはここ5年の結果を見ると堅い傾向に収まっているレースと言えます。1番人気馬は2勝、2着1回であとの2年は4着以下に敗れていますが、この5年間の1、2着馬はすべて5番人気までの馬で決着しているため、馬連の最高配当も2,000円台に収まっています。また、3着馬を見ても2ケタ人気馬が入線したのは2012年に15番人気のマイネルスターリーが入線した1度のみですので、馬券的には無理な穴狙いは避け、上位人気馬を中心に検討す [続きを読む]
  • エプソムカップ2017 コースの特徴から見た有力馬
  • 東京の1800メートル芝は、1,2コーナーのポケット付近からのスタートになるということで、外枠が不利なコース形態になっています。従って芝の荒れていない開催前半にこのコースのレースで内枠に強力な先行馬が入った場合は非常に好走の可能性が高くなるコースとして知られています。毎年秋の東京開催の開幕週に行われる毎日王冠でこの傾向を感じることも多いです。エプソムカップの場合は開催が数週間進んでいますので、開幕週ほど [続きを読む]
  • マーメイドステークス2017 出走馬短評
  • 出走馬短評トーセンビクトリー3歳時にローズステークス3着から秋華賞に駒を進めた馬です。今年に入って5か月ぶりに出走した中山牝馬ステークスを勝ったことでかつての実力が蘇った印象があります。前走の阪神牝馬ステークスは6着でしたが大きく崩れていませんので、今回は期待が大きいです。ビッシュ昨年のオークス3着馬で、秋華賞では1番人気に支持されたほどの馬です。その秋華賞以降の3走は前走の中山牝馬ステークスを含めてい [続きを読む]
  • エプソムカップ2017 出走馬短評
  • 出走馬短評フルーキーこのレースは今年で3年連続の出走になります。おととし4着、昨年2着とこのレースとの相性もいいだけに今年は何としても勝ちたいところです。2015年12月の阪神競馬場で行われたチャレンジカップのこの距離の重賞を勝っているため、距離も向いていると思われますので期待は大きいです。ダッシングブレイズ去年は2月の東京新聞杯で1番人気に支持されながら3着に敗れるなど、期待に応えられずに8月以降休養に入っ [続きを読む]
  • 安田記念2017 過去のデータから傾向と対策
  • 毎年マイラーの一流馬が集結して白熱したレースが展開されているこのレースは、馬券的にも面白いレースとして注目されています。ここ5年の結果を振り返ってみても人気馬から人気薄馬まで幅広く馬券に絡んできており、2014年などは1番人気が勝利しながらも2着に17頭立ての16番人気馬が入線し、3着にも10番人気馬が入線するという結果になりました。昨年も人気薄のロゴタイプがまさかの逃げの手に出てそのまま押し切るという波乱の結 [続きを読む]
  • 安田記念2017 コースの特徴から見た有力馬
  • 昨年は人気薄のロゴタイプがスローペースに持ち込んでそのまま逃げ切りました。東京の芝1600メートルというコースは差し・追い込み馬が有利という印象もありますが、速いタイムで決着することも多く、スピードがあって瞬発力のある馬が好走することも多いことから、意外と逃げ・先行馬が有利だという傾向が出ています。----------------------2017年6月4日(日)安田記念 GⅠ東京競馬場/芝/1600m----------------------激走馬情 [続きを読む]
  • 安田記念2017 出走馬短評
  • 出走馬短評イスラボニータダービー2着を始め、再三G1で上位に顔を出してくる馬ですが、3歳時の皐月賞勝ち以降、古馬になってまだG1のタイトルに恵まれていない馬です。前走のマイラーズカップを勝って勢いに乗る今回は、久々のG1勝利へ力が入ります。レッドファルクス昨年のスプリンターズステークスを勝ち、今年3月の高松宮記念でも3着に好走しましたので1200メートルでの力がG1級なことは明らかです。今回はマイルでどこ [続きを読む]
  • 鳴尾記念2017 過去のデータから傾向と対策
  • 6月の阪神開催の開幕週に行われるレースですが、時期的なものもあってか頭数がフルゲートに満たない年も多くなっています。また、馬券的な面では1番人気はここ5年で1勝、2着1回のみであとの3年は3着までにも入線出来ておらず、やや頼りない傾向だと言えます。また、昨年はブービー人気で単勝オッズ252倍のプランスペスカが3着に好走しましたが、2014年にも12頭立てで10番人気馬が3着に好走しており、後ろから数えた方が早いほどの [続きを読む]
  • 鳴尾記念2017 コースの特徴から見た有力馬
  • 阪神の2000メートル芝はスタンド前からのスタートでコーナーを1周する形で、スタートしてすぐに坂があるため、前半からハイペースにはなりにくい傾向があります。勝負所の3コーナーから下りになっていてそこで加速がつきますが、最後の直線に坂があるため、タイプ的には差し馬が有利な傾向が出ています。枠順的には特に内が有利というわけでもなく、外枠馬でも互角に走れるコースです。----------------------2017年6月3日(土)鳴 [続きを読む]
  • 鳴尾記念2017 出走馬短評
  • 出走馬短評スマートレイアー3歳時に秋華賞で2着している通り、G1レベルでも通用する能力のある馬です。今回は前走のG1から相手関係も楽になりますし、2月の京都記念で2200メートルの距離で2着したように距離も克服可能と考えられますので、人気を集めそうです。バンドワゴン2014年のきさらぎ賞2着馬がようやく復調しました。まだ競走馬生活で8戦しか経験しておらず、今後故障なくどこまで走れるかを占う意味でも今回のレースは [続きを読む]
  • 東京優駿(日本ダービー) 2017 過去のデータから傾向と対策
  • 競馬の祭典日本ダービーは、ここ5年は1番人気馬がほぼ順当に上位に顔を出し、馬券も堅めの結果に終始しています。2012年から2016年までの5年間で1番人気馬は2勝、2着1回、3着1回という成績になっており、唯一3着に入れなかった2012年も4着と大きく崩れていません。従って馬券戦略としては無理な穴狙いは避けることが賢明と思われます。枠の出目としては2012年から5-6、1-5、1-7、1-7、2-4と内から外にかけてまんべんなく出ており、 [続きを読む]
  • 目黒記念2017 コースの特徴から見た有力馬
  • このレースが行われる東京の2500メートルの芝というのは、この目黒記念と11月のアルゼンチン共和国杯のみでしか行われていません。最後の直線が530メートルあり、その直線には高低差2メートルの坂もありますので、ここで逃げ・先行馬の脚が止まるケースが多く、差し・追い込み馬に有利なコース形態となっています。----------------------2017年5月28日(日)目黒記念 GⅡ東京競馬場/芝/2500m----------------------激走馬情報の [続きを読む]
  • 東京優駿(日本ダービー)2017 出走馬短評
  • 出走馬短評アルアイン皐月賞馬が2冠をかけての出走です。9番人気だった前走と違い今回は人気が予想されて楽ではありませんが、デビュー以来5戦して4勝という素晴らしい成績をもっての参戦ですので、クラシック連覇も夢ではありません。アドミラブル前走の青葉賞を勝って3連勝で大舞台に駒を進めてきた馬です。本番と同じ舞台を前走で勝ったのはコース経験という点においても他馬に比べてアドバンテージがありますので、ここでどん [続きを読む]