KAN さん プロフィール

  •  
KANさん: 夢を終わらせないボイストレーニング
ハンドル名KAN さん
ブログタイトル夢を終わらせないボイストレーニング
ブログURLhttp://loosevoice.hatenablog.com/
サイト紹介文歌声の悩みは、その練習法に気づいていないだけ。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供224回 / 365日(平均4.3回/週) - 参加 2016/02/06 09:13

KAN さんのブログ記事

  • いざ、という時に出る声を知る
  • ◆感情と声声は、感情と強く結びついています。ボイストレーニングなどでフィジカル面を強化していく事と同じくらい、メンタル面も重要です。元気がある時と無い時、気分が良い時と悪い時。心の状態がどちらかによって、無意識に発声される声は、変化するものです。大きい声を出したい。高い声を出したい。実は、あなたは、すでにその声を出せる可能性を秘めているかもしれません。自分で出しにくい、、と感じる声は日常生活で [続きを読む]
  • 「リズムで歌う」の効果!
  • ◆疎かにしがちなリズム歌う時に、おろそかになりがちなリズム。学校の音楽教育現場では、メロディーや音程という部分に練習時間が多く使われます。小・中学校の音楽の授業を思い返してみても、、確かにそうでした。まずは、音程をしっかり取りましょう!という練習です。そして少しだけ発声的なレクチャーがあって、個人的には、リズムトレーニングというものを行った記憶がないです。。それくらい「リズムで歌う」という意識が [続きを読む]
  • 喉を開ける準備のグッドタイミング
  • ◆喉を開く準備歌う時は、喉の奥を広く開けましょう、とよく言われます。話し声よりも、より音楽的な豊かな声を出す為に、喉の奥は十分に開ける事が必要です。そこで、今回は、喉の奥を開ける準備のタイミングについて、お話ししていきます!実は、開ける準備が遅かったりする人が多いのです。その前に、まず、一つ確認しておきたいのが ⇒「喉の奥を開ける」という作業は、口を開けなくてもできる。口を閉じたままでも、喉の [続きを読む]
  • 歌が上手い人は情報量が多い
  • ◆情報量の多さ歌が上手い人は、総じて、多くの情報を持っている。「情報」とは、例えばこんなことが挙げられます。・日本に留まらず、世界的なシンガーの名前や曲について・発声法について・歌唱テクニックについて・音楽理論について・ステージングについて・歌唱マインドについて・自分の魅力について・自分なりの「歌が上手い人」の定義について・歌の明確な目標とゴールについて・プロのライブ体験について歌が上手くなる [続きを読む]
  • 喉にストレス感じない
  • ◆喉にストレスを感じないで歌う歌っている時は、何に、気持ちを集中させたいか。カラオケは、目的が「発散」という場合が多いと思いますが、ステージなど、人前できちんと歌う場合には、意識する事が増えてきます。お客さんを見る、歌詞を届ける、楽しませる、パフォーマンスをしっかりする・・など、意識は常に「お客さんに対して」という事になります。人前で歌った経験がある人は想像がつくと思いますが、本番となると、声 [続きを読む]
  • 歌が「得意<好き」な人が勝つ
  • ◆歌が得意 < 歌が好き「自分は歌が得意だ」と思っている人よりも「得意じゃないけど歌が好きだ」という人の方が、将来的に、歌が上手くなる可能性が高いと思います。理由は、得意と思っている人は現状維持で満足しがちですが、歌が好きな人(でも苦手な人)は、常に向上心があり、高い壁を越えようとチャレンジし続けるからです。上手く歌えなくて悔しい思いをした時、支えになるのが「自分は歌が好き」という気持ちです。好 [続きを読む]
  • 歌が「上手い」より「センスがある」に注目
  • ◆歌い方が素敵歌は、最低限の音楽マナーさえクリアしていれば、自由に表現できるものです。だから「素敵な歌」になるかどうかには、歌い手のセンスが問われます。曲のカバーにしても、歌い手によって、まったく印象が変わる事がよくありますよね!では「歌にセンスがあるなぁ〜」と感じるのは、どういう印象を持つときでしょうか?個人的な感覚になりますが、それは「歌い方がカッコイイ」と感じる時であるような気がします。 [続きを読む]
  • 複数のボイトレ指導を受ける大切さ
  • ◆万人に通用するとは限らないボイストレーニングには、様々な練習方法があります。一つの目標を達成する為であったとしても、いくつものアプローチがあります。そして、1種類の練習法が万人に通用するとは限らないので、自分自身でいくつも試してみる事をお勧めします。特に、書籍やネット情報は、一般向けに発信されている内容になりますので、個々の声の症状に向けてのアドバイスという訳ではない事を押さえておきましょう! [続きを読む]
  • 「声の角度」で安定させる
  • ◆イメージで声を安定させる安定した歌声を出す為には「安定した呼気の流れ」と「声帯の振動」のバランスが大切です。この2つは、歯車のようにかみ合っており、一方が上手くいなかいと、自動的に、もう一方も上手くいかない状態になってしまうものです。では、どちらに意識をおけば上手くいくのでしょうか??それは、呼気の流れ・・ではなく、声帯の振動させる(声帯をしっかり閉じる)という方を確立させることで、それに伴 [続きを読む]
  • 正しい喉の感覚への書き換え
  • ◆現状を維持しない発声が上手くいかないのは、何かしら間違った喉の使い方をしている可能性があるということ。そして、改善をしていく為には、今の間違った喉の感覚を正しい感覚に書き換えていくという作業が要ります。喉の動きは、反射的に行われてしまうもの。「高い声を出すぞ!」と頭の中で思い、それを口から出す時に、人は反射的に喉の奥で声の高さの調整を図ります。しかも個々の感覚で。喉の使い方に正解・不正解はあ [続きを読む]
  • 音程を安定させる簡単なコツ!
  • ◆音程が外れやすい今回は「音程が外れやすい」という悩みのある方に、簡単な改善アドバイスをお伝えしたいと思います。音程というのは「音と音の幅」の事です。そして、その幅が広ければ広い程、正確に音を取るのは難しくなります。こんな経験はないでしょうか?発声練習などで、低音から順番に音が上がっていく時は音はズレないのに、歌になるとズレる。その理由は、先ほどお伝えした通り、歌の場合は、音と音の幅が広くなる [続きを読む]
  • ボイトレでやりたい事はこれ!
  • ◆多様な練習方法がある適切な発声法を身に付ける為にボイストレーニングがあるわけですが、その練習方法は多種にわたります。発声には個人差がありますので、その人の現状によって、どういった練習をしていくべきなのか、その内容は変わってきます。しかし、基本、ボイストレーニングの向かうべきゴールは一緒です。それは『喉に負担なく音域や声量の幅を広げられる声を作る事』です。もっと細かく言いますと、理想の声を出す [続きを読む]
  • 「舌」を十分に脱力させよう
  • ◆舌を脱力すること発声をするうえで、大事だといわれる「脱力」特に「舌、顎、首まわり」には、余計な力みは無い方が、効率的な発声を行う事ができます。その中でも、力みが入っているかどうか、外的から判断しやすいのが「舌」です。口内や喉の奥は多数の筋肉で複雑に繋がっています。首まわりに力が入り「喉詰め発声」になっている場合、舌を脱力させることで解消されることもあります。「力を抜いて歌おう」と思っても、具 [続きを読む]
  • 歌が苦手と思う前に
  • ◆歌が苦手と感じるとき「歌が苦手だな・・」と感じるのは、どんな時でしょうか?音程が取れない高い声が出ないなんとなく下手だと思う自分で原因がはっきりと分からないという場合は、誰かに意見を聞いてみるのもよいことです。「高い声が出せない」という理由で、歌が下手だと思ってしまっている人が多いのですが、実は、これは間違い。なぜなら『歌が上手い人は、低い声で歌っても上手いから』です。◆頭の中で分けて考 [続きを読む]
  • 誰でも簡単な声帯閉鎖
  • ◆思うように声が出ない時にチェック!自分の持つ声を100%発揮させるには、基本「大きな声」を出す事が分かりやすいでしょう。人間の持つ楽器を「音=声」として鳴らし、無駄なく放出するということ。それに対して、小さく弱い声というのは、本来はもっと鳴らせるはずの声を活かしきれていない状態になります。(わざとその声を使う場合もある)大きな声を出す為に必要なのが「声帯を閉じる」という作業です。この作業自体は、と [続きを読む]
  • 「トライする回数」と「歌の成長」
  • ◆どれだけトライしているか歌を練習していると、自分で作曲した歌でない場合には「歌いづらい曲やフレーズ」というものは誰でも感じる事があるものです。その苦手な部分を解消していく為に重要なのが、「練習アプローチ」と「トライ数」です。今回は、その中で「なぜ、トライする回数が大切なのか」というお話をしていきたいと思います。あなたは、苦手なフレーズや曲をどれくらい練習していますでしょうか??◆歌や声は感 [続きを読む]
  • 楽器に触れると歌が上手くなる
  • ◆楽器に触れること歌が上手くなる為に、楽器を練習することはが大切です。楽器といっても、色んな楽器がありますが、歌が上手くなる為には、音階が奏でられる楽器。例えば、ピアノやギターなどです。特に、ピアノは正確な音程を鳴らしてくれますので、音感を養うのにも、最適な楽器です。音程を取っているつもりでも、微妙に下がっていたりする人は、ピアノを使って声を出してみると良いです。思っているよりも音がフラットし [続きを読む]
  • 声を支えている時の体感
  • ◆声を支えている体感「声を体で支えて歌おう」とよく言われます。「お腹から声を出そう」という表現と似ていますが、こちらも実際の体感がどのようなものなのか、分かりにくい部分があると思います。今回は「声を支えている」という状態を解説していきたいと思います。感覚には多少の個人差があると思いますが、自分の歌っている時の体感と、ぜひ、照らし合わせてみてください。◆重心が安定しているまずは、声を出す以前の「 [続きを読む]
  • 喉から意識を外すこと
  • ◆喉に余計な力みが入る歌っていると、特に高音域で喉に余計な力みが入ってしまうという人は多いと思います。喉に力を入れるつもりはないのに、自然と力んでしまう。低音は、そうならないのに・・と。この原因を心理的な方面から推測するに、低音は大丈夫なのに高音になると、、という事は、高音の声帯の閉じ方が分からないために、反射的に、喉回りの筋肉で無理やり声帯を絞めつけて音程を上げようとしていることで起こっている [続きを読む]
  • 「声を強める意識」と「息を減らす意識」
  • ◆声帯を閉じる為に声に「響き」を作る為には、声帯をしっかりと閉じる事が必要です。その声は、聴感上としては、「強い声」「美しい声」というような印象を持たれる声です。基本的には発声トレーニングをして、はじめに獲得していきたい声が、この声になります。もちろん、敢えて、声帯を強く閉じずに、ウィスパーのように囁く声を出す技術もありますが、順序としては、まず「声帯をしっかり閉じた声」を練習をしていくとよいで [続きを読む]
  • 小さい声で歌う練習
  • ◆こんな人にオススメです小さい声で歌う練習は、適切な発声を身に付ける為に効果的な練習法です。特に、高い音を小さく歌うことは、実際にやってみると簡単ではない事が分かると思います。でも、狭い空間など、大声を出せないような環境で歌わなければならない時は、声量コントロールが求められます。この小さい声で歌う練習を、ぜひ、行ってほしいのは、次のような人の場合です。? 地声が大き過ぎる? 高音を張り上げてしま [続きを読む]
  • 心を込めて歌う
  • ◆心を込めて歌うこと歌は「心」で歌うもの。心を込めて歌うには、その曲に愛情を持って聴いたり歌ったりすることが大切です。例え、高い声や太い声が出なくても、心を込めて歌うことはできます。そのためには、「いい曲だなぁ〜」と思う曲を、しっかりと研究する作業が必要です。愛情を持って研究している人は、再現する力が自然と養われるので、心のこもった歌を歌う事ができます。曲を研究するから、愛情がわいて心を込めら [続きを読む]
  • なぜ「高音は頭に響かせよう」という指導があるの?
  • ◆音楽の授業で聞いたことありませんか?音楽の授業などで、「高音は頭に響かせるように出そう」という指導を受けた事がある人は、少なくないと思います。実際に、頭に声を響かせようとイメージを持って高音を出すと、すーっと、楽に高い声が出たという人もいます。このイメージを持つことで、確かに、高い声が出しやすくなる場合がある。どうして出しやすくなるのか? それは、高音発声が「結果として声が頭に響いているような [続きを読む]
  • 【発声編】男性にオススメしたい練習曲
  • ◆平井堅『瞳を閉じて』喉に無理な負担をかけずに歌の練習をする時に大切なのが「選曲」です。「どんな曲を練習したらいのか分からない・・」と悩んで事はないでしょうか?特に、いつも喉に負担をかけてしまう人の場合、正しい発声を習得する時の練習曲は、慎重に行わなければなりません。ノリや勢いで歌える曲、キーが低すぎる曲、キーが高すぎる曲、音域の幅が狭い曲、そういった曲は、練習曲としてはあまり向いていません。 [続きを読む]
  • 歌を習って2〜3年目の悩み?
  • ◆歌を習って2〜3年目に感じること習い事は、ある程度の期間、継続的に通う事でスキルを習得していく事ができます。歌の場合も、1,2ヶ月で飛躍的に上達するというのはとても稀な話で、プロ歌手でさえ、毎日、地道なトレーニングを積んで少しずつ成長していくものです。とはいえ、せっかく習っているのだから、早く上達したいという気持ちを抱くのは当然です。そんな中、歌のスクールに2,3年通っているのに上達が感じられない [続きを読む]