KAN さん プロフィール

  •  
KANさん: 夢を終わらせないボイストレーニング
ハンドル名KAN さん
ブログタイトル夢を終わらせないボイストレーニング
ブログURLhttp://loosevoice.hatenablog.com/
サイト紹介文歌声の悩みは、その練習法に気づいていないだけ。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供197回 / 365日(平均3.8回/週) - 参加 2016/02/06 09:13

KAN さんのブログ記事

  • ため息声で音程を上げる練習は意味があるの?
  • ◆ため息声で発声練習喉詰め発声で苦しそうな声になっている人は、力むつもりがなくても、勝手に喉に力が入ってしまい、歌っている時の気分は、あまり良くありませんよね。改善方法は、一つではなく、色んな方法があるのですが、今回は、その中で、「ため息声」を使った練習方法をお伝えします!このため息声の練習には、どんな意味があるのか?と言いますと、「喉を締め付けなくても、音程は上がるものだ」という体感が得られま [続きを読む]
  • 発声の悪い癖をつけない為に
  • ◆一度、しっかり立ち止まること発声の悪い癖をつけてしまうと、改善するのに、少々時間を要してしまいます。なので、「なんか声が出しづらいな〜」と感じたら、一度、自分の発声を見つめなおしてみましょう。そして、疑問を持つこと!・なぜ、低い声は楽に出せるの?・なぜ、裏声は、楽に出せるの?・なぜ、プロシンガーは、楽に高音を出せるの?こんな疑問が、悪い発声から、あなたを救ってくれたりします!そもそも、やっ [続きを読む]
  • 歌が上手くなるための多角的な視点!
  • ◆一つの視点からだけを見続けない「歌が上手くなる」為には練習が必要です。でも、どんな練習をしたら上手くなるのか悩んでいる人も少なくありません。まずは、「何が原因で上手く歌えないのか?」を、しっかりと把握して、その原因を改善していく事が大切になります。その原因を、自分自身で判断してしまって、何となく、同じ練習ばかりをしていても、上手くはなりません。歌が上手くなる為には、必ず、練習アプローチを複合的 [続きを読む]
  • 声がよく通る姿勢
  • ◆発声の基本姿勢プロシンガーは、お客さんを楽しませるため、また、歌を表現するために、身振り手振りを加えながらパフォーマンスしています。実に説得力があり、立ち姿もカッコイイです。歌っているジャンル(ロック、ポップス、ヒップホップ、ジャズ、演歌・・etc)にもよっても、その動きやシルエットは変わってきます。あんな風に自由に動きながらも、しっかり歌えるのには、理由があります。それは「体の軸が通っている」か [続きを読む]
  • 思春期にどれだけ大声を出せるか
  • ◆いつから大声を出さなくなるのか?小さい頃は、いつも大声を出して遊んで、叫んで、歌って。声に限界を感じる瞬間は少ない。でも、中学生、高校生になり思春期に入ると、大声を出す機会が減ってくるのも、なんとなく分かる気がします。レッスンをしていると、明らかに、十代半ば頃の年齢から、大きい声が出しにくそうになっている人が多く見受けられます。小学生は、綺麗な声を出そうというよりも、大きい声を出そうという意識 [続きを読む]
  • 歌手:平井堅の歌声から学ぶ
  • www.youtube.com◆しゃべるように歌う平井堅の歌声には、どんな印象を持ちますでしょうか??僕が感じるのは、『繊細で、かつ、効率の良い歌声』だなと思います。決してパワーや勢いで声を出さないで、最小限の息と、それに見合った声帯の振動で歌声を届けている声です。一音一音を、しっかり音(声)にして、話しながら歌っているような感じにも受け取れると思います。勢いで歌声にしていないので、楽に、声を出せるわけです。 [続きを読む]
  • 「息の強さ」と「声の高さ」の関係
  • ◆「高い声を出す時は、強い息が必要なの?」この答えに、間違った認識を持ってしまうと、声帯に過剰な強い息をぶつけてしまい、高音が出ないばかりか、喉を痛めてしまう原因になります。答えは、「息の強さ」と「声の高さ」は、関係ないんです。別のいい方をしますと、息の強さを変えなくても、音程は変えられる、ということです。※ここでいう「息の強さ」とは、息が声帯を通過する前の「外部から働きかけるもの」として考えま [続きを読む]
  • 鏡で「舌の位置」を見て発声チェック!
  • 参考動画:マライヤキャリー(Hero)★1:45秒あたりの高音に注目◆まずは、プロシンガーの舌の位置に注目しよう『喉を楽にして歌う』その状態を目で見て確認する方法として、舌の位置が、とても分かりやすいです。まずは、プロシンガーの歌っている時の、舌の位置を、映像で確認してみて下さい。低音から高音まで、終始、舌の位置が安定している事が確認できると思います。舌が、下の歯の内側に納まっており、言葉によっては一 [続きを読む]
  • 「歌いたいように歌わない」から喜ばれる
  • ◆歌が上手いと思うのは、自分ではない?「歌が上手い!」と思ってほしいのは、聞いている人に対して、です。だから、歌が上手くなりたい人は、聞いている人に喜ばれる歌い方をしなければいけません。自分の歌いたいように歌うのは、自己満足な歌になってしまいますので、本人的には気分は良いのですが、聞いている人からするとイマイチ・・だったります。じゃあ、喜ばれる歌い方って何??キーワードは『相手が歌ってほしい [続きを読む]
  • カバー曲を自分のものにして歌う方法
  • ◆カバー曲を歌う趣味として歌う人は、大概は、カバー曲(既存の曲)を歌う事が多いと思います。カラオケでも、その曲を歌っている歌手本人が必ずいます。そのカバー曲を歌う時に、「自分らしく歌えているか」という事が、一つ、気になるところですよね!?他の人が作った曲であっても、自分なりに表現できているかどうかで、聞いている人の心に届く歌になるかならないかに、大きく関わってきます。ちょっとだけ深い話しになり [続きを読む]
  • もうテンパらない!逆算歌唱法
  • ◆歌はストーリー歌は、ひとつの物語(ストーリー)です。ドラマや映画もそうですが、私たちは、すでに、出来上がった作品を見たり聞いたりしています。それは、視聴者を喜ばせるために、作り手が工夫をして、「場面の変化、サプライズ、パフニング、予感や期待などを思わせるシーン」を織り交ぜて、退屈することがないように考えて作ってくれています。何回見ても、飽きない作品ってありますよね!歌も、いざ、歌うとなった時には [続きを読む]
  • 無料ボイトレメール講座:「自宅で学ぶ10日間!」
  • ◆無料ボイトレメール講座で正しい発声法を学ぼう「ボイトレ受けたいけど、時間がない!」「近くに、良いボイトレ教室がない!」「気軽にボイトレを学びたい!」そんな、あなたの声に応えます!Loose Voiceでは、自宅で正しいボイストレーニングが学べる、無料のメール講座を開設しています。毎日、1通ずつ、メールで『目からウロコ』の役立つボイトレ情報を、お届けします。お時間のある時に、読んで&実践して、歌声を磨き [続きを読む]
  • 裏声から得られるビッグヒント!
  • ◆裏声で気づこう!「裏声だと、高い声も楽に出るんだけどな〜」この何気なく言っている言葉、実は、かなり重要なヒントが隠されています。だって、地声でも裏声でも、声は、同じ喉(声帯)から出ているんですよ!そう、同じ喉から出てる。という事は、何かしら、声の出し方、喉の使い方を変えているから、裏声にすると楽に高音が出るという事です。ここで、ビッグヒントになるキーワード!!『裏声の喉の使い方をすれば高音が [続きを読む]
  • 声を高くする方法〜2つの順番〜
  • ◆高い声を出したい願望ボイストレーニングで高い声を出したい場合、2つの事を、順序よく練習していくと、高い声を出せるようになるまでの期間を短く、かつ、自分自身の体感的にも分かりやすく、達成するとこが出来るようになります。ポイントは、「順序よく」ということろ。では、一つずつ、お伝えしていきます。◆「高音が楽」を作る高い声を出したいという願望を持っている人は、「高い声」の中に「いい声」という要素も始 [続きを読む]
  • 一気に発声が楽になる「逆らわない話」
  • ◆不思議に思いませんか?一気に、声を出すのが楽になる、お話しです。ボイストレーニングを続けていると、すんなり声が変わってくれない・・という状態になるケースが多々あります。練習しても練習しても、変わらない。いつの間にかボイトレ歴〇〇年とかになって「大丈夫!始めた時よりは、良くなっている気がします、、」とか。でも、「あと何年やれば、理想の声が出るようになるんだー!!」って、思いませんか??人生は、 [続きを読む]
  • 「何か、物足りない歌なってしまう」を解消!
  • ◆何かが足りない歌カバーソングを歌ってみたら、オリジナルと比べると何かが足りないんだよな・・と感じる。そんな経験はありませんか?きちんと、音程、歌詞、リズムは合っているのに、何かが足りない。レッスンをしていると、まず、この状態になってしまう事が度々あります。当然、カバーなので「オリジナルと比べて」の話にはなるのですが、その “物足りなさ” の原因は、一体なんなのでしょうか??◆声のテンション [続きを読む]
  • 質問!「オーディションに受かる人は、始めから歌が上手いの?」
  • ◆オーディションに受かる人の歌唱レベル「歌のオーディションは、歌が上手くないと受からないの?」夢を追いかける人には、とても気になる質問だと思います。その答えはというと、ズバリ「YES」です。応募者数万人の中から、数十名に残る人は、歌が上手い人達です。もちろん「完成品」である必要はないのですが、一般的な「カラオケが上手いレベル」は、超えた歌唱力がある人です。「でも、これから伸びる可能性がある“原石 [続きを読む]
  • 質問!「どれくらいで声が変わりますか?」
  • ◆ボイストレーニングを行うと、どれくらいで声が変わりますか?ボイストレーニングをこれから始める方や、すでに始めている方からも、よく受ける質問です。確かに、どれくらいで声が変わっていくのか知りたいところですよね!?僕なりの見解ですが、お答えしていきます。そして、先に、重要なキーワード。それは、『声が変わるのが早いから良いわけではない』という事です。それでは、そのキーワードを踏まえて、読み進めてみて [続きを読む]
  • 生徒さんの感想《発声編》
  • ◆息をたっぷり使った声「音程は取れているだけど、なんか自分の声が良いとは思えない」という悩みを持っていた生徒さんのレッスン。自分でも、発声については試行錯誤してようです。「ずーっと、分からなかった事があって・・」と。それは、息をいっぱい使う発声の仕方で、どうしても息をいっぱい出すと、息が足りなくなり歌えないフレーズが出てきてしまう、ということでした。実際に、マイクに声を入れてもらうと、聞き心地が [続きを読む]
  • 『才能とかじゃない』理想の歌声は出る
  • ◆あなたの理想レベルの高さボイストレーニングを受けている人達、その目的は様々です。「しっかり声を出したい」★     ↓「少しでも歌が上手くなりたい」★★     ↓「カラオケで凄く上手いレベルになりたい」★★★     ↓「ライブステージで歌えるレベルになりたい」★★★★     ↓「将来、歌手として成功したい」★★★★★スター(★)の数が多くなるほど、理想は高く志も高い人が多いものです [続きを読む]
  • 音楽スタジオで歌の練習をするメリット!
  • ◆音楽スタジオ歌や楽器を練習する時には、自宅やカラオケボックスも良いですが、一番オススメなのが「音楽スタジオ」です。音楽スタジオに行くのって、少しハードルが高いと感じる人もいると思いますので、今回は、歌の練習に最適な理由を、お伝えします!いつもカラオケで練習していたという人は、一度、スタジオで練習すると、ハマってしまうかもしれませんよ。◆リーズナブルは料金音楽スタジオって高そう、、というイメ [続きを読む]
  • 『歌が上手い人に聞いてみた』
  • ◆歌が上手い人はこうやって歌っているライブステージに立って活躍し、歌が上手いのは当たり前、その表現力も素晴らしい生徒さんに歌っている時の意識にについて、質問をしてみました。歌は、人それぞれ、意識やイメージを持っているものが違うと思いますが、参考までに、『歌が上手い人の意識』について、シェアさせて頂きます。箇条書きですが、お役に立てれば嬉しいです。◆歌が上手い人の意識? 自分の歌いたいようには歌 [続きを読む]
  • 『勘違い?高音発声のチェック項目』
  • ◆トレーニング以前の簡単な気づき無理のない高音発声には、その人の声の状態に合ったボイストレーニングが必要ですが、トレーニングをせずとも、現時点での間違った思い込みを修正するだけで、高音が出しやすくなる事があります。「それが出しにくくしていた原因だったんだ」「えっ、完全に勘違いしていた」「そうなんだ、意識を変えてみよう」など、当てはまる人には、そんな気づきを得られるかもしれません!今回は、高音発 [続きを読む]
  • 自分の個性を活かして歌う方法
  • ◆自分の個性「歌に、自分の個性を出すにはどうしたらよいのか?」まず、個性となる要素を挙げてみましょう。それは「声質」「歌い回し」「発音の仕方」、大きく分類すれば、この3つになると思います。現在、歌手として活躍している人達も、個性的な方ばかりですよね。映像を目で見なくても、声だけで誰が歌っているのか、すぐ分かります。歌手として成功している、そのような人達も、昔は必ず「憧れの歌手」という存在がいたは [続きを読む]
  • なぜ、男性は発声で無茶をしてしまうのか
  • ◆男性の性質ボイストレーニングを行っていますと、ひとつの傾向に気づくことがあります。それは、喉の使い方で無茶をしてしまう、また、使い方を間違えて記憶しているのは、女性より男性多いという事です。男女の性質として、女性は柔らかく温和な感じに対して、男性はダイナミックで直線的という気質、性質があります。それが発声にも影響を及ぼしている気がします。だから、男性の中でも「気質が柔らかい人」、草食系とも少し [続きを読む]