つれづれなる日々♪ さん プロフィール

  •  
つれづれなる日々♪さん: つれづれなる日々♪
ハンドル名つれづれなる日々♪ さん
ブログタイトルつれづれなる日々♪
ブログURLhttp://blog.goo.ne.jp/omega-001
サイト紹介文アンティークが大好き♪オメガと中国時計が大好きでコレクションをしてます。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供945回 / 365日(平均18.1回/週) - 参加 2016/02/06 10:21

つれづれなる日々♪ さんのブログ記事

  • 広島カープは“第二期黄金時代”を築けるのか?
  • 写真リーグ優勝を決め、胴上げされる広島の緒方監督 (c)朝日新聞社 広島が2年連続のリーグ制覇を果たした。シーズン中盤から独走状態に入り、最終的に2位の阪神を10ゲーム以上離す圧倒的な強さでの優勝だった。21世紀に入り、リーグ連覇を果たしたチームはセ・パ合わせて4チーム(巨人、中日、北海道日本ハム、福岡ソフトバンク)あり、広島は5球団目となる。2年連続でセの他チームを寄せ付けない強さを見せた広島には黄金 [続きを読む]
  • 日馬富士「しょうがない」今場所4個目の金星配給
  • 写真貴景勝(右)にはたき込みで敗れる日馬富士(撮影・江口和貴)<大相撲秋場所>◇10日目◇19日◇東京・両国国技館 横綱日馬富士(33=伊勢ケ浜)が今場所4個目の金星を与えてしまった。 西前頭5枚目の貴景勝(21=貴乃花)にはたきこまれて4敗目。優勝争いから大きく後退した。1場所で4個の金星を配給するのは、5個を許した01年秋場所の武蔵丸以来16年ぶり。「精いっぱいやっている結果だから、しょうが [続きを読む]
  • 楽天9回一挙4点で逆転サヨナラ!ロッテ石川11敗
  • 写真楽天対ロッテ 9回裏楽天1死満塁、押し出しサヨナラ死球を受け、松井裕(左から2人目)から水シャワーをかけられる銀次(同3人目)。左端は平沢(撮影・狩俣裕三)<楽天4−3ロッテ>◇18日◇Koboパーク宮城 ロッテは1回、荻野の二塁打と鈴木の右前打で2点を先制。楽天は、ロッテ先発の石川から無得点に抑えられる。 ロッテは4回、田村の左中間二塁打で1点を追加。楽天は、6回に銀次がチーム初安打を放っ [続きを読む]
  • 豪栄道1敗守り単独トップ、日馬富士6勝目 秋場所
  • 写真碧山を下し1敗を守った豪栄道(左)(撮影・丹羽敏通)<大相撲秋場所>◇9日目◇18日◇東京・両国国技館 大関豪栄道(31=境川)が1敗を守り、単独トップに立った。 豪栄道は、前頭2枚目の碧山(31=春日野)に、立ち合い頭で当たって最後は左に回り込んで突き落とし。8勝1敗で勝ち越しを決め、かど番を脱出した。 横綱日馬富士(33=伊勢ケ浜)は、前頭5枚目の正代(25=時津風)を寄り切って6勝3敗 [続きを読む]
  • 宇野がV!4回転サルコー初成功、全てで自己ベスト
  • 写真男子フリーで演技する宇野昌磨(撮影・PNP)<フィギュアスケート:ロンバルディア杯>◇16日◇イタリア・ベルガモ◇男子フリー ショートプログラム(SP)首位発進の宇野昌磨(19=トヨタ自動車)が、フリー214・97点の合計319・84点で2連覇を成し遂げた。 今季初戦ながらSP、フリー、合計の全てで自己ベストを更新し、2本目のジャンプでは4回転サルコーに初成功。トーループ、フリップ、ループに [続きを読む]
  • 豪栄道、阿武咲ら1敗キープ、日馬富士5勝 秋場所
  • 写真玉鷲を破って1敗を守って引き揚げる豪栄道(撮影・丹羽敏通)<大相撲秋場所>◇8日目◇17日◇東京・両国国技館 中日を終え、大関豪栄道(31=境川)ら3人が1敗で並んだ。 横綱日馬富士(33=伊勢ケ浜)は、前頭2枚目の碧山(31=春日野)を下し5勝目を挙げた。 かど番の豪栄道は、小結玉鷲(32=片男波)を寄り切って7勝1敗とした。 1敗で並んでいた平幕3人は、前頭3枚目阿武咲(21=阿武松)が [続きを読む]
  • 本田真凜シニアデビュー戦V「自分との戦い勝てた」
  • 写真USインターナショナルフィギュアスケートクラシックで優勝し、笑顔でメダルを手にする本田(撮影・菅敏)<フィギュアスケート:USインターナショナルクラシック>◇第3日◇15日◇米国・ソルトレークシティー◇女子フリー SP首位の本田真凜(16=大阪・関大高)が、フリー131・52点で1位となり、合計198・42点でシニアデビュー戦を制した。 フリーの曲は、憧れの荒川静香さんがトリノ五輪で金メダル [続きを読む]
  • <大相撲>ようやく大関らしい相撲見せた豪栄道
  • 写真豪栄道(右)が押し出しで正代を降す=東京・両国国技館で2017年9月16日、竹内紀臣撮影 大相撲秋場所7日目の16日、5連勝中ながら下がる場面が目立っていた豪栄道が前に出て正代を破り、ようやく大関らしい相撲を見せた。「踏み込みはよかった」と立ち合いから押し込むと、双差しを狙ってくる正代の腕をあてがいながら下から攻め切った。 これまでは自ら「ほめられた相撲じゃない」と振り返っていたが、この日は [続きを読む]
  • 阪神安藤が今季限り引退会見「16年間ありがとう」
  • 写真引退会見で涙を流す安藤(撮影・田崎高広) 阪神安藤優也投手(39)は15日、兵庫・西宮市内のホテルで引退会見を行った。ユニホーム姿で会見場に姿を現すと「今季をもちまして私、安藤優也は現役を引退することを皆さまにご報告いたします。16年間ありがとうございました」とあいさつをした。 プロ16年目の今季は春季キャンプスタート。若手重用のチーム事情もあって1軍に昇格できなかった。8月ごろから『引退』 [続きを読む]
  • 日馬富士「忍ぶってことだね」連敗3で止め安堵
  • 写真連敗を3で止めた日馬富士は笑顔で帰りの車に乗り込む(撮影・小沢裕)<大相撲秋場所>◇6日目◇15日◇東京・両国国技館 横綱日馬富士(33=伊勢ケ浜)が大きく胸をなで下ろした。3連敗で迎えた結びの一番。負ければ、31年春場所の横綱宮城山以来86年半ぶりの「4日連続の金星配給」となる中で、西前頭3枚目の千代大龍(28=九重)に左張り手からもろ差しになる。この3日間で見せていた雑な攻めでなく、慎重 [続きを読む]
  • ソフトバンク・デスパイネV打!楽天敗れマジック1
  • 写真ソフトバンク対オリックス 6回裏ソフトバンク2死満塁、デスパイネ・は中前に勝ち越し2点適時打を放ち、ガッツポーズしながら一塁へ向かう(撮影・梅根麻紀)<ソフトバンク7−4オリックス>◇14日◇ヤフオクドーム ソフトバンクは1回2死満塁で松田が空振り三振。オリックスは3回2死一、二塁で小島が一邪飛。両軍とも3回まで無得点。 ソフトバンクは4回にデスパイネの31号2ランなどで逆転。5回にも1点追 [続きを読む]
  • 阪神、広島の優勝阻止も痛恨ドロー ドリス2戦連続S失敗、2回以降無得点
  • 阪神 2 − 2 巨人<22回戦 甲子園> 巨人が終盤に粘り、延長12回引き分け。阪神はマジックを「1」としていた広島の優勝決定を阻止したが、巨人戦に1敗2分けと負け越した。 阪神は初回、巨人先発・菅野に対し二死二、三塁の好機を作ると、5番大山がしぶとく左前へ運ぶ2点適時打を放ち、幸先よく2点を先制した。大山は一塁の守備でも貢献。6回裏、一死二塁のピンチでカメラマン席ギリギリの一邪飛を好捕し、タッチアップを狙った [続きを読む]
  • 琴奨菊に土、阿武咲が全勝 日馬富士3敗目 秋場所
  • 写真日馬富士をはたき込みで破る阿武咲(撮影・山崎哲司)<大相撲秋場所>◇5日目◇14日◇東京・両国国技館 横綱日馬富士(33=伊勢ケ浜)は、全勝の前頭3枚目阿武咲(21=阿武松)にはたき込まれ3敗目を喫した。阿武咲は5連勝。 かど番の大関照ノ富士(25=伊勢ケ浜)は、前頭4枚目松鳳山(33=二所ノ関)に寄り切られ1勝4敗となった。 同じくかど番の大関豪栄道(31=境川)は、前頭3枚目千代大龍(2 [続きを読む]
  • 日馬富士2連敗、北勝富士は2個目の金星 秋場所
  • 写真北勝富士に寄り切りで敗れた日馬富士(撮影・山崎哲司)<大相撲秋場所>◇4日目◇13日◇東京・両国国技館 横綱日馬富士(33=伊勢ケ浜)が2連敗を喫した。前頭2枚目北勝富士(25=八角)を土俵際まで押し込んだが、回り込まれて寄り切られた。2勝2敗となった。北勝富士は2個目の金星を挙げ、3勝目を挙げた。 かど番の大関豪栄道(31=境川)は、左へ変化して前頭筆頭の栃ノ心(29=春日野)を押し出し3 [続きを読む]
  • 広島M2&九里9勝目、DeNA飯塚3敗目で4位
  • 写真広島2番手で登板し9勝目を挙げた九里(撮影・上田博志)<広島12−4DeNA>◇13日◇マツダスタジアム DeNAは1回に3連続長短打で2点を先制。広島は1回に打者11人を送り込んで6点を奪って逆転。しかし3回に1点を失った。 DeNAは4回に1点を奪って追い上げるも、投手陣が崩壊。6回に広島に打者10人、6安打されて6点を失った。 広島は打線がつながった。5回以降無失点で快勝。優勝へのマジ [続きを読む]
  • 伊達公子「終わってしまいました」涙の引退あいさつ
  • 写真試合前、クルニッチ(右)と記念撮影する伊達(撮影・江口和貴)<テニス:ジャパン女子オープン>◇11日◇東京・有明テニスの森公園 今大会を最後に現役引退を表明していた伊達公子(46=エステティックTBC)が初戦でアレクサンドラ・クルニッチ(24=セルビア)に0−6、0−6で敗戦。これが現役最後の試合となった。 試合後には急きょセレモニーが行われた。高校の後輩で「伊達2世」と呼ばれた浅越しのぶさ [続きを読む]
  • 日馬富士「待った」アピール認められず 審判長苦言
  • <大相撲秋場所>◇3日目◇12日◇東京・両国国技館 結びの一番が意外な展開となった。横綱日馬富士(33=伊勢ケ浜)が西前頭筆頭の琴奨菊(33=佐渡ケ嶽)と対戦。日馬富士がやや早めに立ち合ったが、低い当たりの琴奨菊に中に入られると右手で相手の体をタップして「待った」の合図。しかし、立行司の式守伊之助も審判も止めることなく、棒立ちになった日馬富士があっけなく土俵を割った。日馬富士は土俵の外に出た後も右 [続きを読む]
  • <大相撲秋場所>日馬富士2連勝 高安に土
  • 写真下手投げで栃ノ心を降す日馬富士(奥)=東京・両国国技館で2017年9月11日、和田大典撮影 大相撲秋場所2日目の11日、一人横綱の日馬富士は、栃ノ心を危なげなく降して上位陣で唯一の2連勝。高安は玉鷲の押しに屈して初黒星。カド番の豪栄道は北勝富士を圧倒して初白星を挙げた一方、照ノ富士は琴奨菊に敗れ、連敗発進となった。 ◇力士ひとこと ○日馬富士 (けが人続出は)いい気分じゃないよね。勝負に集中 [続きを読む]
  • 取組直後「終わったな」 宇良と高安、車いすで土俵去る
  • 写真貴景勝に突き倒しで敗れ負傷した宇良。この後、車いすで運ばれた=恵原弘太郎撮影(11日、大相撲秋場所2日目) 大関高安と人気者の宇良が、ともに苦手力士に攻め込まれ、踏ん張った時に右足を負傷した。国技館が騒然とした。 先に客席のため息を誘ったのは宇良だ。相手は幕下時代から合わせて1勝6敗だった貴景勝。土俵際、踏ん張った時に体が反った。体重が乗った形で先場所痛めた右ひざから崩れる。土俵下から戻れず [続きを読む]
  • 宇良瞬時判断で白星とったり「紙一重の勝負だった」
  • 写真正代(右)を、とったりで破る宇良(撮影・鈴木正人)<大相撲秋場所>◇初日◇10日◇東京・両国国技館 西前頭4枚目の宇良(25=木瀬)が、巧みな取り口で白星発進した。 東前頭5枚目の正代(25=時津風)に低く当たる。潜り込めずに下がるものの、体が瞬時に反応。左腕をつかんで、土俵際でとったりを決めた。「紙一重の勝負だったと思います。初日なので、勝てたのはすごくうれしい」と素直に喜んだ。 名古屋場 [続きを読む]