株の初心者 さん プロフィール

  •  
株の初心者さん: 株の初心者 日経平均株価予想
ハンドル名株の初心者 さん
ブログタイトル株の初心者 日経平均株価予想
ブログURLhttp://225index.com/
サイト紹介文株の初心者で日経平均株価予想の為に、覚えておきたい相場見通しとテクニカル分析。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供814回 / 365日(平均15.6回/週) - 参加 2016/02/06 18:28

株の初心者 さんのブログ記事

  • UTグループ売上高45%増、製造業向け人材不足関連株として好調
  • UTグループ目標株価引き上げ、タワー投資顧問は売却製造業向け、半導体業界・自動車産業への人材派遣サービス、エンジニアなど高スキルを持つ人材採用確保から業績が伸びている。同社の第1四半期(2017年4月〜6月期)の売上高は前年同期比45%増の182億円、営業利益は15%増の9億2000万円となった。いちよし証券ではUTグループ目標株価を1500円から2300円へ引き上げ、レーティング「B」を継続とした。M&A(企業買収)と人 [続きを読む]
  • ブイ・テクノロジー決算、受注高42%増の252億円と過去最高
  • ブイ・テクノロジー有機EL関連銘柄8月10日、ブイ・テクノロジー(7717)が2017年4月〜6月期の第1四半期決算を発表した。営業利益は前年同期比49%減益の6億5000万円となったことが投資家にネガティブ視されて株価急落。14日の終値は先週末比2490えんやすの17210円と値下がりした。ブイ・テクノロジー決算・業績見通しの見方には過剰反応したように思われる。2018年3月期第1四半期決算で、営業利益が減益となったが、みるべきポイ [続きを読む]
  • リクルートHD決算売上収益は20%増の5243億円人材派遣サービス好調
  • リクルートHD決算株価影響は通期見通しに保守的リクルートホールディングス決算発表は人材派遣が伸びて、2017年4月-6月期の売上収益が20%増の5243億円となった。求人掲載企業は300万社を超え、サイト利用者も200万人を超える過去最高記録を更新。2018年3月期第1四半期(2017年4月-6月期)の売上収益が20%増の5243億円、営業利益は13%増の563億円、連結純利益は16%増の402億円と、いずれも2ケタ増の好決算となった。国内外で [続きを読む]
  • 電気自動車関連銘柄、大手証券が参考銘柄5社をレポート作成
  • 大和証券証券、電気自動車関連銘柄レポート大和証券が「走り出す」電気自動車関連銘柄を紹介するレポートを発行している。NISA口座など長期投資テーマに向くことで参考銘柄を5社紹介している。EV関連株の中で注目できる銘柄として紹介されているのは、三菱電機(6503)、明電舎(6508)、三井ハイテック(6966)、日立化成(4217)、ダブル・スコープ(6619)をレポートで詳しく説明している。EV関連注目株の投資ポイント 6503 [続きを読む]
  • 個人投資家買付銘柄ランキングiPhone関連株、村田製作所、保土谷化学
  • 強気相場予想が続きブル型ETF買いトップ7月28日〜8月3日の日経平均株価は2勝3敗、20079円64銭から20029円26銭まで50円38銭の下落となった。米国アップル好決算でiPhone関連銘柄が買われ、村田製作所、アルプス電気、TDKが大幅高、保土谷化学はOLED(有機EL)が業績牽引してポジティブサプライズ決算となりストップ高まで買われた。ソニーは複数の証券会社から目標株価、投資評価を引き上げで盛り上がり、日産自動車は [続きを読む]
  • ツルハと杏林堂が資本業務提携、株価にポジティブな影響
  • ツルハ杏林堂買収スケールメリットで業界トップシェアへ成長市場ドラッグストアの業界再編が特に地方で始まっている、ツルハホールディングスと静岡県を営業地盤とする杏林堂グループホールディングスの2社が、資本業務提携を発表した。杏林堂は静岡でトップクラスのシェアを誇るドラッグストアで、78店舗を展開中。ウェルシア薬局を展開するウェルシアHDの競合企業で、2017年4月期の売上高は895億円、営業利益28億円規模。ツ [続きを読む]
  • 理研コランダムTOB1株229円、株式公開買付後も上場を維持
  • 理研コランダム株式公開買付オカモト(5122)は東証二部上場の理研コランダム(5395)を1株229円で株式公開買付すると発表した。公開買付実施決定日は8月7日、買付期間は8月8日から9月5日までの20営業日、買付上限が最大で所有割合60%であり公開買付け後も理研コランダムは上場を維持する予定。発表された7日の理研コランダム終値は235円で、TOB価格が時価より低い株価設定となっていることから、株価の反応は限 [続きを読む]
  • ヤマダ電機4000万株/200億円の自社株買いを発表
  • 村上ファンドの投資哲学ヤマダ電機(9831)が高く始まった、先週8月4日引け後に発表した同社の2018年3月期第1四半期決算は増収増益に回復、通期の見通しは営業利益28.9%増、最終利益36.1%増の見通しと発表。決算発表と同時に、株主還元にも積極的な姿勢が見られた。ヤマダ電機自社株買い4000万株を上限、200億円上限で実施することを発表。発行済み株式の4.97%と比率が大きく、需給タイトになることが好感された。旧村上ファンド [続きを読む]
  • 東芝株をブラックロック・ジャパンが保有株を大量処分売り
  • ブラックロック東芝株を売却ポジション整理世界大手の資産運用会社ブラックロックが保有する、東芝株式を大量に売却していたことが8月4日提出の5%ルール大量保有報告書で判明した。提出された最新資料によると、ブラックロック日本法人のブラックロック・ジャパンと共同保有者のグループ会社は、保有する東芝株を売却したことにより現在の保有株比率が5.17%から3.86%に減少、保有株数は1億6360万7226株にま [続きを読む]
  • シェアリングテクノロジー初値予想コンセンサス上場初日は買い気配
  • IPOシェアリングテクノロジー東証マザーズ生活110番、シェアリングテクノロジー(3989)が東証マザーズ、名証セントレックス市場にIPOとして新規上場した。上場初日は買い気配となり、午前10時30分の気配値は2320円となっている。公開価格1600円に対して720円高い気配値だ。シェアリングテクノロジー初値予想コンセンサスは2800円〜3200円、フィスコレポートでは初値予想3000円になっている。初値投資妙味度セカンダリーは [続きを読む]