竹内明寛 さん プロフィール

  •  
竹内明寛さん: 竹内明寛のアフィリエイトリッチコンテンツブログ
ハンドル名竹内明寛 さん
ブログタイトル竹内明寛のアフィリエイトリッチコンテンツブログ
ブログURLhttp://blue-relax.com/
サイト紹介文アフィリエイトで安定報酬を得続ける方法を情報発信しています。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供286回 / 343日(平均5.8回/週) - 参加 2016/02/07 02:30

竹内明寛 さんのブログ記事

  • マウスポインターを黄色く表示する無料ツール!
  • こんにちは、竹内です。 今回は、マウスポインターを黄色く表示させることができる無料ツールをご紹介したいと思います。 なぜ、ぼくはマウスポインターを黄色くしたいと思ったのかというと、パソコン画面の動画コンテンツを作成する際に、マウスの位置を目立たせたいと思ったからです。 デフォルトだと、どこにマウスポインターがあるのか、自分でも分からなくなり、探すこともあるくらい [続きを読む]
  • 7つの習慣講座No.30〜刃を研ぐ〜
  • こんにちは、くりちょこです。 前回は、第6の習慣【シナジーを創り出す】についてお話しさせていただきました。 シナジーの本質は、お互いの違いを認め、尊重し、自分の強みを伸ばし、弱いところを補うことです。 信頼度、協力度が最も高いシナジー的コミュニケーションによって、それぞれの違いを深く理解し、個々が挙げる成果よりも大きな成果を生み出す努力をしていきましょう。 さて、 [続きを読む]
  • 7つの習慣講座No.29〜シナジーを創り出す〜
  • こんにちは、竹内です。 前回は、そして理解されるについてお話させていただきました。 相手を理解するには、思いやりが必要です。また、自分を理解してもらうには、勇気が必要です。 まず、人格があり、次に人間関係があって、それから自分の言いたいことを表現することが重要なのです。 さて、今回は、第6の習慣【シナジーを創り出す】の話に入っていきます。 シナジー [続きを読む]
  • 7つの習慣講座No.28〜そして理解される〜
  • こんにちは、くりちょこです。 前回は、4つの自叙伝的反応と共感による傾聴のスキルについてお話させていただきました。 自叙伝的反応には、次の4つがあります。評価する:同意するか反対する探る:自分の視点で質問する助言する:自分の経験から助言する解釈する:自分の基準にして相手の動機や行動を説明する 共感による傾聴のスキルは、次の4つ段階があります。第一段階:話の中身(キーワード) [続きを読む]
  • 7つの習慣講座No.26〜共感による傾聴〜
  • こんにちは、竹内です。 前回は、リーダーシップの習慣とWin-Winの5つの側面についてお話させていただきました。 第4の習慣【Win-Winを考える】は、人間関係におけるリーダーシップの習慣です。 Win-Winの原則は、互いに関連した5つの側面でできています。人格人間関係協定(合意)システムプロセス さて、今回からは、第5の習慣【まず理解に徹し、そして理解される】の話に入っていき [続きを読む]
  • 『竹内明寛』で活動させていただきます!
  • こんにちは、くりちょこです。 今回は、ぼくのブログ読者さんであるみなさんにお知らせがあります。 これまで、くりちょこというハンドルネームでネットビジネスの世界で活動してきました。 ですが、今後は自分の名前を出していくことにしました。 理由としては、3つあります。 まず、自分の名前を出すことで、より一層みなさんと濃い関係を築いていきたいということです。ハンドルネームよ [続きを読む]
  • 7つの習慣講座No.23〜信頼口座〜
  • スポンサーリンク こんにちは、くりちょこです。 前回は、デリゲーションについてお話させていただきました。 全面的なデリゲーションによって人をマネジメントすることにより自分のマネジメント力も向上してきます。 さて今回からは、相互依存を目指す7つの習慣の公的成功(第4、5、6の習慣)の内容に入っていこうと思います。 私的成功(第1、2、3の習慣)は、公的成功(第4、5、 [続きを読む]
  • 7つの習慣講座No.22〜デリゲーション〜
  • スポンサーリンク こんにちは、くりちょこです。 前回は、第4世代の原則中心の第Ⅱ領域を中心とした計画立案についてお話させていただきました。 4つのステップを踏むことで原則中心の第Ⅱ領域に基づいた一週間の計画を立ててみましょうということでした。 さて、今回は、デリゲーションについてお話していきます。 デリゲーション 物事を達成するのには、自分でやるか、人に任 [続きを読む]
  • 7つの習慣講座No.20〜第Ⅱ領域ツール〜
  • こんにちは、くりちょこです。 前回は、第Ⅱ領域についてお話させていただきました。 第Ⅱ領域の活動には、自分から主体的に取り組む必要があり、最優先事項に「イエス」というためには、他の用事に対して「ノー」を言う勇気が必要だというお話をさせていただきました。 時間管理の第4世代では、原則中心の生き方ができ、第Ⅱ領域活動の時間管理を行うことができるようになっています。 そ [続きを読む]
  • 7つの習慣講座No.19〜第Ⅱ領域〜
  • スポンサーリンク こんにちは、くりちょこです。 前回は、時間管理のマトリックスについてお話させていただきました。 管理すべきなのは時間ではなく「最優先事項を優先する」という行動の順序です。 効果的な人たちは、自分の能力を大きく伸ばす第Ⅱ領域の活動に時間を使い、P/PC バランスをうまくとっているのです。 ということで、今回は、第Ⅱ領域についてお話させたいただきます。 &nbs [続きを読む]
  • 7つの習慣講座No.17〜意思の力〜
  • スポンサーリンク こんにちは、くりちょこです。 前回は、役割と目標についてお話させていただきました。 前回までで、7つの習慣の第2の習慣である【終わりを思い描くことから始める】は終わりとなります。 さて今回からは、7つの習慣の第3の習慣である【最優先事項を優先する】の内容に入っていこうと思います。 今回は意思の力についてお話していきます。 第3の習慣は、第二の創 [続きを読む]
  • 7つの習慣講座No.16〜役割と目標〜
  • スポンサーリンク こんにちは、くりちょこです。 前回は、右脳のイメージ力を使った自己宣誓書の書き方についてお話しました。 右脳の力を使うことによって、自分が望む人生の全体像を鮮明に思い描けるようになります。 さて、今回は、役割と目標についてお話していきます。 役割と目標 ぼくたちは、人生でさまざまな役割を持っています。 例えば、個人としての役割以外に夫、父親 [続きを読む]
  • 7つの習慣講座No.15〜右脳を活用する方法〜
  • スポンサーリンク こんにちは、くりちょこです。 前回は、ミッション・ステートメントについてお話させていただきました。 ミッション・ステートメントとは、心情、理念を表明したものでその人自身の憲法です。 自分の影響の輪の中心に原則に据えてミッション・ステートメントを書き、あなたの人生におけるあらゆる物事を測る基準として活用しましょう。 さて、今回は、右脳を活用する方法についてお話 [続きを読む]
  • 7つの習慣講座No.13〜脚本を書き直す〜
  • スポンサーリンク こんにちは、くりちょこです。 前回は、リーダーシップとマネジメントについてお話させていただきました。 まず目的は何かを考える習慣を持ちましょう。そして、目的に向かって自分を導くリーダーシップを常に意識しましょう。 さて、今回は、脚本を書き直すについてお話していきます。 脚本を書き直す ぼくたちは、他者が作った多くの脚本に従って生活しています。ですので [続きを読む]