boekendorp さん プロフィール

  •  
boekendorpさん: RED ZONE
ハンドル名boekendorp さん
ブログタイトルRED ZONE
ブログURLhttp://qboekendorp.hatenablog.com/
サイト紹介文フラッグフットボールのルールや作戦、小学校での授業の指導案、アメフトやNFLについても書いています。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供171回 / 365日(平均3.3回/週) - 参加 2016/02/08 13:08

boekendorp さんのブログ記事

  • NFL FLAGオンラインルールテスト解説(Q1~Q10)
  • Written by HOMMURA Kyohei. (@twitter&@facebook)今回はNFL FLAG大会規則のオンラインテストの解説を書いていきたいと思います。オンラインテスト先日公開したオンラインテストは下記のURLから受講することができます。NFL FLAG大会一般女子カテゴリルールテストルールについてどのように考えているかは下記の記事を参照ください。NFL FLAGオンラインルールテストを作成しました - RED ZONEまた、順序が逆になってしま [続きを読む]
  • NFL FLAGオンラインルールテストを作成しました
  • Written by HOMMURA Kyohei. (@twitter&@facebook)今回はNFL FLAG南関東大会に向けてweb上で受けられるルールテストを作成したので、それについて書きたいと思います。忘れられない一言数年間のことになりますが、ある古くからフラッグフットボールをされているチームと対戦したときに、終盤で少しルールのことで揉めたことがありました。その当時はチームは6人、うち1人は控えQBで、全員リャンメン出場でやっていた頃でした [続きを読む]
  • パスコース「ポスト」を成功させるための3つのコツ
  • Written by HOMMURA Kyohei. (@twitter&@facebook)今回はパスコース「ポスト/スラント」を成功させるための3つのコツについて書いていきたいと思います。「ポスト」とはフラッグフットボールでは各レシーバーがパスを受けるために走っていきます。誰がどのように動くのかがあらかじめ作戦で決められており、それぞれの走るコースには名前がついています。そのひとつが「ポスト/スラント」です。ポストは5ヤード、または7ヤー [続きを読む]
  • パスコース「ポスト」を成功させるための3つのコツ
  • Written by HOMMURA Kyohei. (@twitter&@facebook)今回はパスコース「ポスト/スラント」を成功させるための3つのコツについて書いていきたいと思います。「ポスト」とはフラッグフットボールでは各レシーバーがパスを受けるために走っていきます。誰がどのように動くのかがあらかじめ作戦で決められており、それぞれの走るコースには名前がついています。そのひとつが「ポスト/スラント」です。ポストは5ヤード、または7ヤー [続きを読む]
  • パスコース「アウト」を成功させるための3つのコツ
  • Written by HOMMURA Kyohei. (@twitter&@facebook)今回はパスコース「アウト」を成功させるための3つのコツについて書いていきたいと思います。「アウト」とはフラッグフットボールでは各レシーバーがパスを受けるために走っていきます。誰がどのように動くのかがあらかじめ作戦で決められており、それぞれの走るコースには名前がついています。そのひとつが「アウト」です。アウトは5ヤード、または7ヤード真っ直ぐ走って、 [続きを読む]
  • NFL FLAG南関東大会2017年春(一般&女子)の日程について
  • Written by HOMMURA Kyohei. (@twitter&@facebook)今回はNFL FLAG南関東大会の2017年春シーズン、一般カテゴリ、女子カテゴリについて書きたいと思います。日程現段階で決まっている大会日程は下記の通りです。ルール講習会&プレ大会 supported by ブルザイズ東京4月16日(日) @東京海洋大品川キャンパスプレ大会(予定)5月3日(水祝) @所沢狭山湖運動場南関東予選5月13日(土) 所沢狭山湖運動場6月3日(土) 所沢北中運動場 [続きを読む]
  • 「ルール講習会&プレ大会 supported by ブルザイズ東京」を開催します!
  • Written by HOMMURA Kyohei. (@twitter&@facebook)今回はNFL FLAG南関東大会(一般&女子カテゴリ)2017年シーズンに向けての「ルール講習会&プレ大会 supported by ブルザイズ」について書きたいと思います。supported by ブルザイズ2017年春シーズンの大会を前に、ルール講習会とプレ大会を開催します。毎年4月に座学も試合もできるような場所の確保に苦労していたのですが、今回Xリーグの「ブルザイズ」とその練習場所になっ [続きを読む]
  • パスコース「フック」を成功させる3つのポイント
  • Written by HOMMURA Kyohei. (@twitter&@facebook)今回はパスコース「フック」を成功させる3つのコツについて書きたいと思います。「フック」とはフラッグフットボールでは各レシーバーがパスを受けるために走っていきます。誰がどのように動くのかがあらかじめ作戦で決められており、それぞれの走るコースには名前がついています。そのひとつが「フック」です。フックは5ヤード、または7ヤード真っ直ぐ走ったところで止まっ [続きを読む]
  • 初のNFL FLAG東北大会の開催へ!
  • Written by HOMMURA Kyohei. (@twitter&@facebook)今回は初のNFL FLAG東北大会の開催について書きたいと思います。これまでの東日本大会NFl FLAG大会のFINALでは東日本代表と西日本代表のチームが集まって試合を行っていましたが、西日本大会は北陸、東海、関西、中国四国、九州、沖縄の6つの地区から勝ち進んだチームが集まって行われているのに対し、東日本大会は南関東以外のチームはなく、実質、南関東大会を勝ち進んだチー [続きを読む]
  • 劣化せず雨に強い「新しいフラッグ」がAmazonで発売
  • Written by HOMMURA Kyohei. (@twitter&@facebook)今回は新しく発売されるフラッグベルトについて書きたいと思います。引用:https://www.japanflag.org/news/detail/70脱着がめんどくさいフラッグベルト一言に「フラッグベルト」といってもいくつか種類があります。旗の部分がタオル地だったり、正方形のナイロンだったり、長方形だったり、その用途や大会ルールによって異なります。同じようにベルト部分にも違いがありま [続きを読む]
  • オービックシーガルズのQB畑選手&ニューハイゼル選手が引退を発表
  • Written by HOMMURA Kyohei. (@twitter&@facebook)今回はXリーグのオービックシーガルズのQBである畑選手とニューハイゼル選手が引退を発表されたので、それについて書こうと思います。引用:Former UCLA quarterback Jerry Neuheisel hasn't bowed out of football; he's playing in Japan - LA Times引退選手のお知らせ2月28日(火)にオービックシーガルズの公式ホームページにて引退選手のお知らせがありました。引退選手の [続きを読む]
  • チーム内の相互理解を高める練習「ブラインドウォーク」
  • Written by HOMMURA Kyohei. (@twitter&@facebook)今回はチーム内の相互理解を高める練習「ブラインドウォーク」について書いていきたいと思います。チームビルディングの必要性チームを強くしていくためには、単に技術や戦術を高めるだけでは不十分です。チームメイト同士が必ずしも仲良くなければいけないわけではないですが、どんな性格をしているのか、どんな志向性を持っているのかということを知っておくことはとても重 [続きを読む]
  • 後ろから来るパスをキャッチするための練習
  • Written by HOMMURA Kyohei. (@twitter&@facebook)今回は、後ろから来るパスをキャッチする練習について書いていきます。後ろから来るパスパスキャッチは基本的に、パスの来る方にカラダが向いていることが多いです。斜めに走るコースや直角に曲がるコースでも走る方向にカラダが向いていますが、キャッチするときは上半身だけQBの報告に向いています。しかし、真っ直ぐ奥に走るコースではカラダは最後まで後ろに向いたままで [続きを読む]
  • 足が速くなるための「挟み力」を鍛えるシザーススキップ
  • Written by HOMMURA Kyohei. (@twitter&@facebook)今回は、足が速くなるための挟み力を鍛えるトレーニングについて紹介したいと思います。引用:http://footballcoachessite.com/4-keys-to-building-football-speed/「挟み力」とは速く走るためにはピッチを早くすることと、ストライドを伸ばすことが必要になります。そして、そのためにはより力が入るポジションで踏み込んでいけるだけの「挟み力」が重要になります。挟み力と [続きを読む]