アマチュア無銭家JH0ILLのつぶやき さん プロフィール

  •  
アマチュア無銭家JH0ILLのつぶやきさん: アマチュア無銭家JH0ILLのつぶやき
ハンドル名アマチュア無銭家JH0ILLのつぶやき さん
ブログタイトルアマチュア無銭家JH0ILLのつぶやき
ブログURLhttp://jh0ill.muragon.com/
サイト紹介文ある日、突然、アマチュア無線を再び、やってみようと思い付き、十数年ぶりに再開した無線局のつぶやき。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供152回 / 365日(平均2.9回/週) - 参加 2016/02/09 12:41

アマチュア無銭家JH0ILLのつぶやき さんのブログ記事

  • 夜の7MHzでのラグチュー
  • 4月25日、帰宅はいつも通り21時半を過ぎ、夕食を済ませてシャックに入ったのは、既に22時を過ぎていた。7MHzの国内は、当方からは北海道函館のYLさんがQRVされており、信号も比較的強いために、国内QSO可能とみて、7.104MHzでCQを出し始めた。海外からと思われるQRMが酷いため、9.097MHzにQSY、再び、CQ連呼をしたら、6エリアのOMからコールされた。エレクラフト社のリグ、アンプ [続きを読む]
  • 夜の7MHz国内コンデション
  • 仕事から帰宅し、シャックに入れるのが夜の22時過ぎの場合、いままでは唯一3.5MHzが国内QSOができるバンドであった。このところ、7MHzの夜のコンデションが明らかによくなってきている。 4月24日も、シャックに入り、無線機の電源を入れたのは22時過ぎ、バンド内をみると、北海道、九州の各局が力強く入感していた。しかし、全ては声馴染み?、最近にQSOしたばかりの方で、再び、呼びかけるのが気が引ける [続きを読む]
  • 4月23日
  • 4月23日の伝搬状況は、50MHzのEs発生までにはならなかったけれど、ハイバンドがいたって好調であった。朝方から18MHzで5エリア、6エリアが聞こえ、久しぶりの信号が聞こえた。午後は、先にJT65で運用するものの、6エリア(沖縄)が弱いながら聞こえはじめ、15時過ぎには、4,5,6エリアの多くの局でいっぱいになった。CWでも、5エリアや9エリア(スキャッター?)より呼ばれ、16時頃には7エリア [続きを読む]
  • 18MHzのGood Condition!
  • 先日、50MhzでEsが発生した旨のJクラスタの報告から、4月22日、4月23日の両日はじっと、Esの発生を待っていた。4月23日は、午前から18MHzが開け、Esだと思われた。午後3時をまわると、18MHzの周波数全体は沢山のJA局でいっぱいになった。50MHzを気にしながら、出ている局を端からコールし、QSOを実施した。多くの方は、今年初めての18MHzのオープンと言っていたため、各局はかなり [続きを読む]
  • こんなに開けているのに・・・
  • アマチュア無線は、いつも不安定な状態のもとで交信をすることが常である。4月20日は、シャックに入ったのは既に21時半をまわっており、いつもの7MHz帯は海外局が沢山入るものの、国内はほぼ絶望という状況であった。しかし、7.123MHz付近でCQが聞こえた感じがしたので、いつもQRVする辺となる7.102MHzに移り、CQを連呼した。ダメもと、あわよくば6エリアか8エリアが呼んでくれるものと期待しつ [続きを読む]
  • TS-480にみる混信除去
  • 4月18日は、20時半頃にシャックに入り、いつも通り、7MHzをワッチ。この時間になると国内局は殆どフェードアウトし、聴こえない状態となる。まずは、DXScapeにリストされているDX局を聴いて、未交信局とのQSOを行う。LU5DX局がCWでCQ、QSOを済ませる。私としては、コンデションが落ち切らない内に、国内局とQSOしたいので、聴こえる国内局を探すか、自らCQを出すかのどちらかを早く選ぶ必要 [続きを読む]
  • 他局にみるアンテナの威力?
  • 4月17日、20時半頃に、シャックに入り、いつも通り、7MHzを覗く。4エリア、5エリア局が強く入っており、ローカル(長野市)局がQSOをしていた。7.103MHz付近で、ビームを西南西に向けてCQを出すと、4エリア局からコールバック。強い信号で入感、十分にQSOできると思い、少し、長く話していると、その信号がガクン!と落ちて、なんとか確認ができるレベルとなった。歯切れの悪いQSOを終え、長野市の [続きを読む]
  • 週末の悪コンデション(4/15-16)
  • 4月で春先なのに、この週末はコンデションでは最悪であった。なんとか、7MHzでのJT65でOne Day WACを完成させたものの、これはハイバンドにおける状態と国内コンデションの悪化が背景にありそうである。 実際、国内コンデションについては、1月頃の状況から全く改善しておらず、夜21時過ぎには7MHzでの国内局は完全にスキップ状態となってしまう。更に、土日では日中に期待していたコンデションの回復 [続きを読む]
  • JT65 7MHz One Day WAC完成
  • 4月15日、今日は朝方、地域の草取りがあり、4時半に起きて、草取りに出かけた。終わったのは6時、CWの信号はだいぶ落ち込んでいたので、JT65にてDXを追っかけた。 今日も、朝方南アフリカZS6CR局が見え、早速呼んだら、Wkdできた。21:27UTC(6:27)。 それから、ブラジルPY3AGI局が見えたので、21:39UTC(6:39)にQSO。 また、アンテナを北西に向けて、ギリシャSQ9I [続きを読む]
  • 4月13-14日
  • 出張から帰宅し、23時を過ぎて、タワーをクランクアップ、7MHzを覗いた。期待していたJA国内はさすがに何も聞こえない。聞こえてくるのは、常連?の東南アジアの各局の信号ばかりであった。仕方がないので、アンテナを西北西に向けて、7.050MHzに移動、ワッチしていると、中国局の英語でのCQが聞こえた。?里是日本的?台JH0ILL・・・と呼ぶと直ぐに答えて頂いた。北京の局で59のレポートを頂いた。QS [続きを読む]
  • 東京出張
  • 今週は、4月10日〜13日まで東京出張で無線が出来ない。このようなときは、自宅のタワーはクランクダウンして家族の要らぬ心配をさせないで出かける。東京では、毎朝、毎晩、DXScapeとJ-クラスタを覗く。 DXScapeでは、少しでも帰ってからの残念な思いを減らすためで、こんなところから出ているということが分かり、未だ、時間が残されていることが分かればそれでいい。春を追うごとに、7MHzのコンデショ [続きを読む]
  • JIDX CONTEST 2017 CW
  • 4月8日、9日に実施したJIDXコンテストに短時間の参加をした。昨年は出ても殆ど北米の局を呼んで終わったが、今回はRunningを中心として、同じ周波数にてCQを出すことを行った。出力は200Wであるため、KW局には完全に劣るが、それでもコンデションの良さなのか?アンテナのせいか?Runningでも多くの局から呼び出され、トータルで2時間程度になるだろうか?84局と7MHzのみでQSOすることがで [続きを読む]
  • JT65のS/N比改善?
  • 文献を見れば、S/N比の改善は周波数帯域を狭くすると改善するとある。なぜなら、S/N比のNは雑音で、文献には雑音Nの実効値は周波数帯域の平方根に比例するとある。すなわち、帯域を半分にすれば、その平方根の割合、約0.7倍ほどになる。私のTS-480には、3種類(2種類はオプション)のフィルタを実装している。SSBは2.7kHzの帯域である。CW用に500Hz、270Hzの2つが実装している。このフィ [続きを読む]
  • 強い信号の局の特徴
  • 4月6日は、ハイバンド、及び7MHzの状態があまり良く無かったので、3.5MHzにて久しぶりにCQを出した。すると、JS6***との呼びかけを聞き、信号はS9+20dB以上でまさか?と思いつつ、期待しつつ、QTHに注目した。案の定、沖縄からの呼びかけであった。沖縄のOMの信号は本当にずば抜けて強く、また、安定していた。確かに500W局でハイパワーの局ではあるけれど、ここまで強い信号は、近隣では聞こ [続きを読む]
  • 朝方?のDX QSO
  • 最近は朝が温かくなり、また、アレルギーの薬を飲むせいか?夜は早く眠くなるため、少し早く起きることが多くなってきた。4月5日朝、まずは7MHz CWでDXをワッチ、EUロシア局がCQを出していたのでコール、Wkdした。その後、私のところ(設備)では、DXが聞こえていないので、10MHzにQSY。バンド内をみていると、10.120MHzで沢山の局が聞こえる。どこか、珍しいところが入っているか?弱い信号 [続きを読む]
  • コンデションの急降下
  • 4月4日はシャックに20時半頃、入室、いつも通り7MHzの国内コンデションを把握した。近距離は難しそうであるが、珍しく?3エリアから西、そして8エリアが強く入感していた。バンド全体を聞いていると、昨日、QSOをしたJA0のローカルOMがQRVされており、バンド内が賑わっている様子が分かった。 7.105MHzにてCQを出したら、JA4の2文字コールのOMから呼んでいただいた。信号はピークでなんとS [続きを読む]
  • 本当にコンデションがいいのか??
  • QRZ.com(https://www.qrz.com/index.html)を開くと、そのインデックスページにSolar-Terestrial Dataが目につく。SNが75,SFIが106と最近では見られないほど、高い値を示している。更に、春分を過ぎたばかりで、春のコンデションの真っ最中ではないか?と思われる。しかしながら、ここ数日のバンドの状態はいかばかりか、夜になっても、21MHzや18M [続きを読む]
  • JT65にみるバンド別の飛び
  • JT65モードでは、デーコードソフトウェアがインターネット上のサーバーに接続され、世界各国で受信された情報を見ることができる。その一つが、PSK Reporterで自分の電波がどこまで届いたかを確認する方法である。 PSK Reporter : Display Reception Reports 周波数帯(バンド)別に色分けされており、且つ、現在からどれほど前に受信した情報かを明確に示してくれる。 [続きを読む]
  • One Day WACの挑戦??
  • 4月1日、エイプリールフールの日、朝方、少し早く起きれたので7MHzを覗いたら、コンデションがよかったのか?JT65でかなりの遠くの局が見えていた。その中、ZS6OB局が見えたので、7MHz JT65では未アフリカのため、早速、アンテナを西南西に向けて、呼んだところ、首尾よくとっていただいた。その後、南米の局、LU3HBO、CX8CJ局とロングパスでのJT65でQSOでき、南米とアフリカとがQSO [続きを読む]
  • 中国局のQSO
  • 3月30日、今日は20時半に帰宅、21時にはシャックに入った。いつものように、7MHzをワッチ、どうも全体的に元気がない感じがする。インドネシアを中心とする東南アジア各局の信号も全体的に弱い感じがする。もちろん、日本国内は聞こえない。DXScapeを確認しても、目ぼしい局がない。SSB,CWもそうであるし、JT65ですら今ひとつである。そこで、しばらく7.050MHzにダイヤルを合せて、中国局のQ [続きを読む]
  • 南アフリカ!!
  • 3月29日は、夜21時過ぎに帰宅、家族と話しをした後、シャックに入ったのは22時頃、しばらく7MHzをワッチしていた。国内では8エリアの局が入っていた。信号強度は変化が大きく、7.108MHzと7.120MHz付近にQRVしていた。両局とも、過去にQSO済みであり、今日は敢えてコールをしなかった。JT65で7.076MHzを聞く。あまり、北米が見えないが、北米方面にビームを向けて、CQ局を待つ。K [続きを読む]
  • 変わったデジタルモード
  • 20時過ぎに帰宅し、夕食後、シャックに入る。実は今日、1つ、やりたいことがあった。それは、先日、Dxscapeを見ていたら、見慣れないModeでの交信内容が報告されていた。それは、Oliviaと呼ばれるMFSKの一種のモードであるようだ。先日、ROSモードを実験するために、ソフトウェアをインストールしてみて、電波を出してみたが誰とも交信が出来ていないのが現状、特にROSは米国FCCでは認可されてい [続きを読む]
  • 夜の14MHz
  • 3月27日は、帰宅が21時をまわっており、夕食後はすでに22時を過ぎ、7MHzの国内局で聞こえるのは皆無であった。DXもあまり聞こえず、3.5MHzでCQ局を呼ぶことにした。3エリア、1エリア、2エリアと近隣の県の局とのQSOを行った。2エリアのJF2ABZさんは、3.547MHzでCQを出しており、即座に応答をした。そうしたら、スーパーラドアンテナというアンテナ、直径10cm×長さ30cmで高さ [続きを読む]
  • WW WPX SSB CONTEST(結果+感想)
  • 3月25日09:00から実施されたコンテストが終わった。昨年と今回でログを比較すると、昨年は7MHzのみで36局、今回は21MHz,14MHz,7MHzと渡り歩き、70局程度で、7MHzだけで比較すると以下のようになる。 前回 局数 36局 エンティティ 12 今回 局数 54局 エンティティ 19 前回は、IC-7000 50Wと垂直デルタループでの運用、今回はTS-480HX 200Wと2エレ [続きを読む]
  • 春のコンデション(そのⅢ)
  • 春の空は移ろいやすいと言うけれど、正しく最近のコンデションもそうなのかもしれない。今日は、20時半に帰宅して、21時半からシャックに入る。ハイバンドの状態はイマイチ、3.5MHzもいつものパタパタが聞こえて、これは7MHzに留まるしかないことになる。 7MHzはというと、信号が弱めながら8エリアが聞こえているので国内QSOもできそう。でも、海外からの様々な信号によると思われる混信もひどく、難儀しそ [続きを読む]