倉渕パン工房 湧然 さん プロフィール

  •  
倉渕パン工房 湧然さん: 倉渕パン工房 湧然ブログ
ハンドル名倉渕パン工房 湧然 さん
ブログタイトル倉渕パン工房 湧然ブログ
ブログURLhttp://kurabuchipan.blog.fc2.com/
サイト紹介文群馬県高崎市倉渕町で営む小さなパン店のブログです。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供9回 / 365日(平均0.2回/週) - 参加 2016/02/09 14:23

倉渕パン工房 湧然 さんのブログ記事

  • 酒種酵母
  • 酒種酵母を作るにはお米と米麹が必要です。毎日大体2合のお米を炊いて加えていきますが、完成時には甘みの薄い甘酒にやや苦味が混じった味になります。毎日の味見が欠かせませんが、酵母と乳酸菌の交じった酒種酵母は意外と健康にも良いのかも知れません。 [続きを読む]
  • 長らくご愛顧いただきありがとうございました
  • 皆様に長らくご愛顧いただきましたが、明日(5月13日)をもって、お店の営業を一旦閉じたいと思います。今まで本当にありがとうございました。お店は一旦閉じますが、新たなスタイルでのパンづくりと田舎暮らしを実践していこうと思いますので、今後ともお付き合いいただけましたら幸いです。尚、今まで通り、地元の道の駅(くらぶち小栗の里)及び地元の温泉施設(せせらぎの湯)でのパンの販売は行いますので、今後ともどうぞ [続きを読む]
  • 久しぶりにイベント出店します
  • 暫くイベント出店していなかったのですが、今月3月19日(日)の榛名梅まつり(榛名町エコール)に出店することになりました。昨年は、小学校のPTAの活動や、遠くに住む父の具合が悪くなったり、又、自身の体調が良く無かったりとで事情が重なり、イベント出店はもとより、土曜日のお店も休みがちでご迷惑をお掛けし申し訳ありませんでした。今月より、お店は週に1回の土曜日、イベントは月1回程度ですが日曜日に出店したい [続きを読む]
  • かわいい動物たちに癒されました
  • 隣町のヤギネットワークの清水さんの牧場を訪問してきました。かわいいポニーやヒツジやヤギたち、ウサギや人懐っこいワンちゃんやネコちゃんたち。みんなに癒されました。我が家は敷地が狭いのでポニーや大きなヤギを飼うのは難しいですが、今の鶏小屋を改築すれば、ミニヤギぐらいなら飼えるかな・・・。飼いたいな。飼い主に似て、みんな穏やかで優しい目をしているのが印象的でした。清水さん、楽しいひと時をありがとうござい [続きを読む]
  • 黒煎り玄米
  • しばらく製造をお休みしていた「黒煎り玄米」ですが、お客様のご要望にお応えし、改めて販売する運びとなりました。デザインとパッケージを一新し、表紙のデザインには郷土の偉人である小栗上野介公(幼少期のイメージです)と道祖神、そして、私たちが移住した動機の一つでもある、のどかな天日干しの風景と山々を入れてみました。道の駅「小栗の里」のみの販売となります。どうぞよろしくお願い致します。 [続きを読む]
  • 酒種あんぱん
  •  当店は開店以来、1種類のみの天然酵母を使用していましたが、3月から順次その種類を増やしていきたいと考えています。従来の天然酵母には改良を加え、地元のお米と地元に生息する乳酸菌に地元のお米から造る手づくりの米麹(今は市販の乾燥米麹)を加えて酵母を作り、地元の素材にこだわった「酒種酵母」にしたいと考えています。又、地元で季節折々で採れる果物や野草から、香りのよい特徴のある酵母が出来次第、酵母の種類を [続きを読む]
  • ともに生きる
  • 寒いこの時期は家でゴロゴロと怠惰な時を過ごすことが多いのですが、そんな時に寄り添ってくれるのが愛犬(ププ)です。私と同じで気が弱く、家にお客さんが来ると机の下に隠れてしまう小心者ですが、癒し犬として大活躍してくれています。 [続きを読む]
  • いつもありがとうございます
  • お客さんから「最近、ブログ更新してませんね〜」と言われて、気が付くと9カ月も更新していませんでした。ごめんなさい。これからは出来るだけ、更新していきたいと思います。我が家の酒種酵母は地元のお米と麹、そして手作りの乳酸菌から作りますが、寒いこの時期が一番元気です。菌が喜んでいるかのように香しい香りを出してくれます。日本酒や味噌などに寒仕込みがあるように、麹菌や酵母にとっては温度が低いこの時期の方が過 [続きを読む]
  • ルピナスの花
  • 庭のルピナスが元気に育ち、花を付けてくれましたルピナスの花言葉は「いつも幸せ」ただ健康に生きてさえくれればいい。と願い付けられた私の名前ですが、喘息の持病や心の病気など、人よりも弱い部分が多いのかもしれません。でも、親が期待のハードルを下げてくれたお蔭で、又、心も身体も弱いからこそなにもない単調な日々にも幸せが感じられているのかもしれません何が幸せかはひとそれぞれ違いますが幸せのハードルが低けれ [続きを読む]
  • お茶の木
  • 近所の庭に、ひっそりと育てられているお茶の木。5月29日の倉渕町のはまゆう山荘での婚活(山コン)では、このお茶の葉を使った「お茶づくり」を参加者の皆さんと楽しみたいと思います。私自身が作り方に慣れていないので、今日は茶葉摘みと焙煎の練習です。焙煎しすぎるとほうじ茶のようになってしまうし、焙煎具合が難しいです。当日、こんなんで教えられるのかと、ちょっと不安に・・・ [続きを読む]
  • 果樹に落花生。実が生るものは楽しい。
  • ここ数年、果樹の栽培を楽しんでいます。寒さに弱くてここでは無理だと言われたレモンも、なんとか80cm程にまで成長してくれました。ポカポカ陽気に誘われてトゲの根元から新芽が一斉に出てきましたが、今年は実を付けてくれるのでしょうか。楽しみです。今日は隣町の知人に頼まれた落花生の焙煎をやっています。温度も時間も手探りですが、焦げすぎない程度に、とりあえず160℃30分+180℃10分でやってみました。 [続きを読む]
  • 春のパンまつり at TOMIOKA
  • 昨日開催された「春のパンまつり」at TOMIOKA。晴天にも恵まれ、多くのお客様で賑わいました。うちのような小さなパン店の前にも、OPEN前から沢山の方に並んでいただき感謝でいっぱいです。ありがとうございました。次回の「秋のパンまつり」には、秋の食材を使った新作を携えて出向こうと思いますので、またどうぞよろしくお願い致します。春のパンまつり [続きを読む]
  • なんとか無事に終わりました。
  • ここ1ヶ月の不安事でもあった肉まんあんまんづくり教室ですが、今日、無事に終わりました。支えていただいたスタッフの皆さんには大変お世話になりました。ありがとうございました。今回初めて発酵の合間に肉まんの具づくりもしてもらったので、ほぼ休みなく2時間のハードな工程でした。結構忙しかったのではないかと思いますが、参加された若いお母さんたちのコミュニケーションや地域の人とのつながり力アップに、少しでも役 [続きを読む]
  • 移住者募集中です!!!
  • 毎年毎年、柵をしてもイノシシにやられてしまう河川敷の畑ですが、今年は柵を作らないで、イノシシが食べない作物だけを作ることにしました。じゃがいもやトウモロコシは諦めました。作らない野菜は(ほとんどそうですが)道の駅と田舎の八百家で買います!それにしても、家の周りに使われなくなった農地が随分と増えました。昨年、国勢調査したときは空き家が多いんだなと感じましたが、過疎化が急速に進んでいることを実感しま [続きを読む]
  • わたしたちは手紙に癒される。手紙を書こう。
  • たまに人から手紙をいただくことがあります。パン教室をした後、子ども達からの「ありがとう・・・」という手紙。年配の女性の客さまからの、まるで息子宛の手紙のような「お変わりないですか・・・」という手紙。そのひとつひとつを大切に取ってありますが、たまに読み返し感動で涙することがあります。今週、小学校の学習ボランティアが今年度の最終回でしたが、その時も、ある子が友達を連れてトコトコと来て手紙を読んでくれ [続きを読む]
  • 好きなことを丁寧にしてゆく。
  •  わたしの前職は会社員(電子部品会社)で、転職したのは33才の時でした。入社してからずっと、35才までに自分のやりたいことを見つけたい!と思っていたのですが、忙しさを言い訳にしてなかなか見つけることが出来ずにいました。でも、結婚を機に、半ば勢いで会社を辞め、半ば導かれるようにパン屋の修業に行き、これまた導かれるように田舎暮らしという道を選択しました。そして10年が経ち、ここ1〜2年、ふとある考え [続きを読む]
  • 肉まんあんまんづくり。
  • 肉まんあんまんづくりのチラシが届きました。対象となる方は是非申し込んでください。今回は、小さなお子さんのいるお母さんが対象ですが、一般の方向けの教室も要望があればやりたいと思います。(要望は倉渕公民館の方に言ってくださいね) [続きを読む]
  • オリーブの挿し木をして3か月が経ちました。
  • 剪定で出たオリーブの枝を挿し木にして3か月が経ちましたが、残念なことに8割方は枯れてしまいました (;д;)やはり、冬は難しいのかもしれません(適期は5月だとか)春になったら再チャレンジです。オリーブを挿し木で増やして、欲しい人に苗を配って、地域にオリーブの木が増えればいいなと思っています。興味のある人、一緒にオリーブ栽培しませんか?にほんブログ村 [続きを読む]
  • わたしたちは生きものに癒される。
  • 暮らしの中に生きものがいてくれることで、わたしたちはどれだけ癒されていることだろう。この苦しみの多い生活の中に、彼らは無条件の愛を注いでくれるからだ。きっとこれは、人間同士でも同じなのだろう。見返りを求める条件つきの愛にではなく、あなたのためと言いながら自分の事しか考えていない人にではなく、さりげなく無条件の愛を注いでくれる人に、本当の安らぎを感じ、共に生きる喜びを感じるのだろう。いつかわたしも、 [続きを読む]