sakaijunsoccer さん プロフィール

  •  
sakaijunsoccerさん: 知は権力?!
ハンドル名sakaijunsoccer さん
ブログタイトル知は権力?!
ブログURLhttp://knowledgeable.blog.jp/
サイト紹介文人生を豊かに生きるための本や豆知識を紹介できればと思います。
自由文人生を豊かに生きるための本や知識を紹介できればと思います。人生の幅を広げるには、人と会うこと。旅をすること。本を読むこと。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供346回 / 365日(平均6.6回/週) - 参加 2016/02/10 09:11

sakaijunsoccer さんのブログ記事

  • 1億円稼ぐ米国サラリーマンの株式投資戦略
  • 2年間、毎日アップし続けてきた書評ブログですが、しばらくの間だけお休みしようと思います。時間をかけて概要まとめてアップしてますが、結構手間なわりにあまりアクセスもなく。。。残念。。。また、個人的には一般的の意見とは異なった意見が面白いと思ってアップしてるんですが、結構バッシングを受けます。。。日本人は、先入観があったり、疑わずに信じやすい人種と言われていますが、インターネットや周りの人から得られる [続きを読む]
  • 「強さ」の奥義
  • 私は学生の頃、桜井章一さんの漫画も全巻買って読んだり、ドラマも見ましたね。リスクを恐れず、相場師として生き抜く、男のロマンですね。「「強さ」の奥義」洋服屋に入ったら見るからにヤクザって野郎が店の奥に座ってコーヒーすすっていたよ。みんなはどうするよ、こういう場面。近づかないようにしようとか、強くなって逃げるんじゃねえのか。俺は、逃げない。近くに座ってやる。すると向こうはこう考える。普通は不安がって避 [続きを読む]
  • 間抜けの構造
  • ビートたけしさんの本です。たけし軍団の間抜け事件、コント、漫才、テレビタックルでの討論や、映画に関して詳しく分析して解説してくれているので、お笑いを目指す人は読むべき本かと。そうでない人でも楽しい本だと思います。またビートたけしさんっぽい、夜のお姉ちゃんネタや下ネタトークなどもあり、ここでは書けませんが、お笑いネタに興味がある人は一読してみてはいかがでしょうか。「間抜けの構造」間抜けとは「間の悪い [続きを読む]
  • 上流な私?下流な私?
  • 現代の働く女性を非常に細かく分析されている本です。気になる方は読まれても面白いと思います。「上流な私?下流な私?」「下流な人ほど意欲が低い」その意欲もまた、自分や親の所得、職業、学歴などによってある程度決まるという説もある。階層の高い女性ほど意欲を持って勉強し、仕事をし、結婚もする。低い女性はその逆だというわけである。実際のところどうなのか。かつては、仕事ができる女性、勉強ができる女性は、ファッシ [続きを読む]
  • 夢を叶える夢を見た
  • 自分の人生はいい人生にだったと言えたら最高ですね。「夢を叶える夢を見た」ある仕事をしていて、恥ずかしくない、費やす労力と時間を無駄だと思わない、金にならなくてもやる、ということがあれば、その仕事はその人にとって「本職」なんです。夢を持とうな。夢のない人生なんて死んでいるのと同じだよ。生まれてきたからには、何かをしなければならない。それも早いうちに。ボクシングの深さを感じる。「ひとつも打たれていない [続きを読む]
  • 美人とは何か
  • エピソードなどもたくさんあり、女性には面白い本かと思います。美人に対する世の男性の行動を把握しており、美人とは何かを考えさせらる本です。「美人とは何か」内面の醜さが美人をブスに転落させるのであれば、内面の美しさによってブスから美人に成り上がるケースもあるのだろうか。残念ながら、「ノー」である。女はバービー人形に憧れてきて、バービー人形のような、前に突き出した胸とくびれたウエスト、小さなお尻、細くて [続きを読む]
  • 死ぬな
  • 死を感じている人をほど、やりたいことをすぐにやれる行動力がある気がします。ぜひ見習いたいところです。「死ぬな」私は先天性脊髄分裂症という障害を持って生まれました。出産に立ち会った意識は約二週間のうちに私は死ぬだろうと判断し、名前をつける必要はないと言ったそうです。しかし、二週間生きてしまったので、親が慌てて祖父から一時もらってつけたのが私の名前です。一歳になると、親や周囲の人は口々に「来年の誕生日 [続きを読む]
  • 育休世代のジレンマ
  • アメリカだと職場復帰しても能力があれば仕事について昇進も可能ですが、日本の場合は、女性に能力があっても職場復帰が難しく、職につけても低賃金な仕事しかつけないのはもったいないですね。昔から問題視されていますが、なかなか改善されないのが現状でしょうか。「育休世代のジレンマ」一度退職した女性が、子供が成長した後に労働市場に戻ろうとすれば、ほとんどがパートなどの非正規雇用に限られてしまうという現状がある。 [続きを読む]
  • 大富豪インド人のビリオネア思考
  • 「飛び込む」か「やめる」かで迷ったらやめてしまっていることが多いかもしれませんね。もっと飛び込めばいいのに給料やお金の心配をしてしまうところある気がします。これから飛び込んでいけるよう頑張っていこうと思います。「大富豪インド人のビリオネア思考」どこか子供っぽく感じるくらいのシンプルな発想を素直にふくらませていくほうがビックヒットにつながりやすい。インドは、日本やアメリカのように成熟化した社会ではあ [続きを読む]
  • 医者に殺されない47の心得
  • この本は読んでみたほうがいいと思います。一部のガンの専門ではなく、体全体のいろいろなガン患者を見てきた筆者ならではの見解です。「医者に殺されない47の心得」日本人のがんの9割は、治療するほど命を縮める。抗がん剤が効くというのは、がんのしこりを一時的に小さくするだけで、癌を治したり、延命に役立ったりするわけではない。医者を疑い、自分で調べて考える。がんで苦しみ抜いて死ななければならないのは、がんのせ [続きを読む]
  • 成功する子 失敗する子
  • やり抜く力ですね!「成功する子 失敗する子」幼少期のストレスの悪影響の解毒剤は親密な感化を気づける親。よい親子関係は感情や精神だけではなく体にも効果を及ぼす。最初の知能検査でスコアの低かった子供たちが、チョコとう見返りのあった検査ではずっといい数値を出した。IQの低い生徒の本当の知能指数は本当に低いのか。彼らは答えを出すための知能をもともと持っていたのである。見返りの有無にかかわらず努力できる資質は [続きを読む]
  • 私の幸福論
  • 「貧しい人のことを考えて行動しよう」と言われてもわかったつもりになっていてるだけで、実際に貧しくなった経験がとないと人間ってわからないのかもしれませんね。「私の幸福論」同じ状況でも人によって、その感覚をもてる人ともてない人とががる。素朴な生活や貧しさや戦いの中でも幸福感はみたしてれる。文明は平和の恩寵に長く浴している人々では自分が幸福だと感じるハードルが高くなり幸福感は鈍くなる。自分を大切にすると [続きを読む]
  • ユダヤ人大富豪の教え
  • 「子供にしてやれる最大の贈り物は、自分が好きなことをやって生活する姿を見せることだよ。」まだ、できてないですね。。。「ユダヤ人大富豪の教え」お金儲けのことばかり考えている連中より、仕事が大好きでしょうがない人間のほうが成功するのだ。世の中には、二通りの人間しかいない。自由な人と不自由な人だ。自由人とは、経済的、社会的、精神的に独立して、誰からの援助も指図も受けない。その人個人が考える通りに人生を生 [続きを読む]
  • 自分で考える人が成功する
  • 気づかないうちに自分の行動が人の意見に左右されていることって意外と多いかもしれませんね。「自分で考える人が成功する」いい学校に行ったくらいで人生はなんとかなると思い込んでいる親のほうが世間知らずもはなはだしいのです。親のほうがよっぽど勉強し直した方がいいでしょう。他人の考えで正解するより、自分で考えて間違う方が楽しい。「今まで自分はこんなふうに思っていた、でも確かにそういう考え方もあるんだ」という [続きを読む]
  • 考える力をつける哲学の本
  • 哲学はそもそも学問の一部ではなかったんですね。「考える力をつける哲学の本」哲学とは、もともと「生き方そのもの」であり、学問の一部ではなかった。何よりも、実践していくものだった。哲学はここしばらく理論ばかりが強調しすぎて、実際的な側面をあまりに軽視しまっている。哲学とは「生きた知恵」。「吟味のない人生は生きるに値しない」ソクラテス「なすこと、なさざることの動機を成果に求めてはならない。」バガバァッド [続きを読む]
  • 年金支給額は年1%目減りする可能性
  • 年金支給額は年々1%目減りする可能性あるようですね。国の借金を見ても公的年金で老後は過ごせそうにないですね。。。「先行き不安病を斬る!我が家のマネー防衛」年金不安。8割の人が年金不安を感じている。年金つき22万円、余裕ある老後には+13万円必要。85歳まで生きたととすると自己資金で役3000万円必要。年金支給額は年1%目減りする可能性。月平均5万4711円の赤字と言われている。現在リタイアした老人は、 [続きを読む]
  • 老後貧乏は避けられる
  • 最近の日本も貧乏老人になってしまうケースが多いようです。若いうちから準備しておきたいところですね。「老後貧乏は避けられる」老後、夫婦で老後生活を送る上で必要と考えられる最低日常生活日は平均22万円平均となっています。いくらあれば安心なのかがわからないことであって、これはまさに「わからないことが不安」の理由である。老後を支える仕組みは三本柱から成り立っていると考えています。「公的年金」、「退職金、企業 [続きを読む]
  • 中高年の婚活
  • 男は実年齢よりも若いと勘違いしている人が多いとのこと。私も勘違いしているかもしれません。「中高年の婚活」心も体も若いと勘違いしている中高年の男性が増えてきている。60代の中高年男性が30代の年下の女性を求める。自分が10歳以上若いと感じている人が6割。歳を重ねても若いと思っている男性。一人暮らしの男性の寂しさに漬け込み財産を奪い取られるというトラブルも増えている。インターネットで出会った女性に結婚 [続きを読む]
  • うまくいかないことが楽しい
  • 恵まれている環境にいる人ほど、いつも不満ばかり言っているかもしれませんね。不幸を味わうから、幸福になれる。自ら不幸になるっていうのは、スポーツに似た部分がありますねー。スポーツやってた人って、よくマゾっぽく言われますが、私生活でも将来の幸福を信じて、辛いことも耐えてる感じもあるような気もします。「うまくいかないことが楽しい」人生うまくいかないことが楽しい。味覚は相対的にしかわからない。前に食べたも [続きを読む]
  • 遅れず
  • 遅刻で思い出しましたが、私は、未だにアメリカでのパーティーなどに遅れていくのが常識っぽいのが理解できないんですねー。私が自分主催のパーティー開くなら、早くきてくれる方がたくさん一緒にいれる時間が長くて嬉しいですし、早く来る人は、パーティーが始まってなかったら、おもてなしされなくても良いとわかって早くきてると思うのですが。早く行ってパーティーのお手伝いしたいぐらいですね。日本と海外の待ち合わせ時間の [続きを読む]
  • 治療とはなにか?医師とは?
  • 医学で病気を直せても、予防はできない。確かに、一人一人全く異なる生活習慣や体の違いがあり、その人間の病気を予防することは非常に困難かもしれません。コレステロール値を減らさなくても良い、減塩をしなくても良い、タバコはやめなくても良い、などここでは詳細まで書けないので、詳しく知りたい方は、武田先生のブログやポットキャストを聞いて見てください。「治療とはなにか?医師とは?」女性の方で家族の食事に注意して [続きを読む]
  • 普通の人がこうして億万長者になった
  • 「親が感動したことを、そのまま子供に体験させる」は実践したいと思います。「普通の人がこうして億万長者になった」億万長者は純資産一億円を所有する人と定義したいと思います。日本の億万長者とは、納税者のわずか0.5%。たくさんの友人や人生経験が学歴より大切。億万長者は、お金よりも知恵を残す。親が感動したことを、そのまま体験させる。子供の教育を通して、子供から学んでいると語る億万長者の気持ちが、私もよくわかり [続きを読む]
  • 起業のファイナンス
  • こちらもベンチャー投資をされている方からのオススメの本です。起業したい人や起業している人にはかなりいい本ですね。細かいことは書ききれませんが、この本は買って手元においておくのも良いかと思います。「起業のファイナンス」不況期は、実は企業に向いています。「不況時に起業した会社はうまいく」と言われるのは、好況に浮かれて起業した会社より、不況時に堅め堅めに考えて商売を始めた方が成功率が上がるということがあ [続きを読む]
  • 肺がんの原因はタバコではない
  • 私も先入観でタバコを吸うと肺がんになると思ってしまってましたが、統計で見ると全然違うですね。タバコ吸っても長生きする人は長生きしてますからね。「タバコを吸って走れなくなる」=肺がんである訳ではないですからね。パートナーが吸っていなくても肺がんになっている人がいるデーターを見ても、肺がんの原因は排気ガスなどの方が原因の可能性も。どんな動物でも煙は嫌いなので、嫌いだからと言って、それが肺がんになる訳で [続きを読む]
  • 金持ち父さんの投資ガイド 上級編
  • 今度は上級編です。空売りを批判する人もいますが、金持ち父さんは、株が暴落したら空売りができることも勧めています。空売りは青天井で危険という考え方があるようですが、現代はストップリミットの設定もできるので、リスクの取り方がわかれば空売りも危険ではないですね。「金持ち父さんの投資ガイド 上級編」簡単に大金が手に入ると、人は自分のことをお金の天才だとおもってしまう。実際はお金の面で愚かになってしまってい [続きを読む]