ch.montrose さん プロフィール

  •  
ch.montroseさん: from 北の大地のワイン好き〜道産”食と酒”サポ
ハンドル名ch.montrose さん
ブログタイトルfrom 北の大地のワイン好き〜道産”食と酒”サポ
ブログURLhttp://ameblo.jp/chmontrose/
サイト紹介文北海道産"食と酒"の話題。ワインエキスパート、北海道フードマイスター、十勝ワインバイザーなど
自由文独学で合格した北海道フードマイスター、十勝ワインバイザー、JSAワインエキスパート試験対策の話題やワイン検定シルバークラス認定講師としての話題、魅力ある北海道のワインとフードもお伝えしたいと思います。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供125回 / 365日(平均2.4回/週) - 参加 2016/02/10 13:43

ch.montrose さんのブログ記事

  • うまからまんさく【いっぽん!! しあわせの日本酒】
  • 札幌市も先日、ようやく桜の開花宣言が出されました。GWも始まって、お酒抱えて花見酒に向かう人たちを見ると羨ましいです・・・(まだ連休に突入してない奴の妬みです。) 今日は久しぶりに日本酒の話題を。 グランドジャンプで連載されている「いっぽん!! しあわせの日本酒」という漫画があるのですが、その中で紹介されていた「うまからまんさく」というお酒を先日飲みました。 [続きを読む]
  • 【桜】花より団子より「酒」【SAKURA】
  • 北海道ではまだ桜は咲きません・・・北海道内でも暖かい場所では開花したとの話が聞こえてきますが、GWには桜が見れるのかな?と期待しています。今日は、桜が咲かないならとりあえず酒卓は桜にまみれてみようという企画?です。 最高のツマミ?北海道の「桜」チーズ 北海道産チーズの雄でもある「共働学舎新得農場」の季節限定(1〜5月)商品でもある、その名も「さくら」です。 10年以上前から発売される度 [続きを読む]
  • 海底熟成ではなく、海底”発酵”のワイン
  • 海底で「熟成」された奇跡のワイン 海外のワインニュースを見ると、よく沈没船から引き揚げられたワインが発見されて、しかも旨い!なんて記事を目にすることがあります。 自分も某所にて、第1次大戦中にUボートによってスウェーデン沖に撃沈された輸送船から引き揚げた「エドシック・モノポール 1907」をグラス1杯当時●万円(法外な価格・笑)を支払って飲みました。(当時のメモが見当たらずホンモノかどうか不 [続きを読む]
  • 北海道フードマイスター 合格証書が届きました!
  • 唐突ですが、プロフィール写真を変更しました。元々申年用の写真だったので、流石に変えようかなと思っていたのですが中々良い写真もなく、別件で使った写真を流用しました。新年度なので、少しずつ装いを新しくして行こうかなと考えています・・・。 それにしても4月なので、色々と新しくなる季節ですね。 先日も着古した冬服を整理して、新しい夏服に衣替え。と思いきや、夏タイヤ交換直後に大雪に見舞われたり、今朝 [続きを読む]
  • 雪残る定山渓と「さっぽろ藤野ワイナリー」
  • こんにちは!しばらくぶりの更新ですね。ちょっとばかり忙しかったのもあり、久しぶりにまとまった休みとなった為近場ですが温泉に一泊してきました。札幌市の奥座敷「定山渓温泉」毎年この時期になると 見出し" target="_blank">定山渓温泉渓流鯉のぼりというイベントが開催されます。川の対岸同士の宿が屋上にワイヤーを張り、400匹の鯉のぼりが泳ぐ姿が美しく観光スポットとなっています。GWには桜も咲き、鯉のぼりと [続きを読む]
  • ウズラの岩山、ヒヨドリのベランダ
  • 我が家のベランダ。ちょっと広めなので、毎年ハーブ類やちょっとした花や葉野菜なんかをプランターで育てているのですが、冬の終わりから春にかけて、ベランダにヒヨドリが訪れるんです。リアル「とりぱん」。※とりぱん:週刊モーニングで連載されている。作者の出身・在住している岩手県盛岡市を中心に野鳥や自然を題材にした4コマ漫画。豊平川沿いにあるマンションに住んでいる為、ちょっとした風よけのある休憩所にもなり、そ [続きを読む]
  • 【酒精強化】貴醸酒(きじょうしゅ)って何だろう?
  • 昨今は、ソムリエ試験でも日本酒の設問が多くなり、国際コンクールでも日本酒の設問を欧米のソムリエがスラスラ解答できると言うんですからこっちも勉強しなくちゃ、という対抗心は芽生えます。 2014年のソムリエコンクール準決勝で「貴醸酒について述べよ」という問題が出題され、そんな知識まで問われるのかぁーと思っていました。 以前、小樽市の田中酒造「亀甲蔵」(小樽運河の近く)でも見かけたので紹介を。&n [続きを読む]
  • 【ワインの保管方法】保存性を高めるアルミホイルの使い方
  • あたたかな春の日差し。北海道も日中の気温は10℃を上回る所が増え、雪解けも多く進んでいます。 そろそろワインを保管する温度にも気を配る季節になりました。ワイン検定にも保管方法に関する記述がありましたが、飲みかけのワインであれば、小さな瓶に移し替えたり、窒素ガス等を封入するなどして、酸素と切り離す事を紹介しました。 未開封のワインを家で保管する時にワインセラーがあるのが一番良いのですが、 [続きを読む]
  • これから、自分がやりたい事
  • 昨日の「ワイン検定 ブロンズクラス」を受験された方、全国の講師の方、お疲れさまでした。そして協力頂いた関係各所の皆さまにも御礼申し上げます。 検定を通して得た知識を元に、これから皆さんのワインライフはきっと新しく、豊かな物になると思われます。 試験にチャレンジをされる皆さんの姿を見ていると、自分も「何かにチャレンジしたい」という気持ちが生まれてきます。 ・今日からすぐにでも [続きを読む]
  • 【ワイン検定】ブロンズクラス 試験直前練習問題
  • 次の日曜日に開催される「ワイン検定ブロンズクラス」を受験する方は、勉強も大詰めとなっていると思います。バッチリでしょうか? 試験直前の肩慣らし的に、いつもの様に練習問題を作成しました。全部で20問あります。受験されない方も、基本的知識の確認として挑戦してみてください^^;;; 注)あくまでも、ワイン検定のテキストを元に作成しています。料理やチーズとの相性等はテキストに記載されて [続きを読む]
  • 目指せ「山幸」O.I.V.品種登録へ
  • 池田のブドウ品種「山幸」国際登録へ 十勝ワインの輸出視野 北海道・池田町のワインといえば「清見」「山幸」「清舞」の3品種があります。 今回、池田町ブドウ・ブドウ酒研究所では「山幸」を登録申請するというのだ。甲州(2010)、マスカット・ベーリーA(2013)に次ぐ3つ目になるか? ▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲ ●そもそもOIVっ [続きを読む]
  • ワイン検定 ブロンズクラス準備中
  • 年度末ですねー。会社勤めの身からすると、この時期にワイン検定を開催すると大変なんですね(笑)特に愛好家向けの検定なんだから世の中の情勢に考慮した日程にして欲しいですね。-----------さて、検定試験の問題が手元に届いたのですが、門外不出の為に内容は書けませんが…手ごたえありそうな中身です。しっかりと勉強&講師も準備が必要です。講師といえど、日々の勉強は欠かせないものです。常に新しい情報に更新しては、自分 [続きを読む]
  • とうとうセラーが壊れたので…
  • ちょうど、昨年の6月にセラーに関する記事をアップし、その中でセラーの調子が悪いなぁーと書いていました。しかし先日。とうとう寿命が来てしまった様で温度が下がらなくなってしまいました。/(^o^)\ナンテコッタイ■値段を取るか、寿命を取るか。家庭用ワインセラーの基本は大きく分けると、ペルチェ式とコンプレッサー式の2つ。・ペルチェ式=〇安い、静か、  ×寿命が短い・コンプレッサー式=〇寿命が長い   ×うるさい、高 [続きを読む]
  • 【ワイン会】北海道の老舗ワイナリーと農楽蔵の夕べ
  • 最近の北海道のワイン業界は、新しいワイナリーが続々と登場し、その中でも特に小規模生産で高品質のワインは人気があってすぐに店頭から消えてしまいます。そんな北海道のワイン業界を長くけん引してきた「十勝ワイン」(池田町ブドウ・ブドウ酒研究所)「ふらのワイン」(富良野市ぶどう果樹研究所)「北海道ワイン株式会社」を並べて飲みながら「農楽蔵」のノラポンも味わっちゃう、というワイン会に参加して来ました。主催はも [続きを読む]
  • 酒ディプロマの教本が到着
  • 日本ソムリエ協会が 何を血迷ったか 日本酒の呼称資格を発足するという事で話題の「J.S.A.SAKE DIPLOMA」の教本が届きました。 今は世界中でも日本酒が嗜まれる様になり、国際資格化を目指すという話もあるのですが、試験無しの通信教育や2日間の詰め込みでも取得可能な「唎酒師」よりも取得は難しそうに感じます。 まだ、全体をパラ読みしただけですが、テキストは200ページ程とソムリエ用の教本か [続きを読む]
  • 【酒石】ワインのダイヤを眺めて日本の歴史も感じてみる。
  • 昨年7月に自分がセミナーを開催させて頂きました福島県二本松市の「ふくしま農家の夢ワイン」様の記事がJALの機内誌に掲載されているそうです。「JALショッピング」の方でも取り扱いが開始されるそうです。作り手の情熱と夢が詰まったワインは、仲間と一緒にワイワイ楽しみながら飲める美味しいワインですので、興味を持たれた方は是非、ご一読ください。----------というわけで、宣伝で始まりましたが、こちらのワイナリーで先日 [続きを読む]
  • 慣れた筆記用具と試験勉強
  • 今日はワインの話ゼロです(汗)先日。J.S.A. Sake Diplomaの受験申込をしました。ここのところ、ずっと何かを勉強し続けているので飲む機会がずいぶん少なくなったものです・・・本末転倒と言うのでしょうか(笑) 今日はちょっと文房具へのこだわりについて、です。 「勉強」と一概に言っても色々とやり方がありますが、ノート書きは誰しもがやる事です。そこで、長い付き合いになるのが筆記用具です。毎日毎回 [続きを読む]
  • 北海道のワインは、北海道のワインに詳しい人に聞いてみた。
  • みなさんこんにちは。前回の動画を上げただけのエントリーですごいアクセス数があってびっくりの筆者です(汗)先日の金曜日ですが、北海道のワインと北海道のワイナリー大好きおじさん ばたやん 田畑茂人のブログの、ばたやん氏と日本のワイン界でも特に急激に成長を始めている北海道の事情について、そして同じ北海道に住むワインファンとしてその魅力について、熱く(ここ重要)語り合ってきました。場所は、狸小路5丁目の美 [続きを読む]
  • ピジャージュの動画とか。
  • みなさん、こんにちは。いつも自分の拙いブログを見て頂きありがとうございます。 今日は特に話題は無いんですが(汗) ちょっと動画をテスト的にアップしてみたかったので、更新してみました。 暇でしたらお付き合い下さい(笑) 短めですが、ピジャージュの様子です。タンク上部の果帽を突き崩している様子です。 これは自分のブログでよく使ってる画像 [続きを読む]
  • ワイン法のグローバル化
  • 先日の日曜日に札幌市内で「ワイン市場とワイン法のグローバル化が日本ワインに与える影響について」というテーマでセミナーが行われたので参加してきました。 講師は、著書「はじめてのワイン法」が、OIVの"ワイン界へ世界的に貢献する出版物"に授与する「OIV賞」を、法学分野として日本人初の受賞となり、先日ソムリエ・ドヌールにも就任された、明治学院大学教授 蛯原健介氏です。 日本では国税庁が平成27年10月30日 [続きを読む]